運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

2017年、我が国のヘルスケアシステムの設計思想変革をテストする―塩崎厚労相

2017.1.16.(月)

 2017年は、我が国のヘルスケアシステムの設計思想(アーキテクチャ)変革に向けてテストを行っていく年である。また「地域医療構想の実現」や「薬価制度抜本改革の具体案策定」などの課題もあり、その中で病院の果たす役割は極めて大きい―。

 四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)が13日に開いた2017年の賀詞交歓会で、塩崎恭久厚生労働大臣はこのように祝辞を述べました(昨年の模様はこちら)。

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、塩崎恭久厚生労働大臣

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、塩崎恭久厚生労働大臣

2017年には、薬価制度抜本改革や地域医療構想の具体化などの重要テーマも控える

 塩崎厚労相は、「昨年(2016年)、伊勢志摩サミットが開催されたこともあり、我が国がグローバルヘルスにとって大きな役割を果たしていることが、世界中から注目された。今後、我が国のヘルスケアシステムは、設計思想(アーキテクチャ)を変えなければ持たない状況に来ている。今年は変革をテストする年になる」と指摘。その上で、「薬価制度を▼イノベーションの推進▼国民皆保険の維持▼医療の質の向上▼国民負担の減少―という4原則に基づいて抜本的に改革する」ことや(関連記事はこちらこちら)、「医療、介護、予防のシステムを統合できるように改革していく(関連記事はこちら)」「地域医療構想を具体化していく」「地域包括ケアシステムの中と医療・介護改革を一体として考えていく」といったテーマに取り組んでいくために、病院の役割が大きいと強調しています。

 

 同じく来賓として祝辞を述べた日本医師会の横倉義武会長は、「我が国が経済大国となった背景には、国民が安心して医療を受け、教育を受けられる体制があったからであろう。2017年も激動の時代となると考えられるが、こういうときにこそ安心して医療を受けられるように、国民皆保険を堅持していかなければいけない。そのためには、かかりつけ医制度の普及と、これをバックアップする入院医療が重要である」と指摘。さらに来年(2018年)が診療報酬・介護報酬の同時改定であることに触れ、「今年末の予算編成でしっかりと財源を確保してほしい」と塩崎厚労相をはじめとする国会議員らに要望しました(関連記事はこちらこちらこちら)。

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、日本医師会の横倉義武会長

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、日本医師会の横倉義武会長

 

 また四病協代表として挨拶した山崎學・日精協会長は、「医療・介護保険を中長期的に一本化すべき」と「国が医薬品を買い上げ、まさに現物給付する仕組みとすべき」の、医療・介護抜本改革私案を披露しました。

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、日本病院会の堺常雄会長(向かって右)、全日本病院協会の西澤寛俊会長(右から2番目)、日本医療法人協会の加納繁照会長(向かって左から2番目)、日本精神科病院協会の山崎學会長(向かって左)

1月13日に開催された四病院団体協議会賀詞交歓会で挨拶した、日本病院会の堺常雄会長(向かって右)、全日本病院協会の西澤寛俊会長(右から2番目)、日本医療法人協会の加納繁照会長(向かって左から2番目)、日本精神科病院協会の山崎學会長(向かって左)

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
効能追加などで市場拡大した医薬品の薬価再算定、対象や引き下げ方法の議論開始―中医協薬価専門部会
薬価の毎年改定方針を決定、DPC点数表も毎年改定へ―厚労省
薬価の毎年改定、製薬メーカーや卸は「断固として反対」―中医協・薬価専門部会
薬価制度抜本改革、民間議員は「全品目の毎年改定」を要望―経済財政諮問会議
薬価の抜本改革、基本方針を諮問会議で、具体案を中医協で議論―中医協・薬価部会

2018年度改定に向けた議論早くも始まる、第1弾は在宅医療の総論―中医協総会
2018年度の同時改定に向け、中医協と介護給付費分科会で意見交換―中医協総会
2018年度の同時改定に向け、医療・介護連携が重要な療養病床や訪問看護などを検討―中医協総会(2)

審査支払改革で報告書まとまるが、支払基金の組織体制で禍根残る―質の高い医療実現に向けた有識者検討会

アベノミクスの目的は「人生を豊かにする」こと、経済再生は手段である―安倍首相