Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

薬価制度抜本改革、民間議員は「全品目の毎年改定」を要望―経済財政諮問会議

2016.12.8.(木)

 薬価制度抜本改革の基本方針策定に向けて、7日に開催された経済財政諮問会議では、民間議員から「全品を対象として使用量または実勢価格の変化幅に応じ年1回以上の薬価改定を行うべき」との提言が行われました(関連記事はこちらこちら)。

 また塩崎恭久厚生労働大臣からは、次のような見直しの方向性案が提示されています。

(1)市場規模拡大による影響を迅速に薬価に反映する(効能追加が審議・承認された医薬品、当初の予想販売額を上回る医薬品について、NDBも活用し、年4回の新薬収載の機会に薬価を見直す)

(2)市場実勢価格を迅速に把握し、少なくとも年1回薬価を見直す(調査方法に応じて、適切な引下げ幅を設定)

(3)▼外国価格を含めた、正確・透明な薬価算定方式の確立▼後発医薬品を含めた、競争により薬価が引き下がる仕組みの導入▼「単品単価契約」の推進など、医薬品流通の改善を推進する―といった現行制度の改善を行う

12月7日の経済財政諮問会議で、塩崎厚労相は薬価制度抜本改革の方向性案を提示した

12月7日の経済財政諮問会議で、塩崎厚労相は薬価制度抜本改革の方向性案を提示した

 

 このうち(2)が最大の争点となりますが、塩崎厚労相は「毎年改定の対象品目」には言及していません。今後、毎年薬価改定の対象品目を「医療用医薬品すべて」とするのか「一部」に限定するのか、ギリギリの調整が行われる見込みです。

   

MW_GHC_logo

【関連記事】
薬価の抜本改革、基本方針を諮問会議で、具体案を中医協で議論―中医協・薬価部会
年に4回、効能追加などで市場規模が一定以上に拡大した医薬品の薬価を見直し―塩崎厚労相
オプジーボ、来年2月から薬価を半額に引き下げ―中医協総会
オプジーボ対象に、2018年度改定を待たず緊急的に市場拡大再算定を実施―中医協・薬価部会
医療費の伸びの相当部分が「薬剤料の伸び」、薬価制度の抜本改革を早急に議論せよ―中医協総会で日医の中川委員
2015年度の医療費は41兆5000億円、調剤医療費の伸びが著しい―2015年度概算医療費
高額薬剤問題で激論、「小さく攻め拡大は定石」「制度が翻弄され大迷惑」―中医協薬価専門部会
超高額薬剤オプジーボの「緊急的な薬価引き下げ」を厚労省が提案、ただし慎重意見も―中医協・薬価専門部会

超高額薬剤の薬価、検討方針固まるが、診療側委員は「期中改定」には慎重姿勢―中医協総会
2018年度の診療報酬改定、医療・介護連携をさらに推進―鈴木保険局長インタビュー(1)
将来的に看護配置でなく、重症者の受け入れ状況に着目した診療報酬に―鈴木保険局長インタビュー(2)

ソバルディやハーボニーの登場で医療費の伸び激化、ただし「将来の医療費削減効果」も考慮を―医療保険部会
高額医薬品、「本当に効果のある患者への使用に限定」することを検討する時期―中医協総会
高額医薬品の効能追加、期中の薬価改定も検討すべき―中医協総会で委員から提案
極めて高額な薬剤、医療保険を持続する中で、薬価の設定や適正使用をどう考えるべきか―財政審
2016年度薬価改定の詳細を了承、特例市場拡大再算定の対象はハーボニー錠など6品目―中医協総会