Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

変えるべきは変え、守るべきは守り、未来へと進む―日病、新会長に相澤孝夫氏を選出

2017.5.29.(月)

日本病院会の社員総会・理事会が27日に開かれ、新会長に相澤孝夫氏(社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長)が選出されました。

社員総会で就任の挨拶を述べた、相澤孝夫・新日本病院会会長

社員総会で就任の挨拶を述べた、相澤孝夫・新日本病院会会長

 
相澤新会長は、「病院取り巻く環境は非常に速いスピードで大きく変わっている。病院経営も非常に厳しい中だが、前任の堺会長が7年間で行った病院会の改革、病院の状況をよくするための新たな試みを踏襲して、発展させていきたい。大切なのは、時代の要請をしっかりと認識し受け止めることはでないか。変えるべきところは変え、守るべきところは守り、新しい未来に向けて進んでいきたい」と社員総会で抱負を語りました。

また社員総会終了後の記者会見では、「時代の変化に合わせて病院も対応していかなければならない。個々の病院の在り様は「提供している医療」「地域の状況」による千差万別であるが、『見える化』を進めることと、『人材育成』が共通の重要事項であろう。前者では『個々の病院の見える化』にとどまらず、『地域がどのような状況になっているかの見える化』も必要となる。また、後者では専門医制度、働き方改革にどう対応するのか、さらにこれまでに日病が進めてきた『経営管理士の育成』、昨年からスタートした『副院長クラス研修』も充実していきたい」と強調。

さらに「人口構造の変化、国家財政の厳しさから目を背けてはいけない。医療側の大変さをしっかり国民に発信し、また国民側・患者側の大変さも受け止め、財政当局ともしっかりと対峙しなければいけない」と、今後の医療制度改革などに向けた意気込みも述べています。

社員総会終了後に抱負を語った、相澤孝夫・新日本病院会会長

社員総会終了後に抱負を語った、相澤孝夫・新日本病院会会長

 
日本病院会の新執行部は、次のような体制となっています(敬称略)。

【会長】相澤孝夫(社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長)

【会長代行副会長】末永裕之(小牧市民病院病院事業管理者)、万代恭嗣(JCHO東京山手メディカルセンター院長)

【業務執行副会長】
▼総務担当:岡留健一郎
(福岡県済生会福岡総合病院)

▼医療政策担当:島弘志(社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院病院長)

▼人材育成担当:小松本悟(足利赤十字病院院長)

▼情報発信担当:大道道大(社会医療法人大道会森之宮病院院長)

日本病院会の新執行部、向かって左から▼相澤孝夫会長▼末永裕之副会長▼万代恭嗣副会長▼岡留健一郎副会長▼島弘志副会長▼小松本悟副会長▼大道道大副会長

日本病院会の新執行部、向かって左から▼相澤孝夫会長▼末永裕之副会長▼万代恭嗣副会長▼岡留健一郎副会長▼島弘志副会長▼小松本悟副会長▼大道道大副会長

 
なお、同日の理事会・社員総会では堺常雄前会長(聖隷浜松病院総長)が名誉会長に推挙され、了承されています。

日本病院会の堺常雄前会長は、名誉会長に就任した

日本病院会の堺常雄前会長は、名誉会長に就任した

  

MW_GHC_logo

【関連記事】
経営者の信念とデータが正しい医療を創造していく―相澤院長がGHCセミナーで講演

2017年度、出来高病院経営支援ツール「JHAstis」の拡充を重点事業に―日病・堺会長
働き方改革、医療の特殊性への配慮を望む―日病・堺会長
医師偏在対策に向け「偏在の数値化」や「病院総合医の育成」に取り組む―日病・堺会長
専門医整備指針の改訂案に対する全自病の声明、同様の見解である―日病・堺会長

同時改定を万全サポート、日病が経営分析レポート2017年度の募集開始
データ分析の経営改善事例多数、日病が初のJHAstisユーザー会を開催
新潟リハビリテーション病院、戦略的な病院運営のために日本病院会の「JHAstis」を活用
日本病院会の堺会長「GHCと連携して出来高病院の経営を支援する」と発表
GHC、日本病院会と業務提携、出来高算定病院向け経営支援ツールで