Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

特定認定看護師922名が誕生、豊富な知識や高い技術・アセスメント力に加え、臨床推論力・病態判断力を強化―日看協

2021.6.14.(月)

日本看護協会は6月8日に、「特定認定看護師」922名が誕生したことを公表しました(日看協のサイトはこちら)。

日本看護協会は、かねてから「看護師の知識・技術向上」に向けた取り組みに力を注いでおり、その一環として、優れた知識・技術を持つ看護師を(1)専門看護師(複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族、集団に対し、特定の専門看護分野の知識・技術を深め、高水準の看護ケアを効率よく提供できる看護師)(2)認定看護師(特定の看護分野で熟練した看護技術と知識を有する看護師)(3)認定看護管理者(多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族、地域住民に対し、質の高い組織的看護サービスを提供できる看護管理者)―として独自に資格認定しています。

他方、厚生労働省は、一定の研修(特定行為研修)を修了した看護師について、医師・歯科医師の包括的指示の下で一定の医行為(特定行為)を実施できる仕組みを設けています。医師の業務負担軽減を図るための「タスク・シフティング先」として、また医師不足地域での医療提供の担い手として重要な意味を持ち、厚生労働省は「2025年度までに10万人の看護師が特定行為研修を修了する」旨の目標を掲げています。

こうした動きを受け、日看協では、上記(2)の「認定看護師」について、「特定行為研修を包含した新たな仕組み」とし、2020年度から新カリキュラムによる養成を開始しました。新たな「認定看護師」は『特定認定看護師』と名乗ることも可能で、また従前の認定看護師は、特定行為研修を修了して「新たな認定看護師」に移行することも、「現行の認定看護師」のまま資格更新することも可能です。

今般、前者の「特定行為研修を修了し、新たに『特定認定看護師』に移行した看護師」が922名誕生したことが報告されました。日看協では、従来の認定看護師の役割である「分野に特化した知識・技術と高いアセスメント力」に加え、「臨床推論力・病態判断力が強化され、より実践力が高まる」としています。

分野別の特定認定看護師への移行手続き者数(その1 210608)

分野別の特定認定看護師への移行手続き者数(その2 210608)



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

特定行為研修を包含した新認定看護師を2020年度から養成、「特定認定看護師」を名乗ることも可能―日看協

群馬大病院、三井記念病院など50機関を看護師特定行為研修機関に新指定、46都道府県で272機関が指定済―厚労省
東北大病院、山梨大病院、愛媛大など31機関を看護師特定行為研修機関に新指定、46都道府県で222機関が指定済―厚労省
2022年度診療報酬改定に向け、「特定行為研修修看護師」の評価拡充など検討せよ―規制改革推進会議
北大病院、東大病院、済生会福岡総合病院など57機関を看護師特定行為研修機関に新指定、44都道府県で191機関が指定済―厚労省
看護師の特定行為研修、新たに「救急領域」をパッケージ研修に追加―看護師特定行為・研修部会
倉敷中央病院など21機関を「看護師に特定行為研修を実施する機関」に追加、40都道府県で134機関が指定済―厚労省
相澤病院など26機関を「看護師に特定行為研修を実施する機関」に追加、39都道府県で113機関が指定済―厚労省
看護師に特定行為研修を実施する機関、34都道府県・69機関に―厚労省

看護師特定行為研修、▼在宅・慢性期▼外科術後病棟管理▼術中麻酔―の3領域でパッケージ化―看護師特定行為・研修部会
看護師の特定行為研修、「在宅」や「周術期管理」等のパッケージ化を進め、より分かりやすく―看護師特定行為・研修部会
感染管理など、特定看護師配置を診療報酬算定の要件にできないか検討を—神野・全日病副会長
医学部地域枠の地元出身者への限定や、特定看護師確保策などを医療計画に記載—医療計画見直し検討会(2)

看護師の行う特定行為「気管挿管」「抜管」を除く38行為に―15年10月から研修開始、医道審部会
特定行為研修、厚労省が詳細を通知―10月施行に向け
日慢協が「看護師特定行為研修」の受講者募集

看護師の特定行為で「手順書例集」を公表、「医療現場で手順書作成の参考に」―全日病

医師・看護師確保策や在宅医療・訪問看護の整備目標など、医療計画に具体的に記載を—厚労省

日病が「特定行為研修を修了した看護師」の育成拡大をサポート―日病・相澤会長(2)
医師の働き方改革に向け、特定行為研修修了看護師の拡充や、症例の集約など進めよ―外保連

3割程度の救急病院で医師の働き方改革が「困難」、医師増員での対応は実現可能か―日医

自身の判断で医行為を実施できる看護師「ナース・プラクティショナー」創設に向け検討を始めよ―日看協

日病が「特定行為研修を修了した看護師」の育成拡大をサポート―日病・相澤会長(2)
医師の働き方改革に向け、特定行為研修修了看護師の拡充や、症例の集約など進めよ―外保連

看護師特定行為研修、▼在宅・慢性期▼外科術後病棟管理▼術中麻酔―の3領域でパッケージ化―看護師特定行為・研修部会

チーム医療等推進のため「特定行為研修を修了した看護師」に業務移管している旨を広告可能に—医療情報提供内容検討会