Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

安全性が証明されるまでPAAG等の充填剤注入による豊胸術は実施すべきでない―日本形成外科学会等4学会

2019.5.14.(火)

 安全性が証明されるまで「非吸収性充填剤」を豊胸目的の注入に用いるべきではない―。
 
 日本形成外科学会・日本美容外科学会(JSAPS:Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)・日本美容外科学会(JSAS:JAPAN SOCIETY OF AESTHETIC SURGERY)・日本美容医療協会の4団体は4月25日、こうした内容を柱とする「非吸収性充填剤注入による豊胸術に関する共同声明」を発表しました(日本形成外科学会のサイトはこちら)。

 
 ワセリンやパラフィン、ゲル状シリコンなどの「非吸収性充填剤」を乳房内に注射器で注入する美容目的の乳房増大術(豊胸術)には、▼異物反応▼脳梗塞▼肺塞栓▼感染▼硬結▼石灰化▼異物肉芽腫▼皮膚浸潤―など、さまざまな合併症が報告され、諸外国では使用が禁止されています。

しかし我が国では、1990年代後期より、新たにポリアクリルアミドハイドロジェル(PAAG)と呼ばれる非吸収性充填剤を用いた豊胸術が「簡便な方法」として盛んに行われるようになっています。

この点、▼PAAGを製造販売していた中国でもPAAGの使用が禁止される▼米国FDA(食品医薬品局)は豊胸術に皮膚充填剤を用いること許可していない▼韓国の乳房美容再建外科学会では、新たな非吸収性充填剤の1つに対し「重大な懸念を表明し、長期安全性の十分な証拠が集積され検証されるまで、豊胸術目的に使用することに明確に反対する」旨の声明を発表している―ように、「安全性が確立されている」とは言えない状況です。

 
日本形成外科学会等4団体は、「我が国においては、医師が海外の未承認医薬・医療機器を個人輸入し、患者に使用することが認められており、巷間での使用状況に鑑みると、今後も、長期安全性が不明確な充填剤が患者に使用される可能性がある」と懸念。「非吸収性充填剤注入による豊胸術に関する過去の経緯を踏まえ、安全性が証明されるまで非吸収性充填剤を豊胸目的に注入することは実施するべきではない」と強く訴えています。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医療webサイトがどこから不適切となるのか、関係者が協議し指導等の運用・解釈を統一―医療情報提供内容検討会(2)
医療の質向上目指し、「QI事業参加病院のサポート」や「臨床指標の標準化」を行う協議会を設置―医療情報提供内容検討会(1)
全国の医療機関、2019年度から「かかりつけ医機能」や「医療被曝の管理」状況なども都道府県に報告を―医療情報提供内容検討会(2)
医療機関から金銭授受を受ける医療情報サイトは広告、「体験談」等は掲載不可―医療情報提供内容検討会(1)
医療広告ガイドライン、新たなQ&Aを厚労省が提示―厚労省
医療機関ホームページ、手術後生存率等を合理的根拠等示さず記載は不可―医療情報提供内容検討会(1)
患者の体験談やビフォーアフター写真、ホームページへの掲載も原則不可―厚労省
患者の医療機関への感謝の気持ち、不適切なものはホームページ等に掲載禁止―社保審・医療部会(2)
医療機関ホームページ、「患者が元気になるイラスト」など掲載禁止―厚労省・検討会

美容整形など、「費用の安さ」を前面に出した説明や虚偽・誇大な説明はNG―厚労省