Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

メンタル疾患、「疾患の種類別」「入院・入院外の別」で医療費の構造が大きく異なる—健保連

2019.6.5.(水)

 ▼統合失調症、統合失調症型障害および妄想型障害(以下、統合失調症等)▼躁うつ病を含む気分[感情]障害(以下、気分障害)▼神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害(以下、神経症性障害等)―の有病者や医療費を分析すると、疾病の種類によって、また同じ疾病でも、入院と入院外では構造が大きく異なる―。

 健康保険組合連合会が5月31日に公表した、2017年度の「被保険者のメンタル系疾患の動向に関するレポート」から、こういった状況が明らかになりました(健保連のサイトはこちら)(前年度調査に関する記事はこちら、前々年度調査に関する記事はこちら)。

統合失調症等の入院外医療費、男性のほうが女性よりもわずかに高い

 主に大企業で働くサラリーマンとその家族が加入する「健康保険組合」の連合組織である健康保険組合連合会(健保連)では、データに基づく保健事業(データヘルス)に積極的に取り組んでいます(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

今般、1280組合の被保険者(家族を含まないサラリーマン本人)1568万980人(男性:1028万4893人、女性:539万6102人、月平均で算出しており合計と一致しない)のレセプト1億3862万3755件(男性:8603万7725件、女性:5258万6030件)を対象として、▼統合失調症等▼気分障害▼神経症性障害等—などの医療費を分析し、その結果を公表したものです。なお、2017年度には2016年度に続き「入院」「入院外」の双方を調べています。

 
 まず統合失調症等について見てみましょう。入院外では、有病率(被保険者に占める有病者数の割合)は男女とも0.42%。暦月による若干の変動(2017年3月に0.44%とやや高い)があります。

有病者の年齢構成を見ると、男性では45-49歳(18.3%、前年度と同じ)、40-44歳(17.1%、同0.9ポイント減)、50-54歳(15.4%、同0.7ポイント増)、35-39歳(12.7%、同0.9ポイント減)が多く、35-54歳で有病者全体の63.4%(同0.9ポイント減)を占めています。女性では、40-44歳(17.1%、同0.9ポイント減)、35-39歳(15.4%、同0.7ポイント減)、45-49歳(15.4%、同0.8ポイント増)、30-34歳(15.0%、同0.6ポイント減)が多く、30-49歳で有病者全体の62.9%(同1.6ポイント減)を占めています。女性では母数集団(被保険者全体)が男性に比べて若いことが、この結果に影響している可能性があります。また、前年度調査に比べて男性では「55-59歳」(同1.0ポイント増加)、女性では「50-54歳」(同1.2ポイント増加)で有病率が大きく増加している点が気になります。
健保連2017年度メンタル系疾患調査1 190531
 
 1人当たり医療費を見てみると、男性459円(同7円増)、女性437円(同13円増)で、男性のほうがわずかに高くなっています。これを医療費の3要素(受診率、1件当たり日数、1日当たり医療費)に分解してみると、▼受診率は女性が高い(男性:50.4、女性:51.1)▼1件当たり日数は男性(1.7日)のほうが、女性(1.6日)よりわずかに長い▼1日当たり医療費は男性(5515円)のほうが、女性(5432円)よりもわずかに高い—ことが分かりました。

 さらに年齢階層別に1人当たり医療費を見てみると、男性では40-44歳(605円)、45-49歳(586円)、35-39歳(565円)、50-54歳(532円)で高く、女性では40-44歳(576円)、35-39歳(557円)、30-34歳(521円)、45-49歳(498円)で高くなっています。
健保連2017年度メンタル系疾患調査2 190531
 

統合失調症等の入院医療費、女性のほうが男性よりも高い

 入院に目を移すと、有病率(被保険者に占める有病者数の割合)は男女とも0.01%(前年度と変わらず)。有病者の年齢構成を見ると、男性では55-59歳(16.0%、前年度に比べて0.5ポイント減)、50-54歳(15.7%、同1.1ポイント増)、45-49歳(12.9%、同0.2ポイント減)、60-64歳(9.9%、同0.6ポイント減)で多く、45-64歳で有病者全体の54.5%(同0.2ポイント減)を占めています。女性では、、45-49歳(14.5%、同1.8ポイント増)、30-34歳(13.3%、同0.7ポイント増)、35-39歳(12.9%、同0.8ポイント増)、25-29歳(11.4%、同0.8ポイント減)で多く、男性よりも若い世代の有病率の高さが目立ちます。
健保連2017年度メンタル系疾患調査3 190531
 
 推計1入院当たり医療費を見てみると、男性55万1792円(同1万1820円低下)、女性59万1675円(同9725円低下)で、女性の方が高い状況は変わっていません。年齢階層別に見ると、男性では20-24歳(75万6624円)、35-39歳(68万4874円)、25-29歳(67万3094円)と若い世代で高く、女性では70-74歳(144万7939円)、65-69歳(101万504円)と高齢の世代で飛びぬけて高くなっています。
健保連2017年度メンタル系疾患調査4 190531
 
 また推計平均在院日数は、男性で63.9日(前年度から1.1日短縮)、女性で52.2日(同0.2日短縮)と男性で長く、また年齢階層別に見ると、男性では「年齢とともに緩やかに在院日数が長くなる」、女性では「60歳代後半を過ぎると、急激に在院日数が長くなる」ことが分かります。

 なお推計新規入院件数(1000人当たり)は、▼男性で0.39、女性で0.34と、男性でやや多い▼年齢階級別に見ると、男女とも60歳代後半で急増する―ことなどが分かりました。2017年度結果の特徴として「10代女性での入院が多い」ことがあげられ、今後の動向に注目する必要があります。

気分障害の入院外医療費、男性のほうが女性よりも高い

 次に気分障害について見てみましょう。入院外の有病率は男性2.03%(前年度から0.06ポイント増加)、女性1.83%(同0.08ポイント増加)と男性で高くなっています。

 有病者の年齢構成を見ると、男性では45-49歳(18.3%、前年度から0.5ポイント減)、50-54歳(17.0%、同1.0ポイント増)、40-44歳(15.8%、同1.1ポイント減)、55-59歳(12.0%、同1.1ポイント増)で多く、前年度より有病者の年齢が上がっています。40-59歳で有病者全体の63.1%を占めています。女性では、40-44歳(16.0%、同1.0ポイント減)、45-49歳(15.9%、同0.7ポイント増)、35-39歳(13.6%、同0.8ポイント減)、30-34歳(13.5%、同0.6ポイント減)で多く、30-49歳で有病者全体の59.0%を占めています。前述の統合失調症等と同様の傾向があります。
健保連2017年度メンタル系疾患調査5 190531
 
 1人当たり医療費を見てみると、男性3010円(同増減なし)、女性2470円(同113円増)と男性のほうが高くなっています。医療費の3要素に分解すると、▼受診率は男性(248.1)のほうが、女性(223.2)よりも高い▼1件当たり日数は男女で変わらず(1.5日)▼1日当たり医療費は男性(8114円)のほうが、女性(7305円)よりも高い—ことが分かりました。男性は女性に比べて「気分障害で受診する頻度が多くて長く、かつ1回の医療費も高い」と言えます。

 年齢階層別に1人当たり医療費を見ると、男性では50-54歳(4425円)、45-49歳(4306円)、40-44歳(3829円)、55-59歳(3467円)で高く、女性では40-44歳(2994円)、45-49歳(2886円)、35-39歳(2807円)、30-34歳(2682円)で高くなっています。女性に比べて、男性では「年齢階層別の1人当たり医療費のバラつきが大きい」ことも特徴と言えるでしょう。
健保連2017年度メンタル系疾患調査6 190531
 

気分障害の入院医療費、男性のほうが女性よりも高い

 気分障害による入院に目を移すと、有病率(被保険者に占める有病者数の割合)は男女とも0.01%(前年度と変わらず)。有病者の年齢構成を見ると、男性では55-59歳(18.5%、前年度から0.7ポイント増)、50-54歳(17.7%、同0.3ポイント増)、45-49歳(14.6%、同0.8ポイント減)、40-44歳(10.8%、同0.1ポイント減)で多く、40-59歳で有病者全体の61.5%を占めています。女性では50-54歳(13.2%、同1.2ポイント増)、45-49歳(12.8%、同1.4ポイント減)、40-44歳(12.3%、同1.7ポイント減)、35-39歳(11.8%、同0.7ポイント増)で多く、入院外に比べて入院のほうが「幅広い年齢層に有病者が分布している」状況です。
健保連2017年度メンタル系疾患調査7 190531
 
 推計1入院当たり医療費は、男性29万7328円(前年度から9052円低下)、女性26万8999円(同402円低下)で、男女の差が前年度よりも広がっています。年齢階層別に見ると、男性では45-49歳(35万5097円)、55-59歳(33万886円)、20-24歳(31万8467円)で高く、女性では70-74歳(47万1526円)、65-69歳(31万5782円)、15-19歳(30万1618円)で高く、特段の傾向は見出せません。
健保連2017年度メンタル系疾患調査8 190531
 
 また推計平均在院日数は、男性で45.1日(前年度から0.6日短縮)、女性で36.8日(同0.4日短縮)と男性で長く、年齢階層別に見ると、統合失調症等と同様に、男性では「年齢とともに緩やかに在院日数が長くなる」、女性では「70歳代に入ると急激に在院日数が長くなる」ことが分かります。

 なお推計新規入院件数(1000人当たり)は、▼男性で0.70、女性で0.55と、男性でやや多い▼年齢階級別に見ると、男女ともに年齢が上がるにつれて徐々に高くなり、70歳代で急増する―ことが分かりました。

神経症性障害等の入院外医療費、女性のほうが男性よりも高い

 最後に神経症性障害等を見てみましょう。入院外の有病率は男性1.59%(前年度から0.6ポイント増)、女性1.84%(同1.0ポイント増)で、統合失調症等や気分障害とは異なり女性で高くなっています。

 有病者の年齢構成を見ると、男性では45-49歳(16.2%、前年度から0.3ポイント減)、50-54歳(15.2%、同0.6ポイント増)、40-44歳(14.8%、同0.7ポイント減)、55-59歳(11.8%、同0.6ポイント増)で多く、40-59歳で有病者全体の58.0%を占めています。女性では、45-49歳(15.5%、同0.5ポイント増)、40-44歳(15.3%、同0.6ポイント減)、35-39歳(12.6%、同0.8ポイント減)、30-34歳(12.4%、同0.5ポイント減)で多く、30-49歳で有病者全体の55.8%を占めています。統合失調症等や気分障害と比べて、幅広い年齢層に分布しています。
健保連2017年度メンタル系疾患調査9 190531
 
 1人当たり医療費は、男性563円(同25円増)、女性719円(同40円増)と女性のほうが高く、医療費の3要素に分解すると、▼受診率は女性(225.5)のほうが男性(195.3)よりも高い▼1件当たり日数は男女とも同じ(1.5日)▼1日当たり医療費は女性(2197円)のほうが男性(1996円)よりも高い—ことが分かりました。女性で1人当たり医療費が高い原因は、「受診率」と「1人当たり医療費」にあることが分かります。

 年齢階層別に1人当たり医療費を見ると、男性では50-54歳(659円)、40-44歳(643円)、45-49歳(642円)などで高く、女性では40-44歳(817円)、35-39歳(781円)、45-49歳(780円)などで高くなっています。
健保連2017年度メンタル系疾患調査10 190531
 

神経障害等の入院医療費、女性のほうが男性よりも高くなった

 神経障害等による入院に目を移すと、有病率(被保険者に占める有病者数の割合)は男女とも0.01%(前年度から増減なし)。有病者の年齢構成を見ると、男性では50-54歳(16.2%、同1.5ポイント増)、55-59歳(14.2%、同1.9ポイント減)、45-49歳(13.7%、同0.2ポイント増)、40-44歳(11.2%、同0.5ポイント増)で多く、40-59歳で有病者全体の55.3%を占めています。女性では30-34歳(16.2%、同2.0ポイント増)、45-49歳(12.9%、同0.8ポイント増)、35-39歳(11.8%、同0.9ポイント減)、50-54歳(11.3%、同0.4ポイント増)で多くなっています。やはり入院のほうが「幅広い年齢層に有病者が分布している」状況です。
健保連2017年度メンタル系疾患調査11 190531
 
 推計1入院当たり医療費は、男性5万426円(同259円増)、女性5万810円(同5047円増)、女性での増加が著しく、男女が逆転しました。年齢階層別に見ると、男性では15-19歳で飛びぬけて高く(10万9584円)、女性では20-24歳で飛びぬけて高い(11万2613円)ことが注目されます。
健保連2017年度メンタル系疾患調査12 190531
 
 また推計平均在院日数は、男性で31.8日(前年度から1.2日延伸)、女性で22.6日(同0.1日短縮)と男性で長く、さらに延伸している点が気になります。年齢階層別に見ると、カーブは異なりますが男女ともに「年齢とともに在院日数が長くなる」傾向が伺えます。

 なお推計新規入院件数(1000人当たり)は、▼男性で0.58、女性で0.69と、女性でやや多い▼年齢階級別に見ると、男女ともに年齢が上がるにつれて徐々に高くなり、70歳代で急増する―ことが分かりました。
 
 
 
 このように、メンタル系疾患と一口に言っても、疾病の種類によって有病者の発生状況や医療費の構造(つまり診療内容)は大きく異なっています。また同じ疾病でも、入院外(比較的軽度者)と入院(比較的重度者)では、医療費の構造が全く異なることも明らかになりました。

国は、事業者に「従業員に対するストレスチェック」を義務付けするなどメンタルヘルスにも力を入れており、今後、疾病別・性別・年齢別・重症度別の「きめ細かいフォロー」が、有病者の抑制(医療費の抑制、生産性の向上、国民自身のQOL向上につながる)に効果的であると考えられます。

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

統合失調症等・気分障害など、同じ疾患でも入院と入院外とで医療費の構造が全く異なる—健保連
統合失調症や気分障害は男性で、神経症性障害は女性で1人当たり医療費が高い—健保連

 
医科の入院・入院外とも家族で1人当たり医療費が高く、背景に「受診率」の高さ—健保連
感冒やアレルギー性鼻炎では「健康教育」、インフルエンザでは「予防接種」の重要性を再確認―健保連
健保組合加入者の31%は脂質に、11%は肝機能に問題があり医療機関受診が必要―健保連
健保組合の「がん医療費」は全体の11.2%と増加傾向、うち乳がん医療費が最多で14%占める―健保連
2017年度、1か月当たりの医療費最高額は血友病A患者の7915万円―健保連
肥満者は複合的な健康リスクを抱えており、血圧・血糖のリスクは高齢になるほど高まる—健保連
2018年1月、健保組合全体で後発品割合は74.1%に—健保連
2016年度は透析医療費が入院・入院外とも大きく増加、単価増が要因の1つ—健保連
健保組合財政は改善しているが6割が赤字、2割強が協会けんぽ以上の保険料率―2018年度健保連予算
風邪やアレルギー性鼻炎、乳幼児で受診率高く、家族の1人当たり医療費が高い―健保連
医科入院「家族で在院日数が長い」、医科入院外「家族の呼吸系疾患の医療費が高い」—健保連
健保組合加入者の5.47%は血糖、11.90%は肝機能に問題があり医療機関受診が必要―健保連
高齢になるほど血圧リスクが高まり、50歳代以降の被扶養者では脂質リスクが高い—健保連
狭心症では1日当たり医療費の高さが、脳梗塞では入院日数の長さが医療費に影響—健保連
医科入院・入院外とも、本人より家族の1人当たり医療費が高い—健保連
健保組合の2017年度予算、全体で7割が赤字予算、赤字総額は3060億円に膨張―健保連
感冒やアレルギー性鼻炎の医療費分析、サラリーマン本人は家族に比べ「受診せず」―健保連
肥満や血圧などの健康リスク保有者、罹患疾病トップは高血圧症―健保連
がん医療費は医療費全体の1割強、うち乳がんの医療費が最多で14.5%占める―健保連調査
肥満者のほうが健康リスクが高く、その内容も複雑―健保連調査
健保組合の生活習慣病対策、特定健診実施率は72.4%、特定保健指導では15.2%にとどまる―2014年度健保連調査
気分障害患者は全体の1.76%、神経症性障害等患者は全体の1.43%―健保連の2014年度調査
特定保健指導に生活習慣病リスク軽減や肝機能改善などの効果があることを実証―健保連
特定保健指導の未受診者は医療費1.5倍、医療費適正化に効果―健保連
医療保険制度の維持に向け、給付と負担の在り方を見直し、医療費適正化を進めよ―健保連