Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

がん医療費は医療費全体の1割強、うち乳がんの医療費が最多で14.5%占める―健保連調査

2016.10.18.(火)

 健康保険組合連合会の医療費総額(3兆4155億円)のうち、10.5%はがん(悪性新生物)が占めており、がんの種別に見ると、乳がんが最も多く、次いで大腸がん、胃がんの順となっている。また、がんの種別に1入院当たり医療費を見ると、男性では甲状腺がん(51万1192円)、女性では乳がん(55万5429円)が最も高い―。

 健康保険組合連合会が12日に公表した「悪性新生物(がん)の動向に関する調査分析」から、こういった状況が明らかになりました(関連記事はこちら)(健保連のサイトはこちら)。

 がんは我が国の死因第一位で、医療費に占める割合も高くなっており、生活習慣の改善による予防や検診受診による早期発見・早期治療をより積極的に進める必要があります。

1入院当たり医療費、男性では甲状腺がん、女性では乳がんが最も高い

 今回の調査は、1124の健康保険組合(主に大企業の従業員とその家族が加入する公的医療保険)の加入者2620万193人のレセプトデータ(2014年度)をもとに、(1)胃がん(2)肺がん(3)大腸がん(結腸、直腸がんを含む)(4)子宮がん(5)乳がん(6)男性生殖器がん(7)肝がん・肝内胆管がん(以下、肝がん)(8)甲状腺・その他内分秘腺がん(以下、甲状腺がん)―の状況を調べたものです。

 1124健保組合の2014年度医療費総額は3兆4155億円で、疾患別に見ると、もっとも大きなシェアを占めるのは呼吸系疾患で16.1%となっています。がんは医療費シェア第2位で、その割合は10.5%となっています。このほか、循環器系疾患10.3%、内分泌・栄養・代謝疾患9.2%、消化器系疾患7.2%などが大きなシェアを占めています。

医療費全体(健保組合加入者の医療費)に占めるがん医療費の割合は10.5%で、疾患分類の中では、呼吸系疾患に次ぐ第2位となっている

医療費全体(健保組合加入者の医療費)に占めるがん医療費の割合は10.5%で、疾患分類の中では、呼吸系疾患に次ぐ第2位となっている

 がんの医療費について、がん種別のシェアを見ると、上記8がん種でがん医療費の47.6%とほぼ半分を占めています。さらに8がん種別に限定して医療費のシェアを見てみると、最もシェア率が高いのは乳がんで30.4%、次いで大腸がん22.1%、胃がん13.5%、気管・肺がん12.1%と続きます。男女別に見ると、男性では大腸がん31.9%、胃がん20.7%、男性生殖器がん18.7%、気管・肺がん18.5%、女性では乳がん52.2%、大腸がん14.9%、子宮がん11.3%、胃がん8.3%という状況です。

がん全体の中で、乳がん、大腸がんなど8種のがんが医療費に占める割合は47.6%とほぼ半分に達している

がん全体の中で、乳がん、大腸がんなど8種のがんが医療費に占める割合は47.6%とほぼ半分に達している

8つのがん種に限定して医療費のシェアを見ると、乳がんが最も多く34.0%を占めている

8つのがん種に限定して医療費のシェアを見ると、乳がんが最も多く34.0%を占めている

 さらに、8がん種別に1入院当たり医療費(推計)を見ると、男性では甲状腺がんが最も高く51万1912円、次いで乳がん46万9636円、気管・肺がん45万604円と続きます。また女性では、乳がんが最も高く55万5429円、次いで甲状腺がん52万3315円、気管・肺がん45万1003円という状況です。

がんの種別(8種類)に1入院当たり医療費(推計)を比べると、男性では甲状腺がんの51万1912円、女性では乳がんの55万5429円が最も高い

がんの種別(8種類)に1入院当たり医療費(推計)を比べると、男性では甲状腺がんの51万1912円、女性では乳がんの55万5429円が最も高い

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
胸部食道がん、平均値では胸腔鏡手術のほうが開胸手術よりも術後日数が長い―CQI研究会
ベンチマークと臨床指標でがん医療の均てん化を推進―CQI研究会、8月開催
大腸がんの在院日数、短縮傾向もなお病院格差-CQI研究会が経年分析
乳がんの治療法、放射線実施率など格差鮮明―CQI研究会、臨床指標20項目を調査
前立腺がん手術、在院日数最短はダヴィンチ、合併症発生率は?―第10回CQI研究会
拠点病院は現場の使命感で支えられている、今こそ「医療の質評価」の普及を――九がん・藤院長

健保組合の生活習慣病対策、特定健診実施率は72.4%、特定保健指導では15.2%にとどまる―2014年度健保連調査
特定保健指導に生活習慣病リスク軽減や肝機能改善などの効果があることを実証―健保連
特定保健指導の未受診者は医療費1.5倍、医療費適正化に効果―健保連