Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

小児科・産科医師不足等の課題解決に向け、「熱い志」を持つ人物を中心にICT利活用を推進—にいがたヘルスケアICTフォーラム

2021.1.25.(月)

ヘルスケア分野でのICT利活用においては、▼社会的課題を解決したいという「熱い志」を起点とする▼小さく興し、迅速な改善を継続する▼本来の趣旨・目的からずれない強力なリーダーシップを発揮できる人間を中心にする—ことが重要である—。

1月22日に開催された「にいがたヘルスケアICTフォーラム」において、こういった議論が行われました。

高齢化が進み、医師が不足する新潟県の課題をICT利活用で解決し、日本・世界に発信

医療分野において「ICT技術」の利活用が大きな注目を集めています。例えば国は、医療・健康・介護情報を個人情報に配慮したうえで個人単位で連結し、「より効果的な医療・介護サービス」の確立につなげる取り組みを進めています。

また世界に目を向ければ、膨大な医療情報をAIに学習させ、診断補助に役立てる取り組みが各所で進んできています。

そうした中で新潟県では、イノベーション創出支援事業の一環として「ICTヘルスケア立県促進事業」を採択。医療・健康問題の課題に、ICTの利活用によって「解」を見出す試みに力を入れています。その一環として、1月22日にキックオフフォーラムが開催されたものです。

フォーラムには、▼新潟県の花角英世知事▼慶應義塾大学医学部教授で、新潟県福祉保健部健康情報管理監でもある宮田裕章氏▼医師で医療経営コンサルタントでもある裵英洙氏(ハイズ株式会社代表取締役社長、慶應義塾大学特任教授)―が登壇し、新潟県はもちろん、我が国、さらには世界における「ヘルスケア分野でのICT利活用の方向」を探りました。

まず花角新潟県知事は、新潟県にはICT利活用に向けた、次の3つのポテンシャルがあることを強調します。

1つ目は、佐渡のひまわりネットや新潟県次世代ヘルスケア情報基盤など、医療情報ネットワーク基盤の整備に古くから取り組んできているという点です。ICT利活用を「進めるべき」であるという風土が醸成されていると言えそうです。

2つ目に、「ものづくり」に関して高い技術・経験があること、さらに3つ目に「医療アクセスが地理的に難しい地域が多い」ことを花角知事はあげました。3つ目の点は、一見「疑問」にも感じますが、「医療へのアクセスが難しい=ICTが真価を発揮しやすい」と考えれば、得心がいくでしょう(例えば、オンライン診療は、アクセス困難地域で非常に有用である)。



もっともポテンシャルがあるからといって、ICT利活用がヘルスケア分野で進むものではありません。裵氏は、「社会的課題の解決に向けた『熱い志』を持つ人間」の存在が最も重要であると強調します。

「熱い志」を持つ人間を核になれば、「支援をしよう」と考える人が現れ、ビジネスへと発展していきます。起点として「『熱い志』を持つ人間」の存在が不可欠であり、新潟県では、花角知事であり、県の担当者であり、県内の医療従事者が「熱い志」を持つ人間と言えそうです。

花角知事もこの見解に強く賛同したうえで、「社会的な課題を解決したい」という思いに沿って、ICT導入等を考えていく必要があるとの考えも強調しました。ヘルスケア分野に限らず、ICT導入等にあたっては「これもあると良いのでは」「この機能も追加したほうが良いのではないか」と、頭でっかちに考え、現場のニーズからかけ離れてしまうことがままあります。

この点、新潟県の医療提供体制の最大の課題として▼小児科医▼産婦人科・産科医—の不足があげられ、ICTを利活用して、こうした課題をどう解決していくのかを検討していくことになりそうです。例えば、オンライン診療を活用して「妊婦や、乳幼児・小児を抱える保護者」の相談に乗ることで、少ない小児科医師・産科医の負担を軽減し「重症者等に集中・重点化する」環境を整備することなどが考えられそうです。裵氏は、すでに150名の医師を抱えて「小児等の保護者からの相談を受ける」オンラインサービスが全国で展開されていることを紹介するとともに、「相談等で得られたデータを集積・解析することで、より効率的な医療提供体制の構築にも活かしていけるのではないか」と見通しています。



また宮田氏は、ICTの利活用を進めるうえで、(A)必要なコア部分を小さく、迅速に構築する(B)状況を踏まえて迅速に改善していく(C)本来の趣旨からずれないようにリーダーが管理する—という3点が極めて重要になると指摘しました。

(A)は、花角知事・裵氏の見解とも強く関連するものです、壮大な計画を立て「こうしたニーズにも対応できるように」「こういう機能も持たせた方が良い」などと考えると、導入までに時間が経ち、関係者の「熱」も冷めてしまいがちです。宮田氏は「例えば『2年後にこうったサービスが提供できます』などと計画を立てても、実行段階では社会が変化してしまう。データプロジェクトなどではよく壮大な計画を立て、瓦解するケースが多い」と分析しました。

また、(B)のように迅速に改善をしていくことの重要性はここで述べるまでもありませんが、往々にして「本来の趣旨・目的」からずれてしまいがちです(「この機能も入れよう」「あの意見も取り入れよう」とカスタマイズを続ける中で、本来の趣旨・目的を忘れがちである)。そこで、強力なリーダーシップを発揮する人物を置き、「本来の趣旨・目的」からずれないように管理することが重要となるのです。そこでは上述の「熱い志」を持つ人間がリーダーになることも1つの方法と考えられます。



宮田氏、裵氏ともに新潟県を起点に「医療の課題をICTの利活用で解決する」本プロジェクトについて、「佐渡地域をはじめ、新潟県では高齢化が進み、我が国や中国などの将来の姿である。ここで優れた取り組みを行いPRすることで、日本・世界の道しるべとなることができる」と強い期待を寄せています。



▼社会的課題(ニーズ)を起点とすべきこと▼「熱い志」を持つ人物を中心に据えること▼小さく興し、迅速な改善を続けるとともに、強いリーダーシップの下で「本来の趣旨・目的」からずれないこと—という3点は、ヘルスケア分野でのICT利活用にとどまらず、さまざまな分野において基本的視点に据えるべきポイントと言えるでしょう。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

患者データの全国医療機関・薬局での共有、機微性の高さ踏まえた慎重な制度設計・運用を—社保審・医療保険部会
医療機関等で患者の薬剤・診療情報を確認できる仕組み、電子カルテ標準化に向けた方針を固める―健康・医療・介護情報利活用検討会
電子カルテの標準化、全国の医療機関で患者情報を確認可能とする仕組みの議論続く―健康・医療・介護情報利活用検討会
「健康・医療・介護情報共有方針」固まる、全国の医療機関等で薬剤・手術等の情報共有可能に―健康・医療・介護情報利活用検討会
「レセ情報とレセ以外情報」をセットで格納・共有し、効果的かつ効率的な医療提供の実現を―健康・医療・介護情報利活用検討会
全国の医療機関間で、患者の「薬剤情報」「手術情報」など共有できれば、救急はじめ診療現場で極めて有用―医療等情報利活用ワーキング
電子カルテ標準化や国民への健康情報提供(PHR)など一体的に議論し、夏までに工程表まとめる―健康・医療・介護情報利活用検討会
電子カルテの標準化、まず「電子カルテの将来像」固め、それを医療情報化支援基金の補助要件に落とし込む―医療情報連携基盤検討会
2019年度予算案を閣議決定、医師働き方改革・地域医療構想・電子カルテ標準化などの経費を計上
異なるベンダー間の電子カルテデータ連結システムなどの導入経費を補助―厚労省・財務省



病院間の情報連携が求められる中で「電子カルテの標準化」が必要―日病協
「電子カルテの早期の標準化」要望に、厚労省は「まず情報収集などを行う」考え―社保審・医療部会
「電子カルテの標準仕様」、国を挙げて制定せよ―社保審・医療部会の永井部会長が強く要請
電子カルテの仕様を標準化し、医療費の適正化を促せ―四病協



「個人単位の被保険者番号」活用した医療等情報の紐づけ、まずNDBや介護DBを対象に―厚労省・医療等情報連結仕組み検討会
医療・介護等データ連結、「医療の質」向上と「個人特定リスク」上昇とのバランス確保を―厚労省・医療等情報連結仕組み検討会
個人単位の被保険者番号を活用した医療等情報を連結、具体的な仕組みの検討スタート―厚労省・医療等情報連結仕組み検討会



医療等のデータ連結において、個人の紐づけは「個人単位の被保険者番号」を基軸に―医療情報連携基盤検討会
医療情報ネットワークの2020年度稼働に向け、2018年夏までに「工程表」作成―医療情報連携基盤検討会



2021年からのオンライン資格確認、カードリーダー等端末は支払基金が一括購入し医療機関へ配付―社保審・医療保険部会
2021年3月からマイナンバーカードに「保険証機能」付与、既存保険証が使えなくなる訳ではない―社保審・医療保険部会
オンライン資格確認や支払基金支部廃止などを盛り込んだ健保法等改正案―医療保険部会
被保険者証に個人単位番号を付記し、2021年からオンラインでの医療保険資格確認を実施―医療保険部会
2020年度中に、医療保険のオンライン資格確認を本格運用開始―社保審・医療保険部会

保健・医療・介護データの利活用に向け、今後2年間で何としても集中改革を実現する―加藤厚労相