Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 病院ダッシュボードχ ZERO

ビタミンD不足が、高齢者の筋力低下やサルコペニア(骨格筋減弱症)発症を招く大きな要因の1つ—長寿医療研究センター

2022.10.26.(水)

高齢者のデータやマウス実験により、「ビタミンDが不足する」→「筋力の低下や、サルコペニア(骨格筋減弱症)発症を引き起こす」ことが証明された—。

国立長寿医療研究センターは8月24日に、こうした研究結果を公表しました(センターのサイトはこちら)。将来、「血液検査結果をもとに、適切なビタミンDの補給によりサルコペニア予防(ひいては要支援・要介護状態の予防)が可能になる」ことなどが期待されます。

食べ物を飲み込む際の「喉が刺激」により健康に重要なホルモンの分泌が促進される

ついに今年度(2022年度)から団塊世代が75歳以上の後期高齢者となりはじめ、2025年度には全員が後期高齢者となります。高齢化の進展は「要介護者、要支援者の増加」につながるため、「介護予防」などが非常に重要となります。

要介護・要支援の原因は多種多様ですが、▼サルコペニア(加齢に伴って生じる骨格筋減弱症)→(増悪)→▼要支援・要介護—という流れが1つ存在します。しかし、サルコペニアの発症や増悪化の分子機構は不明であり、また、診断・発症予測に有用な分子マーカー(バイオマーカー)も同定されていません。

この点、先行研究において「ビタミンDの加齢による量的変動がサルコペニアと関連する」との見解がありますが、成熟した骨格筋に対するビタミンDの作用やサルコペニアとの関連性を示す科学的根拠は明確になっていませんでした。

そこで今般、▼長寿医療研究センター運動器疾患研究部の細山徹副部長▼名古屋大学大学院医学系研究科整形外科学の水野隆文医員—を代表とする研究グループ(長寿医療研究センター老化疫学研究部、名古屋学芸大学、東京大学、松本歯科大学、医療創生大学も共同参画)では、「血中ビタミンDの値」と「筋力・筋量」「サルコペニア」との関係を調査・分析。

具体的には、NILS-LSA(国立長寿医療研究センターで実施している老化に関する長期縦断疫学研究)の1919名のデータを用いて、▼ビタミンDが欠乏している者384名のグループ(血中の25OHD量が20ng/ml以下)▼ビタミンDが充足している者384名のグループ—で、4年後の「筋力変化」「筋量変化」「新規サルコペニア発生数」がどのように異なるかを分析しました。そこからは「ビタミンD欠乏群では、充足郡に比べて筋力低下が進行し、サルコペニアの新規発生数も有意に増加する」ことが分かりました。ここから、「ビタミンD欠乏が将来的な筋力低下を導き、結果としてサルコペニア罹患率が上昇する」ことが示唆されます



また、研究グループは「ビタミンD受容体遺伝子Vdrを成熟した筋線維で特異的に欠損させたマウス」(VdrmcKOマウス、欠損マウス)を実験的に作出。欠損マウスと、通常マウス(コントロール)と比較すると、▼筋重量、筋線維径、筋線維タイプ、骨格筋幹細胞数など骨格筋の量的形質には影響は見られないが、欠損マウスで有意に筋力低下が認められた▼欠損マウスでは、骨格筋における筋小胞体Ca2+-ATPアーゼ活性が低下していた—ことが分かりました。ここから、「成熟筋線維におけるビタミンDシグナルの低下もしくは抑制がSerca(筋線維の収縮・弛緩にかかわる遺伝子)発現を介して筋収縮に影響を与え、結果として筋力低下が引き起こされる」と考えられます。つまりビタミンD不足は筋量を減らすわけではなく、「筋力の低下」に作用すると言えるのです。



高齢者においてはビタミンDが不足しがちになります。長寿医療研究センターでは「高齢者で生じる筋力低下やサルコペニア発症にビタミンD不足が深くかかわっている可能性がある」、「血中ビタミンDがサルコペニア発症を予測するバイオマーカーの1つとなり得る」と指摘しています。

今後、さらなる研究を進めることで、例えば「高齢者の血液検査結果をもとに、適切なビタミンDの補給によりサルコペニア予防(ひいては要支援・要介護状態の予防)が可能になる」ことなどが期待できるでしょう。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

食べ物を飲み込む際の「喉の刺激」によりサイロキシン・カルシトニン分泌が活性化され、心身の健康が高まる—都健康長寿医療センター
口腔状態に問題ある高齢者は要介護や死亡リスクが2倍超、地域で「オーラルフレイル改善」の取り組み強化を—都健康長寿医療センター
コロナ禍で「要介護1・2高齢者等を介護する家族」の介護負担が増し、メンタルヘルス不調を来す—都健康長寿医療センター
DHAやEPA、ARAを十分に摂取することで「認知機能を維持できる」可能性—長寿医療研究センター
「ゆっくりとした歩行」「軽い家事活動」などの低強度身体活動も、脳機能の維持に有用—長寿医療研究センター
治療抵抗性の前立腺がん、新治療法として「RNA分解酵素を標的とする薬剤」に期待—都健康長寿医療センター
男女ともビタミンC摂取不足で筋肉量・身体能力が低下するが、適切な摂取で回復可能—都健康長寿医療センター
自治体と研究機関が協働し「地域住民の健康水準アップ」を目指すことが重要—都健康長寿医療センター
日本人特有の「レビー小体型認知症の原因遺伝子」を解明、治療法・予防法開発に繋がると期待—長寿医療研究センター
日本人高齢者、寿命の延伸に伴い身体機能だけでなく「認知機能も向上」—長寿医療研究センター
フレイル予防・改善のため「運動する」「頭を使う」「社会参加する」など多様な日常行動の実施を—都健康長寿医療センター
「要介護度が低い=家族介護負担が小さい」わけではない、家族介護者の負担・ストレスに留意を—都健康長寿医療センター
奥歯を失うと、脳の老化が進む—長寿医療研究センター
介護予防のために身体活動・多様な食品摂取・社会交流の「組み合わせ」が重要—都健康長寿医療センター
高齢男性の「コロナ禍での社会的孤立」が大幅増、コロナ禍で孤立した者は孤独感・コロナへの恐怖感がとくに強い—都健康長寿医療センター
中等度以上の認知症患者は「退院直後の再入院」リスク高い、入院時・前から再入院予防策を—都健康長寿医療センター
AI(人工知能)用いて「顔写真で認知症患者を鑑別できる」可能性—都健康長寿医療センター
認知症高齢者が新型コロナに罹患した場合の感染対策・ケアのマニュアルを作成—都健康長寿医療センター
地域高齢者の「社会との繋がり」は段階的に弱くなる、交流減少や町内会活動不参加は危険信号―都健康長寿医療センター
新型コロナ感染防止策をとって「通いの場」を開催し、地域高齢者の心身の健康確保を―長寿医療研究センター
居住形態でなく、社会的ネットワークの低さが身体機能低下や抑うつ等のリスク高める―都健康長寿医療センター
孤立と閉じこもり傾向の重複で、高齢者の死亡率は2倍超に上昇―健康長寿医療センター
新型コロナの影響で高齢者の身体活動は3割減、ウォーキングや屋内での運動実施が重要―長寿医療研究センター