Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 新制度シミュレーションリリース

血液診断によって「近く要介護・要支援状態に陥る可能性の高い人」を鑑別できる時代が来る—健康長寿医療センター研究所

2023.2.22.(水)

要介護・要支援状態の原因の1つであるサルコペニア(加齢に伴って生じる骨格筋減弱症)や、運動神経障害、重症筋無力症などについて「発症前・早期に診断を行う」「治療薬の有効性を確認する」ことが、今後「血液診断」(MuSKタンパク量の測定)で簡便に行えるようになる可能性がある—。

また、副作用の強い対象療法しかない「抗MuSK抗体陽性重症筋無力症」について、「血液中に遊離したMuSKタンパク」が自己抗原となることが明らかになり、今後の根治治療薬開発に繋げられる可能性がある—。

東京都健康長寿医療センター研究所が2月20日、こうした研究結果を公表しました(研究所のサイトはこちら)。

運動神経損傷や重症筋無力症、サルコペニア等の発症前診断、治療の有効性確認が可能に

今年度(2022年度)から人口の大きなボリュームゾーンを占める団塊世代が75歳以上の後期高齢者となりはじめており、2025年度には全員が後期高齢者となります。このため介護ニーズは今後急速に増大していきます。

一方、支え手となる現役世代人口は、2025年度から2040年度にかけて急速に減少していきます。

少なくなる一方の支え手(サービス提供者、費用負担者)で、増大する一方の高齢者(サービス利用者、受益者)を支えなければならず、「どのように効率的に要介護者を支えていくか」(サービス提供の生産性向上、介護費の負担の公平化など)とともに、「要介護者の発生をいかに防止していくか、要介護状態になったとしても、いかに重度化を防止するか」という点が極めて重要になっています。

要介護・要支援となる原因は多種多様ですが、1つの流れとして「▼サルコペニア(加齢に伴って生じる骨格筋減弱症)→(増悪)→▼要支援・要介護」という形があります。しかし、サルコペニアの発症や増悪化の分子機構は不明であり、また、診断・発症予測に有用な分子マーカー(バイオマーカー)も同定されていません。

これまでの研究では「神経筋難病やサルコペニアの発症前期から神経筋シナプスの機能障害(脱神経支配)が起きている」「神経筋シナプスのMuSKタンパクを活性化すると神経筋 難病とサルコペニアの進行を抑制する効果がある」ことが報告されています。

そうした中で東京都健康長寿医療センター・慶応大学医学部・京都がくさい病院・脳神経内科千葉、東邦大学佐倉病院、千葉大学医学部による共同研究グループは「MuSKタンパクは、本来は骨格筋の表面に固定されているが、筋萎縮発症前から起きる神経筋シナプスの機能障害が引き金となって血液中へ切断され遊離する」ことを明らかにしました。

運動は、脳からの運動信号(例えば「左腕を動かせ」「右足を動かせ」などの命令)が、▼脊髄の運動神経細胞→▼神経線維の終末部と筋線維と接触して形成される神経筋シナプス→▼骨格筋全体—と伝わり、筋収縮が起きることで可能となります。「神経筋シナプスの機能・形態維持」のためには、「神経筋シナプスの筋側で限局して発現する受容体型チロシンキナーゼのMuSKタンパク」が必須となります。

今般の研究では、▼筋の運動神経損傷、神経筋難病やサルコペニアの発症前期から神経筋シナプスの機能が障害される(脱神経支配)→▼神経筋シナプスに限局していたMuSKタンパクの発現が骨格筋全体に広がる→▼タンパク分解酵素(マトリックスプロテアーゼ)の活性も加わる→▼MuSKタンパクがタンパク分解酵素の働きにより骨格筋の膜から切断される—ことにより、「MuSkタンパクが血液中へ遊離して顕著に増加する」ことが明らかにされました。

一方、神経筋シナプスが再生して治癒する過程では「血液中のMuSKタンパクが減少」します。

ここから研究グループでは「MuSKタンパク」を、様々な原因による神経筋シナプス障害の程度、治癒過程を正確に反映する血液診断バイオマーカーとして利用できると結論づけています。

血液診断によって「要介護・要支援の原因の1つとなるサルコペニアの発症前期」、つまり「近く要介護・要支援状態になる可能性が高い」と判断することが可能となります。こうした者を抽出し、適切な治療等を行えば、要介護・要支援状態に陥ることの防止にもつなげられる可能性があるでしょう。



ところで研究グループは、すでに2006年に「MuSKタンパクに反応する自己抗体が、神経筋シナプスの機能を重度に障害して、急速な筋萎縮や呼吸筋障害などを伴う難治性の抗MuSK抗体陽性重症筋無力症が発症させる」ことも明らかにしています。抗MuSK抗体陽性重症筋無力症は、難治性症例が多く、筋力低下から急速に筋萎縮を発症して死に至るケースもありますが、自己抗原の供給源が全く不明でした。

今回の研究では、▼抗MuSK抗体陽性重症筋無力症患者の神経筋シナプスの機能が障害される→▼それが引き金となり骨格筋から自己抗原のMuSKタンパクが血中へ遊離する→▼全身の血管中に存在する未熟なB細胞が、MuSK抗原で感作され抗MuSK抗体を産生するプラズマB細胞に分化する→▼自己抗体を産生して血中から神経筋シナプスへ運ばれる→▼機能障害と病態がさらに悪化する—という悪循環をもたらすことを明らかにしました。つまり、「血液中に遊離したMuSKタンパクが自己免疫疾患の自己抗原となる」のです。

抗MuSK抗体陽性重症筋無力症における自己抗原供給



研究グループでは、「血液中のMuSKタンパク量」をバイオマーカーとして活用することで、▼運動神経損傷▼重症筋無力症▼その他の神経筋難病▼サルコペニア—について発症前・早期に診断を行い、治療薬の有効性を簡単に判定できると期待を寄せています。

さらに、これまで免疫抑制剤など副作用の強い対症療法しかなかった「抗MuSK抗体陽性重症筋無力症」について、今般の研究成果をベースに「MuSK抗原の産生を抑制して自己免疫疾患を制御する根治治療薬」の開発が可能になることにも大きな期待を寄せています。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

「ペットの飼育」は介護予防だけでなく「介護費の軽減」にも効果あり!—健康長寿医療センター研究所
後期高齢者、歯科受診により急性期疾患(肺炎、脳卒中、尿路感染症)での入院発生割合を抑制—都健康長寿医療センター
認知症の原因疾患を鑑別し、治療法選択・その効果測定を補助する「PET検査」の保険適用に強い期待—都健康長寿医療センター
食べ物を飲み込む際の「喉の刺激」によりサイロキシン・カルシトニン分泌が活性化され、心身の健康が高まる—都健康長寿医療センター
口腔状態に問題ある高齢者は要介護や死亡リスクが2倍超、地域で「オーラルフレイル改善」の取り組み強化を—都健康長寿医療センター
コロナ禍で「要介護1・2高齢者等を介護する家族」の介護負担が増し、メンタルヘルス不調を来す—都健康長寿医療センター
DHAやEPA、ARAを十分に摂取することで「認知機能を維持できる」可能性—長寿医療研究センター
「ゆっくりとした歩行」「軽い家事活動」などの低強度身体活動も、脳機能の維持に有用—長寿医療研究センター
治療抵抗性の前立腺がん、新治療法として「RNA分解酵素を標的とする薬剤」に期待—都健康長寿医療センター
男女ともビタミンC摂取不足で筋肉量・身体能力が低下するが、適切な摂取で回復可能—都健康長寿医療センター
自治体と研究機関が協働し「地域住民の健康水準アップ」を目指すことが重要—都健康長寿医療センター
日本人特有の「レビー小体型認知症の原因遺伝子」を解明、治療法・予防法開発に繋がると期待—長寿医療研究センター
日本人高齢者、寿命の延伸に伴い身体機能だけでなく「認知機能も向上」—長寿医療研究センター
フレイル予防・改善のため「運動する」「頭を使う」「社会参加する」など多様な日常行動の実施を—都健康長寿医療センター
「要介護度が低い=家族介護負担が小さい」わけではない、家族介護者の負担・ストレスに留意を—都健康長寿医療センター
奥歯を失うと、脳の老化が進む—長寿医療研究センター
介護予防のために身体活動・多様な食品摂取・社会交流の「組み合わせ」が重要—都健康長寿医療センター
高齢男性の「コロナ禍での社会的孤立」が大幅増、コロナ禍で孤立した者は孤独感・コロナへの恐怖感がとくに強い—都健康長寿医療センター
中等度以上の認知症患者は「退院直後の再入院」リスク高い、入院時・前から再入院予防策を—都健康長寿医療センター
AI(人工知能)用いて「顔写真で認知症患者を鑑別できる」可能性—都健康長寿医療センター
認知症高齢者が新型コロナに罹患した場合の感染対策・ケアのマニュアルを作成—都健康長寿医療センター
地域高齢者の「社会との繋がり」は段階的に弱くなる、交流減少や町内会活動不参加は危険信号―都健康長寿医療センター
新型コロナ感染防止策をとって「通いの場」を開催し、地域高齢者の心身の健康確保を―長寿医療研究センター
居住形態でなく、社会的ネットワークの低さが身体機能低下や抑うつ等のリスク高める―都健康長寿医療センター
孤立と閉じこもり傾向の重複で、高齢者の死亡率は2倍超に上昇―健康長寿医療センター
新型コロナの影響で高齢者の身体活動は3割減、ウォーキングや屋内での運動実施が重要―長寿医療研究センター