Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 2024年度版ぽんすけリリース

医療ショートを「高齢の軽症救急」搬送先の1つに、ショートステイでの看取り対応評価・長期利用是正進める—社保審・介護給付費分科会(3)

2023.10.27.(金)

短期入所生活介護について、「看取り対応体制」を評価するとともに、一方で「長期利用」を是正するような報酬対応を考えてはどうか—。

短期入所療養介護について、「軽症の高齢救急患者」搬送先の1つとなるよう、手厚い医療対応を評価する「総合医学管理加算」の評価を充実してはどうか—。

10月26日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会で、こういった議論も行われています(第1ラウンドの関連記事はこちら、同日の通所介護等に関する議論の記事はこちら、通所リハに関する記事はこちら)。

ショートステイ、「看取り」実施の実態を踏まえた加算を新設

2024年度の介護報酬改定に向けた議論が介護給付費分科会を中心に進み、現在は個別具体的な第2ラウンド論議に入っています(地域密着型サービスの第2ラウンド論議に関する記事はこちら)。10月26日の会合では、通所系・短期入所系サービス((1)通所介護・地域密着型通所介護・認知症対応型通所介護(2)療養通所介護(3)通所リハビリテーション(4)短期入所生活介護(5)短期入所療養介護—)について具体的な改定内容に関する論議が行われました。本稿では()通所リハ、(4)(5)のショートステイに焦点を合わせます((1)(2)のデイサービスに関する議論の記事はこちら、(3)のデイケアに関する議論の記事はこちら)。

(4)の短期入所生活介護(ショートステイ)は、在宅要介護者が悪化した場合の一時入所、家族介護者のレスパイト(介護疲れからの一時開放)といった機能を持ち、「在宅生活を維持するために欠かせない」ものと高く評価されています。しかし、短期入所を繰り返し「実質的に施設入所になっている」ケースもあると言う課題も指摘されています。

厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課の和田幸典課長は、2024年度の次期改定に向け(a)看取り対応を行った場合の評価創設(c)長期利用の適正化—という2つの論点を提示しています。

まず(a)は「ショートでの看取り」という実態があり、そこでは相応の手間・コストが発生している点を踏まえて▼新たに「看取り期における取り組み」(例えば看護職員体制や看取り期における対応方針の作成など)を評価する(新加算)▼新加算は「1週間程度」の算定期間上限を設ける—といった提案です。この点、和田認知症施策・地域介護推進課長は「ショートでの看取りを推進するものではなく、実態を踏まえた評価を行うもの」との考えを併せて示しています。

ショートステイにおける看取り期利用者の受け入れ実績(社保審・介護給付費分科会(3)1 231026)



この考えに反対意見はなく、例えば「訪問看護や医療機関との連携を進めながら、適切な看取り対応を評価すべき」(田母神裕美委員:日本看護協会常任理事)、「ショート事業所・施設の配置医と、看取り対応を行う医師とが異なる場合の整理などを進めてほしい」(田中志子委員:日本慢性期医療協会常任理事)といった声も参考に詳細を詰めていくことになります。

ショートステイ、長期利用の是正に向け「特養並みの報酬」水準への切り下げなど検討

一方(b)は、上述した「長期利用」に対する対応で、和田認知症施策・地域介護推進課長は「短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護における長期利用について、施設入所と同等の利用形態となっているため、施設入所の報酬単位との均衡を図る」考えを示しました。

例えば、要介護3の高齢者について、個室ユニット型の特別養護老人ホームに入所した場合には「1日793単位」の基本報酬が算定されます。一方、同じ形態の特養ホームのショート利用では「1日838単位」の基本報酬が算定されます。ショートでは「長期利用の場合には30単位の減算を行う」との規定がありますが、これでも「1日808単位」となり、特養入所よりも高くなってしまいます。これを「特養の報酬に近づけていく」ことで、ショートの長期利用が是正されるのではないかと厚労省は見ています。

ショートステイの報酬概要(社保審・介護給付費分科会(3)2 231026)

ショートステイにおける長期利用減算(1日に月30単位の減算)(社保審・介護給付費分科会(3)3 231026)

特別養護老人ホームの報酬概要(社保審・介護給付費分科会(3)4 231026)



この点、「特養とショートでは利用率が異なる(ショートでは連休中などは利用率が高まるが平日は空室が目立つ、一方、特養はそうした格差は少ない)点も踏まえ、ショート経営が困難にならないような工夫も必要である」(濵田委員)、「利用者負担が低くなれば、かえって長期利用を生むことにならないかの検討も必要である」(東委員)といった声が出ており、。今後の具体的な点数設定に活かされます。

医療ショートの総合医学管理加算を拡充し、「軽症の高齢救急患者」搬送先に位置付けよ

また(5)の短期入所療養介護(医療ショート)は、介護老人保健施設、療養病床を有する病院・診療所、介護医療院などにおいて「医療ニーズを持つ要介護高齢者などの短期受け入れ」を行うもので、医療ニーズをもつ要介護高齢者の「在宅限界」を高めるために、極めて重要なサービスとなっています。

厚生労働省老健局老人保健課の古元重和課長は、さらに「高齢者の救急搬送先」としての注目度も高まってきている点を踏まえ、次のような提案を行いました(関連記事はこちらこちら)。

▽医師が診療計画に基づき必要な診療、検査等を行い、退所時にかかりつけ医に情報提供を行うことなどを評価する「老健施設の医療ショートにおける【総合医学管理加算】」について、医療ニーズのある利用者受け入れをさらに促進していくため「予定されていた短期入所において治療管理を行った場合」にも算定可能とする(現在はケアプランで計画的に行うこととなっていない医療ショート入所者のみが対象)

▽総合医学管理加算の算定上限を「7日」から「10日」に延長する

総合医学管理加算の概要(社保審・介護給付費分科会(3)5 231026)



この提案に対しては、「医療費削減、軽症高齢者の救急搬送削減などの点からも好ましい。老健施設の管理医師が『軽度、軽症である』と判断した場合には、医療ショートの場で治療を行うべきである。認知症高齢者がケガを負った場合に、入院すれば状態が悪化してしまう」(東委員)、「老健施設等の中で『医療ショート』というサービスがあることを、医療機関や救急隊などにも認知してもらうことが大事である。また、管理医師にはそれぞれ専門があり、『この医療ショートではどのような対応が行えるのか』などの情報も事前に地域関係者で共有することが重要である」(江澤委員)、「突然、具合が悪くなった高齢者に対応するために、総合医学管理加算を拡充することは極めて重要である」(田中委員)といった歓迎の声が出ています。

ただし、委員からは「総合医学管理加算を区分支給限度基準額(在宅の要介護者について、要介護度別に1か月に介護保険サービスを使用できる量が決まっている、超過分は自己負担となる)の外に出すなど、使い勝手が良くなる工夫が必要である」との注文もついています。

今後、高齢の救急搬送患者受け入れ先として、軽症の場合には「医療ショートという選択肢もある」ことが地域の関係者に深く浸透することに期待が集まります。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

通所リハ、「入院中のリハ計画書入手」など義務化、質の高いリハ行う大規模事業所は高い報酬に—社保審・介護給付費分科会(2)
通所介護の入浴介助加算、安全確保のために「研修受講」義務化、重度者を多く受ける療養通所介護を高く評価—社保審・介護給付費分科会(1)
看多機に「利用頻度が少ない利用者向けの低い報酬」を設定、小多機の「認知症対応力強化」をさらに推進—社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定では「介護人材確保」が最重要ポイント、介護経営安定と制度安定のバランスも鍵—社保審・介護給付費分科会(2)
介護報酬改定の施行時期、「4月を維持」すべきか、「診療報酬と合わせ6月施行」とすべきか—社保審・介護給付費分科会(1)
2024年度介護報酬改定、小規模事業所のBCP策定や老健の高額薬剤使用等もポイント、認知症研修は極めて有用―介護給付費分科会・研究委員会
介護職員の加算、算定率の高いものは基本報酬に組み入れ、著しく低いものは背景を踏まえ廃止も含めた検討進める—社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善、ICT・介護助手活用による生産性向上、サービスの質を確保した上での人員基準柔軟化など検討—社保審・介護給付費分科会
認知症対策、介護サービスの質向上目指すLIFE、医療介護連携、とりわけ医療・介護間の情報連携等を強力に推進—社保審・介護給付費分科会
特定施設入居者生活介護の医療対応力・看取り対応力強化のために、どのような方策が考えられるのか—社保審・介護給付費分科会(5)
一部の特養ホームで「緊急時はすべて救急搬送する」事態も、特養入所者への医療提供をどう確保していくべきか—社保審・介護給付費分科会(4)
老健施設の「在宅復帰・在宅療養支援機能の更なる強化」を2024年度介護報酬改定でも目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院は医療施設だが「肺炎による医療機関転院」も生じている、さらなる医療・介護力強化が重要課題を—社保審・介護給付費分科会(2)
要介護者に適切な医療提供が行え、医療サイドに生活情報が伝わるよう、中身のある医療・介護連携推進を—社保審・介護給付費分科会(1)
介護保険の要となる「ケアマネの確保、ケアマネ事業所の安定経営」、訪問介護人材の確保にどう対応すべきか—社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護と訪問リハビリの役割分担を明確化、リハビリ専門職による訪問看護をさらに適正化—社保審・介護給付費分科会(1)
介護保険リハビリのアウトカム評価をどう考えていくか、高齢者は「リハビリ効果出にくい」点考慮を—社保審・介護給付費分科会(2)
通所サービスの介護報酬大規模減算は「事業所等の大規模化」方針に逆行、一般通所介護でも認知症対応力向上—社保審・介護給付費分科会(1)
認知症グループホームでの「医療ニーズ対応」力強化をどう図るか、定期巡回と夜間訪問との統合は2027年度目指す—社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定論議スタート、地域包括ケアシステム深化・介護人材確保などがサービス共通の重要論点—社保審・介護給付費分科会
介護ロボット・助手等導入で「質を下げずに介護従事者の負担軽減」が可能、人員配置基準緩和は慎重に—社保審・介護給付費分科会(2)

日常診療・介護の中で「人生の最終段階に受けたい・受けたくない医療・介護」の意思決定支援進めよ!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
訪問看護の24時間対応推進には「負担軽減」策が必須!「頻回な訪問看護」提供への工夫を!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
急性期入院医療でも「身体拘束ゼロ」を目指すべきで、認知症対応力向上や情報連携推進が必須要素—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
感染対策向上加算の要件である合同カンファレンス、介護施設等の参加も求めてはどうか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
要介護高齢者の急性期入院医療、介護・リハ体制が充実した地域包括ケア病棟等中心に提供すべきでは—中医協・介護給付費分科会の意見交換