Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Gem Med塾 病院ダッシュボードχ ZERO

電子処方箋、1月15日時点での対応は「全国で6病院・10クリニック・162薬局」にとどまる

2023.1.24.(火)

電子処方箋の全国展開が本年(2023年)1月26日からスタートする—。

ただし、1月15日時点で対応可能であるのは、全国で178の医療機関・薬局(16医療機関(うち病院6、クリニック10)、162薬局)に限られる—。

こうした状況が、厚生労働省が1月20日に公表した「電子処方箋対応施設リスト」から明らかになりました(厚労省サイトはこちら)。



電子処方箋は、オンライン資格確認等システムのインフラを活用し、これまで「紙」で運用されていた、医療機関から薬局への処方指示(処方箋発行)を「オンライン」で行うものです。

大まかな流れは以下のようになります(関連記事はこちら)。

(a)患者が医療機関を受診し、「電子処方箋の発行」を希望する(オンライン資格確認等システムでの資格認証や診察時などに確認、マイナンバーカード以外で受診する場合には口頭で確認する)

(b)医療機関において医師が、オンライン資格確認等システムの中に設けられる【電子処方箋管理サービス】に「処方箋内容を登録」する

(c)医療機関は患者に「電子処方箋の控え」(紙、アプリ)を交付する

(d)患者が薬局を受診し、「電子処方箋の控え」を提示する

(e)薬局において、薬剤師が【電子処方箋管理サービス】から「処方箋内容」を取得し、調剤を行う

(d)患者に薬剤を交付する



このうち(b)および(e)において、患者同意の下で「過去に処方・調剤された薬剤情報」の閲覧が可能になるため、重複投薬や多剤投与、禁忌薬剤の投与などを「リアルタイム」でチェックし是正を図ることが可能になります。

電子処方箋の概要(健康・医療・介護情報利活用検討会1 221019)

電子処方箋の導入スケジュール(健康・医療・介護情報利活用検討会2 221019)



厚労省は運用開始日を「本年(2023年)1月26日(木)とする」考えを明らかにしており(関連記事はこちら)、全国の医療機関・薬局で対応に向けた準備が進められています。

ただし、今般発表された「1月15日時点における対応医療機関・薬局」リストを見ると、全国で178の医療機関・薬局にとどまっていることが明らかになりました。

【全国】16医療機関(6病院・10クリニック) ・ 162薬局

【北海道】1医療機関(1クリニック) ・ 3薬局

【青森県】—

【岩手県】—

【宮城県】3薬局

【秋田県】2薬局

【山形県】1医療機関(1病院) ・ 4薬局

【福島県】2医療機関(1病院、1クリニック) ・ 4薬局

【茨城県】1薬局

【栃木県】1薬局

【群馬県】—

【埼玉県】5薬局

【千葉県】1医療機関(1病院) ・ 4薬局

【東京都】23薬局

【神奈川県】3薬局

【新潟県】1医療機関(1クリニック) ・ 3薬局

【富山県】1薬局

【石川県】—

【福井県】—

【山梨県】—

【長野県】2薬局

【岐阜県】1薬局

【静岡県】2薬局

【愛知県】2薬局

【三重県】—

【滋賀県】1薬局

【京都府】5薬局

【大阪府】5薬局

【兵庫県】1医療機関(1病院) ・ 1薬局

【奈良県】1医療機関(1クリニック) ・ 64薬局

【和歌山県】—

【鳥取県】—

【島根県】—

【岡山県】—

【広島県】3医療機関(2病院・1クリニック) ・ 9薬局

【山口県】1薬局

【徳島県】—

【香川県】—

【愛媛県】1薬局

【高知県】—

【福岡県】4医療機関(4クリニック) ・ 2薬局

【佐賀県】1薬局

【長崎県】1医療機関(1クリニック) ・ 1薬局

【熊本県】—

【大分県】—

【宮崎県】—

【鹿児島県】1薬局

【沖縄県】6薬局



もちろん開始前(開始は1月26日で、調査は1月15日)時点のものであり、今後、準備完了・運用開始する施設が増加していくと考えられます。今後の状況に注目が集まります。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

電子処方箋の運用開始日は「来年(2023年)1月26日(木)」—厚労省
12月23日(2022年12月23日)19時から、電子処方箋の無料WEB説明会—厚労省
来年(2023年)1月から全国展開される「電子処方箋」の運用ルール固める!—健康・医療・介護情報利活用検討会
全国病院等での診療情報共有、共有情報拡大に合わせ「患者同意」取得画面見直し—健康・医療・介護情報利活用検討会
オンライン資格確認等システム、来年(2023年)4月からの原則義務化に向け「一刻も早い対応」が必須—厚労省・三師会
訪問診療や訪問看護等、初回訪問時に「過去の診療情報共有」等の包括同意を取得する仕組みに—社保審・医療保険部会(2)
オンライン資格確認等システム導入の経費補助を充実、医療機関等は「早期の申し込み、システム改修」に努めよ—厚労省
オンライン資格確認等システムを2023年度から保険医療機関等に義務化、導入促進に向け「初診料の新加算」創設—中医協総会(1)
オンライン資格確認等システム、2023年4月から紙レセ医療機関等以外は「原則、導入義務」へ—中医協総会(2)

レセ・電カル情報の全国医療機関での共有、「誰にどのようなメリットがあるか」明確化せよ―社保審・医療部会(2)

全国の医療機関で診療情報(レセプト・電子カルテ)を共有する仕組み、社保審・医療保険部会でも細部了承
2023年度以降、保険医療機関等で「オンライン資格確認等システムの導入」を義務化すべきか—社保審・医療保険部会(1)
電子カルテ情報の全国医療機関での共有、標準規格準拠電子カルテ普及等をあわせて推進―健康・医療・介護情報利活用検討会(2)
医療機関での患者レセプト情報共有、「手術」は別に個別同意を共有要件に―健康・医療・介護情報利活用検討会(1)

電子カルテ情報の共有、「国民・患者サイドのメリットは何か」を明確に―医療情報ネットワーク基盤WG
中小規模医療機関の標準準拠電子カルテ導入、基金や診療報酬活用して支援へ―医療情報ネットワーク基盤WG
電子カルテデータの共有、「キーとなる情報の明確化」が何よりも重要―社保審・医療部会(2)
ランサムウェア被害で病院が稼働不能になることも、バックアップデータの作成・適切保存等の対策を―医療等情報利活用ワーキング
救急医療管理加算、定量基準導入求める支払側と、さらなる研究継続求める診療側とで意見割れる―中医協総会(3)

電子カルテの標準化、まず「電子カルテの将来像」固め、それを医療情報化支援基金の補助要件に落とし込む―医療情報連携基盤検討会
2019年度予算案を閣議決定、医師働き方改革・地域医療構想・電子カルテ標準化などの経費を計上
異なるベンダー間の電子カルテデータ連結システムなどの導入経費を補助―厚労省・財務省

全国の病院で患者情報確認できる仕組み、電子カルテ標準化など「データヘルス改革」を強力に推進―健康・医療・介護情報利活用検討会
医療機関等で患者の薬剤・診療情報を確認できる仕組み、電子カルテ標準化に向けた方針を固める―健康・医療・介護情報利活用検討会
電子カルテの標準化、全国の医療機関で患者情報を確認可能とする仕組みの議論続く―健康・医療・介護情報利活用検討会
「健康・医療・介護情報共有方針」固まる、全国の医療機関等で薬剤・手術等の情報共有可能に―健康・医療・介護情報利活用検討会
「レセ情報とレセ以外情報」をセットで格納・共有し、効果的かつ効率的な医療提供の実現を―健康・医療・介護情報利活用検討会
全国の医療機関間で、患者の「薬剤情報」「手術情報」など共有できれば、救急はじめ診療現場で極めて有用―医療等情報利活用ワーキング
電子カルテ標準化や国民への健康情報提供(PHR)など一体的に議論し、夏までに工程表まとめる―健康・医療・介護情報利活用検討会

訪問診療や訪問看護等、初回訪問時に「過去の診療情報共有」等の包括同意を取得する仕組みに—社保審・医療保険部会(2)
オンライン資格確認等システム導入の経費補助を充実、医療機関等は「早期の申し込み、システム改修」に努めよ—厚労省
オンライン資格確認等システムを2023年度から保険医療機関等に義務化、導入促進に向け「初診料の新加算」創設—中医協総会(1)
オンライン資格確認等システム、2023年4月から紙レセ医療機関等以外は「原則、導入義務」へ—中医協総会(2)