Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 2024年度版ぽんすけリリース

修学旅行などで生徒がマイナンバーカード持参できない場合、被保険者資格情報のコピーなどで保険診療受けること認める—厚労省

2024.3.4.(月)

修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等において、児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参することが難しい場合には、例外的に▼マイナポータルに表示される被保険者資格情報のPDFファイルをあらかじめダウンロードしたもの、その印刷物▼資格情報のお知らせ、その写し—を医療機関・薬局に提示する方法で、保険診療・保険調剤を受けることが可能である—。

厚生労働省は3月1日に事務連絡「健康保険証の廃止に伴う修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等における児童生徒本人の被保険者資格の確認方法について(周知)」を示し、こうした考えを明らかにしました。

「児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参する」ことが原則

医療DXの推進を目指し、「現行の健康保険証の新規発行を本年(2024年)12月2日に終了し、マイナ保険証(マイナンバーカードの保険証利用)を基本とする仕組みに移行する方針が固められました。「マイナンバーカードの保険証利用促進に向けた総合的な対策が順次進められています(関連記事はこちらこちら)。

ところで、現在の、いわゆる「紙保険証」では、修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等において、児童・生徒が医療機関・薬局を受診等する必要が生じた際に備え「保険証のコピー」を持参させる取扱いが一部で行われています。

「紙保険証」から「マイナ保険証」(マイナンバーカードによる受診)へ今後移行していきますが、「児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参することが容易でない」場合には、どうすれば良いのかが気になります。

この点について厚労省は、今般、次のような考えを示しました。

▽本年(2024年)12月2日に保険証新規発行が終了した後は、マイナンバーカードによる医療機関受診(オンライン資格確認)が基本となり、修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等においても「児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参する」ことが考えられる

▽「児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参する」ことが容易でないときには、「数日間の限られた使用である」「学校教員等の管理監督の下での使用が想定される」ため、なりすましが起こることは想定され難いことから、次のものを医療機関・薬局に提示す るといった方法により、保険診療・保険調剤を受ける対応を行うことも妨げられない

▼マイナポータルに表示される被保険者資格情報のPDFファイルをあらかじめダウンロードしたもの、その印刷物

▼資格情報のお知らせ、その写し



▽上記方法による確認の結果、療養の給付を受ける資格(被保険者資格)が明らかな場合には、患者は、医療機関等の窓口負担として「自己負担分(3割分など)」を支払う

▽上記のいずれによる確認も行えない場合には、患者は、原則として「一旦医療費の全額(10割)を支払い、後日、資格が確認できた際に、自己負担分を超える金額(7割等)について還付を受ける」こととなる



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

医療機関等の窓口での「マイナンバーカードはお持ちですか?」との声掛けが、マイナ保険証利用に非常に有効—社保審・医療保険部会
医療DXの入り口「マイナンバーカードによる医療機関受診」促進のため総合対策、全医療機関に利用状況を通知—社保審・医療保険部会
「医療療養病床→介護保険施設等」転換を2025年度末まで財政支援、マイナ保険証利用率高い医療機関へ補助—社保審・医療保険部会
「長期収載品」と「最も高い後発品」との価格差の「2分の1以下」を選定療養(患者負担)とせよ—社保審・医療保険部会(1)
「長期収載品と後発品との価格差の一部」の選定療養(患者負担)化、医療上の必要性や後発品供給への配慮も必要—社保審・医療保険部会
「長期収載品と後発品との価格差の一部」を選定療養(患者負担)へ、簡易なオンライン資格確認も導入進める—社保審・医療保険部会(2)
入院時食事療養費、昨今の食材費急騰を踏まえて「患者の自己負担」部分を引き上げへ—社保審・医療保険部会(1)
訪問看護で2024年秋からオンライン請求・オンライン資格確認を義務化、長期収載医薬品の患者負担引き上げを検討—社保審・医療保険部会
子供医療費の助成を拡大する市町村が増えると予想されるが、「不適切な医療機関受診の増加」などを懸念—社保審・医療保険部会(2)
全国の分娩施設の「出産費用や機能、サービス」などを公表し、妊婦の「施設を比較・選択」を支援—社保審・医療保険部会(1)
医療保険改革案まとまる!「段階的な保険料(税)引き上げ」により、後期高齢者の急激な負担増に配慮!—社保審・医療保険部会(1)
産科医療機関の費用だけでなくサービス内容等も併せて公表せよ!医療保険改革論議が大詰め迎えるが・・・—社保審・医療保険部会(2)
出産育児一時金の引き上げなどした場合、所得の高い後期高齢者で年間、数千円から十数万円の保険料負担増—社保審・医療保険部会(1)
現役世代「内」で医療費負担の公平性を担保する仕組みを一部導入!現役世代の負担軽減・給与増を図る!—社保審・医療保険部会
現役世代の医療費負担軽減に向け、後期高齢者、とりわけ高所得な高齢者の負担増を実施へ—社保審・医療保険部会(2)
白内障手術・化学療法、2024年度から各都道府県で「計画的な外来移行」を推進!抗菌剤の使用適正化も!—社保審・医療保険部会(1)
高齢者にも「出産育児一時金」への応分負担求める!「全国医療機関の出産費用・室料差額」を公表し妊婦の選択支援—社保審・医療保険部会
高齢者と現役の「世代間」、高齢者・現役世代各々の「世代内」で医療費負担の公平性を担保する見直し—社保審・医療保険部会(2)
紙レセ医療機関等に「資格確認のみ」行う簡素なオンライン資格確認等システム導入し、保険証廃止に対応—社保審・医療保険部会(1)
2024年度からの新医療費適正化、「白内障手術・化学療法等の外来移行」なども指標・目標値を定めて推進—社保審・医療保険部会
後期高齢者に「能力に応じた医療費負担」をより強く求めては!診療報酬対応の負担軽減も重要論点—社保審・医療保険部会