Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

急性期入院医療の評価指標は「看護必要度」でよいのか、再検討が必要―日病・相澤会長

2018.3.1.(木)

 2018年度の診療報酬改定では急性期一般入院料(現行7対1・10対1一般病棟入院基本料を再編・統合するもの)等が創設されるなど、将来の方向性が明確になった。ただし、急性期入院医療の実態を適正に示す指標について、しっかり立ち止まり、日本病院会として考える必要がある―。

 日本病院会の相澤孝夫会長(社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長)は2月27日の定例記者会見で、このような考えを示しました。

2月27日の定例記者会見に臨んだ、日本病院会の相澤孝夫会長(社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長)

2月27日の定例記者会見に臨んだ、日本病院会の相澤孝夫会長(社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長)

DPCデータ活用する看護必要度IIの結果も踏まえ、適切な指標を日病内で検討

 2018年度の診療報酬改定では、急性期から長期療養に至る入院基本料・特定入院料の再編・統合が行われました。入院医療の核となる入院基本料(7対1-15対1、療養)は、▼急性期一般入院料(現行7対1・10対1を再編・統合)▼地域一般入院料(現行13対1・15対1を再編・統合)▼療養病棟入院基本料(現行の療養病棟入院基本料を整理)―に設定され、各入院料の中で「診療実績に応じた段階的な評価」がなされる格好です(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

7対1・10対1一般病棟入院料を重症患者割合を実績評価指標として再編・統合する。中間的評価となる急性期一般入院料2・3は、現行7対1相当の急性期一般入院料1などからしか転換できない

7対1・10対1一般病棟入院料を重症患者割合を実績評価指標として再編・統合する。中間的評価となる急性期一般入院料2・3は、現行7対1相当の急性期一般入院料1などからしか転換できない

7対1・10対1の再編・統合(橙色部分)にとどまらず、回復期機能(13対1・15対1・地域包括ケア、回復期リハ、緑色部分)、慢性期機能(療養、灰色の部分)についても入院料の再編・統合が行われる見通し

7対1・10対1の再編・統合(橙色部分)にとどまらず、回復期機能(13対1・15対1・地域包括ケア、回復期リハ、緑色部分)、慢性期機能(療養、灰色の部分)についても入院料の再編・統合が行われる見通し

 
また地域包括ケア病棟・回復期リハビリ病棟の特定入院料も再編・統合され、地域包括ケア病棟については、▼200床未満の病院に設置されている▼自宅等からの患者を積極的に受け入れている—病棟を高く評価(入院料の引き上げ+加算の引き上げ)しています(関連記事はこちらこちら)。
地域包括ケア病棟入院料等を自宅等入院患者割合などを実績評価指標として再編・統合する。ただし実績が高く高点数が設定されるのは200床未満の病院についてのみ

地域包括ケア病棟入院料等を自宅等入院患者割合などを実績評価指標として再編・統合する。ただし実績が高く高点数が設定されるのは200床未満の病院についてのみ

 
こうした見直し内容について、日病内では「入院医療の機能分化に向けた厚生労働省の明確な方向が示されたと考えられる」「段階的評価により、病院側には選択肢が増えた。病院経営を維持した上で、『地域にみあった医療』を提供しやすくなる」と高く評価されていることが相澤会長から紹介されました。

ただし、急性期一般入院料の実績を評価する指標については、日病内で「見直しを検討すべきではないか」との声が多く上がっているようです。

相澤会長は、現在の「一般病棟用の重症度、医療・看護必要度」(以下、看護必要度)が、急性期の病態を示しているかには疑問があるとし、新設される看護必要度II(DPCのEF統合ファイルのデータを活用する)による評価結果なども踏まえ、▼そもそもの「急性期の病態」というものはどういうものか▼重症さ、医療・看護の大変さをどう評価するべきか—という点について、しっかり立ち止まって、日病として検討する考えを示しています。

診療報酬改定論議を行う中央社会保険医療協議会・総会でも、厚労省保険局医療課の迫井正深課長から「将来的に、(看護必要度に代わる)より適切な指標や評価手法の開発に向けた検討」を行う考えも示されており(関連記事はこちら)、今後の動きが注目されます。

2次医療圏は「医療の実態」とミスマッチ、あるべき医療圏を日病内で検討

 また日病内部では、「入院医療の機能分化」を考えるベースとなる「2次医療圏」の在り方についても検討すべきではないか、との意見が出ているようです。

現在、2次医療圏をベースとして、地域医療構想の実現(機能分化、連携の強化)をはじめとする医療提供体制の整備が進められています(圏域ごとに、高度急性期・急性期・回復期・慢性期の必要病床数を設定し、ここに実態を併せていくことや、がん診療連携拠点病院等の整備を行う)。

しかし相澤会長は、▼人口構造が非常に速い速度で変化している▼患者移動もかつてより大きい(圏域をまたぐ受診も多い)▼圏域を超えた「事実上の医療圏」も形成されてきている—といった実態があり、これと現在の2次医療圏とが齟齬を来している可能性が高いと指摘。「患者や地域住民が安心して、安全生活でき、かつ、医療機関がどのように医療提供体制を整えればよいかを考えやすい」圏域を考え直す必要があると考え、日病内の「医療政策委員会」に検討を指示したことを明らかにしています。

 2018年度からは新たな医療計画がスタートしますが、3年後の2021年度には「医療計画の中間見直し」が行われます。日病の動き如何によっては、この「中間見直し」が大きなものになる可能性もあります(関連記事はこちらこちら)。

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定
重症患者割合は「3か月間の平均値」が基本、1割以内変動の救済措置は廃止―中医協総会 第388回(1)
現行7対1相当の【急性期一般入院料1】、重症患者割合は30%に決着―中医協総会 第387回(1)
地域包括ケア病棟、自宅等患者を多く受け入れる中小病院の評価を手厚く―中医協総会 第386回(2)
7対1・10対1を再編した急性期一般入院料、重症患者割合をどう設定するか—中医協総会 第386回(1)
2018年度改定、入院料の再編・統合、かかりつけ機能の評価拡充などが柱に―中医協総会 第382回(3)
7対1・10対1を再編し7つの急性期入院料を新設、重症患者割合が争点―中医協総会 第382回(1)
【2018年度診療報酬改定総点検1】入院料を再編・統合、診療実績による段階的評価を導入
療養病棟入院料も再編、20対1看護、医療区分2・3割合50%がベースに―中医協総会 第377回(2)
7対1から療養までの入院料を再編・統合、2018年度は歴史的大改定―中医協総会 第376回(1)
地域包括ケア病棟の評価を2分、救命救急1・3でも看護必要度を測定—中医協総会(2)
7対1・10対1基本料を再編・統合し、新たな入院基本料を創設へ―中医協総会(1)
療養病棟入院基本料、2018年度改定で「療養1」に一本化—中医協総会(1)
回復期リハ病棟のアウトカム評価、次期改定で厳格化すべきか—中医協総会(1)
地域包括ケア病棟、「病院の規模」や「7対1の有無」などと関連させた議論に—中医協総会(1)
医療療養2、介護医療院などへの移行に必要な「経過措置」を検討—中医協総会
7対1・10対1入院基本料、看護配置だけでなくパフォーマンスも評価する報酬体系に―中医協総会(1)
2018年度改定に向け入院医療の議論も始まる、機能分化に資する入院医療の評価を検討―中医協総会(1)

介護施設・在宅医療、2018年度からの計画的な整備を—医療計画見直し検討会(1)
2018年度からの医療計画、5疾病・5事業などの政策循環を強化し、介護保険計画との整合性確保を—厚労省