Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

急性白血病等の治療法選択に当たり、新たな遺伝子検査を、2019年2月から保険収載—厚労省

2019.2.7.(木)

 急性リンパ性白血病や難治性炎症性腸疾患の治療において、「チオプリン製剤」の投与等の是非を判断するための新たな遺伝子検査を保険診療の中で実施することを認める―。

厚生労働省は1月31日に通知「検査料の点数の取扱いについて」を発出し、こういった点を明らかにしました(厚労省のサイトはこちらこちら(中医協資料))。今年(2019年)2月1日から保険適用されています。

チオプリン製剤には重大な副作用もあり、慎重な投与判断が必要

 急性リンパ性白血病や難治性炎症性腸疾患の治療においては、「チオプリン製剤」の投与が重要な選択肢の1つとなります。ただし本製剤には、▼再生不良性貧血などの血液障害▼肺炎や敗血症などの感染症▼悪性リンパ腫などの悪性新生物▼肝機能障害▼間質性肺炎▼進行性多巣性白質脳症(PML)―などの重大な副作用があり、「本製剤の投与が可能か否か」などを医師が慎重に判断する必要があります。

この点、「Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型検査」を実施することで、高い精度で▼チオプリン製剤の投与対象となる患者▼チオプリン製剤を減量して投与すべき、または他の薬剤を考慮すべき患者―の鑑別が可能であることが分かり、1月16日の中央社会保険医療協議会・総会で保険収載が認められたものです(関連記事はこちら)。
中医協総会 190116の図表
 
具体的には、▼難治性の炎症性腸疾患▼急性リンパ性白血病―などのうち、「チオプリン製剤の投与対象となる」患者に対し、投与の可否や投与量などを判断する目的で、「Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型検査」をリアルタイムPCR法で実施した場合、当該薬剤投与開始までの間、1回を限度に、D006-7【UDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型】の所定点数(2100点)に準じて算定することが可能です。

 
 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

白血病等患者の治療法選択を補助する新たな遺伝子検査を2月から保険収載―中医協総会

「膀胱がんの再発」「褐色細胞腫」を診断する新たな検査を、2019年1月から保険収載—厚労省
「画期的な抗がん剤」治療の効果を確認する遺伝子検査を12月から保険収載—厚労省
ヒト精巣上体蛋白4や淋菌核酸検出など、11月から新たな検査手法を保険診療に追加—厚労省
天疱瘡と水疱性類天疱瘡との鑑別診断補助のための新検査を10月から保険収載—厚労省
骨粗鬆症治療における薬剤治療方針の選択に当たり、新検査を9月から保険収載—厚労省
大腸がんの治療法選択等に重要なBRAF遺伝子検査、8月から保険収載—厚労省
肝臓の線維化ステージ診断のためのオートタキシン検査、6月から保険収載—厚労省
カルニチン欠乏症診断のための検査、2月から保険収載—厚労省
肺生検困難ながん患者のEGFR遺伝子検査、1月から初回治療前でも算定可能に―厚労省
潰瘍性大腸炎の診断補助する新検査法を12月から保険収載—厚労省
ヒトT細胞白血病ウイルス感染の有無を判断する新検査方法を11月から保険収載—厚労省
非小細胞肺がんのリンパ節転移診断を補助する検査などを10月から保険収載—厚労省
急速進行性糸球体腎炎の治療方針決定のため、新検査方法を9月から保険収載―厚労省
肺生検困難な肺がん患者について、血漿による遺伝子検査を7月から保険収載―厚労省
肺がん患者に抗がん剤「クリゾチニブ」投与が有効か調べる遺伝子検査、6月から保険収載―厚労省
ビタミンD欠乏性くる病・骨軟化症診断の新検査法を5月1日から保険収載―厚労省
卵巣腫瘍が悪性か良性かを診断する「ヒト精巣上体蛋白4」を4月1日から保険収載―厚労省
急性腎障害の早期診断を行う尿中NGAL検査を2月1日から保険収載―厚労省
慢性好酸球性白血病患者、適切な治療法選択のための遺伝子検査を12月1日から保険収載―厚労省
百日咳の診断補助を行う新たな臨床検査を11月1日から保険収載―厚労省
2018年度改定に向けて、入院患者に対する「医師による診察(処置、判断含む)の頻度」などを調査―中医協総会
皮膚筋炎の診断補助を行う新たな臨床検査を10月1日から保険収載―厚労省