運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

心疾患、脳血管疾患による年齢調整死亡率、都道府県間で2倍の格差—厚労省

2017.6.15.(木)

 2015年における三大死因の年齢調整死亡率は悪性新生物では男性165.3・女性87.7、心疾患では男性65.4・女性34.2、脳血管疾患では男性37.8・女性21.0となっており、20年前に比べて20-60ポイント程度低下した。しかし、悪性新生物では1.5倍程度、心疾患・脳血管疾患では2倍程度の地域格差がある—。

 厚生労働省が14日に公表した2015年度の「都道府県別年齢調整死亡率の概況」(2017年度人口動態統計特殊報告)から、こういった状況が明らかになりました(厚労省のサイトはこちら)。

年齢調整死亡率、男女ともに最低は長野、最高は青森

 年齢構成を考えずに単純な死亡率(死亡数÷人口)を比較すると、「高齢者の多い地域で高い」という不都合が出ます。そこで年齢構成を揃えた「年齢調整死亡率」を用いることで、地域間あるいは年次間の比較が可能になるのです。

 2015年における全国の年齢調整死亡率は男性486.0、女性255.0で、5年前(2010年)に比べて男性で58.3ポイント、女性で20.0ポイント低下しています。

 これを都道府県別に見ると、男性で低いのは▼長野(434.1)▼滋賀(437.9)▼奈良(452.9)▼福井(453.5)▼京都(455.1)―など、女性では▼長野(227.7)▼島根(236.9)▼岡山(238.4)▼熊本(240.7)▼滋賀(240.8)―などとなっています。逆に男性で高い▼青森(585.6)▼秋田(540.3)▼岩手(522.5)▼和歌山(520.7)▼鳥取(518.9)―など、女性では▼青森(288.4)▼福島(275.7)▼茨城(273.8)▼栃木(272.5)▼和歌山(268.9)―などという状況です。

男性において、年齢調整死亡率の都道府県間格差が大きい

男性において、年齢調整死亡率の都道府県間格差が大きい

 
 男女とも最低が長野、最高が青森で、その格差は男性で1.35倍、女性で1.27倍となりました。かつては「東高西低」の傾向があり、また都道府県間に大きな格差がありましたが、年齢調整死亡率は全国的に低下し、その格差は小さくなってきています。厚労省のその理由として「東高西低傾向のある脳血管疾患の死亡率が大幅に低下し、差が小さくなってきている」点をあげています。
年齢調整死亡率における都道府県間の格差は、徐々に縮小していることが分かる

年齢調整死亡率における都道府県間の格差は、徐々に縮小していることが分かる

 

心疾患と脳血管疾患の年齢調整死亡率に大きな地域差、救急医療体制の見直しを

次に三大死因(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)の年齢調整死亡率を見ると、次のようになっており、20年前に比べて20-60ポイント程度低下していることが分かります。医療技術の進展や生活習慣の変化などが影響していると考えられます。

▼悪性新生物:男性165.3(20年前から60.8ポイント低下)・女性87.7(同20.6ポイント低下)

▼心疾患:男性65.4(34.3ポイント低下)・女性34.2(24.2ポイント低下)

▼脳血管疾患では男性37.8(61.5ポイント低下)・女性21.0(43.0ポイント低下)

我が国の三大死因(悪性新生物、心疾患、脳結果疾患)の年齢調整死亡率は、低下傾向にあることが分かる

我が国の三大死因(悪性新生物、心疾患、脳結果疾患)の年齢調整死亡率は、低下傾向にあることが分かる

 
 これら三大死因について、都道府県別の年齢調整死亡率を見てみましょう。

 悪性新生物については、男性で低いのは▼長野(132.4)▼滋賀(149.1)▼福井(150.5)―など、女性で低いのは▼岡山(75.2)▼長野(76.6)▼徳島(78.1)―などです。逆に男性で高いの▼青森(201.6)▼秋田(185.8)▼鳥取(185.8)―など、女性では▼青森(103.0)▼北海道(99.5)▼秋田(97.7)―などとなっています。最高と最低の格差を見ると、男性では1.52倍、女性では1.37倍です。

悪性新生物の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、一定の地域格差がある

悪性新生物の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、一定の地域格差がある

 
 心疾患については、男性で低いのは▼福岡(42.3)▼佐賀(50.2)▼愛知(52.6)―など、女性では▼福岡(23.9)▼富山(27.3)▼長野(28.3)―などで、逆に男性で高いのは▼千葉(81.0)▼岩手(80.5)▼愛媛(80.3)―など、女性で高いのは▼愛媛(42.8)▼和歌山(42.1)▼千葉(41.3)—などです。最高と最低の格差を見ると、男性では1.91倍、女性では1.79倍と非常に大きくなっています。救急搬送・受入体制などを改めて見直す必要があるかもしれません(関連記事はこちら)。
心疾患の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、2倍程度の地域格差がある

心疾患の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、2倍程度の地域格差がある

 
 脳血管疾患を見てみると、男性で低いのは▼滋賀(26.4)▼奈良(29.0)▼和歌山(32.4)―など、女性で低いのは▼大阪(16.6)▼滋賀(17.1)▼沖縄(17.5)―などという状況。逆に男性で高いのは▼青森(52.8)▼秋田(52.2)▼岩手(51.8)―などで、女性では▼岩手(29.3)▼栃木(28.5)▼青森(28.2)―などで低くなりました。最高と最低の格差を見ると、男性では2.0倍、女性では1.76倍と、こちらも大きく、やはり救急医療体制の見直しが必要でしょう(関連記事はこちら)。
脳血管疾患の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、2倍程度の地域格差がある

脳血管疾患の年齢調整死亡率を都道府県別に見ると、2倍程度の地域格差がある

  

MW_GHC_logo

【関連記事】
2018年度からの医療計画、5疾病・5事業などの政策循環を強化し、介護保険計画との整合性確保を—厚労省
在宅医療などの必要量、一般病床における資源投入量の少ない患者をどう考えるか―医療計画見直し検討会(2)
地域医療構想調整会議、春にはデータ用いた地域分析、夏には不足する機能補填の具体論を―医療計画見直し検討会(1)
地域医療構想調整会議を3か月に1回程度開催し、具体的な機能分化の議論を—医療計画見直し検討会(2)
2018年度からの在宅医療、「療養病床の医療区分1患者」の7割など見込んで整備—医療計画見直し検討会(1)
医療連携の推進、介護施策との整合性確保などを柱とする第7次医療計画の方向性固まる―医療計画見直し検討会
第7次医療計画の作成指針の議論が大詰め、厚労省が叩き台示す―医療計画見直し検討会
5疾病・5事業、2018年度からの第7次医療計画で「指標」も含めて見直し―厚労省・医療計画検討会(2)
医療資源投入量の少ない患者、基準病床数の「平均在院日数短縮」で勘案―厚労省・医療計画検討会(1)
都道府県の脳卒中・急性心筋梗塞対策、予防や回復期・慢性期のリハビリなども重視―厚労省・医療計画検討会
救急搬送患者の受け入れ実績が芳しくない3次・2次救急には何らかの対応も―厚労省・医療計画検討会
2018年度からの医療計画、CT・MRIの配置状況や安全確保状況なども考慮―厚労省・医療計画検討会(2)
次期医療計画での基準病床数の算定式、平均在院日数の動向は地域別に考えるべきか―厚労省・医療計画検討会(1)
5疾病・5事業は第7次医療計画でも維持、肺炎は脳卒中対策などの中で勘案―厚労省・医療計画検討会(2)
2次医療圏、5疾病・5事業それぞれの特性も踏まえた設定を―厚労省・医療計画検討会(1)
疾病ごと・事業ごとの医療圏設定推進など、2018年度からの第7次医療計画に向けて検討―厚労省・医療計画検討会

医療計画における在宅医療の評価、「退院支援加算を算定する病院数」などを指標に―厚労省・在宅医療ワーキング
在宅医療の整備、地域の実情に合わせた目標設定し、実績に基づいた評価が必要―厚労省・在宅医療WG

基準病床数の設定にあたり、「医療資源投入量」を考慮すべきか―地域医療構想ワーキング
地域医療構想の調整会議、地域で中核となる病院の機能の明確化から始めてはどうか―地域医療構想ワーキング(2)
2025年の病床必要量が既存病床を大きく上回る地域、基準病床数の毎年確認などで対応―地域医療構想ワーキング(1)
基準病床数、人口のベースは直近?未来? 長期入院患者は考慮する?―厚労省・地域医療構想WG(2)
医療計画の「基準病床数」と地域医療構想の「病床必要量」、両者の整合性をどう考えるか―厚労省・地域医療構想WG(1)

医療計画、介護保険計画の連携強化に向けた改訂「総合確保方針」、年内に告示へ―医療介護総合確保促進会議

地域医療構想策定ガイドライン固まる、回復期は175点以上に設定