Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 新型コロナ対策

小児・AYA世代がん患者等の妊孕性温存療法を費用助成、エビデンス構築目指す―がん対策推進協議会(2)

2021.3.15.(月)

来年度(2021年度)から、43歳未満のがん患者等について、一定の要件を満たした場合には「妊孕性温存療法」(卵子保存など)に係る医療費の一部を助成するとともに、「原疾患の状況」「妊娠・出産の状況」「卵子等保存の状況」などのデータを集積し、エビデンス構築を目指す―。

3月11日に開催された「がん対策推進協議会」(以下、協議会)では、こういった報告も行われました。

また、2023年度からの「第4期がん対策推進基本計画」の中で、小児がん拠点病院やがん診療連携拠点病院の指定要件に「妊孕性温存に関する事項」を加えるべきとの提言も行われています。

小児がん拠点病院等の指定要件に「妊孕性温存」に関する事項を追加すべきとの提言も

医学・医療水準の高度化などにより、がん患者の生存期間が延伸しています。そうした中では「がん患者の妊孕性温存」が非常に重要なテーマとなります。とりわけ小児やAYA世代(定義は明確でないが、概ね15-39歳)のがん患者にとっては、がん治療終了後の「わが子を持ちたい」という思いに応えることが非常に重要です。我が国のがん対策のベースとなる「がん対策推進基本計画」(第3期)でも、国に対して、▼関係学会と協力し、治療に伴う生殖機能等への影響など、世代に応じた問題について医療従事者が患者に対して治療前に正確な情報提供を行い、 必要に応じて適切な生殖医療を専門とする施設に紹介できるための体制を構築する▼がん患者の更なるQOL向上を目指し、医療従事者を対象としたアピ アランス支援研修等の開催や、生殖機能の温存等について的確な時期に治療の選択ができるよう、関係学会等と連携した相談支援・情報提供のあり方を検討する―よう要請しています。

妊孕性温存療法としては、例えば患者の▼胚(受精卵)▼未受精卵子▼卵巣組織▼精子―を採取し、長期的に凍結保存する手法などが開発されていますが、「費用が高額であり、若い世代のがん患者には経済的負担が大きい」(保険外診療となる)、「技術の有効性に関するエビデンスが必ずしも十分に構築されているとは言えない」という課題もあります。

そこで厚生労働省は「小児・AYA世代のがん患者等に対する妊孕性温存療法に関する検討会」(以下、検討会)を設置、来年度(2021年度)から予算事業として「妊孕性温存療法研究促進事業」を展開することを決定しました。

その大枠は、妊孕性温存療法にかかる費用の一部助成を行う(患者の経済的負担軽減)とともに、技術に関するデータを蓄積し、その有効性を検証することで、「若いがん患者等が希望をもって病気と闘い、将来、子どもを持つことの希望を繋ぐ取り組みを全国展開する」ものです。

3月11日の協議会では、検討会座長である吉村泰典参考人(慶應義塾大学名誉教授、福島県立医科大学副学長)から、事業の詳細が紹介されました。

まず、本事業のターゲットとなるのは「がん」や「造血器細胞移植が実施される再生不良性貧血等」「アルキル化製剤が投与される全身性エリテマトーデス等」の43歳未満患者に対する妊孕性温存療法は次の5技術です。
(1)胚(受精卵)凍結
(2)未受精卵子凍結
(3)卵巣組織凍結
(4)精子凍結
(5)精子凍結(精巣内精子採取術)



これらの技術はさまざまな施設(病院、クリニック)で実施されていますが、本事業では次の要件を満たした施設をターゲットに据えています(医療機関の申請に基づいて、都道府県が要件を審査し、指定を行う)。当初は施設を絞って研究を行い、そこで有効性等に関するエビデンスを固め、全国に要件を広めていくイメージと言えます。

▽がん等の治療と生殖医療の連携体制がとれていること。具体的には都道府県で「がん・生殖医療の連携ネットワーク体制」が構築されていること

▽「日本産科婦人科学会の医学的適応による▼未受精卵子▼胚(受精卵)▼卵巣組織―の凍結・保存に関する登録施設」、または「日本泌尿器科学会が指定した施設であり、かつ都道府県が指定した医療機関」であること

▽原疾患の治療実施医療機関(例えばがん手術を実施した病院など)と連携して、患者への▼情報提供▼相談支援▼精神心理的支援―を行うこと

▽原疾患の治療実施医療機関では、医学的適応判断に加えて、自施設あるいは他施設と連携して、患者への▼情報提供▼相談支援▼精神心理的支援―を行うこと



「原疾患の担当医師」(がん治療等の担当医)と「生殖医療の専門医師」(妊孕性温存療法の担当医)とで「どの患者を本事業の対象とするか」などを検討します。患者・家族には十分な説明を行うとともに、同意を得ることが必要です(患者が未成年者の場合には保護者の同意が必要)。



本事業の対象者に選定された場合には、下表のように医療費の一部助成が行われます。所得制限は設けられていません。

妊孕性温存療法の医療費が一部助成される(がん対策推進協議会(2) 210311)



また、技術の有効性等を検証するために、次のデータを定期的(年1回以上)に収集します。
▽事業参加時点の▼原疾患の診断・治療に関する項目▼妊孕性温存療法に関する項目―など
▽フォローアップ時点の▼原疾患の転帰情報▼妊娠・出産に関する項目▼保存検体の保管状況に関する項目―など



これらデータの蓄積を待って、▼妊孕性温存療法ごと・保存期間ごとの妊娠・出産に至る割合(有効性)▼妊孕性温存療法を受けた患者の原疾患治療成績、生殖補助医療の合併症(安全性)―をアウトカム指標として解析を行い、エビデンス構築を目指します。

2021年度の事業規模は11億円で、国が2分の1を補助します。





関連して、鈴木直参考人(日本がん・生殖医療学会理事長)からは、次期(2023年度からの第4期)のがん対策推進基本計画の中に「がん診療連携拠点病院、小児がん拠点病院の指定要件の中に『がん・生殖医療の連携ネットワークの管理運営等の業務』を追加すべき」と提言しました。上述のように、現在の「第3期がん対策推進基本計画」には「妊孕性温存療法に関する記述」が盛り込まれています。協議会において小児・AYA世代のがん患者代表委員から「がん治療の前に妊孕性温存療法を知っていれば、妊孕性を失わずに済んだかもしれない」との発言があり、これに多くの委員が共感したことが、記載の端緒になっていることが厚労省健康局の正林督章局長からも紹介されました。

当時の協議会にも同席していたた鈴木参考人は、「がん・生殖医療の連携ネットワークを活用することで、がん等の主治医と生殖医療専門医との密接な連携が可能となる」と強調し、上記の要件化を強く求めています。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

コロナ感染症で「がん検診の受診控え」→「大腸がん・胃がん手術症例の減少」が顕著―がん対策推進協議会(1)
がんの罹患率・死亡率は全体として低下傾向にあるが、乳がん・子宮がんでは横ばい—がん対策推進協議会
2023年度からの第4期がん対策推進基本計画に向け、現行「第3期計画」の中間評価を実施―がん対策推進協議会
第3期がん対策計画の中間評価に向け、希少がん対策やがん患者の就労支援状況などを把握―がん対策推進協議会
「正しいがん医療情報の提供」、第4期がん対策推進基本計画の最重要テーマに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の中間評価を2020年度に実施、評価指標の検討始まる―がん対策推進協議会

地域がん診療連携拠点病院、機能・実績に応じ「高度型」「特殊型」など3分類に―がん診療提供体制検討会
がん携拠点病院の新要件固まる、2019年4月から新要件に基づくがん体制始まる―がん診療提供体制検討会
地域がん拠点病院、2019年から機能や実績に応じて3区分に―がん拠点病院指定要件ワーキング
拠点病院にABCの区分設け、補助金などに反映―拠点病院の指定要件ワーキング

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す
病院にピアサポーターが必要な本当の理由、がん患者を支える非医療職の実像

【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
第3期がん対策基本計画案を了承、2020年までに受動喫煙をゼロにする—がん対策推進協議会
がんゲノム医療を提供できる中核病院を、本年度(2017年度)中に7-10施設指定—がんゲノム医療懇談会
第3期がん対策の素案、予防・医療充実・共生・基盤整備すべてを重点分野に—がん対策推進協議会
がんゲノム医療、当面は新設する「がんゲノム医療中核拠点病院」で提供―がんゲノム医療懇談会
第3期がん対策基本計画、「がんの克服」をスローガンに掲げる—がん対策推進協議会
「免疫療法」の推進、科学的根拠のない免疫細胞療法と峻別し、がん対策基本計画に明記を―がん対策推進協議会
次期がん対策基本計画の全体目標、「予防」「治療」「共生」を軸に調整―がん対策推進協議会

千葉県がんセンター、4月から都道府県拠点病院に復帰―がん拠点病院指定検討会
同一医療圏で複数のがん拠点病院を指定する場合、明確な「相乗効果」が必要―がん拠点病院指定検討会

がんの地域連携パスを活用し、拠点病院単独でなく地域全体でがん患者を支えよ―がん診療提供体制検討会(2)
がん医療の均てん化を進めるが、粒子線治療やゲノム医療など一部は集約化も必要―がん診療提供体制検討会(1)
がん拠点病院の指定要件、2018年1月目途に「医療安全」項目の追加など根本的見直し―がん診療提供体制検討会
がん診療連携拠点病院におけるステージ別症例数や人員体制など、国民に分かりやすく情報提供―がん診療提供体制検討会
第3期がん対策推進基本計画、ゲノム医療や希少・小児がん対策などを柱の1つに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の策定に向け、集中的に議論を重ね早ければ年内に骨子案策定―がん対策推進協議会
がん対策基本計画の中間評価まとまる、「死亡率20%減」は達成できず―がん対策推進協議会
がん対策推進基本計画の中間評価、6月10日の協議会で報告書とりまとめへ―がん対策推進協議会
がん対策の最大目標「死亡率の20%減少」、達成困難な状況に危機感―がん対策推進協議会

自治体独自のがん拠点病院として、東京新宿メディカルセンターと東海大八王子病院を指定—東京都

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す



群馬大病院、2019年7月から「都道府県がん診療連携拠点病院」に復帰―厚労省
都道府県がん拠点病院50施設、地域がん拠点病院339施設など4月1日から新指定―がん拠点病院指定検討会



がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を6月から保険収載―中医協総会(1)
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)



新設される【がんゲノム医療拠点病院】要件固まる、3年で100人以上の治験等実績が「望ましい」―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、中核病院なみの診療体制を敷きゲノム医療を自院で完結―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング

がんゲノム医療、自分に最適な抗がん剤見つかる可能性は10-20%にとどまることなど説明を―がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議



がん医療の内容、実績、クリニカルパスを他院と比較し、がん医療の質向上を目指す―CQI研究会
胸部食道がん、平均値では胸腔鏡手術のほうが開胸手術よりも術後日数が長い―CQI研究会
ベンチマークと臨床指標でがん医療の均てん化を推進―CQI研究会、8月開催
大腸がんの在院日数、短縮傾向もなお病院格差-CQI研究会が経年分析
乳がんの治療法、放射線実施率など格差鮮明―CQI研究会、臨床指標20項目を調査
前立腺がん手術、在院日数最短はダヴィンチ、合併症発生率は?―第10回CQI研究会
拠点病院は現場の使命感で支えられている、今こそ「医療の質評価」の普及を――九がん・藤院長

ステージ3Bの医療経済学者、がんで逝った友への鎮魂歌

新型コロナ禍で「自身の判断で治療中断するがん患者」も、がん拠点病院は「治療継続の必要性」呼びかけよ―がん拠点病院指定検討会(2)
2020年7月に外来・入院とも患者数復調続く、予定入院患者減少のトップは「胃がん」―GHC新型コロナ分析第5弾
2020年6月、外来・入院ともに「患者数復調の兆し」が見られるが、がん患者症例数はさらに減少―GHC新型コロナ分析第4弾
2020年5月、新型コロナでの患者減がさらに拡大、がんや脳梗塞・心不全患者も減少―GHC分析第3弾
4月には新型コロナで外来・入院ともに患者大激減、がん医療へも影響が拡大―GHC分析第2弾
3月時点から新型コロナで外来・入院ともに患者減、白内障・ポリペク割合の高い病院で患者減目立つ―GHC分析