Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

日病協が2018年度改定で第1弾の総論的要望、第2弾要望に当たっては事前に厚労省と協議も

2017.5.9.(火)

 日本病院団体協議会の原澤茂議長(全国公私病院連盟常務理事、埼玉県済生会支部長、埼玉県済生会川口医療福祉センター総長)が9日、厚生労働省保険局の鈴木康裕局長に宛てて、2018年度の診療報酬改定に関する第1弾の要望事項を提出しました(関連記事はこちら)。

5月9日、日病協の原澤茂議長が、2018年度診療報酬改定に関する要望を厚労省に提出した後、省内で記者会見に臨んだ

5月9日、日病協の原澤茂議長が、2018年度診療報酬改定に関する要望を厚労省に提出した後、省内で記者会見に臨んだ

 

 今回の要望は総論的なものですが、日病協では、この9-10月にもより個別項目に踏み込んだ第2弾要望を行う予定で、鈴木局長の代理として対応した厚労省保険局医療課の迫井正深課長は「要望をいただく前に、何度か協議を行いたい」との見解を示したとのことです。より医療現場の意向を踏まえた改定内容になることが予想されます。

2018年度に「大きな改定」を行えば、地域医療への影響は甚大

 日本病院団体協議会(日病協)は、全国公私病院連盟や国立大学附属病院長会議、日本病院会、全日本病院協会など13の病院団体で構成される協議会で、主に診療報酬に関する要望活動を行うための協議を行っています。

 要望提出後に記者会見に臨んだ原澤議長は、「控除対象外消費税(特別の診療報酬プラス改定でも賄えない消費税負担、いわゆる損税)と人件費高騰で病院経営は苦しい」状況にあるものの、全国一律の診療報酬について「大きな改定」を行うことは、地域医療に大きな影響与えてしまうため、「慎重に対応すべき」との考えを強調。さらに「地域医療構想に向けて、各病院がどういう立ち位置で経営・運営方針をもつべきか、長期展望が立てられないでいる。『2025年・2035年に至る2018年度診療報酬改定』と考えれば、急激な変化は避けるべきではないのか」との考えも示しています。

 これに対し迫井医療課長も、「長い目で見た日本の医療の在り方を国民に示す必要があり、これをベースに診療報酬改定を考えていく必要がある。日病協の意見を受け止め、中央社会保険医療協議会で議論していくことになる」旨の考えを示したことが原澤議長から報告されました。

 また日病協では、この9-10月にも具体的な第2弾要望を厚労省に提出する考えですが、迫井医療課長から「要望をいただく前に、数回意見交換をしたい」との申し出があったといいます。原澤議長は「いきなり要望するのではなく、要望項目・内容が具体的になってきた段階で厚労省と数回、意見交換を行い、要望内容を詰めていきたい」との考えを述べています。日病協側としては要望の真意を厚労省に伝えることができ、厚労省としても現場の意向を的確に捉えることが可能になり、より現場の意向を踏まえた改定内容となることが予想されます。

患者の状態像や病棟の機能に応じた入院基本料、10-20年かけて検討を

 今回の第1弾要望は、これまでにお伝えしているとおり次の8項目です(関連記事はこちら)。

(1)入院基本料の評価基準の見直しと病棟群単位による届け出制度の改善(関連記事はこちらこちら

(2)急性期病床の重症度、医療・看護必要度の評価(内科系疾患の評価の充実)(関連記事はこちらこちらこちらこちら

(3)DPC/PDPS制度の見直し(関連記事はこちら

(4)医療療養病床の方向性の早期決定と、看護配置基準・医療区分の見直し(関連記事はこちら

(5)精神疾患特性を踏まえた在宅移行の在り方と高齢化対策について

(6)包括対象範囲の見直し

(7)診療報酬体系の簡素化

(8)医療のICT化推進の診療報酬上の評価

 このうち(1)の前半は、看護配置ではなく、▼患者の状態像▼病棟の機能—に応じて設定する入院基本料について「2018年度改定にこだわらず、十分な議論を尽くす」よう求めるものです。原澤議長は「日病協の実務者会議でも、学識者を招き数年にわたって議論してきたが結論がでない。同じ病名でも重症患者から軽症患者までさまざまで、患者の状態や重症度が、必ずしも看護の手間にリンクしているわけでもない。今後、10年、20年かけて新たな評価基準を見つける作業・研究を続けなければならず、病院団体も協力していく」との見解を改めて説き、「当面は看護配置に基づく入院基本料が適切との判断が続くのではないか」と見通しています。

 

 また(8)のICT化については、安倍晋三内閣総理大臣や塩崎恭久厚生労働大臣の提唱する「AIや最新のICT技術を活用した診療(遠隔診療など)」というよりも、今後、「医療・介護連携で必要不可欠となる電子カルテなど」の導入・維持・更新費用について診療報酬で評価すべきと要望しています。

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
2018年度改定に向け、看護必要度における内科系疾患の評価充実など8項目を要望―日病協
看護必要度や在宅復帰率など、7対1入院基本料の見直し論議は最低限にすべき―日病協
病院による在宅医療提供、設立母体で可否を定めることは問題―日病協・神野議長
介護給付費分科会に、療養病床特別部会の病院代表委員の参画を求める―日病協
病棟群単位の入院基本料は厳しい、ICU廃止し7対1に統合するような動きを懸念―日病協
7対1の重症者割合25%は厳しすぎる、「病棟群別の入院料」は恒久措置にすべき―日病協・楠岡議長
7対1病院、10対1などへの移行見据え「病棟群単位の入院基本料」を認める―中医協総会
16年度診療報酬改定に向け、「病棟群単位の入院基本料」や「救急の評価充実」を改要望―日病協
病棟群単位の入院料や夜勤72時間ルールの見直しなどを要望―日病協
日病協、16年度報酬改定に向け「病棟群単位の入院基本料」要望を固める
16年度診療報酬改定に向け「病棟群単位の入院基本料」要望へ―日病協

医療療養2、介護医療院などへの移行に必要な「経過措置」を検討—中医協総会
オンラインでのサービス担当者会議などを可能にし、医療・介護連携の推進を—中医協・介護給付費分科会の意見交換
要介護・維持期リハビリ、介護保険への移行を促すため、診療報酬での評価やめるべきか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
複数医療機関による訪問診療を認めるべきか、患者の状態に応じた在宅医療の報酬をどう考えるか—中医協(1)
かかりつけ薬剤師指導料、対象患者は高齢者や多剤処方患者に絞るべきか—中医協総会(2)
生活習慣病の重症化予防、かかりつけ医と専門医療機関・保険者と医療機関の連携を評価―中医協総会(1)
訪問看護、2018年度同時改定でも事業規模拡大などが論点に―中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
医療機関での看取り前の、関係者間の情報共有などを報酬で評価できないか―中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
7対1・10対1入院基本料、看護配置だけでなくパフォーマンスも評価する報酬体系に―中医協総会(1)
主治医機能に加え、日常生活から在宅までを診る「かかりつけ医機能」を評価へ―中医協総会(1)
2018年度診療報酬改定に向け、臨床現場でのICTやAIの活用をどう考えるか―中医協総会(1)
2018年度改定に向け入院医療の議論も始まる、機能分化に資する入院医療の評価を検討―中医協総会(1)
2018年度改定に向けた議論早くも始まる、第1弾は在宅医療の総論―中医協総会

DPCのI群・II群、複雑性係数やカバー率係数への重みづけを検討へ—DPC評価分科会

5月から夏にかけ一般病棟や退院支援を、秋から短期滞在手術やアウトカム評価などを議論—入院医療分科会
2016年度診療報酬改定で、7対1病棟の入院患者像や病床利用率はどう変化したのか―入院医療分科会
看護必要度見直しの影響や、病棟群単位の届け出状況など2016年度診療報酬改定の影響を調査―入院医療分科会