Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

急性期病棟からの膀胱留置カテーテル持ち込み率14.0%、積極的なカテーテル抜去と排尿自立訓練が重要—日慢協

2020.7.10.(金)

急性期病棟から回復期・慢性期病棟への転院患者のうち、14.0%は膀胱留置カテーテルを実施したままの転院となっている—。

膀胱留置カテーテルを実施した患者の3割強は、訓練により排尿自立が可能であり、不必要な膀胱留置カテーテルであった可能性が高い—。

より積極的に「膀胱留置カテーテルの抜去」に向けた取り組みを進める必要がある―。

日本慢性期医療協会は7月3日に、「急性期機能を有する病棟からの膀胱留置カテーテル持ち込み患者とその実態についての調査」結果を公表し、こうした点を強調しました。

急性期病棟からの膀胱留置カテーテル持ち込み率は14.0%、3割強の患者は排尿自立可能

日慢協の武久洋三会長は、かねてから「急性期病棟では介護力が弱いことから、不適切な膀胱留置カテーテルの実施や日常的なリハビリの不足などによりADL低下・関節拘縮等が生じてしまう。回復期・慢性期病棟に転院・転棟してからリハビリを実施するが、効果が現れるまでには時間もかかり、効果が十分に出ないこともある。それが寝たきり患者を多く生み出しているのではないか」と指摘しています。

手術後の患者や転倒リスクの高い患者などでは、膀胱留置カテーテル実施が必要なケースもあり、決して「膀胱留置カテーテル=悪」ではないことは当然です。しかし、急性期病院・病棟の中には、人手不足から「トイレへの付き添い」や「オムツ交換」などの手間が大変なことを背景に、必要性のない(少ない)、つまり不適切な膀胱留置カテーテル実施を行っているところもあるのではないか、と武久会長は指摘し、これが▼尿路感染▼膀胱結石▼尿道皮膚瘻―の発症、身体の可動域が狭まることによる「身体機能・精神機能の低下」を引き起こしている可能性があると強調。その上で、2019年に「回復期・慢性期病院(日慢協会員病院)を対象に、患者の入院時の状況(どこから入院してきたのか、入院時の状態はどうであったか、入院時に既に膀胱留置カテーテルが実施されていたか、など)を調査する」考えを示していました。

今般、その調査結果がまとまり公表されたものです。

調査対象は、回復期・慢性期病棟(ここでは、▼療養病床病棟入院基本料1▼地域包括ケア病棟▼回復期リハビリテーション病棟▼障害者施設等入院基本料取得病棟▼特殊疾患病棟入院料取得病棟▼介護療養型医療施設―)に入院・入所する1万198名で、うち急性期病棟(ここでは、▼急性期一般病棟入院料算定病棟▼特定機能病院において急性期の患者に診療密度が特に高い医療を提供する病棟▼救命救急病棟▼集中治療室―など)からの転院患者は4874名でした。

まず「膀胱留置カテーテルの持ち込み」(回復期・慢性期病棟に入院する前から膀胱留置カテーテルを実施され、それが継続したまま転院する)状況を見ると、対象患者1万198名中1079名で、全体の10.6%となっています。また、急性期病棟からの膀胱留置カテーテル持ち込みは681名で、膀胱留置カテーテル持ち込み全体の63.6%を占めています。

回復期・慢性期病棟への膀胱留置カテーテル持ち込み数は「急性期病棟から」が最も多い(日慢協調査1 200703)



膀胱留置カテーテル持ち込みの状況を施設別に見ると、▼急性期病棟:14.0%▼急性期以外の病棟:10.5%▼在宅:4.4%▼特別養護老人ホーム:7.5%▼介護老人保健施設:6.7%—となっており、日慢協では「明らかに急性期病棟からの持ち込み率が高い」とコメントしています。

回復期・慢性期病棟への膀胱留置カテーテル持ち込み率を施設別に見ても、「急性期病棟から」が最も高い(日慢協調査2 200703)



また、膀胱留置カテーテル持ち込み患者について、回復期・慢性期病棟における「抜去」の状況を見ると、1079名の持ち込み患者の27.4%(296名)について抜去を実施。抜去実施率を転院前施設別に見ると、▼急性期病棟からの転院患者:29.5%▼急性期以外の病棟からの転院患者:27.2%—となっています。また、抜去は転院から20日までの実施が8割程度となりました。

さらに抜去後の状況を見ると、次のような状況が明らかとなりました。

▽32.3%はトイレでの自立排尿が可能となったが、19.0%は排尿訓練をしてもオムツのままである

回復期・慢性期病棟への膀胱留置カテーテル持ち込み患者のうち、3割強は訓練により排泄自立が実現できている(日慢協調査4 200703)



▽病棟ごとにみるとFIM点数が改善(抜去しない場合には明確な改善なし)

膀胱留置カテーテル離脱者のほうがFIM点数改善が見られる(日慢協調査5 200703)



▽排泄訓練等のために、カテーテル抜去患者では入院日数がやや長い



また、日慢協では急性期病棟における膀胱留置カテーテル実施の理由として▼尿閉▼全身状態不良▼閉塞—などを、急性期病棟においてカテーテル抜去ができなかった理由として▼尿閉▼全身状態不良▼褥瘡—などが多いと推測。さらにその背景として、▼重症者が多い▼知識・技術不足▼他職種との連携不足▼抜去への関心不足▼マンパワー不足—などをあげています。

膀胱留置カテーテル離脱が困難な理由として、尿閉・全身状態不良・褥瘡などがあげられている(日慢協調査6 200703)

膀胱留置カテーテル離脱が困難な背景にはさまざまある(日慢協調査7 200703)



こうした状況を踏まえて日慢協では、「膀胱留置カテーテル実施者の3割強が排尿自立を実現できており、積極的に抜去する取り組みが必要である。排尿自立支援のための研修会、実技研修会をさらに充実する必要がある」と強調。また「急性期病棟で、膀胱留置カテーテルを実施する理由を調査することも有用」と指摘しています。

ぽんすけ2020 MW_GHC_logo

【関連記事】

日慢協が武久会長を再任、2022年度診療報酬改定で「慢性期DPC」や「急性期病棟での介護・リハ職配置」など目指す

2020年度診療報酬改定、「中途半端な自称急性期病院」は急性期1から滑り落ちていく―日慢協・武久会長
急性期病棟にもリハビリ専門職を配置し、ADL改善効果を正面から評価せよ―日慢協・武久会長
看護必要度「A1・B3」継続し、高度急性期から慢性期まで「重症患者の受け入れ評価」の整合性確保を―日慢協・武久会長
老健施設の「在宅復帰率向上」と「稼働率向上」とをどう実現するか、好事例を分析―日慢協
急性期病棟へ介護福祉士配置し、排泄自立支援等で「寝たきり・要介護状態」防止せよ―日慢協・武久会長
看護師は「高度な看護業務」に特化し、病院病棟の介護業務は介護福祉士に移管せよ―日慢協・武久会長
介護医療院への転換手続き簡素化、移行定着支援加算の算定可能期間延長を―日慢協・武久会長
終末期医療、総合診療と介護を一体提供できる慢性期病棟、介護医療院、在宅医療が担うべき―日慢協・武久会長
病床稼働率の著しく低い病院、国の補助でダウンサイジングや機能転換を促進せよ―日慢協、武久会長・池端副会長
医療保険リハビリを受けるため「要介護等認定を辞退する」高齢者が現れないか危惧―日慢協、武久会長・橋本副会長
25対1の医療療養、介護医療院よりも「20対1医療療養」への転換望む―日慢協・武久会長
介護医療院の整備に向け「小規模介護保険者の集約化」や「移行定着支援加算の期限延長」などが必要―日慢協・武久会長
療養病棟の3割は看護必要度30%以上、2024年度同時改定に向け「一般・療養病棟の統合」を―日慢協・武久会長
病院建物は「社会的資源」、建築等の消費税は8%の軽減税率とせよ―日慢協・武久会長
4.3平米の一般病床、2024年度までに「廃止」または「大幅な減算」となろう―日慢協・武久会長
「看護師の特定行為」実施の拡大に向けて、日看協に全面協力―日慢協・武久会長
地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設を除外、ベッド稼働率が如実に悪化―日慢協・武久会長
「特定行為研修を修了した看護師」のスキルアップ・地位向上に向けた協会を設立―日慢協・武久会長
日慢協が武久会長を再任、「高度慢性期医療」の提供を目指す
医療療養から介護医療院へ転換進めるため、介護保険も「都道府県化を保険者」とせよ―日慢協・武久会長
一般病棟の長期入院患者、療養病棟入院基本料でなく「特別入院基本料」を算定せよ―日慢協・武久会長
25対1医療療養の5割超が20対1医療療養へ、介護療養の5割弱が介護医療院Iの1へ―日慢協調査

慢性期病院、介護療養から新類型への転換やリハ機能充実で大幅収益改善も―日慢協・武久会長

回復期リハ病棟1の「実績指数37」要件、摂食や排泄リハ推進のメッセージ―日慢協・武久会長
回復期リハ病棟のリハ専門職を急性期病棟に派遣し、早期リハを目指せ―日慢協・武久会長
療養病棟の死亡退院率を「半減させよ」―日慢協・武久会長
療養病床の入院患者に居住費相当の自己負担を求めるのは「理由なき差別」―日慢協・武久会長
一般・療養の区分を廃止し、連続的な診療報酬上の評価を―日慢協・武久会長
特養ホームでの適切な医療提供や、医療機関からの訪問看護の評価充実を―日慢協
人工呼吸器装着患者などに高度な慢性期医療を担う「慢性期治療病棟」を2018年度改定で創設せよ—日慢協
病棟看護師の大半は薬剤師などの病棟配置に期待、入院基本料での評価が必要—日慢協・武久会長
薬剤師など多職種の病棟配置、看護師と併せて入院基本料の中で評価せよ―日慢協・武久会長
急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長
2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長
軽度な後期高齢入院患者は療養病棟などへ転院し、年間3兆円超の医療費縮減を行うべき―日慢協・武久会長
介護療養からの新たな転換先、現在の介護療養よりも収益性は向上する可能性―日慢協試算
リハビリ能力の低い急性期病院、入院から20日までに後方病院に患者を送るべき―日慢協・武久会長

削減する病床を、特定看護師を施設長とする「病院内施設」へ転換せよ―日慢協の武久会長