Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 2024年度版ぽんすけリリース

診療時間短縮などの効果あるプログラム医療機器、特別な評価をすべきか?―中医協・材料部会

2023.7.27.(木)

優れた医療機器、医療上必要な医療機器(小児用機器、希少疾病用機器など)の開発促進が求められ、それを支援するような評価(材料価格設定、技術料設定など)をさらに検討してく必要がある—。

プログラム医療機器の評価については、専門家ワーキンググループの意見も踏まえた検討を進める。その際、例えば診療時間短縮を可能とする機器については「医師の働き方改革を支援するものであり高く評価すべき」との考えと、「働き方改革支援等などはそれ自体が医療機関サイドの導入インセンティブとなり、特別な評価は不要である」との考えがあり、両者の視点を踏まえて検討していく必要がある—。

7月26に開催された中央社会保険医療協議会の保険医療材料専門部会(以下、材料専門部会)で、こうした議論が行われました(同日開催の中医協総会における「感染症対策」論議の記事はこちら)。なお、同日には「薬価制度改革」論議も行われており、別稿で報じます。

優れた医療機器、医療上必要な医療機器の開発促進をサポートする評価が必要

2024年度には、保険医療材料価格制度改革(材料価格改定)も行われます。7月26日の材料部会には保険医療材料専門組織から意見が示され、これに基づいた議論が行われました。

保険医療材料専門組織は、中医協の下部組織で、現行の材料価格制度に則って「個別品目の値決め(機能区分の決定、償還価格の設定)」を行います。このため、実際の値決め論議の中で「現行制度にはこうした問題がある。こうした問題に突き当たったが、現行制度にはルールがない」などの知見が蓄積され、制度改正(診療報酬改定)の折に中医協に意見具申がなされるのです(薬価制度、費用対効果評価制度でも同様の意見具申が各専門組織から行われる)。

まず「イノベーション評価」については、例えば▼「保険医療上の必要性が特に高い」「代替するものがない」「保険償還価格が著しく低く、供給が著しく困難となる」医療材料について、不採算品再算定において適切に価格改定を行うとともに、価格改定後の価格再算定で配慮する仕組みを検討する▼希少疾患等に用いる医療機器・体外診断用医薬品は、臨床上有用でも採算性が確保しづらく市場導入が困難となる場合があり、市場加算等の既存制度との関係を整理した評価を検討する(「治療成績の改善」など、臨床上の有用性を踏まえ評価する)▼既存医療機器と比べ「臨床的な有用性が同等以上、費用を削減」する画期的な医療機器や、再製造単回使用医療機器の評価のあり方を検討する—などの考え方が示されました。

優れた医療機器の開発を促進するためにも、「優れた医療機器は高く評価する(高い償還価格を設定する、高い技術料を設定する)」ことが必要であり、方向性に異論・反論は出ていません。「価格だけでなく、制度全体で小児用機器、希少疾病用機器の開発を支える必要がある」(茂松茂人委員:日本医師会副会長)、「医療上の必要性が高い機器、小児用機器、希少疾病用機器などの開発促進は重要である。ただし物価高騰によるコスト増に着目した評価は慎重に検討すべき」(松本真人委員:健康保険組合連合会理事)などの意見を踏まえて、今後、検討が深められます。



また医療材料に関しては、2018年度の制度改革で「チャレンジ申請」という仕組みが導入されました。医療材料・機器の中には、例えば長期間体内に埋め込むペースメーカーなど、効果を適正に評価できるようになるまでに長期間が必要なものがあります。こうした機器・材料では「保険適用を申請するまでに十分な効果評価を得る」ことが難しく、「途中経過で有用性を判断する」こととなるため、「効果が十分に評価されず、低い価格設定とならざるを得ない」ものがあります。

そこで、保険適用を求める際に「上市後の臨床データなども踏まえれば『より有効である、より効果的である』ことが証明できるので、その際に改めて効果評価・価格設定を行ってほしい」という申請(チャレンジ申請)を行う仕組みが設けられました。

これまでに「特定保険医療材料だけでなく、技術料の中で評価される材料・機器についてもチャレンジ申請を認める」などの拡大が行われていますが、さらに2024年度改革に向けて「現在は保険適用申請時のチャレンジ申請が求められているが、保険適用後のチャレンジ申請も検討してはどうか」との意見が出ています。今後、具体的な検討が進みますが茂松委員は「メーカーに都合のよいデータだけが提示されないよう、総合的な改善・改革を検討すべき」と指摘しています。

プログラム医療機器、医師の働き方改革支援機能をどう評価していくか

また2024年度の材料価格制度改革では「プログラム医療機器(SaMD)の評価」が重要検討テーマの1つに据えられています。

既に専門家によるワーキンググループで技術的な検討が行われ(関連記事はこちらこちらこちら)、そこでの意見も踏まえて、例えば次のような提案がなされました。

(1)「有用性の評価に関する基準」「予見可能性」を明確化する。例えば「プログラム医療機器の性質に基づいて、▼特定保険医療材料(当該機器の償還価格を設定する)▼技術料への加算(●●手術料などに当該機器を用いた場合の加算を設ける)▼既存技術料への包括(当該機器を用いた場合にも●●手術料等を算定可能とする)▼施設基準の緩和(当該機器を用いた場合、●●手術料等で定められる「専門医が●人を配置する」などの基準を緩和する)—などのうち、いずれの形式で評価されるかをより具体的に整理する」など

(2)医療従事者の労働時間を短縮させるプログラム医療機器について、「短縮した時間の分の人件費が減少しうる」「短縮した分の時間を別の診療行為に費やすことで別の報酬を得る機会を得うる」などの側面を考慮する

(3)プログラム医療機器による治療・診断の補助で、「専門医でない医師が行う場合」でも、「専門医が行う場合」に近づくようなものは、特に医療資源の少ない地域等で有用であることを考慮する

(4)プログラム医療機器の特性を踏まえた原価計算方法の検討に当たっては、「研究開発のプロセスや費用」「製造に係る費用」「上市後に当該プログラム医療機器を用いた医療を保険診療において継続的に提供するために必要な費用」(例えばクラウド環境使用料など)について、他の医療機器との違いを明らかにする(その際、企業側にもコストなどの透明性を高める取り組みが求められる)

(5)「プログラム医療機器を稼働するための費用」と「当該機器の性能を向上させるための費用」は分けて考えるべき

(6)薬事承認における二段階承認の考え方に基づいて「第1段階承認」を取得したプログラム医療機器については、「臨床現場で活用されながら、迅速なデータ収集を行って第2段階承認を目指す」点、「第1段階承認時点では有用性に関する評価が限定的である」点を考慮し、保険外併用療養費制度の活用も検討する

(7)プログラムのアップデートにより性能が向上しうるなどの特性を踏まえ、「チャレンジ申請」のほか、その他の制度の活用も含めた再評価のあり方を検討する

(8)プログラム医療機器の保険適用の期間が終了した後(例えば「A疾病の治療管理のため●か月は当該機器を保険診療の中で使用する」ことを認めるとして、●か月経過後)において、患者の希望に基づく継続使用が考えられる場合、チャレンジ申請を行いつつリアルワールドデータの収集を行う場合について、保険外併用療養費制度の活用について検討する



このうち(2)は、例えばプログラム医療機器の活用で「診療時間が短縮する」場合に、「医師の働き方改革に資するので、当該機器の評価(材料価格、技術料など)を高く評価する」と考えるべきなのか、それとも「医師の負担軽減、他の報酬獲得機会の確保は、それ自体が医療機関サイドの導入インセンティブとなるため、特段の評価は不要である」と考えるべきなのか、という論点です。

メーカーサイドは前者(高い評価)を希望していますが、専門家によるワーキンググループでは後者(特段の評価不要)の意見が多かったようです(関連記事はこちら)。今後、材料部会でどのような議論が行われるのか注目する必要があるでしょう。

また、(6)の2段階承認制度は、プログラム医療機器の開発に長期間がかかることを踏まえ、▼「有効性の推定」をもって第1段階承認を行う、これによりプログラム医療機器が広く臨床現場で使用され、データ収集をしやすくする▼「実臨床での有効性評価」をもって第2段階承認(本承認)を行う—という仕組みです。

メーカーサイドは「第1段階承認時点で、低い価格を設定されるのは不本意である。当該機器は保険外として、保険診療との併用(保険外併用療養)を認めてほしい」と求めており、その合理性がワーキンググループ出も認められ、今般の提案につながりました。

保険外併用療養は、「通常の治療部分の保険診療」(1-3割負担)と「保険適用されていない医療技術(ここでは第1段階承認を受けたプログラム医療機器)の自由診療」(10割負担)組み合わせるものです。「プログラム医療機器の費用」以外は保険診療となるため、患者負担が抑えられ、当該プログラム医療機器を用いた診療が一定程度進むと期待されます(そのデータをもとに第2段階承認に臨む)が、今後、より具体的な制度設計を議論していくことになりますが、上述した「チャレンジ申請」と関連する部分も多く、セットで議論していく必要があるでしょう。



こうした方向にも異論・反論は出ていませんが、「2段階承認をはじめとする評価の在り方については、プログラム医療機器だけでなく、材料価格制度全体の中で考えることも必要ではないか」(茂松委員)、「コスト評価については、メーカーサイドの透明性確保が何よりも重要となる」(松本委員)といった注文もついています。



このほか、▼内外価格差等の是正に向け、外国価格調整の比較水準について適切な見直しを行う▼機能区分(医療材料は機能に応じてグループ化し、当該グループ内の製品は一律の価格となる)について、臨床上の位置づけや安定供給の観点等を踏まえ細分化などを検討する▼医療機器の安定的な供給を確保する仕組みをさらに検討する—などの提案が出ています。

8月頃にメーカーサイド等から意見を聴取し、その後、具体的な制度改革論議が進む予定です。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

プログラム医療機器のコスト評価ではコスト情報開示が大前提、市販後の有用性データ収集に資する仕組みが必要—プログラム医療機器ワーキング
プログラム医療機器の経済的評価、「コストの明確化」「追加データに基づく再評価」などが重要論点—プログラム医療機器ワーキング
プログラム医療機器活用による「医療従事者の負担軽減」などの要素を診療報酬等で評価すべきか—プログラム医療機器ワーキング
コロナ禍で「2020年度にDPC病棟等の在院日数が延伸してしまった」が、21年度には再び「短縮」—中医協総会(2)
プログラム医療機器、有用性や医師負担軽減効果踏まえた施設基準緩和等の考え方明確化―中医協・材料専門部会

感染対策向上加算等、「次なる新興感染症に備えるための医療機関・都道府県の協定」締結進むような見直しを—中医協総会
一部に「歪んだオンライン診療」、適切な形でのオンライン診療推進を目指せ!D to P with Nの量・質の拡充を―入院・外来医療分科会(4)
外来医療の機能分化が2024年度診療報酬改定でも重要テーマ、生活習慣病管理の取得・算定推進に向けた手立ては―入院・外来医療分科会(3)
入退院支援加算について「入院料別の施設基準・算定要件」など検討しては、緊急入院患者の退院支援が重要課題―入院・外来医療分科会(2)
がん化学療法の外来移行、「栄養指導」や「仕事と治療との両立支援」などと一体的・総合的に進めよ―入院・外来医療分科会(1)
高額な医薬品・医療機器など、より迅速かつ適切に費用対効果評価を行える仕組みを目指せ、評価人材の育成も急務―中医協
新薬創出等加算の企業要件には「相当の合理性」あり、ドラッグ・ラグ/ロスで日本国民が被る不利益をまず明確化せよ―中医協・薬価専門部会
在宅医療ニーズの急増に備え「在宅医療の質・量双方の充実」が継続課題!訪問看護師の心身負担増への対応も重要課題—中医協総会
入院医療における「身体拘束の縮小・廃止」のためには「病院長の意識・決断」が非常に重要―入院・外来医療分科会(3)
地域包括ケア病棟、誤嚥性肺炎等の直接入棟患者に「早期から適切なリハビリ」実施すべき―入院・外来医療分科会(2)
総合入院体制加算から急性期充実体制へのシフトで地域医療への影響は?加算取得病院の地域差をどう考えるか―入院・外来医療分科会(1)
「特許期間中の薬価を維持する」仕組み導入などで、日本の医薬品市場の魅力向上を図るべき―中医協・薬価専門部会
乳がん再発リスクなどを検出するプログラム医療機器、メーカーの体制など整い2023年9月から保険適用―中医協総会(2)
高齢患者の急性期入院、入院後のトリアージにより、下り搬送も含めた「適切な病棟での対応」を促進してはどうか—中医協総会(1)
2024年度の薬価・材料価格制度改革論議始まる、医薬品に関する有識者検討会報告書は「あくまで参考診療」—中医協総会(3)
マイナンバーカードの保険証利用が進むほどメリットを実感する者が増えていくため、利用体制整備が最重要—中医協総会(2)
かかりつけ医機能は「地域の医療機関が連携して果たす」べきもの、診療報酬による評価でもこの点を踏まえよ—中医協総会(1)
2024年度の診療報酬・介護報酬・障害福祉等サービス報酬の同時改定で「医療・介護・障害者福祉の連携強化」目指せ—中医協総会(2)
医師働き方改革サポートする【地域医療体制確保加算】取得病院で、勤務医負担がわずかだが増加している—中医協総会(1)
患者・一般国民の多くはオンライン診療よりも対面診療を希望、かかりつけ医機能評価する診療報酬の取得は低調―入院・外来医療分科会(5)
医師働き方改革のポイントは「薬剤師へのタスク・シフト」、薬剤師確保に向けた診療報酬でのサポートを―入院・外来医療分科会(4)
地域包括ケア病棟で救急患者対応相当程度進む、回復期リハビリ病棟で重症患者受け入れなど進む―入院・外来医療分科会(3)
スーパーICU評価の【重症患者対応体制強化加算】、「看護配置に含めない看護師2名以上配置」等が大きなハードル―入院・外来医療分科会(2)
急性期一般1で「病床利用率が下がり、在院日数が延伸し、重症患者割合が下がっている」点をどう考えるべきか―入院・外来医療分科会(1)

総合入院体制加算⇒急性期充実体制加算シフトで産科医療等に悪影響?僻地での訪問看護+オンライン診療を推進!—中医協総会
DPC病院は「DPC制度の正しい理解」が極めて重要、制度の周知徹底と合わせ、違反時の「退出勧告」などの対応検討を—中医協総会
2024年度の費用対効果制度改革に向けた論議スタート、まずは現行制度の課題を抽出―中医協
電子カルテ標準化や医療機関のサイバーセキュリティ対策等の医療DX、診療報酬でどうサポートするか—中医協総会

日常診療・介護の中で「人生の最終段階に受けたい・受けたくない医療・介護」の意思決定支援進めよ!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
訪問看護の24時間対応推進には「負担軽減」策が必須!「頻回な訪問看護」提供への工夫を!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
急性期入院医療でも「身体拘束ゼロ」を目指すべきで、認知症対応力向上や情報連携推進が必須要素—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
感染対策向上加算の要件である合同カンファレンス、介護施設等の参加も求めてはどうか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
要介護高齢者の急性期入院医療、介護・リハ体制が充実した地域包括ケア病棟等中心に提供すべきでは—中医協・介護給付費分科会の意見交換
2024年度の診療報酬に向け、まず第8次医療計画・医師働き方改革・医療DXに関する意見交換を今春より実施—中医協総会

2022年度改定での「在宅医療の裾野を広げるための加算」や「リフィル処方箋」など、まだ十分に活用されていない—中医協(1)