Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 病床ユニット

ケアマネジャーの処遇改善・専門性の評価を進めるべき、「ケアマネ試験枠広げ、合格者への研修を充実する」方向も検討を—ケアマネ課題検討会

2024.5.10.(金)

ケアマネジャーの人材確保・定着を図る「処遇改善」や「専門性の評価」を検討する必要がある。また人材確保のために「ケアマネジャー試験(実務者研修受講試験)の枠を広げ(受験者・合格者増を狙う)、合格者の研修を充実する(質の確保を図る)」という方向も検討してはどうか―。

5月9日に開催された「ケアマネジメントに係る諸課題に関する検討会」(以下、検討会)で、こういった議論が行われました。

ケアマネジャー1人当たりの利用者定員拡大に「業務過多」などを懸念する声も

検討会では、社会保障審議会・介護保険部会の意見を踏まえて、(1)ケアマネジャーの業務の在り方(2)人材確保・定着に向けた方策(3)法定研修の在り方(4)ケアマネジメントの質の向上に向けた取り組み促進—の4テーマについて議論を深めていきます(関連記事はこちら)。

5月9日の検討会では、▼板井佑介参考人(「民間事業者の質を高める」全国介護事業者協議会理事)▼根津賢謙参考人(社会福祉法人米寿会)▼斉藤正行(全国介護事業者連盟理事長)▼田中紘太参考人(マロー・サウンズ・カンパニー代表取締役)▼平原優美参考人(日本訪問看護財団常務理事)▼中澤伸参考人(川崎聖風福祉会理事兼事業推進部長)—から、意見を聴取しながら、上記4テーマに関する議論を深めました。

参考人の意見は多岐にわたりますが、次のような点が目を引きました。

▽ケアマネジャーの専門性(訪問系サービスのサービス提供責任者等経験、社会福祉士等の資格、サービス管理者経験など)の評価、ケアマネ受験資格要件の緩和(実務者経験年数要件の撤廃など)、処遇の向上、ケアマネ事業所管理者の主任要件撤廃、「御用聞き」を排除する方向での評価充実などを検討してほしい(板井参考人)

▽既存の社会資源(民生委員など)や自治体との連携、ICTの活用(法定研修の完全オンライン化、オンラインでのサービス担当者会議・モニタリング、音声入力ソフトの活用による会議録作成など)によりケアマネ負担は相当程度軽減する。またケアマネ業務の魅力を積極的に情報発信すべき(根津参考人)

▽居宅介護支援の管理業務と主任ケアマネジャーの役割の整理、ケアマネジャーの総合的な業務に対する更なる評価(業務の切り分けは現実的には難しく、評価されていない業務の評価が必要)、居宅介護支援における処遇改善、法定研修の講師に対する評価制度の導入と高評価講師の活用、科学的介護推進及びLIFEの活用支援、自立支援・重度化防止の推進評価とアウトカム評価の導入を検討すべき(斉藤参考人、田中参考人)

▽介護サービスの量的限界も踏まえた「インフォーマルサービスを視野に入れたケアマネジメント」、福祉関係者との日頃からの連携強化、法定研修の受講方法・時間・金額等の見直し、医療の視点もある職種(訪問看護等)に対し気軽に相談・意見求めができる枠組みの検討が必要である(平原参考人)

▽ケアマネ同士・ケアマネと地域包括支援センターの連携強化、主任介護支援専門員の役割見直し、業務の明確化と明確化後の対応の検討などが必須である。主任ケアマネには「ケアマネの知識・スキルの向上」と「事業所経営」との双方の能力が求められているが、1人ですべてを賄うことはできない(中澤参考人)



ケアマネジャー業務については、これまでにも「業務の範囲が広すぎる」「本来のケアマネジメント業務に加え、さまざまな要望が利用者・家族からくる」ことが問題視され、「本来のケアマネ業務」と「それ以外の業務」との切り分けが重要視されており、参考人からもこの点を強く求める声が出ています。

一方で、利用者・家族-ケアマネジャーの関係性を踏まえれば「業務の切り分けは現実的には難しい」ことを踏まえ、むしろ「本来業務以外の評価も検討してはどうか」との声が出ている点にも注目が集まります。現場の実態を踏まえて、今後、どういった手法が好ましいのかを深く検討していくことになるでしょう。

また、個々のケアマネジャーの負担を軽減していくためには「ケアマネ事業所の規模拡大、ケアマネジャーの多人数確保」も重要な要素となります。ただし、大規模化していけば、それだけ経営者である主任ケアマネジャーの負担も大きくなります。その際、主任ケアマネジャーに「ケアマネジメントのスキルアップ」だけでなく、「経営手腕の強化」も同時に求めれば、主任ケアマネはパンクしてしまいます。例えば「ケアマネ事業所の経営支援」を行う組織や、事務処理業務のセンター化などを提案する声も出ており、それらも参考にしながら、今後、検討を深めていく必要があります。

このほか、「ケアマネジャーの処遇改善」や「専門性の高いケアマネジャー(がん末期の要介護者や難病の要介護者対応などを行えるケアマネジャー)の評価充実」などを検討していくことも多くの参考人・構成員から提言されています。



また、5月9日の検討会では、前回会合に続く自由討議も行われました。

そこでは、染川朗構成員(日本介護クラフトユニオン会長)から、「2024年度介護報酬改定で、ケアマネジャー1人当たりの利用者定員の拡大が行われたが、現場からは『従前より多くの利用者担当は非現実的である』『ケアマネ業務の煩雑さを理解してほしい』『ケアマネの質向上のために、かえって利用者数を減らしてほしい』など、『評価できない』との声が多数(アンケート回答者の75%)出ている。またICT活用や効率化は『やりたくてもやれない』との声も大きい。今後、実態把握の上で必要な対応を検討すべき」旨の意見が出されました。

2024年度介護報酬改定で、ケアマネ人当たりの取り扱い件数を緩和した



ほかに、「ケアマネジャーの人材確保に向けて、受験資格を緩和したうえで、合格者に向けた研修の充実を図る方向も検討すべきではないか」(工藤英明構成員:青森県立保健大学健康科学部社会福祉学科教授、石山麗子構成員:国際医療福祉大学大学院医療福祉経営専攻教授)、「小規模なケアマネ事業所等の連携を強化する方策を検討すべき」(相田里香構成員:青い鳥合同会社代表社員)などの意見も出されています。



ケアマネジャー等の状況を見ると、▼従事者数が2020年度から減少傾向にある▼ケアマネ事業者数も2018年度から減少傾向にある—ことなどが分かっており、「人材の確保・定着、少人数でも質の高い業務を実施できるような方策」を、検討会で総合的に考えていくことが重要です。

ケアマネジャーが減少している(ケアマネ課題検討会2 240415)

ケアマネ事業所も減少している(ケアマネ課題検討会3 240415)



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

ケアマネジャーの「本来業務」を明確化して負担軽減を図るとともに、業務に見合った適切な報酬設定を—ケアマネ課題検討会

介護保険で「2割の利用者負担」を求める高齢者の範囲は結論先送り、「1割と2割の中間負担」(15%負担など)も検討—社保審・介護保険部会
2024年度介護報酬改定、プラス1.59%改定+αで「介護職員処遇改善」を強力推進、訪問看護やケアマネにも配慮—武見厚労相(2)
介護保険利用で「2割負担」となる高齢者、医療と介護の特性、利用控えなどに配慮して政治の場で範囲拡大を決定へ—社保審・介護保険部会
「より高所得の人に、より高い介護保険料を設定。そこで生まれる財源を低所得者の介護保険料軽減に充てる」方針決定—社保審・介護保険部会
介護保険で2割負担となる「一定所得者(上位所得者)の範囲」など、給付と負担の見直し内容を2023年までに固める—社保審・介護保険部会
2025年を目前に控え、自治体向けの「地域包括ケアシステム構築状況の自主点検ツール」を提供—社保審・介護保険部会
特養ホームの入所待ち者は2019年から2022年にかけ減少!要介護1・2の特例入所でローカルルールも一部存在!—社保審・介護保険部会(2)
介護保険制度改革案固まる!給付と負担の見直しの内容については、期限は違えど「すべて結論は先送り」に—社保審・介護保険部会(1)
新たな複合型サービスの創設、介護情報の利活用基盤整備、認知症施策の更なる推進などを目指す—社保審・介護保険部会
ケアマネジメントの利用者負担、要介護1・2者の訪問・通所サービスの総合事業移行などで熱い議論続く—社保審・介護保険部会
認知症高齢者への「初期対応」が十分でない、要介護認定の業務負担軽減は有効期間延長でなくICT活用などで進めよ―社保審・介護保険部会
在宅要介護者への「新たな複合型サービス」を創設!特養の空床で「認知症を持つ要介護1・2者」を受けてはどうか!―社保審・介護保険部会
ケアマネ自己負担導入に際しては、便利屋さん扱いされているケアマネの「業務整理」が必要不可欠—社保審・介護保険部会介護人材の確保が今後の最重要検討課題!介護助手は有益だが、成り手確保に苦労する地域もある!—社保審・介護保険部会
ケアマネ自己負担、軽度者サービスの地域支援事業への移行など「給付と負担の見直し」で賛否両論—社保審・介護保険部会
認知症初期集中支援チーム、実態把握のうえで「役割、在り方の再検討」を行う時期に来ている—社保審・介護保険部会
介護ニーズとサービス量の齟齬解消に向け「エリア外の介護サービス利用」を柔軟に認めるなどの工夫をしてはどうか—社保審・介護保険部会
処遇改善やICT活用等の諸施策が「介護人材の確保・定着」にどれだけ効果を生んでいるのか検証を—社保審・介護保険部会

見守り機器や介護ロボ、介護助手等導入による「介護現場の生産性向上」効果を検証—社保審・介護給付費分科会

介護人材確保、医療介護連携や認知症対策の推進などが介護保険改革の重要な柱と再確認—社保審・介護保険部会
地域包括ケアシステムの進化・推進に当たって、基盤となる「人材の育成・確保」が最重要課題—社保審・介護保険部会
2024年度からの第9期介護保険計画に向けた議論開始、人材確保と持続可能性確保が重要論点―社保審・介護保険部会



2022年の規制改革実施計画を閣議決定、介護施設等の人員配置緩和、特養への在宅医療推進など進めよ

「介護職員の処遇改善」加算取得促進に向けた支援を!介護業務の魅力等向上も重要―社保審・介護給付費分科会
2024年度からの第9期介護保険計画に向けた議論開始、人材確保と持続可能性確保が重要論点―社保審・介護保険部会
2021年9月、特定処遇改善加算の取得進む、勤続10年以上介護福祉士の給与が35万円台に乗る―介護事業経営調査委員会
介護療養は2024年度以降設置不可、強力に「介護医療院や医療療養などへの転換」促進を―社保審・介護給付費分科会
介護分野でも「データ収集・分析→フィードバックによる質向上」の文化醸成が必要―介護給付費分科会・研究委員会
2022年10月からの新たな【介護職員等ベースアップ等支援加算】の枠組み決定―社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定に向け「介護療養からの移行予定」や「LIFE活用状況」など詳しく調査―社保審・介護給付費分科会(2)
新たな「介護職員の処遇改善加算」で審議報告、今後の「処遇改善の在り方」で問題提起多数—社保審・介護給付費分科会(1)
「2-9月の介護職員処遇改善」補助金の詳細を明示、3月からの賃金改善などでは要件を満たさず―厚労省
2024年度の次期介護報酬改定に向け、2020・21年度の介護事業所経営状況を調査―介護事業経営調査委員会
2022年10月からの介護職員の新処遇改善加算、「2-9月の補助金」を引き継ぐ形で設計―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月の介護職員処遇改善補助の概要固まる、「基本給等の引き上げ」軸に処遇改善―社保審・介護給付費分科会
2022年10月からの介護職員処遇改善、現場の事務負担・職種間バランス・負担増などに配慮を―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月、看護職等の賃金引上げの補助を実施、10月以降は診療報酬対応も視野に入れ検討—2021年度補正予算案
2022年2月からコロナ対応病院勤務の看護職員給与を1%、介護職員の給与を3%引き上げる策を打つ―政府経済対策

看護職員や介護職員の処遇改善に向けた「報酬改定」、2022年度診療報酬はネット0.94%のマイナスに―後藤厚労相

2021年度介護報酬改定の効果検証調査、「現場の声・回答」がなければ「改善」につなげられない―介護給付費分科会
介護医療院や療養の「退所者」調査を初めて実施、LIFE利活用推進に向け伴走型モデル調査も―介護給付費分科会・研究委員会
支給限度基準額の7割以上利用(うち訪問介護6割以上)のケアマネ事業所でケアプラン点検―社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善状況や処遇改善加算の取得状況など調査、コロナ感染症による給与減など生じているか?―介護事業経営調査委員会
科学的介護の推進に向けた「LIFEデータベース」の利活用状況調査に大きな期待―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定踏まえ「介護医療院の実態」「LIFEデータベース利活用状況」など調査―介護給付費分科会・研究委員会
特定処遇改善加算の財源配分ルール柔軟化、職場環境等要件の見直しなどで介護職員処遇改善進める—社保審・介護給付費分科会(7)
リハマネ加算など大きな見直し、リハ・口腔・栄養を一体的に推進—社保審・介護給付費分科会(6)
介護施設や通所サービス等、入所者等全員のデータ提出→サービス改善を評価する【科学的介護推進体制加算】—社保審・介護給付費分科会(5)
通所介護、感染症等による利用者減対応を制度化、ADL維持等加算の点数を10倍に引き上げ—社保審・介護給付費分科会(4)
ICT導入等するケアマネ事業所の逓減制見直し・新加算創設で「質の高いケアマネジメント」目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院の長期療養機能を新加算で評価、介護療養へはディスインセンティブ設定—社保審・介護給付費分科会(2)
2021年度介護報酬改定内容を了承、訪問看護では基本報酬の引き上げや、看護体制強化加算の見直しなど—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定に向け「人員配置基準」改正を了承、サービスの質確保前提に基準緩和—社保審・介護給付費分科会
来年度(2021年度)介護報酬改定に向けた審議報告を了承、限られた人材での効率的なサービス提供目指す―社保審・介護給付費分科会
新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省