Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 看護モニタリング

認知症、糖尿病、循環器疾患、がん、ロコモティブシンドロームの予防等に向け「身体活動、運動」の適切実施を—国立長寿医療研究センター

2024.4.24.(水)

生活習慣病予防が認知症対策にもなる。生活習慣病予防で効果的なのが運動である—。

認知症のリスク低減はもちろん、糖尿病、循環器疾患、がん、ロコモティブシンドロームを予防するために、適切な強度の「身体活動、運動」を適切な時間、定期的に(毎日、毎週)実施してはどうか―。

国立長寿医療研究センターは4月23日、こうした提言を行いました(研究センターのサイトはこちら)。

生活習慣病予防が認知症対策にもなり、生活習慣病予防で効果的なのが運動である

認知症患者は、2018年に500万人を超え、65歳以上高齢者の「7人に1人が認知症」という状況を迎えましたが、2025年には約700万人(同じく5人に1人)、2040年には約800-950万人(同じく約4-5人に1人)に達し、さらにその後も増加が続くと見込まれます。このため、2019年には認知症施策推進大綱が、本年(2023年)には認知症基本法が制定され、認知症患者の意向を十分に踏まえた総合的な対策(認知症との共生、認知症予防など)を進めることとされています。

認知症対策は、医療・介護・福祉の各施策が連携し、総合的に進めることが極めて重要であり、2024年度の介護報酬改定では「行動・心理症状(BPSD)発生防止にチームで計画的に取り組む介護保険施設などを新加算で評価する」などの対応が、2024年度の診療報酬改定では「かかりつけ医の認知症対応力向上」を目指すなどの対応が検討されています。また、新たな認知症治療薬「レケンビ」(レカネマブ)の保険適用も行われています。



このように認知症対策は着実に進んでいますが、画期的な治療薬開発には相当の時間がかかるため、研究センターでは「日常生活で認知症のリスクを低減させる」ことが重要と強調。今般、「運動による認知症予防」を強く推奨しました。

認知症のリスクは様々ですが、例えば▼「教育期間の短さ」「高血圧」「肥満」「難聴」「喫煙」「うつ病」「運動不足」「社会的孤立」「糖尿病」の9項目をコントロール・修正できれば、認知症の35%は予防や進行を遅らせられる▼9項目に「過度の飲酒」「頭部外傷」「大気汚染」を加えた12項目をコントロール・修正できれば、認知症の40%は予防や進行を遅らせられる—などの研究報告があります。また、WHO(世界保健機関)の「認知機能低下および認知症のリスク低減」のガイドラインでも、「身体活動」「喫煙」「栄養」「飲酒」「認知訓練」「社会活動」「体重(肥満)」「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」の改善で、認知症のリスク低減が可能になるとされています。

研究センターは、つまり「生活習慣病予防が認知症対策にもなる。生活習慣病予防で効果的なのが運動である」とし、認知症予防のために「運動」を実践することを推奨。

「運動」については、厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006」において、「メッツ」という身体活動の強度を表す単位を用い、「どの程度の強度の運動を、どのくらいの時間行ったか」の総和で目標値を設定しています。

身体活動の強度表1(認知症の危険因子と運動による予防1 240423)

身体活動の強度表2(認知症の危険因子と運動による予防2 240423)

身体活動の強度の目安(認知症の危険因子と運動による予防3 240423)



さらに、厚労省の「健康づくりのための身体活動基準2013」では、例えば次のような「運動の基準」を設定しています。

【18-64歳】
▽3メッツ以上の強度の「身体活動」を毎日60分(1週間の目標値は23エクササイズ)行う
→具体的には、毎日60分、「歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動」を行う(普通歩行(3.0メッツ)、犬の散歩(3.0メッツ)、掃除(3.3メッツ)、自転車に乗る(3.5-6.8メッツ)、速歩き(4.3-5.0メッツ)、こどもと活発に遊ぶ(5.8メッツ)、農作業(7.8メッツ)、階段を速く上る(8.8メッツ))

▽うち「3メッツ以上の強度の運動」を毎週60分(1週間の目標値は4エクササイズ)行う
→具体的には、毎週60分、「息が弾み汗をかく程度の運動」を行う(ボウリング・社交ダンス(3.0メッツ)、自体重を使った軽い筋力トレーニング(3.5メッツ)、ゴルフ(3.5-4.3メッツ)、ラジオ体操第一(4.0メッツ)、卓球(4.0メッツ)、ウォーキング(4.3メッツ)、野球(5.0メッツ)、ゆっくりとした平泳ぎ(5.3メッツ)、バドミントン(5.5メッツ)、バーベルやマシーンを使った強い筋力トレーニング(6.0メッツ)、ゆっくりとしたジョギング(6.0メッツ)、ハイキング(6.5メッツ)、サッカー・スキー・スケート(7.0メッツ)、テニスのシングルス(7.3メッツ))

【65歳以上】
▽強度を問わず、毎日40分、「身体活動」を行う(1週間の目標値は10エクササイズ)
→具体的には、「横になったまま」「座ったまま」にならなければどんな動きでもよいので、毎日40分、「身体活動」を行う(皿洗い(1.8メッツ)、洗濯(2.0メッツ)、立って食事の支度をする(2.0メッツ)、こどもと軽く遊ぶ(2.2メッツ)、時々立ち止まりながらの買い物や散歩(2.0-3.0メッツ)、ストレッチング(2.3メッツ)、ガーデニングや水やり(2.3メッツ)、動物の世話(2.3メッツ)、座ってのラジオ体操(2.8メッツ)、ゆっくり平地を歩く(2.8メッツ))

●どの運動を、どの程度行えば1エクササイズになるかの一覧表はこちら



もっとも、上記は「健康診断結果が基準範囲内の人」の基準であり、血糖・血圧・脂質のいずれかが保健指導レベルの方は「身体活動のリスクがない」ことを確認する(身体活動リスクのチェックはこちら)、疾患に罹患している人は「かかりつけ医に相談」することが必要となります。

身体活動のリスクチェックシート(認知症の危険因子と運動による予防4 240423)



研究センターでは、身体活動の増加により「糖尿病」「循環器疾患」「がん」「ロコモティブシンドローム(加齢に伴って筋力低下や関節や脊椎の病気、骨粗鬆症等により運動器の機能が衰え、要介護や寝たきりになる状態)」などの予防にもつながる点を踏まえ、上記基準も参考に「自らが出来る範囲で身体を動かす」ことを推奨しています。

これらは、生活習慣病の管理を行う医療従事者、要支援・介護者に対応するケアマネジャーや介護従事者等も十分に参考にすることが重要です。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

「脳脊髄液アルツハイマー病バイオマーカー」測定で、より早期・高精度のアルツハイマー病鑑別診断の可能性—都健康長寿医療センター研究所
「中等度以上の認知症・ADL低下」の高齢入院患者は自宅退院が困難、早期の手厚い在宅復帰支援が重要―都健康長寿医療センター研究所
「チーズの摂取」「歩行の速度が速い」「ふくらはぎが太い」ことが認知機能の高さと強く関連―都健康長寿医療センター研究所
「耳の聞こえにくさ」に早期かつ適切に対応することが転倒等の傷害予防のために重要—都健康長寿医療センター研究所
「生活習慣病の管理、運動、栄養指導、認知トレーニング」が認知機能低下の抑制・フレイル予防に有効—長寿医療研究センター
後期高齢者健診で用いる「後期高齢者の質問票」、うち12項目で簡便に「フレイル」ハイリスク者を抽出可能—都健康長寿医療センター研究所
治療抵抗性の前立腺がんに対する「新たな治療法」の確立に向けた研究進む—都健康長寿医療センター研究所
定期の聴力チェック→耳鼻科等受診勧奨→早期の補聴器装着→認知症リスク低下防止—のシステム構築を―都健康長寿医療センター研究所
老化に伴い交感神経の筋肉サポート機能が弱まって「筋力が低下」、筋緊張が生じやすくなり「運動能力が低下」―都健康長寿医療センター研究所
腎機能が低下し「血中GDF15」の濃度が上昇すると、高齢者の死亡リスクが2倍に高まる—都健康長寿医療センター研究所
高齢期にむけた健康の維持にとって最適な食事のタンパク質比率は25-35%!―都健康長寿医療センター研究所
「お肉」を食べることが、高齢者のフレイル予防に有効である可能性!―都健康長寿医療センター研究所
皮膚へのやさしい刺激が肩こり症状を緩和する可能性—都健康長寿医療センター研究所
フレイル度の高い高齢者は就業中の転倒・転落事故が多い!フレイル度を踏まえた業務選択などが重要!―都健康長寿医療センター研究所
ペット、とりわけ犬の飼育が「運動の継続」→「要介護状態等の予防」→「介護費の軽減」につながる!—健康長寿医療センター研究所
「ペットの飼育」は介護予防だけでなく「介護費の軽減」にも効果あり!—健康長寿医療センター研究所

認知症患者が自由なテーマで話し合う本人ミーティングの実践が、地域共生社会の構築の第1歩—健康長寿医療センター研究所
糖尿病性認知症のバイオマーカー候補を発見、血液診断で「糖尿病性認知症の超早期鑑別」が可能な時代に—健康長寿医療センター研究所
血液診断によって「近く要介護・要支援状態に陥る可能性の高い人」を鑑別できる時代が来る—健康長寿医療センター研究所
後期高齢者、歯科受診により急性期疾患(肺炎、脳卒中、尿路感染症)での入院発生割合を抑制—都健康長寿医療センター
認知症の原因疾患を鑑別し、治療法選択・その効果測定を補助する「PET検査」の保険適用に強い期待—都健康長寿医療センター
食べ物を飲み込む際の「喉の刺激」によりサイロキシン・カルシトニン分泌が活性化され、心身の健康が高まる—都健康長寿医療センター
口腔状態に問題ある高齢者は要介護や死亡リスクが2倍超、地域で「オーラルフレイル改善」の取り組み強化を—都健康長寿医療センター
コロナ禍で「要介護1・2高齢者等を介護する家族」の介護負担が増し、メンタルヘルス不調を来す—都健康長寿医療センター
DHAやEPA、ARAを十分に摂取することで「認知機能を維持できる」可能性—長寿医療研究センター
「ゆっくりとした歩行」「軽い家事活動」などの低強度身体活動も、脳機能の維持に有用—長寿医療研究センター
治療抵抗性の前立腺がん、新治療法として「RNA分解酵素を標的とする薬剤」に期待—都健康長寿医療センター
男女ともビタミンC摂取不足で筋肉量・身体能力が低下するが、適切な摂取で回復可能—都健康長寿医療センター
自治体と研究機関が協働し「地域住民の健康水準アップ」を目指すことが重要—都健康長寿医療センター
日本人特有の「レビー小体型認知症の原因遺伝子」を解明、治療法・予防法開発に繋がると期待—長寿医療研究センター
日本人高齢者、寿命の延伸に伴い身体機能だけでなく「認知機能も向上」—長寿医療研究センター
フレイル予防・改善のため「運動する」「頭を使う」「社会参加する」など多様な日常行動の実施を—都健康長寿医療センター
「要介護度が低い=家族介護負担が小さい」わけではない、家族介護者の負担・ストレスに留意を—都健康長寿医療センター
奥歯を失うと、脳の老化が進む—長寿医療研究センター
介護予防のために身体活動・多様な食品摂取・社会交流の「組み合わせ」が重要—都健康長寿医療センター
高齢男性の「コロナ禍での社会的孤立」が大幅増、コロナ禍で孤立した者は孤独感・コロナへの恐怖感がとくに強い—都健康長寿医療センター
中等度以上の認知症患者は「退院直後の再入院」リスク高い、入院時・前から再入院予防策を—都健康長寿医療センター
AI(人工知能)用いて「顔写真で認知症患者を鑑別できる」可能性—都健康長寿医療センター
認知症高齢者が新型コロナに罹患した場合の感染対策・ケアのマニュアルを作成—都健康長寿医療センター
地域高齢者の「社会との繋がり」は段階的に弱くなる、交流減少や町内会活動不参加は危険信号―都健康長寿医療センター
新型コロナ感染防止策をとって「通いの場」を開催し、地域高齢者の心身の健康確保を―長寿医療研究センター
居住形態でなく、社会的ネットワークの低さが身体機能低下や抑うつ等のリスク高める―都健康長寿医療センター
孤立と閉じこもり傾向の重複で、高齢者の死亡率は2倍超に上昇―健康長寿医療センター
新型コロナの影響で高齢者の身体活動は3割減、ウォーキングや屋内での運動実施が重要―長寿医療研究センター