Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

消費増税への適切な対応求め、医療界の一本化が必要―日病協

2018.5.31.(木)

 2019年10月に消費税率が10%に引き上げられる予定だが、医療機関における控除対象外消費税(いわゆる損税)の解消に向けて「医療界が一本化する」必要がある―。

5月25日の日本病院団体協議会・代表者会議で、こうした点を確認したことが、会議後に記者会見を行った山本修一議長(国立大学附属病院長会議常置委員長、千葉大学医学部附属病院長)から明らかにされました(関連記事はこちら)。

5月25日の日本病院団体協議会・代表者会議後に記者会見を行った山本修一議長(国立大学附属病院長会議常置委員長、千葉大学医学部附属病院長)

5月25日の日本病院団体協議会・代表者会議後に記者会見を行った山本修一議長(国立大学附属病院長会議常置委員長、千葉大学医学部附属病院長)

 

2018年8月の税制改正要望までに、どこまで意見調整できるかが大きなポイントに

 消費税は「最終消費者が負担する」ことが大原則です。一般の商取引であれば、小売業者は卸業者等から商品を購入する際に消費税を支払いますが、その分は小売価格に上乗せし、最終消費者が負担します。

しかし保険医療については「消費税は非課税」とされているため、医療機関や薬局(以下、医療機関等)が納入業者から物品購入を購入する際に支払った消費税については、患者(一部負担)・保険者に転嫁することはできず、医療機関等が負担しています(いわゆる「控除対象外消費税」(損税)と呼ばれる)。この問題は1989年に消費税が導入された時にすでに認識されており、「医療機関等の消費税負担を補填するための特別の診療報酬プラス改定」(消費税対応改定)が行われてきています(消費税導入時の1989年、消費税率引き上げ時の1997年、2014年)。

 ただし、診療報酬全体を「消費増税分」引き上げることはできず、特定の点数項目に上乗せをする形での対応となります。このため、当該点数の算定状況によって補填状況が異なり、極論すれば「当該点数を算定していない場合には、上乗せがまったくなされない」ことになります。また、後の診療報酬改定において、「かつて上乗せが行われた点数項目が削除されてしまう」「点数の引き上げ・引き下げがなされ、消費税対応分がどの程度なのか判別できなくなってしまう」といった課題もありました。

このため直近の2014年度改定(消費税率5%→8%)では、すべての医療機関が算定する基本料(初診料や再診料、地域包括診療料、入院基本料、特定入院料など)に上乗せを行うことになりましたが、それでも一定の「補填のバラつき」が生じてしまっています。

保険薬局では補填率が86.03%と低いが、全体では102.07%の補填率となっており、厚労省は「消費増税に対しプラス改定で全体的なカバーはできた」と見ている

保険薬局では補填率が86.03%と低いが、全体では102.07%の補填率となっており、厚労省は「消費増税に対しプラス改定で全体的なカバーはできた」と見ている

特定機能病院(98.09%)や子ども病院(95.39%)では、消費増税に対する補填が十分なされていない

特定機能病院(98.09%)や子ども病院(95.39%)では、消費増税に対する補填が十分なされていない

 
こうしたことから医療界では「診療報酬の引き上げで消費増税に対応することは限界でる」とし、2019年10月の消費増税時(8%→10%)には「抜本的な対応行うべき」との声が高まっています。

この点について、国立大学附属病院長会議や日本精神科病院協会、日本病院会、全日本病院協会などの病院団体で構成される日本病院団体協議会(日病協)では、5月25日の代表者会議において「医療界で意見を一本化し、対応を求める必要がある」との点で一致したことが山本議長から報告されました。

ただし、具体的な対応手法についてはさまざまな意見が出ており、一本化に向けたハードルはまだまだ高そうです。今夏(2018年8月)には、2019年度の税制改正に向けた要望を行うことになり、それまでにどこまで意見のすり合わせが行われるのか、今後の動きに注目が集まります。

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2019年10月の消費増税に向け、「病院団体のメッセージ」をまとめる―日病協
急性期入院医療、重症患者割合等に応じて自由に行き来できる報酬とせよ―日病協
急性期一般入院料1の重症患者割合「30%以上」は厳しい―日病協・原澤議長
外来における患者相談窓口の設置、診療報酬での支援を―日病協
入院基本料、全病棟で「大幅引き上げが不可欠」―日病協が2回目の要望書を提出
7対1などの重症患者割合、看護必要度と診療報酬請求区分との相関を検証し、負担軽減を進めよ—日病協
地域包括ケア病棟の2分論、少なくとも2017年度データを見てから議論すべき—日病協
回復期機能、報告病床数は少ないが、機能は果たしている—日病協・原澤議長
DPCの激変緩和措置や重症度係数などに代わる措置を早急に検討すべき—日病協
日病協が2018年度改定で第1弾の総論的要望、第2弾要望に当たっては事前に厚労省と協議も
2018年度改定に向け、看護必要度における内科系疾患の評価充実など8項目を要望―日病協
看護必要度や在宅復帰率など、7対1入院基本料の見直し論議は最低限にすべき―日病協
病院による在宅医療提供、設立母体で可否を定めることは問題―日病協・神野議長
介護給付費分科会に、療養病床特別部会の病院代表委員の参画を求める―日病協
病棟群単位の入院基本料は厳しい、ICU廃止し7対1に統合するような動きを懸念―日病協
7対1の重症者割合25%は厳しすぎる、「病棟群別の入院料」は恒久措置にすべき―日病協・楠岡議長
7対1病院、10対1などへの移行見据え「病棟群単位の入院基本料」を認める―中医協総会
16年度診療報酬改定に向け、「病棟群単位の入院基本料」や「救急の評価充実」を改要望―日病協
病棟群単位の入院料や夜勤72時間ルールの見直しなどを要望―日病協
日病協、16年度報酬改定に向け「病棟群単位の入院基本料」要望を固める
16年度診療報酬改定に向け「病棟群単位の入院基本料」要望へ―日病協

2019年10月の消費税率引き上げに備え、薬価・材料価格の調査を実施―消費税分科会
消費増税対応に向けて、薬価調査や医療経済実態調査を行うべきか―消費税分科会
2014年度の消費増税対応プラス改定、全体で補填できているが、ばらつきも大きい―消費税分科会
「消費増税」分を14年度改定で適切に補てんできているのかを調査―消費税分科会
消費税の課税対象範囲、診療報酬項目ごとの把握は極めて困難―消費税分科会

消費税負担が診療報酬の上乗せ分を超過した場合、超過分を医療機関に還付すべき―日医
消費税負担が診療報酬の上乗せを超過した場合、超過分の税額控除(還付)を認めよ―日病