Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

介護医療院や療養の「退所者」調査を初めて実施、LIFE利活用推進に向け伴走型モデル調査も―介護給付費分科会・研究委員会

2021.9.13.(月)

2021年度に行われた介護報酬改定の効果・影響を見るために、2021年度に▼介護医療院等の状況▼LIFEデータベースの利活用状況―などを調査する―。

介護医療院については、介護療養や医療療養などと合わせて「退所者の状況」(退所先、医療提供内容、入所期間など)に関する調査を初めて実施する―。

LIFEに関しては、導入や利活用のハードルを探るとともに、訪問介護・訪問看護・居宅介護支援事業所を対象(各10か所程度)にモデル調査を実施する。そこでは「LIFEの導入」→「データ登録」→「フィードバック」→「ケア内容への利活用」などに向けて、調査員が技術的助言等も行う「伴走型」の調査が行われ、事業所とともに利活用推進に向けたヒント等を把握する―。

9月10日に開催された、社会保障審議会・介護給付費分科会の「介護報酬改定検証・研究委員会」(以下、検証・研究委員会)で、こういった調査内容を議論しました。

9月下旬開催の介護給付費分科会での了承を経て、10月にも調査を実施。来年(2022年)3月に調査結果が公表されます。この調査結果をベースに2024年度に予定される介護報酬改定(診療報酬との同時改定)議論が進められます。

介護医療院や介護療養、医療療養などの「退所者」の状況調査を初めて実施

今年度(2021年度)には3年に一度の介護報酬改定が行われ、例えば「介護人材不足を踏まえた人員基準等の緩和」や「科学的介護実現のためのLIFEデータベースの推進」「質の高い訪問看護に向けたリハビリ専門職による訪問看護の抑制」などが柱に据えられました。

●人員基準見直しなどに関する記事はこちら
●訪問看護に関する記事はこちら
●介護医療院に関する記事はこちら
●居宅介護支援に関する記事はこちら
●ADL維持等加算などに関する記事はこちら
●データベースの利活用に関する記事はこちら
●リハ・口腔・栄養等に関する記事はこちら
●処遇改善加算等に関する記事はこちら



介護報酬では、上述のとおり「介護現場の課題を解決し、介護の質を向上させる」ことが重要目的の1つであり、このためには「改定によって、課題解決が進んでいるのか」を常に検証していくことが求められます。もっとも、改定の効果・影響がすぐに出る項目と、比較的時間がかかる項目があるため、調査は▼改定年度(2021年度改定に関しては2021年度)▼改定翌年度(同2022年度)▼改定翌々年度(同2023年度)―に分けて行われます。改定年度には「すぐに効果の現れる」項目を、時間のかかる項目については「翌年度、翌々年度」という具合に分担するイメージです。

2021年度には次の4項目の調査を行う方針が固められており(関連記事はこちらこちら)、9月10日の検証・研究委員会では具体的な調査内容(対象、調査項目、調査票など)が議論されました。

(1)介護医療院におけるサービス提供実態等
(2)LIFE を活用した取組状況の把握、および訪問系サービス・居宅介護支援事業所における LIFE の活用可能性
(3)文書負担軽減や手続きの効率化による介護現場の業務負担軽減
(4)福祉用具貸与価格の適正化



まず(1)では、次のような調査を行います。
▽すべての介護医療院(600施設程度)、すべての介護療養型医療施設(580施設程度)、すべての介護療養型老人保健施設(いわゆる転換型老健、160施設程度)、および医療療養病床(約3570施設のうち1200施設を抽出)について、サービス提供実態や退所者の状態・退所先、介護医療院への移行予定などを調べる

▽全保険者(市町村、約1500)と47都道府県に対して「療養病床等に関する認識や動向把握状況」などを調べる

注目されるのは「初めて退所者調査を行う」点です。介護医療院・介護療養・転換型老健では今年(2021年)9月、医療療養ではそのうち1週間の「退所者全員」について、▼人数▼入所期間▼退所先▼状態―を調べ、施設間での比較分析なども行うことになります。

退所者に関する調査項目例(介護給付費分科会 検証・研究委員会1 210910)



また、介護療養については2024年3月が設置期限とされており、それまでに介護医療院や医療療養などに移行することが求められます(さもなければ入所者が医療保険や介護保険を利用できず、全額自己負担で入所を続けなければならなくなってしまう)。このため自治体や国による「移行意向の調査→移行支援」などが重要となり、そのための基礎データ(移行に向けた課題など)もこの調査で把握されます。



9月10日の検証・研究委員会では、多くの委員から「退所者調査への期待」の声が出ています。各施設ともに「死亡退所」が多数を占めると予想されますが、入所者にどういった医療が提供され、どのように看取りが行われたのか、などを施設間分析することで「特性・特長」が浮き彫りとなり、さらに「人生の最終段階に相応しい医療・看取り」の在り方を考えるヒントを得ることも可能となりそうです(例えば「積極的な延命」を希望しない方に対し、安らかな死を迎えるための痛み除去や水分補給をどう施していくのかなど)。将来には、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)や介護老人保健施設との比較などにつなげていくことにも期待が集まります。

ただし調査研究事業のトップを務める今村知明委員(奈良県立医科大学教授)は「医療療養と介護保険施設での看取りは異なる。医療療養では、入院時点で患者との意思疎通が困難で『人生の最終段階をどう過ごしたいか』(例えば延命措置を希望するのか、しないのか)などを把握できないケースも少なくない。医療界の考え方と、介護界での考え方には一定の差異がある点に留意する必要がある」とコメント。介護医療院や介護療養などと医療療養とを単純比較することの難しさを指摘しています。

なお、介護医療院創設に深く携わった田中滋委員(埼玉県立大学理事長)は「介護医療院は介護・医療・生活の複合施設であるが、他の施設や医療機関と異なり『地域に開かれた施設』であることを理念としている。地域住民との交流などの状況も調べられると良い」とアドヴァイスしています。

LIFEの導入・利活用推進に向け、訪問介護・看護・ケアマネ対象に伴走型モデル調査

(2)のLIFEは、従前のVISIT(リハビリに関するデータベース)とCHASE(栄養や介入に関するデータベース)とを統合運用するデータベースの名称です。「介護施設・事業所がリハビリや栄養・介入などのデータを提出する」→「LIFEデータベースに蓄積され、集計・解析が行われる」→「LIFEから各施設・事業所にデータ解析結果がフィードバックされる」→「各施設・事業所でフィードバック結果をもとにサービス内容の改善を行う」ことにより、全体としてケア・サービスの質が向上していくことが期待されます。

2021年度介護報酬改定では、LIFE参加の間口(対象施設・事業所)を広げるとともに、参加のメリット(加算)が充実されました。この効果をアンケート調査・ヒアリング調査・モデル調査の3本立てで探り、LIFEの活用推進に向けたヒントを得ることを目指します。

アンケート調査では、LIFE関連加算を算定する約5000の施設・事業所(特養、老健、介護医療院、デイサービス、認デイ、認知症対応グループホーム、(看護)小規模多機能、デイケア、訪問リハ)に対して、▼使用しているソフトとLIFEへの適応状況▼データ分析内容▼フィードバック状況▼活用状況▼利用者アセスメントの変化(LIFE導入前後)▼導入時の課題―などを調べます。

あわせて、LIFEデータ登録のない約2500の施設・事業所に対しても、「今後のLIFE活用意向」や「ケアの質向上に向けた取り組みやその課題」などを調査します。

両者を比較することで「LIFE導入に向けた課題」などを浮き彫りにし、2024年度の次期介護報酬改定で「さらなる導入推進に向けた対応」を行うことになるでしょう。



また、ヒアリング調査は、アンケート調査に回答した施設・事業所の中で「LIFEデータベースからのフィードバック票を効果的に活用している」と思われる施設・事業所を25か所、逆に「LIFE活用に課題を感じている」と思われる施設・事業所を25か所、それぞれピックアップし、詳細な聞き取り調査を行います。



さらにモデル調査は、訪問介護・訪問看護・居宅介護支援事業所から、それぞれ10か所程度を選定し、「LIFEの活用」(データ提供→フィードバック→ケアの見直し)を実施してもらうとともに、具体的な技術的助言を行っていくことで、LIFE活用の課題を明確にし、有効活用に向けたモデル事例を構築することを目指します。

LIFEに関する調査項目例(その1)(介護給付費分科会 検証・研究委員会2 210910)

LIFEに関する調査項目例(その2)(介護給付費分科会 検証・研究委員会3 210910)



調査研究事業のトップを務める藤野善久委員(産業医科大学産業生態科学研究所環境疫学教室教授)は「LIFE導入で、すぐにケアの質が向上するというわけではない。『LIFE導入』から『データをどう使うのか』などを、モデル事業所(訪問介護、訪問看護、ケアマネ)と調査員とで一緒に考える、伴走型の調査を行う」との考えを強調。将来的には、「LIFEデータを活用してケアの向上を目指すとともに、『どういったサービス・ケアの提供により、どういった機能改善が見られるのか』というデータが居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)にフィードバックされ、それをケアプランの改善に結び付けていく」ことが期待されますが、現時点では、そこまでには至っていません。伴走型の調査で、将来に向けた取り組みのヒントを得ることが期待されます。

あわせて藤野委員は、「これまでは、どちらかというと『どういうデータをどうした形式で集めるか』というツールの議論が主だったが、これからは『データをどう活用していくか』という議論が重要になる。『データをもとに【能力のある】ケアマネジャーが個人的にケアプラン改善に使用する』というのではPDCAサイクルは回せない。事業所のどの組織でデータをどう活用するのか、という『LIFEの活用、使い方』を考えることが重要である」とも強調しています。どれだけ精緻なデータベースを構築し、データ提供を求めても、それが現場でうまく活用されないのでは、「データ作成・提出の負担が増える」というデメリットしかありません。「現場に求められるデータベース」に成長させていくことが重要でしょう。

この点、田宮菜奈子委員(筑波大学医学医療系教授)は「ヒアリング調査などの中で、現場がどういったデータを必要としているか、どういうデータが活用しやすいかなども聞き取ってほしい」と、また今村委員は「LIFE参加に向けた、もっと基礎的なハードル、例えば『現場がインターネットに接続できる環境にない』など、そういった点も聞き取ってほしい」と要望しています。

介護事務負担軽減のため「共同事務処理センター」を地域に設置してはどうか

また(3)は、従前から問題視されている「文書負担の軽減」等の状況を、(4)は「3年に一度になった福祉用具貸与価格の見直しに向けた基礎資料」収集を行うものです。

この点、松田晋也委員長(産業医科大学教授)や堀田聰子委員(慶應義塾大学大学院教授)は「文書負担軽減のために、海外事例を参考に、例えば共同事務処理センターを地域で設置することなども検討してはどうか。まず訪問介護や訪問看護で考えてはどうか」と提案しています。サービスの適正性・請求内容の適正性等を担保する必要があることから、文書負担軽減には限界があることなどを踏まえた提案です。各種の手続きや届け出、請求などのアドミニストレーション業務を外部委託することができれば、その分「直接介護」にかけられる時間が増え、これは「介護スタッフの給与増」にもつながります(介護提供量が増えれば、請求可能な介護報酬も増える)。



9月10日の検証・研究委員会では、調査内容を概ね了承。9月下旬の親組織(社保審・介護給付費分科会)での了承を経て、10月にも調査が実施されます。調査結果は来年(2022年)3月に公表され、2024年度の次期介護報酬改定(診療報酬との同時改定)に向けた基礎資料となります。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

支給限度基準額の7割以上利用(うち訪問介護6割以上)のケアマネ事業所でケアプラン点検―社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善状況や処遇改善加算の取得状況など調査、コロナ感染症による給与減など生じているか?―介護事業経営調査委員会
科学的介護の推進に向けた「LIFEデータベース」の利活用状況調査に大きな期待―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定踏まえ「介護医療院の実態」「LIFEデータベース利活用状況」など調査―介護給付費分科会・研究委員会
特定処遇改善加算の財源配分ルール柔軟化、職場環境等要件の見直しなどで介護職員処遇改善進める—社保審・介護給付費分科会(7)
リハマネ加算など大きな見直し、リハ・口腔・栄養を一体的に推進—社保審・介護給付費分科会(6)
介護施設や通所サービス等、入所者等全員のデータ提出→サービス改善を評価する【科学的介護推進体制加算】—社保審・介護給付費分科会(5)
通所介護、感染症等による利用者減対応を制度化、ADL維持等加算の点数を10倍に引き上げ—社保審・介護給付費分科会(4)
ICT導入等するケアマネ事業所の逓減制見直し・新加算創設で「質の高いケアマネジメント」目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院の長期療養機能を新加算で評価、介護療養へはディスインセンティブ設定—社保審・介護給付費分科会(2)
2021年度介護報酬改定内容を了承、訪問看護では基本報酬の引き上げや、看護体制強化加算の見直しなど—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定に向け「人員配置基準」改正を了承、サービスの質確保前提に基準緩和—社保審・介護給付費分科会
来年度(2021年度)介護報酬改定に向けた審議報告を了承、限られた人材での効率的なサービス提供目指す―社保審・介護給付費分科会
新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省

ICT活用する介護施設等で夜勤スタッフ配置緩和、感染症等で利用者急減した通所事業所の経営を下支え―社保審・介護給付費分科会(3)
グループホームの夜勤配置・個室ユニットの定員を緩和、サービスの質等担保に向け運用面で工夫―社保審・介護給付費分科会(2)
リハ職による訪問看護、【看護体制強化加算】要件で抑制するとともに、単位数等を適正化―社保審・介護給付費分科会(1)
介護サービスの人員配置緩和・感染症等対策・認知症対応など柱とする運営基準改正へ、訪問看護は戦術変更―社保審・介護給付費分科会
公正中立なケアマネジメント推進、通所サービスの大規模減算は維持するが「利用者減」に迅速に対応―社保審・介護給付費分科会(4)
ADL維持等加算を特養等にも拡大し、算定要件を改善(緩和+厳格化)―社保審・介護給付費分科会(3)
個別要介護者のみならず、事業所・施設全体での科学的介護推進を新加算で評価―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院への「移行定着支援加算」、当初期限どおり2021年3月末で終了―社保審・介護給付費分科会(1)
小多機の基本報酬見直し・加算の細分化を行い、看多機で褥瘡マネ加算等の算定可能とする―社保審・介護給付費分科会(4)
すべての生活ショートに外部医療機関・訪問看護STとの連携を求め、老健施設の医療ショートの報酬適正化―社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハを「月単位の包括基本報酬」に移行し、リハマネ加算等の体系を組み換え―社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ST、「看護師6割以上」の人員要件設け、リハ専門職による頻回訪問抑制へ―社保審・介護給付費分科会(1)
見守りセンサー等活用による夜勤スタッフ配置要件の緩和、内容や対象サービスを拡大してはどうか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護職員の【特定処遇改善加算】、算定ルールを柔軟化すべきか、経験・技能ある介護福祉士対応を重視すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
状態・栄養のCHASEデータベースを活用した取り組み、介護データ提出加算等として評価へ―社保審・介護給付費分科会(2)
【ADL維持等加算】を他サービスにも拡大し、重度者への効果的な取り組みをより手厚く評価してはどうか―社保審・介護給付費分科会(1)
老健施設「入所前」からのケアマネ事業所との連携を評価、在宅復帰機能さらに強化―社保審・介護給付費分科会(5)
介護報酬や予算活用して介護医療院への移行・転換を促進、介護療養の報酬は引き下げ―社保審・介護給付費分科会(4)
ケアマネ報酬の逓減制、事務職員配置やICT利活用など要件に緩和してはどうか―社保審・介護給付費分科会(3)
4割弱の介護事業所、【特定処遇改善加算】の算定ベース整っても賃金バランス考慮し取得せず―社保審・介護給付費分科会(2)
介護サービスの経営状況は給与費増等で悪化、2019年度収支差率は全体で2.4%に―社保審・介護給付費分科会(1)
訪問リハビリや居宅療養管理指導、実態を踏まえた精緻な評価体系を構築へ—社保審・介護給付費分科会(3)
訪問介護利用者の負担増を考慮し、「敢えて加算を取得しない」事業所が少なくない—社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーション本来の趣旨に鑑み、「スタッフの6割以上が看護職員」などの要件設定へ—社保審・介護給付費分科会(1)
生活ショート全体の看護力を強化し、一部事業所の「看護常勤配置義務」を廃すべきか—社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハの【社会参加支援加算】、クリームスキミング防止策も含めた見直しを—社保審・介護給付費分科会(2)
デイサービスとリハビリ事業所・医療機関との連携が進まない根本に、どのような課題があるのか―社保審・介護給付費分科会(1)
グループホームの「1ユニット1人夜勤」体制、安全確保のため「現状維持」求める声多数—社保審・介護給付費分科会(3)
小多機の基本報酬、要介護3・4・5を引き下げて、1・2を引き上げるべきか—社保審・介護給付費分科会(2)
介護療養の4分の1、設置根拠消滅後も介護療養を選択、利用者に不利益が生じないような移行促進が重要—社保審・介護給付費分科会(1)
介護人材の確保定着を2021年度介護報酬改定でも推進、ただし人材定着は介護事業所の経営を厳しくする―社保審・介護給付費分科会
寝たきり高齢者でもリハ等でADL改善、介護データ集積・解析し「アウトカム評価」につなげる—社保審・介護給付費分科会
介護保険施設等への外部訪問看護を認めるべきか、過疎地でのサービス確保と質の維持をどう両立するか—社保審・介護給付費分科会
特養老人ホームのユニット型をどう推進していくか、看取り・医療ニーズにどう対応すべきか―社保審・介護給付費分科会(3)
老健施設、「機能分化」や「適正な疾患治療」進めるために介護報酬をどう工夫すべきか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院の転換促進のために、【移行定着支援加算】を2021年度以降も「延長」すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
ケアマネジメントの質と事業所経営を両立するため「ケアマネ報酬の引き上げ」検討すべきでは―介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーションに「看護職割合」要件など設け、事実上の訪問リハビリステーションを是正してはどうか―介護給付費分科会(1)
介護保険の訪問看護、医療保険の訪問看護と同様に「良質なサービス提供」を十分に評価せよ―介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「ショートステイの長期利用是正」「医療機関による医療ショート実施推進」など検討―社保審・介護給付費分科会(2)
通所サービスの大規模減算を廃止すべきか、各通所サービスの機能・役割分担をどう進めるべきか—社保審・介護給付費分科会(1)
小多機や看多機、緊急ショートへの柔軟対応を可能とする方策を2021年度介護報酬改定で検討―社保審・介護給付費分科会(2)
定期巡回・随時対応サービス、依然「同一建物等居住者へのサービス提供が多い」事態をどう考えるか—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定、介護サービスのアウトカム評価、人材確保・定着策の推進が重要—社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「複数サービスを包括的・総合的に提供する」仕組みを―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「介護人材の確保定着」「アウトカム評価」などが最重要ポイントか―社保審・介護給付費分科会