Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

多臓器病変患者に適切な医療を行うため、医師臨床研修・新専門医研修を再編し「総合診療医」養成を―日慢協・武久会長

2021.4.12.(月)

高齢化が進展する中で「多臓器病変のある患者」が増加している。こうした患者には「総合的な診療能力を持つ医師」が対応しなければならないが、現状では養成がなされていない。医師免許取得後4年間は「総合診療機能を学ぶ」研修期間に位置づけ、それを経て初めて「臓器別の専門医研修」を受けるという仕組みに改める必要がある―。

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は、4月8日の開催した定例のオンライン記者会見でこういった考えを示しました。今後、厚生労働省や文部科学省などの担当部局に「医師臨床研修・新専門医研修制度の見直し」に向けた働きかけを行う考えです。

医師免許取得後4年間は「総合診療機能を学ぶ」研修期間に位置づけよ

2004年度から新たな医師臨床研修制度がスタートしました。臨床医になるためには医師免許取得後「少なくとも2年間の臨床研修を受ける」ことが必須化されています。、「一般的な診療に置いて頻繁にかかわる負傷・疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に着ける」ことが目的で、多くの診療科で研修を受けるプログラムが構築されています。

また、2018年度からは新たな専門医制度がスタートしています。「基本診療領域の傷病などについて、すべて理解し、きちんと患者に説明できる医師」の養成を目指し、医師臨床研修を修了した医師を対象に3年以上の研修を行うものです。

いずれも「優れた医師を要請する」ための仕組みですが、武久会長は「高齢化が進み、急性期病院ですら入院患者の75%以上が『65歳以上の高齢者』という時代である。にもかかわず、現在の医師臨床研修・専門医研修は『臓器別の専門医』養成を主眼としている」と指摘。多くの臓器に病変を抱える高齢者について、全身を総合的に診療できる医師の養成が喫緊の課題であると強調しました。

日慢協の調査を踏まえて、武久会長はかねてから「急性期病院から慢性期病院(日慢協会員病院)に転院する患者の多くが▼脱水▼低栄養▼電解質以上▼貧血▼高血糖―などの問題を抱え、またリハビリテーションが十分に行われないために「拘縮」等が生じており、自宅復帰までに多大な労力と時間がかかっている」と指摘しています(関連記事はこちらこちらこちら)。この背景にも、急性期病院に「高齢者の特性を理解し、総合的な診療を行える医師」が少ないことがあると見ているようです。

新専門医制度の中にも、基本領域の1つとして「総合診療専門医」が設けられていますが、2021年度の専攻医(新専門医資格取得を目指す研修医)ではわずか「2.2%」に過ぎません。

そこで武久会長は、医師免許取得から4年間を「総合神慮機能を学ぶための研修期間」に位置づけ、その4年間の研修を経て初めて「臓器別の専門医研修」を受ける仕組みに変革すべきと提案しました。

前者の4年間の研修を受けた医師は「総合診療医」として、▼専門分野にとらわれない幅広い知識▼リハビリ・看護・介護・栄養など職種横断的な知識—を持ち「多職種からなるチーム医療」を実践するリーダー的役割を地域で果たすことは期待されます。具体的には、総合診療医は「治療」を行うのみならず、看護・介護をはじめとする多職種とともに「栄養管理」「リハビリ」「患者の全身状態の管理」までも行うことが求められます。

こうした「総合診療医の養成」とともに、▼病院の機能分化▼介護保険のLIFEデータベースと、医療保険のDPCとの一体化—を進めることで、急性期から慢性期、在宅医療、介護にいたるまで「首尾一貫したシームレスな医療・介護提供」が可能になると武久会長は見通します。

こうした仕組みを設けるには、法律改正(医療法、医師法など)が必要になってきます。武久会長は、今後、厚労省や文科省などの担当部局に働きかけを行っていく考えも明らかにしています。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

コロナ感染症の急性期段階から適切な栄養・水分管理を、データ提出拡大で介護保険は大きく様変わり―日慢協・武久会長

介護報酬でも「コロナ患者の診療」評価を行い、医療機関による介護施設への感染防止策支援の充実を―日慢協・武久会長
新型コロナの退院基準を満たした患者は早急に後方病床に転院を、療養病床でもコロナ患者を積極的に受け入れる—日慢協・武久会長
新型コロナ患者に対応する「一般病棟以外の病棟」にも何らかの支援を―日慢協・武久会長
介護医療院の大多数が「開設してよかった」、早期に介護医療院へ転換せよ―日慢協・武久会長、介護医療院協会・鈴木会長
特定行為研修を修了した看護師、在宅医療や介護の場でこそ力を十二分に発揮できる―日慢協・武久会長
2022年度診療報酬改定に向け「回復期リハビリ病棟」のリハビリについて包括評価を検討せよ―日慢協・武久会長
日慢協が武久会長を再任、2022年度診療報酬改定で「慢性期DPC」や「急性期病棟での介護・リハ職配置」など目指す
2020年度診療報酬改定、「中途半端な自称急性期病院」は急性期1から滑り落ちていく―日慢協・武久会長
急性期病棟にもリハビリ専門職を配置し、ADL改善効果を正面から評価せよ―日慢協・武久会長
看護必要度「A1・B3」継続し、高度急性期から慢性期まで「重症患者の受け入れ評価」の整合性確保を―日慢協・武久会長
老健施設の「在宅復帰率向上」と「稼働率向上」とをどう実現するか、好事例を分析―日慢協
急性期病棟へ介護福祉士配置し、排泄自立支援等で「寝たきり・要介護状態」防止せよ―日慢協・武久会長
看護師は「高度な看護業務」に特化し、病院病棟の介護業務は介護福祉士に移管せよ―日慢協・武久会長
介護医療院への転換手続き簡素化、移行定着支援加算の算定可能期間延長を―日慢協・武久会長
終末期医療、総合診療と介護を一体提供できる慢性期病棟、介護医療院、在宅医療が担うべき―日慢協・武久会長
病床稼働率の著しく低い病院、国の補助でダウンサイジングや機能転換を促進せよ―日慢協、武久会長・池端副会長
医療保険リハビリを受けるため「要介護等認定を辞退する」高齢者が現れないか危惧―日慢協、武久会長・橋本副会長
25対1の医療療養、介護医療院よりも「20対1医療療養」への転換望む―日慢協・武久会長
介護医療院の整備に向け「小規模介護保険者の集約化」や「移行定着支援加算の期限延長」などが必要―日慢協・武久会長
療養病棟の3割は看護必要度30%以上、2024年度同時改定に向け「一般・療養病棟の統合」を―日慢協・武久会長
病院建物は「社会的資源」、建築等の消費税は8%の軽減税率とせよ―日慢協・武久会長
4.3平米の一般病床、2024年度までに「廃止」または「大幅な減算」となろう―日慢協・武久会長
「看護師の特定行為」実施の拡大に向けて、日看協に全面協力―日慢協・武久会長
地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設を除外、ベッド稼働率が如実に悪化―日慢協・武久会長
「特定行為研修を修了した看護師」のスキルアップ・地位向上に向けた協会を設立―日慢協・武久会長
日慢協が武久会長を再任、「高度慢性期医療」の提供を目指す
医療療養から介護医療院へ転換進めるため、介護保険も「都道府県化を保険者」とせよ―日慢協・武久会長
一般病棟の長期入院患者、療養病棟入院基本料でなく「特別入院基本料」を算定せよ―日慢協・武久会長
25対1医療療養の5割超が20対1医療療養へ、介護療養の5割弱が介護医療院Iの1へ―日慢協調査

慢性期病院、介護療養から新類型への転換やリハ機能充実で大幅収益改善も―日慢協・武久会長

回復期リハ病棟1の「実績指数37」要件、摂食や排泄リハ推進のメッセージ―日慢協・武久会長
回復期リハ病棟のリハ専門職を急性期病棟に派遣し、早期リハを目指せ―日慢協・武久会長
療養病棟の死亡退院率を「半減させよ」―日慢協・武久会長
療養病床の入院患者に居住費相当の自己負担を求めるのは「理由なき差別」―日慢協・武久会長
一般・療養の区分を廃止し、連続的な診療報酬上の評価を―日慢協・武久会長
特養ホームでの適切な医療提供や、医療機関からの訪問看護の評価充実を―日慢協
人工呼吸器装着患者などに高度な慢性期医療を担う「慢性期治療病棟」を2018年度改定で創設せよ—日慢協
病棟看護師の大半は薬剤師などの病棟配置に期待、入院基本料での評価が必要—日慢協・武久会長
薬剤師など多職種の病棟配置、看護師と併せて入院基本料の中で評価せよ―日慢協・武久会長
急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長
2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長
軽度な後期高齢入院患者は療養病棟などへ転院し、年間3兆円超の医療費縮減を行うべき―日慢協・武久会長
介護療養からの新たな転換先、現在の介護療養よりも収益性は向上する可能性―日慢協試算
リハビリ能力の低い急性期病院、入院から20日までに後方病院に患者を送るべき―日慢協・武久会長

削減する病床を、特定看護師を施設長とする「病院内施設」へ転換せよ―日慢協の武久会長