Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

2021年度に初の中間年度「薬価改定」、市場実勢価格連動ルールのみ適用するなどの骨子了承―中医協総会(2)

2020.12.18.(金)

2020年の薬価調査結果を踏まえて、乖離率が5%を超える品目(1万2180品目、医療用医薬品の69%)について、来年度(2021年度)に薬価改定(薬価の引き下げ)を行う。ただし、新型コロナウイルス感染症と闘う医療現場の負担等に配慮し、薬価の引き下げ幅について、通常よりも緩やかなものとする―。

また改定にあたって適用するルールは、最低薬価や新薬創出・適応外薬解消等促進加算の加算部分のみとするなど「市場実勢価格に連動するもの」に限定する―。

12月18日に開催された中央社会保険医療協議会・総会および薬価専門部会では、このような「2021年度薬価改定の骨子」も了承しました。

なお、薬剤費が包括されているDPC点数などについての見直しは行われません。

厚労相・財相によって「改定の対象範囲を広くし、改定幅を緩やかにする」方針を決定

2018年度からスタートした薬価制度抜本改革の一環として、「市場実勢価格を適時に薬価に反映して国民負担を抑制するために、従前2年に1度であった薬価改定について、中間年度においても必要な薬価の見直しを行う」【毎年度薬価改定、中間年度改定】方針が明確化されています。

来年度(2021年度)が、初の中間年度となりますが、新型コロナウイルス感染症の対応に追われる医療現場の負担等を考慮し、▼中間年度改定を実施すべきか▼実施する場合には改定ルールをどう考えるか―という議論が行われてきました(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら)。

この点について12月17日に行われた田村憲久厚生労働大臣と麻生太郎財務大臣との来年度(2021年度)予算案編成に向けた折衝の中で、次のような改定方針が固められました。

(1)「国庫負担軽減の観点からできる限り対象範囲を広くする」ことが適当である状況の下、乖離率5%(平均乖離率8.0%の0.625倍(0.5-0.75倍の中間)に相当)を超える品目を薬価改定の対象とする

(2)新型コロナウイルス感染症の影響を勘案し、薬価の削減幅を0.8%分緩和する(通常の「2%の調整幅」に加えて「0.8%の一定幅」を市場実勢価格等に乗せて、新薬価を決定する)

2021年度の薬価改定では、新型コロナウイルス感染症対応に配慮した特例的なものである(中医協総会(2) 201218)



これを受けて、薬価改定の具体的なルールを決定することとなり、今般「改定の骨子」案が中医協に提示されたものです。

まず改定対象品目は上記(1)のとおり、新薬価算定式は上記(2)のとおりです。この点、診療側の松本吉郎委員(日本医師会常任理事)や有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)らは「新型コロナウイルス感染症で厳しさを増す医療機関等の経営に配慮し、改定影響が最小限になるように対象品目を限定すべきであったが、広範に設定されたことは遺憾である」と批判。これに対し支払側の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は「後発品に偏らず、新薬も一定程度改定対象に含まれ、バランスの取れた薬価改定が行われる(後述)」と評価しました。ただし、同じく支払側の吉森俊和委員(全国健康保険協会理事)は「一定幅(上述(2))の議論などは中医協でなされていないにも関わらず設定されており遺憾である」と指摘しています。

なお、改定対象品目数は1万2180品目となり、医療用医薬品全体の69%に相当します。また内訳を見ると、▼新薬:1350品目(新薬の59%)▼うち【新薬創出・適応外薬解消等促進加算】の対象品目:240品目(加算対象品目の40%)▼長期収載品:1490品目(長期収載品の88%)▼後発品:8200品目(後発品の83%)▼その他(昭和42年以前収載品目):1140品目(その他品目の31%)―となっています。



また、適用する薬価算定ルールについては、市場実勢価格に連動する▼基礎的医薬品(2020年度改定時に「基礎的医薬品」とされた品目すべてに適用する、など)▼最低薬価(薬剤の剤形ごとに設定)▼新薬創出・適応外薬解消等促進加算の加算のみ(累積控除は行わない)▼後発医薬品等の価格帯―となります。これらは、市場実勢価格に連動するもので、2019年度の消費税対応改定時と同じ内容です。

このほか、▼規格間の価格逆転を防止する調整を行う▼薬価調査で取り引きが確認されなかった医薬品については類似薬を参考に判断する▼2021年度改定は「薬価改定の回数」にはカウントしない―ことも決まりました。

この点、支払側の幸野委員は、かねてから主張している「新薬創出・適応外薬解消等促進加算の累積控除」が盛り込まれない点について、「本来は実施すべきであり、残念である」とコメント。ただし、今後に向けて「薬価改定の在り方そのものをゼロベースで議論すべき」と幸野委員・吉森委員は強く求めたうえで、骨子案に賛成しました。



一方、診療側の松本委員は薬価専門部会では、骨子案への賛否を保留しましたが、別報の「2021年度における診療報酬上の臨時特例措置」と組み合わせて骨子案に賛成しています。薬価が下がる分、医療機関の収益・利益が減ります(現在でも当然のことながら薬価差益があり、これが減少する)が、診療報酬上の臨時特例措置により、その一部が医療機関に還元される点を踏まえたものと言えるでしょう。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

医療機関経営を極めて広範に下支えする診療報酬上の臨時措置を2021年4月から実施―中医協総会(1)

新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省
2021年度薬価改定の対象、診療側は乖離率16%以上品目に限定せよ、支払側は8%以下品目にも広げよと提案―中医協・薬価専門部会
2021年度薬価改定に向けた議論続く、診療・支払両側の意見の溝は依然広く深い―中医協・薬価専門部会
2020年薬価調査結果は従前と同水準、21年度改定の実施は予算編成過程で政府が決定―中医協・薬価専門部会
2021年度の薬価改定を実施すべきか否か、中医協では診療側・支払側に大きな意見の乖離―中医協薬価部会
来年度(2021年度)の薬価改定、新型コロナ禍でどう実施すべきか―中医協総会(2)
2020年薬価調査実施とその内容を決定、2021年度改定の是非は改めて検討—中医協総会(1)・薬価専門部会
2020年度薬価調査の結論は7月にずれ込む可能性、診療側・支払側で意見の隔たり大きい—中医協・薬価専門部会
新型コロナ対応で医薬品価格交渉進まず、その中で薬価調査・薬価改定を実施すべきか―中医協総会(2)・薬価専門部会
2021年度からの毎年度薬価改定に向け、2020年度の薬価調査を実施すべきか―中医協・薬価専門部会
2020年度薬価制度改革に向けて論点整理、新薬創出等加算の企業・品目要件を一部見直しへ―中医協・薬価専門部会
市場拡大再算定や基礎的医薬品のルールを2020年度改定に向けてどう見直すべきか―中医協・薬価専門部会
先行バイオ医薬品と同一のバイオAG、苦渋の選択として「先行バイオ品の70%」とするしかない―中医協・薬価専門部会
再製造の単回使用医療機器(RSUD)、オリジナル品と別の機能区分とし、低い償還価格を―中医協、材料専門部会・薬価専門部会
長期収載品の段階的価格引き下げルール、2020年度改定で厳格化すべきか―中医協・薬価専門部会
再生医療等製品、独自の薬価算定ルールを設けるべきか―中医協・薬価専門部会
新薬の価値そのものに着目した評価を求めるメーカーに対し、中医協委員は「新薬開発の競争促進」も重要と指摘―中医協・薬価専門部会
2020年度の薬価・材料価格制度改革に向けて、中医協で本格議論スタート―中医協、薬価・材料専門部会
2020年度薬価制度改革、新薬創出等加算や後発品使用促進策などが重要テーマ―中医協・薬価専門部会
先行バイオ医薬品とまったく同一の「バイオセイム」登場、薬価の在り方など検討―中医協総会(2)



2022年度の次期診療報酬改定に向けて「入院医療」調査内容を決定、DPCデータも積極活用—中医協総会
2022年度診療報酬改定に向け、新型コロナの影響も踏まえた「入院医療」の調査内容固まる—入院医療分科会
「2020年度診療報酬改定の影響」と「新型コロナの影響」との切り分けを睨んだ入院医療の調査方針固める—中医協総会
2020年度の次期診療報酬改定に向け、看護必要度の状況など調査、新型コロナの影響をどう切り分けるか―入院医療分科会



薬価制度抜本改革案を修正、新薬創出等加算の厳格化を一部緩和―中医協薬価専門部会
新薬創出等加算の見直し、「容認できない」と製薬メーカー猛反発—中医協薬価専門部会
薬価制度抜本改革の具体案、費用対効果評価による価格引き上げも—中医協薬価専門部会
医療現場に必要不可欠な医薬品の価格下支え、対象拡大の方向―中医協・薬価専門部会
新薬の原価計算方式、診療・支払双方が改めて問題点指摘—中医協・薬価専門部会
医薬品の画期性・革新性、薬価にどう公平に反映させていくべきか—中医協・薬価専門部会
新薬創出等加算、「産業構造の転換」促すため対象企業要件を厳格化してはどうか—中医協・薬価専門部会
長期収載品から後発品への置き換え促進、新薬創出等加算などとセットで議論すべき—中医協・薬価専門部会
製薬メーカーが新薬創出等加算の継続を強く要望―中医協・薬価専門部会
後発品の薬価、現在3区分の価格帯をさらに集約していくべきか-中医協・薬価専門部会
原価計算方式における薬価算定、製薬メーカーの営業利益率などどう考えるか-中医協・薬価専門部会
薬価調査において、医療機関に対する価格調査は継続すべきか-中医協・薬価専門部会
中間年の薬価見直し、対象品目の基準(乖離率など)を事前に示しておくべきか―中医協・薬価専門部会
新薬の薬価設定で、比較対象薬(類似薬)に付加された補正加算をどう考えるべきか―中医協・薬価専門部会
材料価格制度も「皆保険の維持」や「イノベーション」目的に、2018年度に抜本改革―医療材料専門部会
薬価の外国平均価格調整、診療・支払両側から「米国価格は参照対象から除外すべき」との指摘―中医協・薬価専門部会
効能追加などで市場拡大した医薬品の薬価再算定、対象や引き下げ方法の議論開始―中医協薬価専門部会
薬価の毎年改定方針を決定、DPC点数表も毎年改定へ―厚労省



「合併で400床以上となった病院」での地域包括ケア病棟設置、調整会議の合意等を要件に認める―中医協総会(1)



骨太方針2020を閣議決定、「新型コロナ禍の医療提供体制強化」と「ポストコロナ下の社会保障改革」を推進



2019年度消費税対応改定について答申、ただし新点数・薬価等の告示時期は未定―中医協総会(1)