Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 病院ダッシュボードχ ZERO

介護療養は2024年度以降設置不可、強力に「介護医療院や医療療養などへの転換」促進を―社保審・介護給付費分科会

2022.3.17.(木)

介護療養の設置期限は再来年(2024年)3月までだが、4月以降について「未定」と考える施設が3割弱ある。早期の移行・転換を促進していく必要がある―。

介護保険の質向上を目指すデータベース「LIFE」について、有用性が認識されてきているが、「データ入力の手間が大きい」「利活用の仕方がわからない」などの課題もある。とりわけ小規模事業所について支援を促していくことが重要ではないか―。

福祉用具について「貸与」が原則となっているが、「販売・購入のほうが安く済む」との見方もあり、「福祉用具に関する保険給付の在り方」を専門家会議で議論してもらい、今夏(2022年夏)に一定の方向性を出す―。

3月17日に開催された社会保障審議会の介護給付費分科会でこういった議論が行われました。

介護療養は「2024年4月以降は存続できない」点を再確認、移行・転換促進が重要

昨年(2021年)4月に介護報酬改定が行われ、「介護人材不足を踏まえた人員基準等の緩和」や「科学的介護実現のためのLIFEデータベースの推進」「質の高い訪問看護に向けたリハビリ専門職による訪問看護の抑制」などが柱に据えられました。

●人員基準見直しなどに関する記事はこちら
●訪問看護に関する記事はこちら
●介護医療院に関する記事はこちら
●居宅介護支援に関する記事はこちら
●ADL維持等加算などに関する記事はこちら
●データベースの利活用に関する記事はこちら
●リハ・口腔・栄養等に関する記事はこちら
●処遇改善加算等に関する記事はこちら



介護報酬改定の重要目的の1つに「介護現場の課題を解決し、介護の質を向上させる」ことあることから、改定後に「改定によって課題解決が進んでいるのか」を調査・分析・検証し(効果検証調査)、その結果を次の介護報酬に改定に活かしていくことが重要です。

効果検証調査は、▼改定年度(今回は2021年度)▼改定翌年度(同22年度)▼改定翌々年度(同23年度)―の3回に分けて行われ、2021年度には次の4項目の調査が行われました(関連記事はこちらこちらこちら)。

(1)介護医療院におけるサービス提供実態等
(2)LIFE を活用した取組状況の把握、および訪問系サービス・居宅介護支援事業所における LIFE の活用可能性
(3)文書負担軽減や手続きの効率化による介護現場の業務負担軽減
(4)福祉用具貸与価格の適正化

既に調査結果は3月7日の介護報酬改定検証・研究委員会(介護給付費分科会の下部組織、以下「研究委員会」)に報告され、今般、親組織である介護給付費分科会での報告となったものです。



まず(1)の調査では「介護療養から介護医療院などへの移行・転換」に関する意識調査結果に注目が集まりました。

介護療養は2023年度を持って廃止されることから、介護医療院や医療療養などへの移行・転換を早期に進める必要がありますが、2019年度調査では「2024年3月31日時点でも12.2%が介護療養に残る、28.9%が未定」と回答していました。

今般の2021年度調査では「2024年4月1日時点では、介護療養に残るはゼロ%(廃止されるので当然の結果)、未定が27.1%」となっています。

行き先未定の介護療養は減少してきている(介護報酬改定検証・研究委員会6 220307)



この点について、研究委員会では調査責任者である今村知明委員(奈良県立医科大学教授)が「未定割合を介護療養全体に広げると80施設・2000床程度になると考えられ、『大きな問題にならないレベル』にまで減ってきている」と、やや楽観的な分析をしました(関連記事はこちら)。

しかし、今般の介護給付費分科会では▼3割弱が行先未定であり移行促進策を検討すべき(河本滋史委員:健康保険組合連合会理事、長内繁樹委員:全国市長会・豊中市長)▼2020年の介護サービス施設・事業所調査(2020年9月1日時点)では介護療養が556施設・1万9338床ある。一方、介護医療院の開設状況から類推すると、その後470施設・1万3000床程度と相当数が介護療養に残っている。残り2年で同ソフトランディングしていくかが非常に重要である(江澤和彦委員:日本医師会常任理事)―などと、やや厳し目に見る意見が目立ちました。

2024年度以降に「介護療養」として存続することは認められず、介護医療院や医療療養等に転換・移行しなければ「入所者が行き場をなくす」(そのままの入所は、ベッドが医療保険・介護保険適用とならないため、全額自己負担となってしまう)こととなるため「行先未定」施設の早期解消は必須のテーマとなります。

2021年度介護報酬改定では、厚労省が示す様式を用いて「2024年4月1日までの移行計画」を半年ごとに許可権者(市町村)に提出しない介護療養については、1日につき10%の介護報酬を減額する【移行計画未提出減算】が創設されました。利用者の今後を考えれば、すでに「様子見をしていられる」状況にはなく、自院の設備や入所者の状況を踏まえて、早急に「生活環境を整えて介護医療院に転換するのか、看護配置強化などにより医療療養に転換するのか」などを決することが必要でしょう。

厚労省も「介護療養の設置期限は決まっており、転換促進を図っていく」考えを再確認しています。

関連して長内委員は「介護療養の14.4%程度が【移行計画未提出減算】の対象であると聞く」と指摘。このデータが正しければ、「行先未定である介護医療院の半数程度が、2024年度以降について考えていない」ことになります。もし「設置期限がさらに延長されるのではないか」などと考えている介護療養があるとすれば、「誤った危険な認識である。転換・移行計画作成を急ぐ必要がある」と強く呼びかける必要があるでしょう。

LIFEの活用促進に向け、小規模事業者などへの支援(入力負担軽減など)が検討課題

また(2)のLIFEは、従前のVISIT(リハビリに関するデータベース)とCHASE(栄養や介入に関するデータベース)とを統合運用するデータベースの名称です。「介護施設・事業所がリハビリや栄養・介入などのデータを提出(登録)する」→「LIFEデータベースに各事業所・施設のデータが蓄積され、集計・解析が行われる」→「LIFEから各施設・事業所にデータ解析結果がフィードバックされる」→「各施設・事業所でフィードバック結果をもとにサービス内容の改善を行う」という流れで、介護保険事業所・施設全体のケア・サービスの質が向上していくことが期待されます。

この点、「ケアの質向上のために『非常に有益なツールである』と考える事業所が多数を占める」ことが分かりましたが、一方で「フィードバック情報の活用方法が分からない」「データ入力の手間が大きい」などの課題も少ないことが確認されています(効果検証結果の詳細に関する記事はこちら

LIFE活用事業所では、LIFEの効果を認めている(1)(介護報酬改定検証・研究委員会1 220307)

LIFE活用事業所では、LIFEの効果を認めている(2)(介護報酬改定検証・研究委員会2 220307)

LIFE活用事業所でも、データ入力の手間を感じている(介護報酬改定検証・研究委員会3 220307)

LIFEに関する訪問介護・訪問看護・ケアマネ事業所のモデル調査概要(介護報酬改定検証・研究委員会4 220307)



3月17日の分科会では、▼フィードバック情報の活用事例横展開や入力負担軽減などは2024年度の次期介護報酬改定を待たずに検討・実施できるはずで、積極的に進めてほしい(河本委員)▼個々の事業所へのフィードバックにとどまらず、LIFEのビッグデータとしての活用も検討すべき(井上隆委員:日本経済団体連合会常務理事)▼小規模事業者への支援(システム導入費補助など)を検討してほしい(及川ゆりこ委員:日本介護福祉士会会長)―などの声が出ています。

3月7日の研究委員会では「介護分野ではデータ入力・集積・解析・ケアの改善というPDCAサイクル文化が根付いていない」などの声も出ており、そうした点にも配慮した丁寧な支援・教育が重要になってきます。

介護・医療において「自院・自施設・自事業所の状況」を自前で把握することは可能ですが、「他院・他施設・他事業所の状況」を自前で知ることは極めて困難です(全国の状況となれば、事実上不可能)。

そこで、全国データベースであるLIFEにデータ提出し、フィードバックを受けることにより、「自分の組織は、よその組織を比べてどうなのか?」「自分の組織は、全体の中でどのような位置にあるのか?」を把握し、それを踏まえてケアやサービスの内容改善につなげることが極めて重要になるのです。

「うちの施設では、こうした状態の入所者・利用者に●●のケアを実施し、改善している」と自前で確認することは非常に重要です。さらに「よその施設では、同じ状態の入所者・利用者に▼▼のケアを実施し、さらに優れた改善効果を得ている」ことが分かれば、さらに一歩先に進むことができます(自施設が最も優れた効果が出ていれば、自施設のケアの正しさを科学的にも確認できる)。

LIFEへのデータ登録・活用のメリットを踏まえ、データ登録・活用がさらに広まることに期待が集まります(データ数が多くなるほど、データの信頼度が高まる)。

福祉用具、「貸与が原則」であるが「販売」にシフトしていくべきかなどを検討

ところで、介護保険サービスの1つである「福祉用具の貸与・販売」については、対象種目の拡大が順次行われてきています。安全性や有効性などを専門家会議(介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会)で審査し、保険適用の可否を判断します。

今般、以下の5件についての審査結果が報告され、4件については「提案内容が十分でなく、一般製品と比べた優越性が十分にしめされていない」ために「否」とされ、1件については「より客観的なデータ提示が求められる」として「継続審査」となったことが報告されています。

▽馬乗り型電動車イス:否
▽衝撃吸収マット(転倒→骨折を防止するための、転んだ時のみ柔らかくなるマット):否
▽誤嚥予防イス(円滑な嚥下での食事を可能にする頸部前屈位の摂食姿勢の安定、保持方式機能を搭載した摂食専用椅子):否
▽認知機能測定・ 訓練機器(トレイルメーキングテストとペグを用いて認知機能を把握し、ペグを指先で掴み指定の場所に入れることで脳を刺激し、楽しく自主訓練できる装置):否
▽入浴用補助いす(浴用椅子に付属する複数ノズルから温水シャワーを噴出し、浴槽に入ることなく温浴を可能とする用具):継続審査



また、福祉用具については「原則:貸与、一部(排泄関連など):販売」となっていますが、財政制度等審議会などでは従前より「貸与よりも販売のほうが安く済むのではないか」(長期間のレンタル料>購入費となるケースも少なくない)との指摘もなされています。

そこで厚労省では、福祉用具の利用実態を把握しながら、「福祉用具の保険給付の在り方」を検討する専門家会議(介護保険制度における福祉用具貸与・販売種目のあり方検討会)を設置。「貸与を原則とする仕組みでよいのか」「利用者・家族の意向はどうか」「保険給付の適正化に資する仕組みはどういったものか」などを検討し、今夏(2022年夏)に一定の方向性を示すことになりました。専門家会議の検討結果如何によっては「福祉用具貸与」の仕組みが大きく変わる可能性もあります。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

介護分野でも「データ収集・分析→フィードバックによる質向上」の文化醸成が必要―介護給付費分科会・研究委員会
2022年10月からの新たな【介護職員等ベースアップ等支援加算】の枠組み決定―社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定に向け「介護療養からの移行予定」や「LIFE活用状況」など詳しく調査―社保審・介護給付費分科会(2)
新たな「介護職員の処遇改善加算」で審議報告、今後の「処遇改善の在り方」で問題提起多数—社保審・介護給付費分科会(1)
「2-9月の介護職員処遇改善」補助金の詳細を明示、3月からの賃金改善などでは要件を満たさず―厚労省
2024年度の次期介護報酬改定に向け、2020・21年度の介護事業所経営状況を調査―介護事業経営調査委員会
2022年10月からの介護職員の新処遇改善加算、「2-9月の補助金」を引き継ぐ形で設計―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月の介護職員処遇改善補助の概要固まる、「基本給等の引き上げ」軸に処遇改善―社保審・介護給付費分科会
2022年10月からの介護職員処遇改善、現場の事務負担・職種間バランス・負担増などに配慮を―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月、看護職等の賃金引上げの補助を実施、10月以降は診療報酬対応も視野に入れ検討—2021年度補正予算案
2022年2月からコロナ対応病院勤務の看護職員給与を1%、介護職員の給与を3%引き上げる策を打つ―政府経済対策

看護職員や介護職員の処遇改善に向けた「報酬改定」、2022年度診療報酬はネット0.94%のマイナスに―後藤厚労相

2021年度介護報酬改定の効果検証調査、「現場の声・回答」がなければ「改善」につなげられない―介護給付費分科会
介護医療院や療養の「退所者」調査を初めて実施、LIFE利活用推進に向け伴走型モデル調査も―介護給付費分科会・研究委員会
支給限度基準額の7割以上利用(うち訪問介護6割以上)のケアマネ事業所でケアプラン点検―社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善状況や処遇改善加算の取得状況など調査、コロナ感染症による給与減など生じているか?―介護事業経営調査委員会
科学的介護の推進に向けた「LIFEデータベース」の利活用状況調査に大きな期待―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定踏まえ「介護医療院の実態」「LIFEデータベース利活用状況」など調査―介護給付費分科会・研究委員会
特定処遇改善加算の財源配分ルール柔軟化、職場環境等要件の見直しなどで介護職員処遇改善進める—社保審・介護給付費分科会(7)
リハマネ加算など大きな見直し、リハ・口腔・栄養を一体的に推進—社保審・介護給付費分科会(6)
介護施設や通所サービス等、入所者等全員のデータ提出→サービス改善を評価する【科学的介護推進体制加算】—社保審・介護給付費分科会(5)
通所介護、感染症等による利用者減対応を制度化、ADL維持等加算の点数を10倍に引き上げ—社保審・介護給付費分科会(4)
ICT導入等するケアマネ事業所の逓減制見直し・新加算創設で「質の高いケアマネジメント」目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院の長期療養機能を新加算で評価、介護療養へはディスインセンティブ設定—社保審・介護給付費分科会(2)
2021年度介護報酬改定内容を了承、訪問看護では基本報酬の引き上げや、看護体制強化加算の見直しなど—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定に向け「人員配置基準」改正を了承、サービスの質確保前提に基準緩和—社保審・介護給付費分科会
来年度(2021年度)介護報酬改定に向けた審議報告を了承、限られた人材での効率的なサービス提供目指す―社保審・介護給付費分科会
新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省

ICT活用する介護施設等で夜勤スタッフ配置緩和、感染症等で利用者急減した通所事業所の経営を下支え―社保審・介護給付費分科会(3)
グループホームの夜勤配置・個室ユニットの定員を緩和、サービスの質等担保に向け運用面で工夫―社保審・介護給付費分科会(2)
リハ職による訪問看護、【看護体制強化加算】要件で抑制するとともに、単位数等を適正化―社保審・介護給付費分科会(1)
介護サービスの人員配置緩和・感染症等対策・認知症対応など柱とする運営基準改正へ、訪問看護は戦術変更―社保審・介護給付費分科会
公正中立なケアマネジメント推進、通所サービスの大規模減算は維持するが「利用者減」に迅速に対応―社保審・介護給付費分科会(4)
ADL維持等加算を特養等にも拡大し、算定要件を改善(緩和+厳格化)―社保審・介護給付費分科会(3)
個別要介護者のみならず、事業所・施設全体での科学的介護推進を新加算で評価―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院への「移行定着支援加算」、当初期限どおり2021年3月末で終了―社保審・介護給付費分科会(1)
小多機の基本報酬見直し・加算の細分化を行い、看多機で褥瘡マネ加算等の算定可能とする―社保審・介護給付費分科会(4)
すべての生活ショートに外部医療機関・訪問看護STとの連携を求め、老健施設の医療ショートの報酬適正化―社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハを「月単位の包括基本報酬」に移行し、リハマネ加算等の体系を組み換え―社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ST、「看護師6割以上」の人員要件設け、リハ専門職による頻回訪問抑制へ―社保審・介護給付費分科会(1)
見守りセンサー等活用による夜勤スタッフ配置要件の緩和、内容や対象サービスを拡大してはどうか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護職員の【特定処遇改善加算】、算定ルールを柔軟化すべきか、経験・技能ある介護福祉士対応を重視すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
状態・栄養のCHASEデータベースを活用した取り組み、介護データ提出加算等として評価へ―社保審・介護給付費分科会(2)
【ADL維持等加算】を他サービスにも拡大し、重度者への効果的な取り組みをより手厚く評価してはどうか―社保審・介護給付費分科会(1)
老健施設「入所前」からのケアマネ事業所との連携を評価、在宅復帰機能さらに強化―社保審・介護給付費分科会(5)
介護報酬や予算活用して介護医療院への移行・転換を促進、介護療養の報酬は引き下げ―社保審・介護給付費分科会(4)
ケアマネ報酬の逓減制、事務職員配置やICT利活用など要件に緩和してはどうか―社保審・介護給付費分科会(3)
4割弱の介護事業所、【特定処遇改善加算】の算定ベース整っても賃金バランス考慮し取得せず―社保審・介護給付費分科会(2)
介護サービスの経営状況は給与費増等で悪化、2019年度収支差率は全体で2.4%に―社保審・介護給付費分科会(1)
訪問リハビリや居宅療養管理指導、実態を踏まえた精緻な評価体系を構築へ—社保審・介護給付費分科会(3)
訪問介護利用者の負担増を考慮し、「敢えて加算を取得しない」事業所が少なくない—社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーション本来の趣旨に鑑み、「スタッフの6割以上が看護職員」などの要件設定へ—社保審・介護給付費分科会(1)
生活ショート全体の看護力を強化し、一部事業所の「看護常勤配置義務」を廃すべきか—社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハの【社会参加支援加算】、クリームスキミング防止策も含めた見直しを—社保審・介護給付費分科会(2)
デイサービスとリハビリ事業所・医療機関との連携が進まない根本に、どのような課題があるのか―社保審・介護給付費分科会(1)
グループホームの「1ユニット1人夜勤」体制、安全確保のため「現状維持」求める声多数—社保審・介護給付費分科会(3)
小多機の基本報酬、要介護3・4・5を引き下げて、1・2を引き上げるべきか—社保審・介護給付費分科会(2)
介護療養の4分の1、設置根拠消滅後も介護療養を選択、利用者に不利益が生じないような移行促進が重要—社保審・介護給付費分科会(1)
介護人材の確保定着を2021年度介護報酬改定でも推進、ただし人材定着は介護事業所の経営を厳しくする―社保審・介護給付費分科会
寝たきり高齢者でもリハ等でADL改善、介護データ集積・解析し「アウトカム評価」につなげる—社保審・介護給付費分科会
介護保険施設等への外部訪問看護を認めるべきか、過疎地でのサービス確保と質の維持をどう両立するか—社保審・介護給付費分科会
特養老人ホームのユニット型をどう推進していくか、看取り・医療ニーズにどう対応すべきか―社保審・介護給付費分科会(3)
老健施設、「機能分化」や「適正な疾患治療」進めるために介護報酬をどう工夫すべきか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院の転換促進のために、【移行定着支援加算】を2021年度以降も「延長」すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
ケアマネジメントの質と事業所経営を両立するため「ケアマネ報酬の引き上げ」検討すべきでは―介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーションに「看護職割合」要件など設け、事実上の訪問リハビリステーションを是正してはどうか―介護給付費分科会(1)
介護保険の訪問看護、医療保険の訪問看護と同様に「良質なサービス提供」を十分に評価せよ―介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「ショートステイの長期利用是正」「医療機関による医療ショート実施推進」など検討―社保審・介護給付費分科会(2)
通所サービスの大規模減算を廃止すべきか、各通所サービスの機能・役割分担をどう進めるべきか—社保審・介護給付費分科会(1)
小多機や看多機、緊急ショートへの柔軟対応を可能とする方策を2021年度介護報酬改定で検討―社保審・介護給付費分科会(2)
定期巡回・随時対応サービス、依然「同一建物等居住者へのサービス提供が多い」事態をどう考えるか—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定、介護サービスのアウトカム評価、人材確保・定着策の推進が重要—社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「複数サービスを包括的・総合的に提供する」仕組みを―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「介護人材の確保定着」「アウトカム評価」などが最重要ポイントか―社保審・介護給付費分科会