Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

オンライン診療でのアフターピル処方、3週間後の産婦人科受診等の厳格要件の下で可能に―オンライン診療指針見直し検討会(2)

2019.4.3.(水)

 レイプ被害者などを救済するために、「オンライン診療でのアフターピル(緊急避妊薬)処方」を、「初診対面原則」の例外として認める。ただし、薬剤の転売や薬害などのリスクもあることから、例えば「3週間後に確実に産婦人科医を受診するよう求める」「産婦人科専門医など、高度な専門知識をもつ医師のみに限定する」「1回分のみの処方とし、調剤薬局の薬剤師が内服の事実を確認する」などの厳格な要件を設定する―。

 3月29日に開催された「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」(以下、検討会)では、こういった方針も固められました。

 具体的な要件については、今後、検討会で詰めていくことになります。

3月29日に開催された、「平成30年度 第3回 オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」

3月29日に開催された、「平成30年度 第3回 オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」

 

産婦人科学会や産婦人科医会から「厳格な要件設定」の指摘

 昨年(2018年)3月末に、スマートフォンやタブレット端末などの情報通信機器を活用したオンライン診療を、安全かつ有効に実施するための指針が取りまとめられました。▼指針は、保険診療はもとより、自由診療分野でも遵守しなければならない▼診療の原則は「患者と医師が対面して行う」ものであり、原則としてオンライン診療を初診で行うことは認められない(緊急の場合等の例外あり)▼オンライン診療は対面診療と組み合わせ、計画的に実施されなければならない▼患者にオンライン診療の限界を十分に説明し、同意を得なければならない―ことなどが規定されています(関連記事はこちらこちら))。

 この指針については、医療・医学や情報通信技術の進歩等を踏まえて「少なくとも1年に1回以上更新する」こととなっており、検討会では、2019年に「現在生じている課題(医師でない者がオンライン診療を実施している)」などに対応するための次の見直しについて議論を行っています(2019年5月改訂予定)。
 
【2019年改訂での見直し項目】
(1)指針の対象(オンライン受診勧奨・遠隔健康医療相談等の整理)
(2)オンライン診療における診療行為(「対面診療との組み合わせ」「初診対面診療原則」の見直し、予測された症状への対応、「同一医師による診療原則」の見直し)
(3)オンライン診療の提供体制(セキュリティの観点に基づく適切な通信環境の明確化、「D to P with N」(看護師による「医師が提供するオンライン診療」の補助)の明示)
(4)その他(オンライン診療を提供する場合の「研修」必修化など)
オンライン診療指針見直し検討会5 190123
 
 3月29日の検討会では、(2)の「初診対面診療」原則の見直し、(3)の「D to P with N」などについて議論を行いました。本稿では前者「初診対面診療」原則の見直しに焦点を合わせて紹介します。

スマートフォン等の画像では、▼触診ができない▼匂いなどを覚知できない―といった限界があるため、オンライン診療においては、▼初診は対面で行わなければならない▼事前の対面診療で患者の情報等を十分に収集し、医師と患者の相談に基づいてオンライン診療を実施しなければならない―などの原則が定められています。

この点、「緊急避妊(薬)」について「初診対面原則」の例外として、初診からのオンライン診療を認めるべきではないか、との要望が出ています。例えばレイプの被害者などでは心の傷が大きく、産婦人科受診すらハードルが高いことから、オンライン診療でまず医師が相談に応じて緊急避妊薬(アフターピル)を処方すると同時に、後の産婦人科受診を促してはどうか(「対面の初診を行ってからオンライン診療につなげる」という原則とは別に、「初診でオンライン診療を行ってから対面診療につなげる」という流れを例外的に認めてはどうか)という要望です。しかし、安易に初診対面原則の例外を認めれば「薬害」などが生じてしまうことにもつながります(関連記事はこちら)。

3月29日の検討会では、アフターピル処方等の実態に詳しい日本産婦人科医会および日本産科婦人科学会から、こうした点についてヒアリングを行いました。両学会ともに「安易なアフターピルの処方は好ましくない」(健康被害等につながる可能性がある)との大原則を強調した上で、レイプ被害者等を救済する必要性も勘案し、例えば▼対面診療の機会を担保する(アフターピル処方から3週間後に産婦人科医を必ず受診してもらう)▼本人がアフターピルを内服したことを、その場で確認する▼アフターピルの処方(つまりオンライン診療を行う医師)は「高度な産婦人科の専門知識を持つ」医師(産婦人科専門医や母体保護法指定医師など)に限定する―などの厳格な要件を設定した上で、オンライン診療によるアフターピル処方を認めても良いのではないか、との考えを示しました。

アフターピルを内服しても望まない妊娠を完全に防げるわけでなく(出血があっても、それが月経とは限らず、妊娠していることもある)、患者が子宮外妊娠に気づかずに重篤な事態に陥る可能性などもあることから、3週間後の産婦人科受診が必要となります。また、アフターピルの転売等を防ぐために、「内服の事実をその場で確認する」ことなどが求められるでしょう。また、すべての患者にアフターピル処方が望ましいわけではない(患者が希望したとしても)ことから、専門的知見を有する医師のみに処方を認める必要があります。

 
検討会では「レイプ等の被害女性を救済する必要がある」点を重くみて、厳格な要件設定を条件として「オンライン診療によるアフターピル処方」を「初診対面原則の例外」に位置付ける方針を固めました(指針を見直す)。

 
今後、検討会において具体的な要件設定論議を行います。

たとえば、「事後(3週間後)の産婦人科医受診」義務付けについては、オンライン診療の担当医師が、単に「では3週間後にお近くの産婦人科を受診してください」と伝えるだけでは確実な受診が担保できないでしょう。この点、日本産婦人科学会では「アフターピル処方の前提として『3週間後に産婦人科医を受診する』旨の同意書を取得する」ことを提案しています。その際には、あわせて「どの産婦人科医療機関を受診すればよいか」という情報を患者へ提供することも重要と考えられます。

 
また、アフターピルの転売防止策については、厚生労働省から▼1回分のみの処方を徹底する▼薬局で「薬剤師の眼の前での内服する」ことなどを推奨する―こととしてはどうか、との提案が行われました。オンラインで処方を行い、薬局でアフターピルが調剤されるケースが多いと考えられ、薬剤師が「服用の事実を確認する」ことが現実的と考えられます。

もっともアフターピルの在庫がある薬局(かつ夜間等も開局している薬局)は限定されるため、「アフターピル調剤が可能な薬局のリストを作成し、オンライン診療の担当医から情報提供を行う」ことなども検討する必要があるでしょう(処方箋のみが発行され、患者がどこでアフターピルを調剤してもらえるのかが把握できなければ意味がない)。

 
さらに、アフターピルをオンライン診療で処方できる医師について、▼産婦人科専門医▼母体保護法指定医―のほか、他科であっても「高度な専門研修を受講し、必要な知識を有する医師」などの要件を設定することが考えられます。

このほか厚労省は、オンライン診療でアフターピルを処方するのみではなく、利用者が犯罪被害を受けた可能性がある場合には▼最寄りの警察署への相談を促す▼未成年で虐待の疑いもある場合には児童相談所へ通報する▼カウンセリングを実施する―ことなども必要ではないか、との見解も示しています。ただし、この点について山口育子構成員(ささえあい医療人権センターCOML理事長)は、「犯罪にあったという事実を知られたくない、と考える被害者も少なくない。例えば『児童相談所へ必ず通報される』こととなれば、通報を恐れてオンライン診療の受診を躊躇してしまうことも考えられる」と指摘し、被害者の心情に配慮した慎重な検討を求めています。

 
なお、厳格な要件設定を行った場合、「初診対面原則の例外として、オンライン診療でアフターピルを処方できる医療機関・医師」が限定され、アフターピル処方を求める患者の受診アクセスが難しくなるという弊害も出てきます(さらに、あまりに厳格な要件設定を行えば、オンライン診療でのアフターピル処方が事実上不可能になってしまう)。このため、現実的な要件設定とともに、性犯罪被害者の支援団体などが「どの医療機関が、オンライン診療でアフターピル処方をしているか」などといった情報を把握し、被害者に適宜情報提供するような仕組みも検討する必要がありそうです。
 
 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

訪問看護師がオンライン診療を補助することで大きなメリットが―オンライン診療指針見直し検討会(1)
アフターピル処方、オンライン診療のみで可能とすべきか―オンライン診療指針見直し検討会
不適切なオンライン診療が頻発、まずオンライン診療指針の改善等で対応―オンライン診療指針見直し検討会

オンライン診療の実施、リスクを説明し、書面で「オンライン診療希望」の旨の確認を―厚労省
オンライン診療等の実施指針案を固まる、技術革新等踏まえて毎年改訂―厚労省検討会
オンライン診療、セキュリティ対策を十分行えばスマホ同士でも可能―厚労省検討会
オンライン診療のルール整備へ議論開始―厚労省検討会

【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算

2019年10月から、勤続10年以上の介護職員で8万円の賃金アップ―安倍内閣
2018年度診療報酬改定、効果的・効率的な「対面診療と遠隔診療の組み合わせ」を評価—安倍内閣が閣議決定

遠隔診療、必ず「直接の対面診療」を経てから実施しなければいけないわけではない—厚労省
遠隔診療の取扱い明確化し、2018年度改定でICT活用した生活習慣病管理など評価せよ―規制改革会議
混合介護のルール明確化、支払基金のレセプト審査一元化・支部の集約化を進めよ—規制改革会議
AIを活用したがん治療や、オンライン遠隔診療など「医療・介護革命」を進めよ—自民党
複数医療機関による訪問診療を認めるべきか、患者の状態に応じた在宅医療の報酬をどう考えるか—中医協(1)
かかりつけ薬剤師指導料、対象患者は高齢者や多剤処方患者に絞るべきか—中医協総会(2)
生活習慣病の重症化予防、かかりつけ医と専門医療機関・保険者と医療機関の連携を評価―中医協総会(1)
7対1・10対1入院基本料、看護配置だけでなくパフォーマンスも評価する報酬体系に―中医協総会(1)
主治医機能に加え、日常生活から在宅までを診る「かかりつけ医機能」を評価へ―中医協総会(1)
2018年度診療報酬改定に向け、臨床現場でのICTやAIの活用をどう考えるか―中医協総会(1)
2018年度改定に向けた議論早くも始まる、第1弾は在宅医療の総論―中医協総会

2018年度診療報酬改定で、オンライン診療を組み合わせた生活習慣病対策などを評価—未来投資会議

遠隔診療、「離島」「在宅酸素療法」などはあくまで例示、場合によっては初診でも可能―厚労省

 
ロボット支援手術の優越性データを集積し、2022年度の診療報酬改定での点数引き上げ目指す―外保連
エビデンスに基づき「ロボット支援手術が適した分野」と「開腹手術が適した分野」との仕分けを―外保連
ロボット支援手術の「有用性・優越性」、学会によるエビデンス構築に期待―外保連
2018年度改定で長時間麻酔管理加算、ロボット支援の対象術式を大幅に拡大せよ—外保連
同一術野に複数手術を行う場合でも、所定点数の算定を認めよ—外保連
da vinci用いた腎部分摘出術やPED法でのヘルニア治療など、診療報酬の引き上げを―外保連
2018年度診療報酬改定に向け、外保連試案を大幅に見直し『第9版』へ
2016年度改定で新設された看護必要度C項目、外保連も見直しに協力していく考え
外保連が2016年度改定の評価、外保連試案と診療報酬との間で乖離の大きな手術が増点された
緊急帝王切開術など55の術式、2016年度改定でプラスアルファの評価をすべき―外保連

ロボット支援手術、外科医の技術格差は大きく、十分な「指導」体制確立を―医科歯科大・絹笠教授
ロボット支援手術を、胃がんや肺がん、食道がんなど12術式にも拡大―中医協総会 第384回(1)

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定