Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

医師の働き方改革、細部論議の前に「根本的な議論」を改めて要請―四病協

2018.3.28.(水)

 医師の働き方改革に関して、細部の議論が進んでいるが、一度立ち止まって根本的な議論をする必要があるのではないか。医師の特殊性や、地域医療の確保などを含めた議論をする必要がある旨を四病院団体協議会でまとめ、4月中旬にも厚生労働省に要請する―。

 3月28日に開かれた四病院団体協議会の代表者会議で、こういった方針がまとまりました。同日に記者会見を行った日本病院会の相澤孝夫会長は、「病院勤務医の働き方改革が進められるのであるから、病院団体として立場を明確にする」考えを強調しています(関連記事はこちら)。

3月28日に開催された四病院団体協議会の代表者会議後に、記者会見に臨んだ日本病院会の相澤孝夫会長

3月28日に開催された四病院団体協議会の代表者会議後に、記者会見に臨んだ日本病院会の相澤孝夫会長

4月中旬にも、厚労省に対し「病院団体としての働き方改革に向けた要望書」を提出

 現在の、我が国の医療提供体制は「医師の自己犠牲」(長時間労働など)の上に成り立っていると指摘されます。これを改善・是正するために「医師の働き方改革」が議論されています。

併せて、医療機関に勤務する医師にも「罰則付きの時間外労働規制」が適用されることとなっており、応召義務などの特殊性を踏まえた「医師への規制適用の在り方」が検討されています。

具体的な検討の場として、厚生労働省に「医師の働き方改革に関する検討会」(以下、検討会)が昨年(2017年)8月に設置され、今年(2018年)2月に「中間的な論点整理」(これまでの議論を整理し、2019年3月の最終とりまとめに向けた論議の土台となるもの、関連記事はこちら)と、「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」(直ちに各医療機関で実施すべき事項、関連記事はこちら)をまとめました。

 しかし日本病院会・全日本病院協会・日本医療法人協会・日本精神科病院協会で構成される四病院団体協議会(四病協)では、「『医師の時間外労働上限をどの程度にするか』といった細部の議論が進みつつあるが、これまで明確に病院団体の意見を表明していない。一度、立ち止まり、大筋の議論ももう一度すべきではないか」との共通認識に至っています。そこで、厚労省に対し、例えば、▼一般の労働法制を医師に適用するのではなく、応召義務など医師の特殊性を踏まえた労働法制を検討すべきである▼初期研修医や専攻医など「労働もしているが、教えも受けており、両者は分離できず重なり合っている」医師については、一般の医師とは別建てで考えるべきである▼「高度プロフェッショナル制度は医師に適用しない」との前提で議論が進められているが、改めて検討すべきである―といった内容を詰め、要請していく方針が固められました。相澤・日病会長は「このまま医師の働き方改革論議が進めば、日本の医療提供体制が壊れかねない。その点を留意した議論をする必要がある」と強調。4月中旬(遅くとも4月21日より前)にも厚労省に要望書を提出する構えです(関連記事はこちら)。

 仮に医師にも、例えば一般労働者と同じ「週55時間」という時間外労働規制がそのまま適用されれば、救急医療を担う病院では多数の医師を雇用しなければなりません。しかし地方では医師確保が難しく、働き方改革によって「24時間365日の救急医療体制」を諦めなければならない地域も出てきかねません。もちろん検討会でも、こういった点は問題提起されていますが、他のテーマと混在してしまい、「十分に議論されているか」と言えば疑問も残ります。四病協の要望書は、こうした検討会論議の在り方にも一石を投じることになりそうです。

新専門医制度、「根本的な問題」を四病協で1年程度かけて議論

 また3月28日には、四病協において「専門医制度の在り方検討委員会」が正式に発足しました。

新専門医制度が2018年度から全面スタートしますが、四病協では「病院から見て、専門医制度がどうあるべきか、根本的な議論をもう一度しておく必要があるのではないか」との問題意識に立って、検討委員会を設置。1年ほどの期間をかけて議論し、中間まとめ(提言)を行う予定です。

 一方で、当面の課題もあります。相澤・日病会長は「2018年度の専攻医登録状況から、『東京一極集中』と言わざるを得ない状況が明らかになった。日本専門医機構では『東京から近隣県に医師派遣が行われ、大きな混乱はない』としているが、そのデータはない。近く2019年度の専攻医募集が始まるので、5大都市圏の専攻医定員上限などを見直していく必要など、多数の疑問があるが、そこは日本専門医機構内部で議論してもらう」旨の考えを示しており、四病協では「より根本的な、より将来を見据えた提言」を行うことになるでしょう(関連記事はこちらこちら)。

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医師の働き方改革に向け、議論の方向を再確認してもらうための提言行う—四病協
病院経営は逼迫、WAMによる「1病院10億円程度の緊急融資」創設を―四病協
新専門医制度の専攻医採用、大都市部の上限値などの情報公開を―四病協

医師偏在対策、働き方改革、医療広告規制に都道府県も協力を―厚労省・武田医政局長
医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
勤務医の時間外労働上限、病院経営や地域医療確保とのバランスも考慮―医師働き方改革検討会 第7回(2)
服薬指導や診断書の代行入力、医師でなく他職種が行うべき―医師働き方改革検討会 第7回(1)
業務移管など「勤務医の労働時間短縮策」、実施に向けた検討に着手せよ―厚労省
医師の労働時間規制、働き方を変える方向で議論深める―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の負担軽減目指し、業務移管など緊急に進めよ―医師働き方改革検討会(1)
タスク・シフティングは段階的に進める方向で議論―医師働き方改革検討会
医師の勤務実態を精緻に調べ、業務効率化方策を検討―医師働き方改革検討会
罰則付き時間外労働規制、応召義務踏まえた「医師の特例」論議スタート—医師働き方改革検討会
医師への時間外労働規制適用に向けて検討開始、診療報酬での対応も視野に—厚労省
医師も「罰則付き時間外労働の上限規制」の対象とするが、医療の特殊性も検討―働き方改革

医療・介護従事者の意思なども反映した供給体制の整備を—働き方ビジョン検討会

新専門医制度によって医師の都市部集中が「増悪」しているのか―医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、東京で専攻医多いが、近隣県を広くカバーする見込み―日本専門医機構
新専門医制度、現時点で医師偏在は助長されていない―日本専門医機構
新専門医制度、専門研修中の医師の勤務地を把握できる仕組みに―日本専門医機構
新専門医制度、専攻医の1次登録は10月10から11月15日まで—日本専門医機構
新専門医制度、都道府県協議会・厚労省・検討会で地域医療への影響を監視—医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、地域医療への影響を厚労省が確認し、問題あれば対応—塩崎厚労相
2018年度からの新専門医制度に備え、10月から専攻医の仮登録—日本専門医機構
新専門医研修プログラム、都道府県協議会で地域医療を確保する内容となっているか確認―厚労省
専門医機構、地域医療への配慮について「必ず」都道府県協議会の求めに応じよ—厚労省検討会
新整備指針の見直し、総合診療専門医の研修プログラム整備基準を決定—日本専門医機構
専門医整備指針、女性医師に配慮した柔軟な対応などを6月2日の理事会で明記—厚労省検討会
地域医療へ配慮し、国民に分かりやすい専門医制度を目指す—日本専門医機構がQ&A
専門医取得が義務でないことやカリキュラム制の設置、新整備指針の中で対応—日本専門医機構
新専門医制度、整備指針を再度見直し「専門医取得は義務でない」ことなど明記へ―厚労省検討会

新専門医制度、見直しで何が変わったのか、地域医療にどう配慮するのかを分かりやすく示す―日本専門医機構
必要な標準治療を集中的に学ぶため、初の基本領域での研修は「プログラム制」が原則―日本専門医機構
新専門医制度、東京・神奈川・愛知・大阪・福岡では、専攻医上限を過去3年平均に制限―日本専門医機構
専門医制度新整備指針、基本理念に「地域医療への十分な配慮」盛り込む―日本専門医機構
地域医療に配慮した、専門医制度の「新整備指針」案を大筋で了承―日本専門医機構
消化器内科や呼吸器外科など、基本領域とサブスペ領域が連動した研修プログラムに―日本専門医機構
総合診療専門医、2017年度は「日本専門医機構のプログラム」での募集は行わず
新専門医制度、18基本領域について地域医療への配慮状況を9月上旬までにチェック―日本専門医機構
【速報】専門医、来年はできるだけ既存プログラムで運用、新プログラムは2018年目途に一斉スタート―日本専門医機構
新専門医制度、学会が責任もって養成プログラムを作成、機構が各学会をサポート―日本専門医機構
【速報】新専門医制度、7月20日に「検討の場」、25日の総会で一定の方向示す見込み―日本専門医機構
新専門医制度、各学会がそろって同じ土俵に立ってスタートすることが望ましい―日本専門医機構・吉村新理事長
【速報】新専門医制度、日本専門医機構の吉村新理事長「7月中に方向性示す」考え

新専門医制度で地域の医師偏在が進まないよう、専門医機構・都道府県・国の3層構造で調整・是正―専門医の在り方専門委員会
新専門医制度、懸念払しょくに向けて十分な議論が必要―社保審・医療部会