Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

医師の働き方改革に向け、議論の方向を再確認してもらうための提言行う—四病協

2018.2.28.(水)

 医師の働き方改革に向けた議論が進められているが、目に見える表面の部分だけの議論や、一律に労働時間制限を行うような議論を行っていたのでは、本来目指すところと異なる方向に進んでしまう。医療機関の特性、1人1人の医師の状況を踏まえて、「ある程度の、自由に差配できる」仕組みを目指す方向で議論すべきである—。

 2月28日に開催された四病院団体協議会の総合部会で、こういった内容の提言・意見書を近くまとめる方針が固められました。総合部会後に記者会見を行った日本病院会の相澤孝夫会長は「提言・意見書を加藤勝信厚生労働大臣に提出する」考えも明らかにしています(関連記事はこちら)。

2月28日に開催された四病院団体協議会の総合部会後に、記者会見に臨んだ日本病院会の相澤孝夫会長

2月28日に開催された四病院団体協議会の総合部会後に、記者会見に臨んだ日本病院会の相澤孝夫会長

病院の事情、医師の状況など踏まえ、ある程度自由に労働時間等を差配できる仕組みを

「我が国の医療提供体制は、医師による『極めて長時間の労働』という自己犠牲の上に成り立っているが、このままでよいのか」という問題意識の下で、医師の働き方改革が必要とされています。

一方、医師にも「罰則付きの時間外労働規制」が適用されることとなりましたが、医師には応召義務が課せられるなどの特殊性があり、「医師への規制適用の在り方」を検討することが求められています。

厚生労働省は、この2点(医師の働き方改革、医師への規制適用の在り方)を議論する場として「医師の働き方改革に関する検討会」(以下、検討会)を昨年(2017年)8月に設置。検討会は2月27日に、これまでの議論を整理した「中間的な論点整理」と、各医療機関で直ちに実施すべき「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」をまとめています(関連記事はこちらこちら)。

検討会では今後、▼タスク・シフティング(他職種への業務移管)▼タスク・シェアリング(医師間での業務共同)▼女性医師支援―などの「働き方改革」、「勤務医の特性も考慮した時間外労働規制の適用方法」を議論し、来年(2019年)3月に最終取りまとめを行います。

この検討会論議に関して、日本病院会・全日本病院協会・日本医療法人協会・日本精神科病院協会で構成される四病院団体協議会(四病協)では、「今のままの方向でよいのか」と疑念を呈し、意見をまとめて近く加藤厚労相に提出する方針を2月28日の総合部会で固めました。

具体的な意見のすり合わせはこれから行われますが、相澤・日病会長は「目に見える表面の事象だけを踏まえて議論を続けてしまうと、『医師が健康被害を起こさず、かつ医療の質を担保しながら、国民に適正な医療を提供する』という本来の目的とは異なる方向に進んでしまう。国は一律のライン(労働時間上限など)を決めているが、▼個々の病院の事情▼個々の医師の状況—はさまざまであり、各病院が個別医師の状況を見て、『ある程度、自由に差配できる』仕組みに向けた議論が必要である」と、大枠の考えを述べています。

 個々の病院の事情としては、例えば「大病院か中小病院か」「救急を担っているか」「都市部の複数病院がある地域に位置するか、地方で当該病院1つで地域医療をカバーしているか」など、さまざまな点があります。

また個々の医師の状況としては、例えば「初期臨床研修医か、専門医を目指す専攻医か、専門医として独り立ちしているか」「どの診療科に所属しているか」「体力は十分か」「年齢はどの程度か」「家族構成はどうか(独身か、子どもがいるのか、親の介護などを行っているか)」など、やはりさまざまな要素があります。

四病協では、こうした事情を踏まえた「柔軟な仕組み」の創設に向けた議論を、加藤厚労相に要望・提言していく考えです。相澤・日病会長は「アメリカでは、民間の第三者機関(病院団体)が、例えば『後期研修医(専門医を目指す専攻医)は、この程度の労働時間上限を設けてはどうか』といった提言をしている」ことを紹介し、四病協がこうした提言を行う組織を目指していることが伺えます。

我が国の専門医の在り方を根本から議論するために、四病協の委員会を設置

また、四病協では、▼新たに専門医制度に関する委員会を立ち上げ、少し根本に遡って「専門医の在り方」を検討し、提言する▼これまで各団体で行っていた「診療報酬に関する調査」を合同で行う(日病・全日病・医法協の3団体合同、日精協は独自実施)―方針も固めました。

専門医制度については、2018年度からの全面新制度実施に向けて「専攻医登録」が進められていますが、四病協内部には▼外科の専攻医が1人のみという県もある(群馬県、山梨県、高知県)▼専攻医登録の状況などを日本専門医機構に問い合わせても十分な答えが返ってこない―などの点を問題視し、「現在の仕組みの手直しでは、十分な改善は無理ではないか」といった意見も出ていると言います。相澤会長は「2019年度研修に向けた研修プログラム登録などがこの5月(2018年5月)から始まるようで、そこには四病協の議論は間に合わないと思う。もう少し長期で、根本から『我が国の専門医制度の在り方』を議論することになろう」と見通しています(関連記事はこちら)。

新専門医制度の専攻医募集が開始され、12月15日に第1次分の採用状況が公表された

新専門医制度の専攻医募集が開始され、12月15日に第1次分の採用状況が公表された

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
勤務医の時間外労働上限、病院経営や地域医療確保とのバランスも考慮―医師働き方改革検討会 第7回(2)
服薬指導や診断書の代行入力、医師でなく他職種が行うべき―医師働き方改革検討会 第7回(1)
業務移管など「勤務医の労働時間短縮策」、実施に向けた検討に着手せよ―厚労省

【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
医師事務作業補助体制加算、より実効ある「負担軽減」策が要件に―中医協総会 第387回(2)
非常勤医師を組み合わせて「常勤」とみなす仕組みを拡大へ—中医協総会(2)

医師の労働時間規制、働き方を変える方向で議論深める―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の負担軽減目指し、業務移管など緊急に進めよ―医師働き方改革検討会(1)
タスク・シフティングは段階的に進める方向で議論―医師働き方改革検討会
医師の勤務実態を精緻に調べ、業務効率化方策を検討―医師働き方改革検討会
罰則付き時間外労働規制、応召義務踏まえた「医師の特例」論議スタート—医師働き方改革検討会
医師への時間外労働規制適用に向けて検討開始、診療報酬での対応も視野に—厚労省
医師も「罰則付き時間外労働の上限規制」の対象とするが、医療の特殊性も検討―働き方改革

医療・介護従事者の意思なども反映した供給体制の整備を—働き方ビジョン検討会

病院経営は逼迫、WAMによる「1病院10億円程度の緊急融資」創設を―四病協
新専門医制度の専攻医採用、大都市部の上限値などの情報公開を―四病協

新専門医制度、現時点で医師偏在は助長されていない―日本専門医機構
新専門医制度、専門研修中の医師の勤務地を把握できる仕組みに―日本専門医機構
新専門医制度、専攻医の1次登録は10月10から11月15日まで—日本専門医機構
新専門医制度、都道府県協議会・厚労省・検討会で地域医療への影響を監視—医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、地域医療への影響を厚労省が確認し、問題あれば対応—塩崎厚労相
2018年度からの新専門医制度に備え、10月から専攻医の仮登録—日本専門医機構
新専門医研修プログラム、都道府県協議会で地域医療を確保する内容となっているか確認―厚労省
専門医機構、地域医療への配慮について「必ず」都道府県協議会の求めに応じよ—厚労省検討会
新整備指針の見直し、総合診療専門医の研修プログラム整備基準を決定—日本専門医機構
専門医整備指針、女性医師に配慮した柔軟な対応などを6月2日の理事会で明記—厚労省検討会
地域医療へ配慮し、国民に分かりやすい専門医制度を目指す—日本専門医機構がQ&A
専門医取得が義務でないことやカリキュラム制の設置、新整備指針の中で対応—日本専門医機構
新専門医制度、整備指針を再度見直し「専門医取得は義務でない」ことなど明記へ―厚労省検討会

新専門医制度、見直しで何が変わったのか、地域医療にどう配慮するのかを分かりやすく示す―日本専門医機構
必要な標準治療を集中的に学ぶため、初の基本領域での研修は「プログラム制」が原則―日本専門医機構
新専門医制度、東京・神奈川・愛知・大阪・福岡では、専攻医上限を過去3年平均に制限―日本専門医機構
専門医制度新整備指針、基本理念に「地域医療への十分な配慮」盛り込む―日本専門医機構
地域医療に配慮した、専門医制度の「新整備指針」案を大筋で了承―日本専門医機構
消化器内科や呼吸器外科など、基本領域とサブスペ領域が連動した研修プログラムに―日本専門医機構
総合診療専門医、2017年度は「日本専門医機構のプログラム」での募集は行わず
新専門医制度、18基本領域について地域医療への配慮状況を9月上旬までにチェック―日本専門医機構
【速報】専門医、来年はできるだけ既存プログラムで運用、新プログラムは2018年目途に一斉スタート―日本専門医機構
新専門医制度、学会が責任もって養成プログラムを作成、機構が各学会をサポート―日本専門医機構
【速報】新専門医制度、7月20日に「検討の場」、25日の総会で一定の方向示す見込み―日本専門医機構
新専門医制度、各学会がそろって同じ土俵に立ってスタートすることが望ましい―日本専門医機構・吉村新理事長
【速報】新専門医制度、日本専門医機構の吉村新理事長「7月中に方向性示す」考え

新専門医制度で地域の医師偏在が進まないよう、専門医機構・都道府県・国の3層構造で調整・是正―専門医の在り方専門委員会
新専門医制度、懸念払しょくに向けて十分な議論が必要―社保審・医療部会