Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 医療崩壊の真実

2022薬価改定、新規後発品の価格設定ルール・原価計算方式の在り方・イノベーション評価などが重要論点―中医協・薬価専門部会

2021.4.21.(水)

2022年度に予定される「薬価改定」においては、▼新規後発品の薬価算定ルール▼基礎的医薬品の薬価▼診療報酬がない年(いわゆる中間年)の薬価改定の在り方▼原価計算方式における「原価開示」を進める方法▼イノベーションの適切な評価—などを論点に据え、今後、業界ヒアリングなども行いながら議論していく―。

4月21日に開催された中央社会保険医療協議会の薬価専門部会において、こうした方向が固められました。委員や薬価算定組織(中医協の下部組織)からも、今後、新たな論点が提示されると見られ、それらも含めて議論が進められていきます(関連記事は こちら)。

支払側は「2021年度薬価改定」は中間年改定の前例にすべきでないと指摘

2022年度には、診療報酬改定とセットで実施される、いわゆる「通常の薬価改定」が行われます。4月21日の中医協では、▼検討課題▼進め方—を整理したキックオフ議論を行いました。

「国民皆保険制度の維持とイノベーションの評価を両立させる」ことを目指す薬価制度抜本改革を継続していくことはもちろん、2018年度の通常薬価改定・2019年度の消費税対応改定・2020年度の通常薬価改定・2021年度の中間年改定と「薬価の引き下げ」が連続して行われている中で「製薬メーカーや卸業者、医療機関等の経営」にも配慮が必要となります。さらに、現下の新型コロナウイルス感染症が流行する中では「国内メーカーでのワクチン開発・製造」にも期待が集まりますが、思うように進んでいません。我が国の薬価制度が、ワクチン開発の遅れに関係しているのか、いないのかを含めた検討も必要でしょう。こうした点を総合的に考慮して「2022年度の薬価制度改革」を検討していくことになります。

まず検討課題について、厚生労働省保険局医療課の紀平哲也薬剤管理官は次のようなテーマを例示し、「関係業界や薬価算定組織からの意見聴取も行いつつ、検討 項目を整理した上で、議論を深める」考えを提示しました。

(1)2020年度・2021年度の薬価改定の骨子に記載されている事項(いわば「宿題」事項、関連記事はこちら

▽新規後発品の薬価算定
▽基礎的医薬品の薬価改定
▽診療報酬改定がない年の薬価改定の在り方

2020年度・2021年度の薬価改定の骨子に記載されている事項(中医協・薬価専門部会1 210421)



(2)これまでに問題提起された事項等
▽原価計算方式の在り方(開示を高める方法)
▽イノベーションの適切な評価
▽改革工程表2020の記載事項(例えば、▼新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象品目を比較薬とする場合の薬価算定の見直し▼長期収載品の段階的な価格引下げまでの期間の在り方など)

これまでに問題提起された事項等(中医協・薬価専門部会2 210421)



(3)その他(関係業界、薬価算定組織からの提起事項)



こうした提案内容に異論は出ていません。今後、業界ヒアリング等を経て、薬価制度改革論議が年末にかけて煮詰められていきます。

2022年度の次期診療報酬改定に向けた中医協スケジュール(中医協総会(1) 210414)



なお、支払側の安藤伸樹委員(全国健康保険協会理事長)と幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)から、例えば次のような「細部の論点」に関する意見も出ています。診療側委員は「キックオフ会合ゆえに個別論点にはあえて言及しなかった」わけですが、今後、議論を進める中では「支払側委員への反論」を含めた意見が診療側委員からも出てきます(調整幅については松本吉郎委員(日本医師会常任理事)が「支払側と反対に、むしろ引き上げを検討すべき」と反論している)。

▽新規後発品の薬価算定について
▼現在の「0.5または0.4掛け」(通常の新規後発品は先発品薬価の0.5掛け、10品目以上ある内用薬の倍には0.4掛けに設定する)ルールの妥当性などを検証すべき(幸野委員)

▽診療報酬改定がない年(いわゆる中間年)の薬価改定の在り方について(関連記事は こちら
▼2021年度の中間年改定は「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた例外的なもの」であり、これを前例とはせずに、2023年度以降は「国民負担軽減」の観点を重視した改めての議論が必要である(安藤委員)
▼通常改定と中間年改定とを分ける必要はなく、「新薬創出等加算の累積控除」などの政策改定も毎年度実施すべきでる(幸野委員)

▽原価計算方式の在り方について
▼超高額な再生医療等製品における償還価格設定ルールの在り方や費用対効果評価との考え方とも絡めて検討すべき。薬価専門部会の下にワーキンググループを設置して改革素案を議論してはどうか(安藤委員)
▼営業利益率が一般製造業に比べ、また新型コロナウイルス感染症が流行する中では高すぎる(現在「上場企業上位30社平均」の14.8%に設定されている)ので見直すべきである(幸野委員)

▽イノベーションの適切な評価
▼新薬創出等加算における企業要件では「絶対評価から相対評価への見直し」を行うべきである(幸野委員)

▽改革工程表2020の記載事項について
▼類似薬効比較方式において、類似薬が新薬創出等加算の対象品目である場合、最終的には「加算部分をはがして新薬の薬価設定を行う」べきである(2020年度改定では、「保険適用後3回の薬価改定までに効能効果追加等で新薬創出等加算の対象とならなかった品目(類似薬効比較方式(I)で比較品目が加算対象であったもの)では、保険適用時点で比較薬の累積加算分を控除する」仕組みが設けられた)(幸野委員)
▼特許が切れた長期収載品について、より速やかに「薬価の段階的引き下げ」などを適用すべき(現在は後発品登場から10年経過して初めて段階的引き下げが発動される)(幸野委員)

▽その他
▼薬価改定において、現在は「乖離率」を引き下げの指標としているが、高額医薬品については「乖離額」も引き下げ指標に追加すべき(幸野委員)
▼調整幅(R幅)について、20年間「2%」に据え置かれているが、引き下げを検討すべき(安藤委員、幸野委員)
▼再生医療等製品について、新ルール設定などの根本的な議論は「事例を積み重ねてから」となるであろうが、個々のルール適用にあたって「改善」を検討していくべき(幸野委員)
▼補正加算の在り方について、例えば発作性夜間ヘモグロビン尿症等治療薬の「ユルトミリス」について、薬価専門組織では「投与間隔の延長は、患者のQOL向上に資する」と判断されたが、費用対効果評価専門組織では「QOL向上に資するというデータが確認できない」と判断された。加算の妥当性を検討していくべきである(幸野委員)
脊髄性筋萎縮症の治療薬「ゾルゲンスマ点滴静注」では、「先駆け審査指定加算」が付されたことも手伝い「患者1人当たり1億6707万円7222円」という極めて高額な薬価が設定されたが、「PMDAの相談制」などを活用せず、保険適用に時間がかかった。加算適用の妥当性などを検証すべき(幸野委員)



また幸野委員は「後発医薬品メーカーの一連の不祥事により、国民の後発品への信頼が大きく揺らいでいる。信頼の早期回復に向けて品質確保・安定供給に関する見える化も重要論点になる」と訴えています。

医療技術の高度化(例えば脊髄性筋萎縮症の治療薬「ゾルゲンスマ点滴静注」(1億6707万円)白血病等治療薬「キムリア」(3350万円)といった超高額薬剤の保険適用など)が進み、医療費の増加を招く中では、「後発品の使用促進」などの医療費適正化を進める必要があります。しかし、一部メーカーの製造販売していた後発品について「品質に大きな問題がある」ことが判明しています。今後、どのように「信頼回復」を図っていくのか、中医協論議や後発品メーカーの動きに注目する必要があります。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

2022年度診療報酬改定論議、コロナ感染症の影響など見据え7・8月に論点整理―中医協総会(1)
白血病等治療薬のキムリア、費用対効果評価に基づく薬価を「3264万円」に引き下げ―中医協総会(2)

後発医薬品の信頼回復が急務、「後発品業界の再編」検討する時期―中医協総会(1)

2021年度に初の中間年度「薬価改定」、市場実勢価格連動ルールのみ適用するなどの骨子了承―中医協総会(2)
新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省
2021年度薬価改定の対象、診療側は乖離率16%以上品目に限定せよ、支払側は8%以下品目にも広げよと提案―中医協・薬価専門部会
2021年度薬価改定に向けた議論続く、診療・支払両側の意見の溝は依然広く深い―中医協・薬価専門部会
2020年薬価調査結果は従前と同水準、21年度改定の実施は予算編成過程で政府が決定―中医協・薬価専門部会
2021年度の薬価改定を実施すべきか否か、中医協では診療側・支払側に大きな意見の乖離―中医協薬価部会
来年度(2021年度)の薬価改定、新型コロナ禍でどう実施すべきか―中医協総会(2)
2020年薬価調査実施とその内容を決定、2021年度改定の是非は改めて検討—中医協総会(1)・薬価専門部会
2020年度薬価調査の結論は7月にずれ込む可能性、診療側・支払側で意見の隔たり大きい—中医協・薬価専門部会
新型コロナ対応で医薬品価格交渉進まず、その中で薬価調査・薬価改定を実施すべきか―中医協総会(2)・薬価専門部会
2021年度からの毎年度薬価改定に向け、2020年度の薬価調査を実施すべきか―中医協・薬価専門部会
2020年度薬価制度改革に向けて論点整理、新薬創出等加算の企業・品目要件を一部見直しへ―中医協・薬価専門部会
市場拡大再算定や基礎的医薬品のルールを2020年度改定に向けてどう見直すべきか―中医協・薬価専門部会
先行バイオ医薬品と同一のバイオAG、苦渋の選択として「先行バイオ品の70%」とするしかない―中医協・薬価専門部会
再製造の単回使用医療機器(RSUD)、オリジナル品と別の機能区分とし、低い償還価格を―中医協、材料専門部会・薬価専門部会
長期収載品の段階的価格引き下げルール、2020年度改定で厳格化すべきか―中医協・薬価専門部会
再生医療等製品、独自の薬価算定ルールを設けるべきか―中医協・薬価専門部会
新薬の価値そのものに着目した評価を求めるメーカーに対し、中医協委員は「新薬開発の競争促進」も重要と指摘―中医協・薬価専門部会
2020年度の薬価・材料価格制度改革に向けて、中医協で本格議論スタート―中医協、薬価・材料専門部会
2020年度薬価制度改革、新薬創出等加算や後発品使用促進策などが重要テーマ―中医協・薬価専門部会
先行バイオ医薬品とまったく同一の「バイオセイム」登場、薬価の在り方など検討―中医協総会(2)



2022年度の次期診療報酬改定に向けて「入院医療」調査内容を決定、DPCデータも積極活用—中医協総会
2022年度診療報酬改定に向け、新型コロナの影響も踏まえた「入院医療」の調査内容固まる—入院医療分科会
「2020年度診療報酬改定の影響」と「新型コロナの影響」との切り分けを睨んだ入院医療の調査方針固める—中医協総会
2020年度の次期診療報酬改定に向け、看護必要度の状況など調査、新型コロナの影響をどう切り分けるか―入院医療分科会



薬価制度抜本改革案を修正、新薬創出等加算の厳格化を一部緩和―中医協薬価専門部会
新薬創出等加算の見直し、「容認できない」と製薬メーカー猛反発—中医協薬価専門部会
薬価制度抜本改革の具体案、費用対効果評価による価格引き上げも—中医協薬価専門部会
医療現場に必要不可欠な医薬品の価格下支え、対象拡大の方向―中医協・薬価専門部会
新薬の原価計算方式、診療・支払双方が改めて問題点指摘—中医協・薬価専門部会
医薬品の画期性・革新性、薬価にどう公平に反映させていくべきか—中医協・薬価専門部会
新薬創出等加算、「産業構造の転換」促すため対象企業要件を厳格化してはどうか—中医協・薬価専門部会
長期収載品から後発品への置き換え促進、新薬創出等加算などとセットで議論すべき—中医協・薬価専門部会
製薬メーカーが新薬創出等加算の継続を強く要望―中医協・薬価専門部会
後発品の薬価、現在3区分の価格帯をさらに集約していくべきか-中医協・薬価専門部会
原価計算方式における薬価算定、製薬メーカーの営業利益率などどう考えるか-中医協・薬価専門部会
薬価調査において、医療機関に対する価格調査は継続すべきか-中医協・薬価専門部会
中間年の薬価見直し、対象品目の基準(乖離率など)を事前に示しておくべきか―中医協・薬価専門部会
新薬の薬価設定で、比較対象薬(類似薬)に付加された補正加算をどう考えるべきか―中医協・薬価専門部会
材料価格制度も「皆保険の維持」や「イノベーション」目的に、2018年度に抜本改革―医療材料専門部会
薬価の外国平均価格調整、診療・支払両側から「米国価格は参照対象から除外すべき」との指摘―中医協・薬価専門部会
効能追加などで市場拡大した医薬品の薬価再算定、対象や引き下げ方法の議論開始―中医協薬価専門部会
薬価の毎年改定方針を決定、DPC点数表も毎年改定へ―厚労省



「合併で400床以上となった病院」での地域包括ケア病棟設置、調整会議の合意等を要件に認める―中医協総会(1)



骨太方針2020を閣議決定、「新型コロナ禍の医療提供体制強化」と「ポストコロナ下の社会保障改革」を推進



2019年度消費税対応改定について答申、ただし新点数・薬価等の告示時期は未定―中医協総会(1)