Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 病院ダッシュボードχ ZERO

介護人材の確保が今後の最重要検討課題!介護助手は有益だが、成り手確保に苦労する地域もある!—社保審・介護保険部会

2022.10.17.(月)

今後の介護提供体制を考えるうえで最大の課題である「介護人材の確保」に関しては、これまでの諸施策(処遇改善や負担軽減など)の効果検証を行ったうえで、さらに推進していくべきである—。

介護現場の負担軽減の1つとして「介護助手」に注目が集まるが、地域によっては「介護助手の成り手」確保にそもそも苦労するところもある。業務の外部委託も含めて考えていくべきである—。

介護事業所・施設の大規模化・集約化も、介護負担軽減に向けた重要テーマである。ボトルネックを明らかにし、対策を練っていく必要がある—。

10月17日に開催された社会保障審議会・介護保険部会において、こうした議論が行われました。

これまでの介護人材確保策の効果検証を行ったうえで推進を

介護保険制度は「3年を1期」とする計画(市町村による介護保険事業計画、都道府県による介護保険事業支援計画)に沿って、サービスの確保や保険料の設定が行われます。2024年度から新たな計画期間がスタートするため、介護保険部会では必要な見直し論議を精力的に進めており、最重要論点の1つとして「介護人材の確保」があげられます。

ついに今年度(2022年度)から団塊世代が75歳以上の後期高齢者となりはじめ、2025年度には全員が後期高齢者となります。その後も高齢者割合は維持されるため、今後「介護ニーズが急増していく」ことは確実です。このニーズに対応するために、厚労省の試算では、2040年度には現在よりも69万人多い「280万人」の介護人材が必要とされています。一方で少子化が進展しており、2025年度から40年度にかけて「高齢者を支える現役世代人口」が激減していくことも分かっています。このため「どのように介護人材を確保し、定着を図っていくか」が極めて重要なテーマとなり、介護保険部会などでも熱のこもった議論が繰り広げられています(関連記事はこちら)。

介護人材の必要性試算(介護保険部会2 220324)



この「介護人材の確保」に関しては、岸田文雄内閣総理大臣が議長を務める「全世代型社会保障構築会議」でも重視されています(内閣官房のサイトはこちら)。

10月17日の介護保険部会では、こうした状況を踏まえた次のような論点が厚生労働省老健局総務課の林俊宏課長から提示されました。

【総合的な介護人材確保】
▽多様な人材の更なる参入に向けた方策
▽介護福祉士を介護職グループリーダーとして育成するための方策
▽多様な年齢層・他業種の人向けに、介護職に関心をもってもらうための方策
▽外国人介護人材に対し、引き続き受け入れ・定着を促しながら介護福祉士の資格取得を支援等する方策

【地域における生産性向上の推進体制の整備】
▽介護現場の生産性向上の推進に関して、地方公共団体を中心に一層取り組んでもらうための方策(地方公共団体の役割を法令上明確化することも含め)

【施設や在宅におけるテクノロジー活用】
▽施設や在宅サービスを含めたテクノロジーの一層の普及・活用に向けた方策

【介護現場のタスクシェア・タスクシフティング】
▽介護現場における業務の明確化と役割分担を進め、いわゆる介護助手に、現場の担い手の一員として存分にその役割を果たしてもらうための方策

【経営の大規模化・協働化等】
▽地域の実情等を踏まえた経営の大規模化・協働化の推進方策
▽社会福祉連携推進法人制度の普及・活用に向けた方策(本年(2022年)10月17時点で全国で4法人)
▽各サービスにおける「管理者等の常駐」等について、利用者のサービスに直接関わらない業務でテレワーク等の取扱いを明示するなどの必要な検討



このうち「介護人材の確保」に関しては、これまでにも▼処遇を改善する▼介護職の魅力をアピールする、介護職のやりがいを高める▼現場負担を軽減する—などの諸施策が総合的に一体的に推進されてきており、「さらに推進していく」方向に異論は出ていません。

ただし、佐藤主光委員(一橋大学国際・公共政策大学院、大学院経済学研究科教授)や座小田孝安委員(民間介護事業推進委員会代表委員)、吉森俊和委員(全国健康保険協会理事)、河本滋史委員(健康保険組合連合会専務理事)、江澤和彦委員(日本医師会常任理事)ら多くの委員が「これまで打ってきた施策の効果検証を十分に行うべき」との要請が改めて出ています(関連記事はこちら)。とりわけ佐藤委員は「好事例の横展開も重要であるが、例えば助成・支援制度を設けても申請してこない事業所では何がハードルになっているのか?地域性はあるのか?などを詳しく分析することが重要」と訴えています。また江澤委員は「事業所でなく、1人1人のスタッフを対象にヒアリングを行うことが必要」とも提案しています。施策が効果を生むまでには一定の時間がかかり、またその効果は時間とともに変化していくことから「短期はもちろん、中長期的に、継続して調査を行う」ことが重要となります。

介護福祉士トップが年収700万円・800万円を得られるような抜本的な処遇改善を

また染川朗委員(UAゼンセン日本介護クラフトユニオン会長)や小林司委員(日本労働組合総連合会総合政策局生活福祉局長)は「抜本的な処遇改善」の必要性を強く訴えています。介護現場スタッフの年齢構成を見ると「中高年、高齢者が多く、若者は少ない」状況です。つまり、今後、多くのシェアを占める中高年・高齢のスタッフが「定年」を迎え、介護人材不足はますます深刻になっていくと考えられるのです。染川委員は「若者が介護職を安定した職業として選択できる」ような抜本的な処遇改善が必要と訴えています。

これに関連して東憲太郎委員(全国老人保健施設協会会長)は「高いレベルの知識・技術を持つ介護福祉士、言わば『トップ・オブ・介護福祉士』を認定し、そこに処遇改善加算を特別付与することで、年収700万円・800万円を得られるような仕組み」を検討するよう要請しています。

介護助手の活用による役割分担が重要だが、「介護助手の成り手」を確保できるのか

また、介護現場の負担を軽減するために「介護助手」に注目が集まっています。地域の元気高齢者やボランティアスタッフに、一定の研修を受けてもらったうえで、介護現場の間接業務を担ってもらうイメージです。これにより「介護職は直接介護業務に集中する」「介護助手が間接業務を担う」という役割分担が可能となり、サービスの質向上にもつながると東委員は強調しています。

この「介護助手」の活用に反対する意見はなく、積極的に進めていく方向が確認されていますが、橋本康子委員(日本慢性期医療協会会長)は「果たして地域で介護助手のなり手を確保できるのだろうか?」と疑問を投げかけます。また「介護助手」が、介護保険制度・介護報酬の中でどのような位置付けになるのかという疑問を持つ委員も少なくありません。厚労省老健局高齢者支援課の須藤明彦課長も「非常に重要な視点である」とし、まず「介護助手に関する実態調査」(現在実施中)を行ったうえで、2024年度の次期介護報酬改定に向けて、主に社会保障審議会・介護給付費分科会で議論が進められることになりそうです。この点、杉浦裕之委員(全国町村会行政委員・東京都瑞穂町長)も「小規模な町村では人手がそもそも足りていない」と、橋本委員と同様の問題点を指摘しています。

介護分野生産性向上GLより(介護保険部会4 220725)

介護事業所・施設の大規模化・集約化、ボトルネックはどこにあるのか

他方、大規模化・集約化は、例えば「総務・経理機能などを集約することで効率的な事業所・施設運用が可能になる」「介護スタッフの増加により、個々のスタッフの業務負担が軽減できる」などのメリットが指摘されますが、なかなか進みません。例えば、複数の社会福祉法人が連携し、トップ(理事長など)で構成される上部組織(いわばホールディングカンパニー)で地域連携の方針を立てて運営していく「社会福祉連携推進法人制度」が本年(2022年)4月からスタートしていますが、まだ4法人の設立にとどまっています。

この点についても佐藤委員らの指摘するように「ボトルネック」を明らかにし、対策を練っていくことが重要でしょう。関連して、介護サービスの質確保を前提とした「規制緩和」を進めていくことも重要です。

社会福祉連携推進法人の概要(介護保険部会5 220725)



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

ケアマネ自己負担、軽度者サービスの地域支援事業への移行など「給付と負担の見直し」で賛否両論—社保審・介護保険部会
認知症初期集中支援チーム、実態把握のうえで「役割、在り方の再検討」を行う時期に来ている—社保審・介護保険部会
介護ニーズとサービス量の齟齬解消に向け「エリア外の介護サービス利用」を柔軟に認めるなどの工夫をしてはどうか—社保審・介護保険部会
処遇改善やICT活用等の諸施策が「介護人材の確保・定着」にどれだけ効果を生んでいるのか検証を—社保審・介護保険部会

見守り機器や介護ロボ、介護助手等導入による「介護現場の生産性向上」効果を検証—社保審・介護給付費分科会

介護人材確保、医療介護連携や認知症対策の推進などが介護保険改革の重要な柱と再確認—社保審・介護保険部会
地域包括ケアシステムの進化・推進に当たって、基盤となる「人材の育成・確保」が最重要課題—社保審・介護保険部会
2024年度からの第9期介護保険計画に向けた議論開始、人材確保と持続可能性確保が重要論点―社保審・介護保険部会



2022年の規制改革実施計画を閣議決定、介護施設等の人員配置緩和、特養への在宅医療推進など進めよ

「介護職員の処遇改善」加算取得促進に向けた支援を!介護業務の魅力等向上も重要―社保審・介護給付費分科会
2024年度からの第9期介護保険計画に向けた議論開始、人材確保と持続可能性確保が重要論点―社保審・介護保険部会
2021年9月、特定処遇改善加算の取得進む、勤続10年以上介護福祉士の給与が35万円台に乗る―介護事業経営調査委員会
介護療養は2024年度以降設置不可、強力に「介護医療院や医療療養などへの転換」促進を―社保審・介護給付費分科会
介護分野でも「データ収集・分析→フィードバックによる質向上」の文化醸成が必要―介護給付費分科会・研究委員会
2022年10月からの新たな【介護職員等ベースアップ等支援加算】の枠組み決定―社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定に向け「介護療養からの移行予定」や「LIFE活用状況」など詳しく調査―社保審・介護給付費分科会(2)
新たな「介護職員の処遇改善加算」で審議報告、今後の「処遇改善の在り方」で問題提起多数—社保審・介護給付費分科会(1)
「2-9月の介護職員処遇改善」補助金の詳細を明示、3月からの賃金改善などでは要件を満たさず―厚労省
2024年度の次期介護報酬改定に向け、2020・21年度の介護事業所経営状況を調査―介護事業経営調査委員会
2022年10月からの介護職員の新処遇改善加算、「2-9月の補助金」を引き継ぐ形で設計―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月の介護職員処遇改善補助の概要固まる、「基本給等の引き上げ」軸に処遇改善―社保審・介護給付費分科会
2022年10月からの介護職員処遇改善、現場の事務負担・職種間バランス・負担増などに配慮を―社保審・介護給付費分科会
2022年2-9月、看護職等の賃金引上げの補助を実施、10月以降は診療報酬対応も視野に入れ検討—2021年度補正予算案
2022年2月からコロナ対応病院勤務の看護職員給与を1%、介護職員の給与を3%引き上げる策を打つ―政府経済対策

看護職員や介護職員の処遇改善に向けた「報酬改定」、2022年度診療報酬はネット0.94%のマイナスに―後藤厚労相

2021年度介護報酬改定の効果検証調査、「現場の声・回答」がなければ「改善」につなげられない―介護給付費分科会
介護医療院や療養の「退所者」調査を初めて実施、LIFE利活用推進に向け伴走型モデル調査も―介護給付費分科会・研究委員会
支給限度基準額の7割以上利用(うち訪問介護6割以上)のケアマネ事業所でケアプラン点検―社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善状況や処遇改善加算の取得状況など調査、コロナ感染症による給与減など生じているか?―介護事業経営調査委員会
科学的介護の推進に向けた「LIFEデータベース」の利活用状況調査に大きな期待―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定踏まえ「介護医療院の実態」「LIFEデータベース利活用状況」など調査―介護給付費分科会・研究委員会
特定処遇改善加算の財源配分ルール柔軟化、職場環境等要件の見直しなどで介護職員処遇改善進める—社保審・介護給付費分科会(7)
リハマネ加算など大きな見直し、リハ・口腔・栄養を一体的に推進—社保審・介護給付費分科会(6)
介護施設や通所サービス等、入所者等全員のデータ提出→サービス改善を評価する【科学的介護推進体制加算】—社保審・介護給付費分科会(5)
通所介護、感染症等による利用者減対応を制度化、ADL維持等加算の点数を10倍に引き上げ—社保審・介護給付費分科会(4)
ICT導入等するケアマネ事業所の逓減制見直し・新加算創設で「質の高いケアマネジメント」目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院の長期療養機能を新加算で評価、介護療養へはディスインセンティブ設定—社保審・介護給付費分科会(2)
2021年度介護報酬改定内容を了承、訪問看護では基本報酬の引き上げや、看護体制強化加算の見直しなど—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定に向け「人員配置基準」改正を了承、サービスの質確保前提に基準緩和—社保審・介護給付費分科会
来年度(2021年度)介護報酬改定に向けた審議報告を了承、限られた人材での効率的なサービス提供目指す―社保審・介護給付費分科会
新型コロナ対策をとる医療機関を広範に支援する新臨時特例措置、介護報酬0.7%プラス改定、中間年度薬価改定など決定―厚労省

ICT活用する介護施設等で夜勤スタッフ配置緩和、感染症等で利用者急減した通所事業所の経営を下支え―社保審・介護給付費分科会(3)
グループホームの夜勤配置・個室ユニットの定員を緩和、サービスの質等担保に向け運用面で工夫―社保審・介護給付費分科会(2)
リハ職による訪問看護、【看護体制強化加算】要件で抑制するとともに、単位数等を適正化―社保審・介護給付費分科会(1)
介護サービスの人員配置緩和・感染症等対策・認知症対応など柱とする運営基準改正へ、訪問看護は戦術変更―社保審・介護給付費分科会
公正中立なケアマネジメント推進、通所サービスの大規模減算は維持するが「利用者減」に迅速に対応―社保審・介護給付費分科会(4)
ADL維持等加算を特養等にも拡大し、算定要件を改善(緩和+厳格化)―社保審・介護給付費分科会(3)
個別要介護者のみならず、事業所・施設全体での科学的介護推進を新加算で評価―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院への「移行定着支援加算」、当初期限どおり2021年3月末で終了―社保審・介護給付費分科会(1)
小多機の基本報酬見直し・加算の細分化を行い、看多機で褥瘡マネ加算等の算定可能とする―社保審・介護給付費分科会(4)
すべての生活ショートに外部医療機関・訪問看護STとの連携を求め、老健施設の医療ショートの報酬適正化―社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハを「月単位の包括基本報酬」に移行し、リハマネ加算等の体系を組み換え―社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ST、「看護師6割以上」の人員要件設け、リハ専門職による頻回訪問抑制へ―社保審・介護給付費分科会(1)
見守りセンサー等活用による夜勤スタッフ配置要件の緩和、内容や対象サービスを拡大してはどうか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護職員の【特定処遇改善加算】、算定ルールを柔軟化すべきか、経験・技能ある介護福祉士対応を重視すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
状態・栄養のCHASEデータベースを活用した取り組み、介護データ提出加算等として評価へ―社保審・介護給付費分科会(2)
【ADL維持等加算】を他サービスにも拡大し、重度者への効果的な取り組みをより手厚く評価してはどうか―社保審・介護給付費分科会(1)
老健施設「入所前」からのケアマネ事業所との連携を評価、在宅復帰機能さらに強化―社保審・介護給付費分科会(5)
介護報酬や予算活用して介護医療院への移行・転換を促進、介護療養の報酬は引き下げ―社保審・介護給付費分科会(4)
ケアマネ報酬の逓減制、事務職員配置やICT利活用など要件に緩和してはどうか―社保審・介護給付費分科会(3)
4割弱の介護事業所、【特定処遇改善加算】の算定ベース整っても賃金バランス考慮し取得せず―社保審・介護給付費分科会(2)
介護サービスの経営状況は給与費増等で悪化、2019年度収支差率は全体で2.4%に―社保審・介護給付費分科会(1)
訪問リハビリや居宅療養管理指導、実態を踏まえた精緻な評価体系を構築へ—社保審・介護給付費分科会(3)
訪問介護利用者の負担増を考慮し、「敢えて加算を取得しない」事業所が少なくない—社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーション本来の趣旨に鑑み、「スタッフの6割以上が看護職員」などの要件設定へ—社保審・介護給付費分科会(1)
生活ショート全体の看護力を強化し、一部事業所の「看護常勤配置義務」を廃すべきか—社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハの【社会参加支援加算】、クリームスキミング防止策も含めた見直しを—社保審・介護給付費分科会(2)
デイサービスとリハビリ事業所・医療機関との連携が進まない根本に、どのような課題があるのか―社保審・介護給付費分科会(1)
グループホームの「1ユニット1人夜勤」体制、安全確保のため「現状維持」求める声多数—社保審・介護給付費分科会(3)
小多機の基本報酬、要介護3・4・5を引き下げて、1・2を引き上げるべきか—社保審・介護給付費分科会(2)
介護療養の4分の1、設置根拠消滅後も介護療養を選択、利用者に不利益が生じないような移行促進が重要—社保審・介護給付費分科会(1)
介護人材の確保定着を2021年度介護報酬改定でも推進、ただし人材定着は介護事業所の経営を厳しくする―社保審・介護給付費分科会
寝たきり高齢者でもリハ等でADL改善、介護データ集積・解析し「アウトカム評価」につなげる—社保審・介護給付費分科会
介護保険施設等への外部訪問看護を認めるべきか、過疎地でのサービス確保と質の維持をどう両立するか—社保審・介護給付費分科会
特養老人ホームのユニット型をどう推進していくか、看取り・医療ニーズにどう対応すべきか―社保審・介護給付費分科会(3)
老健施設、「機能分化」や「適正な疾患治療」進めるために介護報酬をどう工夫すべきか―社保審・介護給付費分科会(2)
介護医療院の転換促進のために、【移行定着支援加算】を2021年度以降も「延長」すべきか―社保審・介護給付費分科会(1)
ケアマネジメントの質と事業所経営を両立するため「ケアマネ報酬の引き上げ」検討すべきでは―介護給付費分科会(2)
訪問看護ステーションに「看護職割合」要件など設け、事実上の訪問リハビリステーションを是正してはどうか―介護給付費分科会(1)
介護保険の訪問看護、医療保険の訪問看護と同様に「良質なサービス提供」を十分に評価せよ―介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「ショートステイの長期利用是正」「医療機関による医療ショート実施推進」など検討―社保審・介護給付費分科会(2)
通所サービスの大規模減算を廃止すべきか、各通所サービスの機能・役割分担をどう進めるべきか—社保審・介護給付費分科会(1)
小多機や看多機、緊急ショートへの柔軟対応を可能とする方策を2021年度介護報酬改定で検討―社保審・介護給付費分科会(2)
定期巡回・随時対応サービス、依然「同一建物等居住者へのサービス提供が多い」事態をどう考えるか—社保審・介護給付費分科会(1)
2021年度介護報酬改定、介護サービスのアウトカム評価、人材確保・定着策の推進が重要—社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「複数サービスを包括的・総合的に提供する」仕組みを―社保審・介護給付費分科会
2021年度介護報酬改定、「介護人材の確保定着」「アウトカム評価」などが最重要ポイントか―社保審・介護給付費分科会