Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 「看護必要度」新制度シミュ―レーション

誤嚥性肺炎等の救急搬送は「慢性期多機能病院」が受けよ、「看護補助者」の呼称は廃止せよ―日慢協・武久会長

2022.1.17.(月)

手術等を要しない誤嚥性肺炎や尿路感染症患者については、療養病棟(慢性期多機能病院)で受け入れ、救命救急センターへの救急患者集中を解消する必要がある。その際、救急患者を多く受け入れる慢性期多機能病院については、診療報酬での評価を適切に行う必要がある―。

病院の介護職員について、「看護補助者」という呼称を廃止し、専門性を踏まえた適切な評価(●対1介護、●対1リハビリの基準設定など)を行うべきである―。

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は、1月13日の定例記者会見でこのような考えを述べました。

1月13日の定例記者会見(オンライン会見)に臨んだ、日本慢性期医療協会の武久洋三会長

手術等を要しない誤嚥性肺炎や尿路感染症患者、療養病棟でしっかり受け入れるべき

救急搬送患者の状態(重症度)については総務省・消防庁が毎年、分析結果を示しています。

例えば2020年には、345万人余りの「急病」患者が救急搬送されており、死亡が1.8%、重症(長期入院が必要)が8.2%に過ぎず、中等症(入院診療が必要)が44.9%、軽症(外来診療で良い)が45.1%を占めています。

また年齢区分別に見ると、高齢者が多く(2020年の「急病」患者では64.4%)、そのシェアは今後も高まっていく(高齢者人口そのものの増加、高齢者世帯の増加など)と予想されます(関連記事はこちら(2019年のデータに関する記事)。

武久会長は、こうした軽症・中等症の患者が3次救急を担う救命救急センターに搬送されれば「真に救命救急医療が必要な重症患者の受け入れが阻害されてしまう」とし、「状態に応じた救急搬送先の区分け」を明確化する必要があると提言しました。現在でも、現場の救急救命士や消防署が判断をしていますが、例えば「制度」としてより明確にする必要があると武久会長は強調しています。

【重症緊急救急患者】
→高度急性期病院(救命救急センター)

【軽中度の緊急処置が必要な高齢患者、手術の必要のない患者】
→地域多機能病院(急性期多機能病院、慢性期多機能病院)



「慢性期多機能病院」とは、2005年に医療法人社団永生会の安藤高朗理事長(前衆議院議員、日本慢性期医療協会副会長)が提唱した概念で、例えば慢性期疾患等で療養中の患者が、▼誤嚥性肺炎▼尿路感染症▼低栄養▼脱水▼褥瘡▼その他感染症―などで急性増悪した場合の受け入れを行う慢性期治療病棟です。武久会長は、この提唱を継承し「日慢協会員病院は、慢性期多機能病院として地域の高齢者や慢性期の軽中度急変患者に対応すべき」との考えを常々訴えています(関連記事はこちら)。

日本慢性期医療協会の提唱する「慢性期多機能病院」(その1)

日本慢性期医療協会の提唱する「慢性期多機能病院」(その2)



ところで、救急患者を受け入れた場合、病院では初期の検査や処置等に多くの医療資源を投入しなければなりません。例えば意識が不明な患者、自身の容体を正確に説明できない患者では、多くの検査を行って原因疾患などを探らなければならず、応急処置などにも多くのコストが発生します。

このため厚生労働省は、こうした「救急患者受け入れに必要なコスト」を手当手するための診療報酬を設けており、例えば次のような加算が目を引きます。診療報酬による評価がなければ「手間・コストのかかる救急患者」の受け入れを病院サイドが躊躇しかねないためです。

▽A205【救急医療管理加算】(一般病棟における重篤な患者受け入れを評価する加算)

▽A252【地域医療体制確保加算】(救急搬送受け入れ2000件以上で、医療従事者の働き方改革に力を入れている病院を評価する加算)

▽【救急搬送看護体制加算】(B001-2-6【夜間休日救急搬送医学管理加算】の上乗せ加算、加算1は救急搬送受け入れ1000件以上、加算2は同じく200件以上で、救急対応する看護体制を手厚く敷いている体制を評価する加算)



もっとも、各種加算については「不合理や改善すべき点がある」との指摘が現場からなされ、例えば【救急医療管理加算】について「重症患者の定量的基準」導入が(現在、重症患者の定義が曖昧ゆえ「必ずしも重症・重篤でない患者」でも加算が算定されている可能性がある、関連記事はこちらこちらこちら)、【地域医療体制確保加算】について「小児・周産期救急を担う患者でも算定可能とする」案が(救急搬送2000件に満たずとも、極めて多忙な医療機関がある、関連記事はこちら)浮上し、中央社会保険医療協議会で見直し論議が行われています。

この見直し論議に向けて武久会長は、次のような提言を行っています。【救急医療管理加算】の対象とならない「慢性期多機能病院」について、別途の診療報酬上の評価を行うことで、「誤嚥性肺炎や尿路感染症などの急性増悪患者をより積極的に地域医療機関が受け入れる」→「3次救急の負担を軽減し、重症・重篤な患者への対応を充実させる」ことが実現できると考えられます。

▽診療報酬見直しへの提言1
→【地域医療体制確保加算】について、年間救急搬送患者数の基準を「2000件以上」から「1000件以上」に緩和してはどうか。(地域の急性期病院では1日・3件程度(1年で3×365=1095件程度)の救急搬送患者を受け入れているため)

▽診療報酬見直しへの提言2
→病床規模が200床未満の中小病院を中心として、「地域救急」患者の受け入れを手厚く評価してはどうか

「看護補助者」の呼称をやめ、専門性に鑑みた「介護職員」「介護福祉士」と呼ぶべき

また、武久会長は「医療機関に勤務する介護職員」についての処遇改善が急務とし、次のような提案も行っています(関連記事はこちら)。

▽「看護補助者」との呼称を直ちにやめ、「介護職員」「介護福祉士」など専門性を評価する名称とする

▽入院基本料・特定入院料において「介護配置」「リハビリ職員配置」の基準を設け(20対1介護、50対1リハビリなど)、診療報酬での評価を行う

武久会長は「医療機関に勤務する介護職員について、その専門性を適切に評価しなければ、モチベーションがそがれ、医療機関に勤務する介護職員がいなくなってしまう。急性期病棟でも患者の多数が高齢者を占めている日本において、それでよいのか」と強調しています。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

看護必要度は廃止し「急性期から慢性期までの共通入院評価指標」、基準介護・基準リハの設定を―日慢協・武久会長
療養病床は今や「長期入院が必要な重症患者の治療病床」、介護施設と同列の扱いは見直しを―日慢協・武久会長
療養病棟でも「看護必要度」を導入すべき、介護医療院の多くが「スタッフの確保」に苦労―日慢協・武久会長、介護医療院協会・鈴木会長
療養病棟の死亡退院率の高さは患者状態から見て必然、逆に半数は「軽快退院」している点の評価を―日慢協、武久会長・池端副会長
リハビリの包括評価、疾患別リハビリ料の点数差解消など進めよ―日慢協・武久会長、橋本副会長
回リハ病棟におけるリハビリの効果測定、「FIM利得」から「BI利得」への切り替えを―日慢協・武久会長
コロナ宿泊療養施設での医療提供容認、急性期病院・後方病院・自治体の3者連携を強化せよ―日慢協
多臓器病変患者に適切な医療を行うため、医師臨床研修・新専門医研修を再編し「総合診療医」養成を―日慢協・武久会長
コロナ感染症の急性期段階から適切な栄養・水分管理を、データ提出拡大で介護保険は大きく様変わり―日慢協・武久会長

介護報酬でも「コロナ患者の診療」評価を行い、医療機関による介護施設への感染防止策支援の充実を―日慢協・武久会長
新型コロナの退院基準を満たした患者は早急に後方病床に転院を、療養病床でもコロナ患者を積極的に受け入れる—日慢協・武久会長
新型コロナ患者に対応する「一般病棟以外の病棟」にも何らかの支援を―日慢協・武久会長
介護医療院の大多数が「開設してよかった」、早期に介護医療院へ転換せよ―日慢協・武久会長、介護医療院協会・鈴木会長
特定行為研修を修了した看護師、在宅医療や介護の場でこそ力を十二分に発揮できる―日慢協・武久会長
2022年度診療報酬改定に向け「回復期リハビリ病棟」のリハビリについて包括評価を検討せよ―日慢協・武久会長
日慢協が武久会長を再任、2022年度診療報酬改定で「慢性期DPC」や「急性期病棟での介護・リハ職配置」など目指す
2020年度診療報酬改定、「中途半端な自称急性期病院」は急性期1から滑り落ちていく―日慢協・武久会長
急性期病棟にもリハビリ専門職を配置し、ADL改善効果を正面から評価せよ―日慢協・武久会長
看護必要度「A1・B3」継続し、高度急性期から慢性期まで「重症患者の受け入れ評価」の整合性確保を―日慢協・武久会長
老健施設の「在宅復帰率向上」と「稼働率向上」とをどう実現するか、好事例を分析―日慢協
急性期病棟へ介護福祉士配置し、排泄自立支援等で「寝たきり・要介護状態」防止せよ―日慢協・武久会長
看護師は「高度な看護業務」に特化し、病院病棟の介護業務は介護福祉士に移管せよ―日慢協・武久会長
介護医療院への転換手続き簡素化、移行定着支援加算の算定可能期間延長を―日慢協・武久会長
終末期医療、総合診療と介護を一体提供できる慢性期病棟、介護医療院、在宅医療が担うべき―日慢協・武久会長
病床稼働率の著しく低い病院、国の補助でダウンサイジングや機能転換を促進せよ―日慢協、武久会長・池端副会長
医療保険リハビリを受けるため「要介護等認定を辞退する」高齢者が現れないか危惧―日慢協、武久会長・橋本副会長
25対1の医療療養、介護医療院よりも「20対1医療療養」への転換望む―日慢協・武久会長
介護医療院の整備に向け「小規模介護保険者の集約化」や「移行定着支援加算の期限延長」などが必要―日慢協・武久会長
療養病棟の3割は看護必要度30%以上、2024年度同時改定に向け「一般・療養病棟の統合」を―日慢協・武久会長
病院建物は「社会的資源」、建築等の消費税は8%の軽減税率とせよ―日慢協・武久会長
4.3平米の一般病床、2024年度までに「廃止」または「大幅な減算」となろう―日慢協・武久会長
「看護師の特定行為」実施の拡大に向けて、日看協に全面協力―日慢協・武久会長
地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設を除外、ベッド稼働率が如実に悪化―日慢協・武久会長
「特定行為研修を修了した看護師」のスキルアップ・地位向上に向けた協会を設立―日慢協・武久会長
日慢協が武久会長を再任、「高度慢性期医療」の提供を目指す
医療療養から介護医療院へ転換進めるため、介護保険も「都道府県化を保険者」とせよ―日慢協・武久会長
一般病棟の長期入院患者、療養病棟入院基本料でなく「特別入院基本料」を算定せよ―日慢協・武久会長
25対1医療療養の5割超が20対1医療療養へ、介護療養の5割弱が介護医療院Iの1へ―日慢協調査

慢性期病院、介護療養から新類型への転換やリハ機能充実で大幅収益改善も―日慢協・武久会長

回復期リハ病棟1の「実績指数37」要件、摂食や排泄リハ推進のメッセージ―日慢協・武久会長
回復期リハ病棟のリハ専門職を急性期病棟に派遣し、早期リハを目指せ―日慢協・武久会長
療養病棟の死亡退院率を「半減させよ」―日慢協・武久会長
療養病床の入院患者に居住費相当の自己負担を求めるのは「理由なき差別」―日慢協・武久会長
一般・療養の区分を廃止し、連続的な診療報酬上の評価を―日慢協・武久会長
特養ホームでの適切な医療提供や、医療機関からの訪問看護の評価充実を―日慢協
人工呼吸器装着患者などに高度な慢性期医療を担う「慢性期治療病棟」を2018年度改定で創設せよ—日慢協
病棟看護師の大半は薬剤師などの病棟配置に期待、入院基本料での評価が必要—日慢協・武久会長
薬剤師など多職種の病棟配置、看護師と併せて入院基本料の中で評価せよ―日慢協・武久会長
急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長
2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長
軽度な後期高齢入院患者は療養病棟などへ転院し、年間3兆円超の医療費縮減を行うべき―日慢協・武久会長
介護療養からの新たな転換先、現在の介護療養よりも収益性は向上する可能性―日慢協試算
リハビリ能力の低い急性期病院、入院から20日までに後方病院に患者を送るべき―日慢協・武久会長

削減する病床を、特定看護師を施設長とする「病院内施設」へ転換せよ―日慢協の武久会長