Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン 外来機能報告支援サービス

医療・介護サービスの一体提供可能とするため、在宅医療圏域は「市町村単位」が望ましいのでは—第8次医療計画検討会(2)

2022.8.5.(金)

高齢化の進展とともに在宅医療ニーズが今後、全国の多くの地域で増大していくため、地域性も考慮したうえで「在宅医療提供体制の整備」(量の確保)を進めていく必要があるが、同時に「質の確保」も重要な課題である—。

在宅療養患者には、医療・介護・生活支援など様々なサービスの連携提供が極めて重要となるが、サービス提供者は「異なる組織」に所属している(在宅療養支援診療所、訪問介護事業所など)。こうした特殊性を踏まえた「連携」をどう進めていくか知恵を絞る必要がある—。

在宅医療圏域について、「在宅医療・介護サービスの一体的提供」が可能となるよう「市町村単位とする」ことなどを積極的に考えるべきではないか—。

8月4日に開催された「第8次医療計画に関する検討会」(以下、検討会)では、こういった議論も行われています。

秋以降、検討会意見も踏まえながら「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」の第2ラウンド論議で、議論を深めていききます。

8月4日に開催された「第12回 第8次医療計画等に関する検討会」

在宅医療のニーズ増に対応できる「量の整備」と同時に「質の確保」も重要課題

医療計画は、いわば「地域医療提供体制の短期・中期的な設計図」です。そこには、▼一定の医療を完結できる地域(医療圏)をどう設定するか▼医療圏におけるベッド数をどう考えるか(基準病床数)▼地域医療構想(高度急性期・急性期・回復期・慢性期等の機能ごとの必要病床数など)の実現に向けてどのような方策をとるか▼5疾病(がん、脳卒中、心血管疾患、糖尿病、精神病)・6事業(救急、災害、へき地、周産期、小児、感染症)+在宅医療について、どのように対策を進め、どのような目標値を設定するか▼医師確保をどのように進めるか▼効率的かつ効果的な外来医療提供体制をどのように構築するか—などを記載します。

このうち在宅医療については、検討会の下部組織である「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」(以下、在宅ワーキング)で具体的な検討が進められており、これまでに次のような議論が行われてきています(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちら)。

(1)在宅医療等のニーズ増(多くの地域では今後も増加を続け、2040年度以降にピークを迎える)に対応可能な在宅医療提供体制を、地域の実情を踏まえて整備していく必要がある

(2)在宅医療に関する圏域を適切に設定する必要がある

(3)「在宅医療において積極的役割を担う医療機関」「在宅医療に必要な連携を担う拠点」を整備し、地域で医療機関間・関係者間の連携を強化していく必要がある

(4)多職種・関連サービス間の連携(医科、歯科、薬剤管理、栄養、リハビリ、介護、日常生活支援など)を強化していく必要があり、その際にはICTの活用などが非常に重要となる

(5) 小児在宅患者のニーズ・サービス提供実態の把握を進める必要がある

こうした議論経過の報告を受け、8月4日の検討会委でも「在宅医療の充実」に向けた委員間で意見交換を行いました。



このうち(1)の在宅医療提供体制整備に関しては「量だけでなく、質の確保も重要である」との声が田中滋座長代理(埼玉県立大学理事長)、大屋祐輔構成員(全国医学部長病院長会議理事、加納繁照構成員(日本医療法人協会会長)、江澤和彦構成員(日本医師会常任理事)らから出ています。

加納構成員は「都会では、言わば『在宅専門チェーン店』が勤務医を引き抜いて活動している。私はかかりつけ医機能を持つ医師・医療機関が在宅医療も提供することが好ましいと思うが、いまの『在宅医療専門』の形が好ましく進めるべきなのか、しっかり検討していくべきである」と提案。また、江澤構成員は「訪問看護ステーションの中に、本来の『24時間・365日、医療ニーズの高い重度要介護者へのサービス提供』という形態と異なり、『スタッフのほとんどをリハビリ専門職が占め、平日・日中に軽度者を中心にリハビリサービスを提供する』ステーションが増加している」点に強い懸念を示しました(関連記事は こちら こちら)。

在宅医療を提供する医療機関の中には、(3)のように「在宅医療において積極的役割を担う医療機関」「在宅医療に必要な連携を担う拠点」もあれば、「少しだけ在宅医療を提供する医療機関」や「患者の急変時に後方病床を確保する医療機関」など、様々な形態があります。それぞれの医療機関が連携したうえで、「自院の機能、キャパシティ」に応じた在宅医療提供を行っていくことが求められます。

関連して、「地域医療構想の実現に伴う在宅医療ニーズ増」も勘案していくべきとの提案が尾形裕也構成員(九州大学名誉教授)や河本滋史構成員(健康保険組合連合会専務理事)らからなされました。

地域医療構想策定ガイドラインでは、▼一般病床に入院する医療資源投入量175点未満の患者(いわゆるC3未満の患者)▼医療療養病床に入院する医療区分1の患者の70%▼医療療養病床における入院受療率の地域差解消分―について「在宅医療などで対応する」こととされ、この分(全国で30万人分と推計)、「在宅医療ニーズ」が増加することになります(関連記事はこちら)。また、2025年度以降の「ポスト地域医療構想となる、次の機能分化・連携の強化」も模索していくことになります。こうした「追加のニーズ増も勘案」して在宅医療提供体制を検討していくべきと尾形構成員・河本構成員は強調しています。



また在宅医療の質に関連して、山口育子構成員(ささえあい医療人権センターCOML理事長)から「訪問看護ステーションの大規模化、集約化の推進」を図るべきとの指摘が出ています。上述したように、訪問看護ステーションには「24時間・365日、医療ニーズの高い重度要介護者へのサービス提供」が求められ、こうした機能を果たすためには「大規模化、機能強化」が必要不可欠となります。診療報酬・介護報酬での対応も図られていますが(関連記事は こちら こちら)、吉川久美子構成員(日本看護協会常任理事)は「都道府県看護協会と自治体が連携して支援センターを設置し、開設・人材確保・経営などの支援を行っている」こと、「全国訪問看護事業協会が自己評価ガイドラインを作成している」ことなども紹介しています。

なお、(5)とも関連しますが「在宅医療ニーズを適切に把握する」ことの重要性も今村知明構成員(奈良県立医科大学教授)らから指摘されています。

「在宅医療に携わるスタッフは所属先が異なる」点を考慮した「連携」強化策が重要

他方、(4)の多職種・組織間連携に関しては、「口腔ケアによる疾病予防効果(例えば誤嚥性肺炎の予防など)に関するエビデンスも揃ってきている。今後、この点に力を入れていくことが救急医療の負担軽減にもつながる」(今村構成員)、「在宅医療では、スタッフが異なる組織(異なる医療機関、訪問看護ステーション、介護事業所など)に所属しており、入院と異なる連携の難しさがある点が重要ポイントになる」(田中座長代理)などの指摘が出ています。

「連携せよ、連携が重要である」と指摘することは簡単ですが、同じ組織内(例えば病院内)でも「連携の実現」には高いハードルがあります。田中座長代理の指摘するように「異なる組織間の、異なる職種」がうまく連携できるように、どのような工夫をすればよいのか、関係者で知恵を絞っていくことが極めて重要です。この点、在宅ワーキングでは「ICTを利活用した、全国標準的な情報連携ツールを開発し、在宅医療現場に普及させる」ことなどが提案されており、今後の詰めの議論に注目が集まります。

在宅医療圏、医療・介護一体提供のために「市町村単位」などとしてはどうか

また(2)の「在宅医療の圏域」に関しては、すでに医療計画作成指針の中で「従来の二次医療圏にこだわらず、できる限り急変時の対応体制 (重症例を除く)や医療・介護の連携体制の構築が図られるよう、市町村単位や保健所圏域等の地域の医療・介護資源等の実情に応じて弾力的に設定する」ことが認められています。

現在「2次医療圏でなく、弾力的に在宅医療圏を設定してよい」とされている(第8次医療計画検討会(2)1 220804)



しかし、在宅ワーキングはもちろん検討会でも「市町村単位とすべき」との意見が相当数でています。「市町村単位も含め、弾力的に設定してよい」という現行の記載では不十分であり、「市町村単位とすべき」という、強めの意見が出ているのです(関連記事はこちら)。

この背景について、検討会と在宅ワーキングの双方の構成員である江澤構成員は「在宅療養患者の半数は、要介護3以上の重度者である。こうした在宅療養患者に対して、在宅介護サービスが十分に提供されなければ、在宅医療は容易に崩壊してしまう。つまり在宅医療・在宅介護を一体的に提供することが必要かつ重要であり、介護サービス提供体制の単位である『市町村』単位で、在宅医療提供体制も考えていかなければならない」旨を説明しています。

上述したように「在宅医療の圏域は、弾力的に設定してよい」とされていますが、66%は「2次医療圏」(複数の市町村を跨ぐ圏域を設定)となっています。つまり、我が国の3分の2の地域では「在宅医療提供体制」と「在宅介護提供体制」とが一致しておらず、「サービス提供のミスマッチ」が生じている可能性があるのです。

2次医療圏を在宅医療圏を設定している都道府県が66%である(第8次医療計画検討会(2)2 220804)



もちろん、各都道府県で検討のうえで「在宅医療圏域を2次医療圏に設定」しており、さらに市町村では「在宅医療・介護連携推進事業」(介護予防などを目指す地域支援事業の一環、関連記事はこちら)を進めており、地域の在宅医療・在宅介護サービスが点でバラバラに提供されているわけではありませんが、計画のエリアが異なることは「密接な連携」「一体的なサービス提供」を進めるうえで一定のハードルになっていると推察されます。また、「ベースが2次医療圏」「市町村等にしてもよい(=しなくてもよい)」となっていることが、「医療・介護連携を意識した在宅医療圏の設定」にブレーキをかけているとの見方もあります。

こうした点を重視し、江澤構成員のほか、猪口雄二専門構成員(日本医師会副会長)や織田 正道構成員(全日本病院協会副会長)らは「在宅医療の圏域は『市町村』単位とすべきではないか」との考えを示しています。

この点、今村構成員は「市町村でも規模にバラつきがあり、小規模の町村ではサービス確保が困難なケースも多い。バラつきの少ない、例えば『郡市区医師会単位』という圏域も検討してはどうか」と提案しています。

同様の議論が在宅ワーキングでも行われており、検討会意見も踏まえて、秋以降、さらに議論を深めていくことになります。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

在宅療養患者に対する「口腔・栄養・リハビリの一体的提供」を、第8次医療計画でも強力に推進すべき―在宅ワーキング
地域の在宅医療提供体制、「訪問介護」や「後方病床」などとセットで検討し整備しなければならない―在宅ワーキング
患者意思に反した医療がなされないよう「患者意思を医療・消防関係者が把握できる仕組み」構築を―在宅ワーキング
在宅医療の整備指標をより具体化せよ、医療機関間連携、医療・介護連携、地域性への配慮も必須視点―在宅ワーキング
第8次医療計画に向け在宅医療推進方策を議論、「医療的ケア児への在宅医療」が重要論点の1つに―在宅ワーキング



医療安全の向上に向け、例えば医療機関管理者(院長など)の「医療事故に関する研修」参加など促していくべき—第8次医療計画検討会(1)
2次救急と3次救急の機能分担、巡回医師等確保・オンライン診療によるへき地医療支援など進めよ—第8次医療計画検討会(2)
周産期医療・小児医療提供体制、医療の質確保や医師の負担軽減のため「集約化・重点化」を急ぎ進めよ—第8次医療計画検討会(1)
がん拠点病院が存在しない医療圏への対策、効果的な糖尿病対策、精神疾患対策の評価指標などが今後の重要論点—第8次医療計画検討会(2)
外来機能報告データ活用し、紹介受診重点医療機関の明確化だけでなく、幅広く「外来医療機能分化」論議を—第8次医療計画検討会(1)
高額医療機器の共同利用推進、「読影医・治療医配置なども勘案」した広範な議論求める声も—第8次医療計画検討会(2)
外来医師偏在の解消に加え、「かかりつけ医機能の明確化、機能を発揮できる方策」の検討も進める―第8次医療計画検討会(1)
人口減の中「2次医療圏」をどう設定すべきか、病床数上限である基準病床数をどう設定するか―第8次医療計画検討会
今後の医療提供体制改革では、「医療人材の確保」が最重要論点―第8次医療計画検討会

感染症・少子高齢化状況は地域・フェイズで千差万別、医療提供体制をどう再構築するか―地域医療構想・医師確保計画WG(2)
2022・23年度中に、民間含め全病院で「自院の機能・規模が妥当か」再検証を―地域医療構想・医師確保計画WG(1)
公立・公的病院はもとより民間含めた「機能再検証」を2023年度までに実施、公立病院改革は22年度中か―国と地方の協議の場
再検証対象医療機関の4割で機能転換・ダウンサイジング・再編など進む―地域医療構想・医師確保計画WG
地域医療構想の実現に向け「各地域の進捗状況」を把握、公立病院等の再検証も実態踏まえて検討―地域医療構想・医師確保計画WG

感染症対応では情報連携、看護師はじめ医療人材確保が最重要、課題検証し早急な改善を—第8次医療計画検討会
感染症対応医療体制を迅速確保できるよう、強制力持つ法令の整備を検討してはどうか—第8次医療計画検討会
集中治療認定医を専門医と別に養成し、有事の際に集中治療に駆け付ける「予備役」として活躍を—第8次医療計画検討会
2024年度からの医療計画に向けた議論スタート、地域医療構想と医師配置、外来医療など考えるワーキングも設置—第8次医療計画検討会

2022年度診療報酬改定、「強固な医療提供体制の構築」「医療従事者の働き方改革」が重点課題―社保審・医療部会
2022診療報酬改定の基本方針論議続く、医師働き方改革に向け現場医師に効果的な情報発信を―社保審・医療部会(2)
医療法人の事業報告書等、2022年度からG-MISで届け出、23年度から都道府県HP等で公表―社保審・医療部会(1)
医療法のオーバーベッド特例活用し、「最先端医療技術を提供するためのオーバーベッド」を全国で認可へ―社保審・医療部会(2)
平時に余裕のない医療提供体制では有事に対応しきれない、2022年度診療報酬改定での対応検討を―社保審・医療部会(1)
「平時の診療報酬」と「感染症蔓延時などの有事の診療報酬」を切り分けるべきではないか―社保審・医療部会
医療制度を止めたオーバーホールは不可能、制度の原点を常に意識し外来機能改革など進める―社保審・医療部会
病院の再編・統合推進に向け、「ダウンサイジング補助」「再編後の土地建物の登記費用軽減」を行う―厚労省

医療機能の分化・強化、当初「入院」からスタートし現在は「外来」を論議、将来は「在宅」へも広げる―社保審・医療部会
公立・公的病院等の再検証スケジュールは新型コロナの状況見て検討、乳がん集団検診で医師の立ち合い不要に―社保審・医療部会(2)
紹介状なし患者の特別負担徴収義務拡大で外来機能分化は進むか、紹介中心型か否かは診療科ごとに判断すべきでは―社保審・医療部会(1)



医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、地域医療構想は考え方を維持して実現に取り組む―医療計画見直し検討会
医療計画に感染症対策位置付け、感染症予防計画と組み合わせ『漏れ』なき対応を―医療計画見直し検討会(2)
医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、「医療機関間連携」や「感染症以外の傷病対策」なども明確化―医療計画見直し検討会(2)
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療計画に「新興感染症対策」位置付け、感染症病床の整備目標や感染拡大時に患者を受け入れる医療機関の設定など記載を—厚科審・感染症部会



2021年度の病床機能報告より、「前年度1年分の診療実績」を月別・病棟別に報告―厚労省
2021年度の病床機能報告は「毎月データを1年度分」報告、医療提供体制は「人員」中心に再構築を―地域医療構想ワーキング(2)
人口100万人以上の大規模構想区域、まず各調整会議で「個々の病院の機能の在り方」議論を進めよ―地域医療構想ワーキング(1)

公立・公的病院の再検証スケジュール、今冬のコロナ状況見ながら改めて検討―地域医療構想ワーキング
中長期を見据えた地域医療構想の考え方を維持し、感染拡大時の機動的対応を医療計画で考慮してはどうか―地域医療構想ワーキング
感染症はいずれ収束し、ピーク時は臨時増床可能なこと踏まえ、地域医療構想の「必要病床数」を検討―地域医療構想ワーキング
医療機能の分化・連携の強化が、新興・再興感染症対策においても極めて重要—地域医療構想ワーキング



外来機能報告制度を了承、外来診療データもとに地域で「紹介型病院」を明確化―医療計画見直し検討会(1)
紹介状なし外来受診患者の特別負担、対象病院の拡大・金額引き上げ等を了承―社保審・医療保険部会

外来版地域医療構想の議論再開、地域で「医療資源を重点的に実施する基幹病院」を整備—医療計画見直し検討会
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療機能の集約化・役割分担・連携を進め、新型コロナ対策への寄与度に応じた財政支援を―有識者研究会



外来版「地域医療構想・機能報告制度」、「医療資源を重点的に活用する外来」の基幹医療機関を明確化―医療計画見直し検討会
どの医療機関が、外来化学療法等の「医療資源を重点活用する外来」を重点提供しているのか可視化してはどうか―医療計画見直し検討会
外来化学療法など「医療資源を重点活用」する外来医療、集約化の枠組み構築―医療計画見直し検討会

【GHCからのお知らせ】「ポストコロナに生き残る公立病院」となるためには

公立病院の新たな改革プラン策定は延期、ただし現行プラン進捗状況を2020年度中に点検・評価せよ―総務省

公立・公的病院等の再編・統合に向けた再検証、新型コロナ受け事実上の期限延長―厚労省

地域枠医師などサポートするキャリア形成プログラム、現場ニーズを意識した作成・運用進む—地域医療構想・医師確保計画WG(2)
2024年度から「医師確保計画」も新ステージに、医師偏在解消に向け2022年内に見直し案まとめ―地域医療構想・医師確保計画WG