Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン 外来機能報告支援サービス

2022・23年度中に、民間含め全病院で「自院の機能・規模が妥当か」再検証を―地域医療構想・医師確保計画WG(1)

2022.3.3.(木)

地域医療構想の実現期限である2025年度の到来が迫っており、「公立病院」「公的病院」等はもちろん、民間病院も含めた全病院において、2022・23年度中に「自院の機能・規模が、地域医療構想に照らして妥当なものとなっているのか」の再検証を行ってほしい―。

再検証の状況は定期的に報告・公表することが求められ、来年度(2022年度)は2022年9月末・2023年3月末の状況を各都道府県から厚労省へ報告してもらい、各都道府県のホームページ等で公表することとする―。

3月2日に開催された「地域医療構想及び医師確保計画に関するワーキンググループ」(「第8次医療計画等に関する検討会」の下部組織、以下、地域医療構想・医師確保計画WG)でこうした内容が概ね了承されました。厚労省は3月中に「通知」として発出し、都道府県や医療現場に「機能検証」の実施を促します。

3月2日に開催された「第3回 地域医療構想及び医師確保計画に関するワーキンググループ」

コロナ感染症の流行で「公立・公的等病院」の再検証スケジュールが白紙に

2025年度には、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者に達するため、今後、急速に医療ニーズが増加していくと予想されます。従来型の医療提供体制(例えば、病院完結型の医療)では、増大し複雑化する医療ニーズに的確かつ効率的に応えることが難しくなるため、各地域において「2025年度の医療ニーズ」を踏まえた「地域医療構想の実現」が求められています。

地域医療構想は、地域(主に2次医療圏をベースとする地域医療構想調整区域)における将来(2025年度)の医療需要から、▼高度急性期▼急性期▼回復期▼慢性期等―の機能別必要病床数を推計した、言わば「将来の医療提供体制の設計図」という位置づけです。

各地域において、実際の医療提供体制が、この設計図にできるだけマッチしていくよう(つまり「地域医療構想が実現する」よう)に、データ(各病院の診療実績や意向などの「病床機能報告」)を踏まえたうえで、機能改革・連携強化に向けた論議を膝をつき合わせて行うことが求められています。

地域医療構想とは(地域医療構想・医師確保計画WG3 210729)

地域医療構想の実現に向けた取り組みの大枠(地域医療構想・医師確保計画WG4 210729)



このように「2025年度に地域医療構想を実現する」ためには、地域内のすべての病院・有床診(一般病床・療養病床を保有する医療機関に限る)が、▼自院の機能や資源、考え方▼地域の医療資源や他院の動向▼地域の医療ニーズ(人口動態)—を勘案し、地域医療構想の実現に向けて「自院の機能は今のままで良いのか?ベッド数は今のままで良いのか?」などを検証(再検証)していくことが求められます。

この点、まず「公立病院・公的病院等における機能分化等の再検証」を行うことが求められていました。多くの地域では公立病院(県立病院や市立病院など)・公的病院(赤十字病院や済生会病院など)が急性期医療の基幹的役割を担っており、「まず地域で急性期医療の基幹的病院の立ち位置を明確にする」ことが医療提供体制改革を円滑に進めるための近道と考えられるためです(急性期機能の確定→回復期。慢性期機能の検討という順序で地域医療構想を実現していくことが効率的である)。

当初は「2018年度中に公立病院・公的病院等で機能の検証等を行う」こととなっていましたが、「形だけの機能改革論議や現状追認にとどまっているケースが少なくない」と指摘され、次の要件に該当する病院(436病院が該当)では、「役割は適切か」(民間で代替可能なのではないか)、「病床規模は適切か」などを再検証する仕組みを固めました(【再検証要請対象医療機関】と呼ぶ、関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

(A)診療実績が特に少ない公立・公的病院等
▼がん▼心疾患▼脳卒中▼救急▼小児▼周産期▼災害▼へき地▼研修・派遣機能―の9領域すべてで、地域における診療実績が下位3分の1の病院

(B)類似の機能を持つ病院が近接している公立・公的病院(人口100万人以上の地域医療構想区域にある病院については、別途、再検証方針等を定める)
自動車で20分以内の距離に、▼がん▼心疾患▼脳卒中▼救急▼小児▼周産期―の6領域すべてで、「診療実績が類似する病院」がある病院



この再検証のスケジュールについて、当初は▼再編統合が必要な場合には、2020年9月までに個別病院・構想区域で結論を得る▼再編統合が不要な場合には、2020年3月までに結論を得る―こととされていましたが、2020年初頭から新型コロナウイルス感染症が大流行したために「スケジュールについては白紙」とされ、「再検証スケジュールをどう再設定するか」が注目されていました(関連記事はこちら)。

2025年度が迫る中、公立・公的等病院にとどまらず、全病院での再検証が求められる

昨年(2021年)12月には厚労省・総務省・地方3団体(知事会、市長会、町村会)との協議が開かれ、2022年度・23年度において「地域医療構想に係る民間医療機関も含めた各医療機関の対応方針の策定や検証・見直し」を行う方針が固まりました(関連記事はこちら)。

今般、この方針を受け厚労省から地域医療構想・医師確保計画WGに、「対応方針の策定、検証・見直し」に関し次のような内容を通知に盛り込んではどうか、との考えが提示されました。

2022年度・2023年度において▼公立▼公的▼民間―医療機関における対応方針の策定や検証・見直しを行う

公立病院については、病院ごとに「公立病院経営強化プラン」を具体的対応方針として策定したうえで、地域医療構想調整会議で協議する(関連記事はこちら(国と地方の協議の場)こちら(全国自治体病院協議会の記者会見)

▽民間医療機関を含めた機能再検証論議を活性化するため、必要に応じて以下の観点も参照するとともに、「重点支援区域」の選定によるデータ分析等の技術的支援なども活用する
▼高度急性期・急性期機能:厚労省の診療実績の分析に含まれていない手術の一部や内科的な診療実績、地理的要因を踏まえた医療機関同士の距離
▼回復期機能:回復期リハビリテーションとそれ以外の機能について、算定している入院料、公民の違いを踏まえた役割分担、リハビリの実施状況、予定外の入院患者の状況
▼慢性期機能:介護保険施設等への転換の意向や転換の状況

▽地域医療構想調整会議等の運営にあたっては、コロナ感染症対策に留意する(オンライン開催なども検討する)

地域医療構想調整会議等の検討状況について、2022年度に関しては「2022年9月末」「2023年3月末時点」の状況を下記様式で各都道府県が厚労省に報告し、各都道府県のホームページ等で公表する

2022・23年度中における「自院の機能・規模が妥当か」の再検証の進捗状況報告様式(地域医療構想・医師確保WG(1)1 220302)

2022・23年度中に地域の全病院等を対象に、地域医療構想に照らし「自院の機能・規模が妥当か」の再検証を求める(その1)(地域医療構想・医師確保WG(1)2 220302)

2022・23年度中に地域の全病院等を対象に、地域医療構想に照らし「自院の機能・規模が妥当か」の再検証を求める(その2)(地域医療構想・医師確保WG(1)3 220302)



これまでは、上述した「急性期機能を十分に果たしているか疑問とされる公立・公的等医療機関」(当初424病院、最終的に436病院)について機能の再検証を行うこととされていましたが、地域医療構想の実現期限である2025年度が迫ってきていることも踏まえ「地域のすべての医療機関」において、「地域医療構想(=地域の将来の医療提供体制像)に照らして、自院の機能や規模などは妥当なのか、機能転換の必要はないのか?規模縮小の必要はないのか?などを検証する」ことが求められます(最終的に全医療機関の機能検証が必要となることから、「当初のスケジュール(2025年度までの地域医療構想実現)に沿っただけ」と見ることもできる)。



こうした通知内容の考え方について反対意見は出ていませんが、岡留健一郎構成員(日本病院会副会長)や幸野庄司構成員(健康保険組合連合会理事)からは「数字だけの報告では、地域医療構想調整会議議論が形骸化してしまうのではないか?より詳細に、どういった検討を行い、どのような結論に至ったのかなどの報告を求めてはどうか」との提案・注文が出されています。

「地域によっては『数字合わせ』論議に終始してしまっている」という状況を踏まえた、非常に重要な提案です。しかし、詳細な内容の報告・公表を求めた場合、「●●市民病院の機能をどう転換し、規模を何床に縮小する」などの特定がの事実上可能になってしまい、実質的な議論がかえって阻害されてしまうというデメリットもあるようです(医療機関数の少ない地域などでは、どの医療機関を指しているのかが極めて分かりやすく、特定を恐れて議論がかえって形骸化してしまう可能性もある)。

そこで厚労省医政局地域医療計画課の担当者は、「厚労省への報告、各都道府県における公表」に関しては上述様式の通りとし(つまり全体の動向のみの公表にとどめる)、これとは別に「地域医療構想調整会議の詳細な議論状況など」を厚労省が把握する工夫を行う、との考えを明らかにしています。



厚労省は詳細を詰め、3月中(2021年度中)に通知を都道府県等に宛てて発出する考えです。



なお、地域医療構想の実現は、上述のとおり「2025年度」を目指しており、「その先(2026年度以降)の医療提供体制改革をどう考えていくか」(例えば2040年度を目指した新たな地域医療構想など)を早急に議論すべきとの指摘が地域医療構想・医師確保計画WGの構成員から数多く出されています。この点については別稿で報じます。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

公立・公的病院はもとより民間含めた「機能再検証」を2023年度までに実施、公立病院改革は22年度中か―国と地方の協議の場
再検証対象医療機関の4割で機能転換・ダウンサイジング・再編など進む―地域医療構想・医師確保計画WG
地域医療構想の実現に向け「各地域の進捗状況」を把握、公立病院等の再検証も実態踏まえて検討―地域医療構想・医師確保計画WG

感染症対応では情報連携、看護師はじめ医療人材確保が最重要、課題検証し早急な改善を—第8次医療計画検討会
感染症対応医療体制を迅速確保できるよう、強制力持つ法令の整備を検討してはどうか—第8次医療計画検討会
集中治療認定医を専門医と別に養成し、有事の際に集中治療に駆け付ける「予備役」として活躍を—第8次医療計画検討会
2024年度からの医療計画に向けた議論スタート、地域医療構想と医師配置、外来医療など考えるワーキングも設置—第8次医療計画検討会

2022年度診療報酬改定、「強固な医療提供体制の構築」「医療従事者の働き方改革」が重点課題―社保審・医療部会
2022診療報酬改定の基本方針論議続く、医師働き方改革に向け現場医師に効果的な情報発信を―社保審・医療部会(2)
医療法人の事業報告書等、2022年度からG-MISで届け出、23年度から都道府県HP等で公表―社保審・医療部会(1)
医療法のオーバーベッド特例活用し、「最先端医療技術を提供するためのオーバーベッド」を全国で認可へ―社保審・医療部会(2)
平時に余裕のない医療提供体制では有事に対応しきれない、2022年度診療報酬改定での対応検討を―社保審・医療部会(1)
「平時の診療報酬」と「感染症蔓延時などの有事の診療報酬」を切り分けるべきではないか―社保審・医療部会
医療制度を止めたオーバーホールは不可能、制度の原点を常に意識し外来機能改革など進める―社保審・医療部会
病院の再編・統合推進に向け、「ダウンサイジング補助」「再編後の土地建物の登記費用軽減」を行う―厚労省

医療機能の分化・強化、当初「入院」からスタートし現在は「外来」を論議、将来は「在宅」へも広げる―社保審・医療部会
公立・公的病院等の再検証スケジュールは新型コロナの状況見て検討、乳がん集団検診で医師の立ち合い不要に―社保審・医療部会(2)
紹介状なし患者の特別負担徴収義務拡大で外来機能分化は進むか、紹介中心型か否かは診療科ごとに判断すべきでは―社保審・医療部会(1)



医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、地域医療構想は考え方を維持して実現に取り組む―医療計画見直し検討会
医療計画に感染症対策位置付け、感染症予防計画と組み合わせ『漏れ』なき対応を―医療計画見直し検討会(2)
医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、「医療機関間連携」や「感染症以外の傷病対策」なども明確化―医療計画見直し検討会(2)
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療計画に「新興感染症対策」位置付け、感染症病床の整備目標や感染拡大時に患者を受け入れる医療機関の設定など記載を—厚科審・感染症部会



2021年度の病床機能報告より、「前年度1年分の診療実績」を月別・病棟別に報告―厚労省
2021年度の病床機能報告は「毎月データを1年度分」報告、医療提供体制は「人員」中心に再構築を―地域医療構想ワーキング(2)
人口100万人以上の大規模構想区域、まず各調整会議で「個々の病院の機能の在り方」議論を進めよ―地域医療構想ワーキング(1)

公立・公的病院の再検証スケジュール、今冬のコロナ状況見ながら改めて検討―地域医療構想ワーキング
中長期を見据えた地域医療構想の考え方を維持し、感染拡大時の機動的対応を医療計画で考慮してはどうか―地域医療構想ワーキング
感染症はいずれ収束し、ピーク時は臨時増床可能なこと踏まえ、地域医療構想の「必要病床数」を検討―地域医療構想ワーキング
医療機能の分化・連携の強化が、新興・再興感染症対策においても極めて重要—地域医療構想ワーキング



外来機能報告制度を了承、外来診療データもとに地域で「紹介型病院」を明確化―医療計画見直し検討会(1)
紹介状なし外来受診患者の特別負担、対象病院の拡大・金額引き上げ等を了承―社保審・医療保険部会

外来版地域医療構想の議論再開、地域で「医療資源を重点的に実施する基幹病院」を整備—医療計画見直し検討会
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療機能の集約化・役割分担・連携を進め、新型コロナ対策への寄与度に応じた財政支援を―有識者研究会



外来版「地域医療構想・機能報告制度」、「医療資源を重点的に活用する外来」の基幹医療機関を明確化―医療計画見直し検討会
どの医療機関が、外来化学療法等の「医療資源を重点活用する外来」を重点提供しているのか可視化してはどうか―医療計画見直し検討会
外来化学療法など「医療資源を重点活用」する外来医療、集約化の枠組み構築―医療計画見直し検討会

「公立等 vs 民間」対立煽らず、地域・病院の特性踏まえて「地域の医療提供体制」論議を―社保審・医療部会
大病院外来定額負担のバックボーンとなる「外来医療機能分化・かかりつけ医機能推進」をまず議論せよ―社保審・医療部会

75歳以上の医療費は2割負担、紹介状なし外来患者の特別負担を200床以上一般病院に拡大―全世代型社会保障検討会議



医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

【GHCからのお知らせ】「ポストコロナに生き残る公立病院」となるためには

公立病院の新たな改革プラン策定は延期、ただし現行プラン進捗状況を2020年度中に点検・評価せよ―総務省

公立・公的病院等の再編・統合に向けた再検証、新型コロナ受け事実上の期限延長―厚労省