Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 病床ユニット

リハビリ専門職による訪問看護の減算、老人保健施設の初期加算、生産性向上推進体制加算などの考え方をより明確化(2024年度介護報酬改定)

2024.5.8.(水)

厚生労働省は4月30日に、2024年度介護報酬改のQ&A(Vol.5)を公表しました(厚労省サイトはこちら)。今回は、▼訪問看護▼訪問リハビリ・通所リハビリ▼福祉用具貸与関連▼老人保健施設▼生産性向上—について、介護現場の疑問に答えています。

●2024年度介護報酬改定に関する記事はこちら
●2024年度介護報酬改定に関する厚労省サイトはこちら

リハビリ専門職による訪問看護実施の減算、考え方をより明確化

訪問看護については、2024年度介護報酬改定で▼スタッフの処遇改善に向けた基本報酬の引き上げ▼専門研修を受けた看護師による計画的な管理の評価(専門管理加算)▼ターミナルケア加算の評価充実▼歯科医療機関との連携評価(口腔連携強化加算)▼リハビリ専門職による訪問の場合の減算強化—などが行われました。

このうちリハビリ専門職による訪問の場合の減算は、▼前年度の「理学療法士、作業療法士または言語聴覚士による訪問回数」>「看護職員による訪問回数」である▼緊急時訪問看護加算、特別管理加算及び看護体制強化加算をいずれも算定していない—のいずれかに該当する訪問看護事業所について、次のような基本単位数の減算を行うものです。
【訪問看護】
▽理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問の場合には、訪問1回につき8単位を所定単位数から減算する

【介護予防訪問看護】
▽理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問の場合には、訪問1回につき8単位を所定単位数から減算する
▽12か月を超えて行う場合
▼上記減算を算定している場合には、訪問1回につき15単位を所定単位数から更に減算する
▼上記減算を算定していない場合は、1回につき5単位を所定単位数から減算する(従前からの継続)

リハビリ専門職による訪問看護の減算



今般のQ&Aその5では、減算の1要件である「前年度の『理学療法士、作業療法士または言語聴覚士による訪問回数』>『看護職員による訪問回数』」という点について、「指定訪問看護事業者が指定介護予防訪問看護事業者の指定を合わせて受け、一体的に運営されている場合については合算して数える」との考えを明確にしました。

また、もう1つの要件である「緊急時(介護予防)訪問看護加算、特別管理加算、看護体制強化加算((I)また(II)あるいは(予防))」についても、「訪問看護費と介護予防訪問看護費における双方の算定日が属する月の前6月間において、加算の算定実績がない場合に減算対象となる」旨の考えが示されました。

訪問看護ステーションの中には、「スタッフのほとんどをリハビリ専門職が占めており、軽度者(要支援者等)に対し、平日の日中を中心に訪問リハビリを行う」ところがあります(中には法律に規定されていない「訪問リハビリステーション」を名乗る事業所まである)。訪問看護ステーションには、医療ニーズの高い重度者に、24時間・365日の訪問を行い、地域包括ケアシステムの要となることが求められていますが、これと逆行するものです。このためリハビリ専門職による訪問について厳しい対応が図られており、今後も、状況を見てこうした動きが続く可能性があります。

急性期病院→在宅→老健施設となる場合、初期加算はどのように算定するのか

老人保健施設については、急性期医療機関からの早期受け入れを促すための「初期加算」が設けられています。介護力の弱い急性期病院に高齢患者が入院した場合、ADL低下などが生じ、「寝たきり」に陥る可能性が高くなるため、介護力の整った「生活の場に近い施設」への転院等が重要となります(関連記事はこちら)。

2024年度介護報酬改定では、この初期加算について次のような要件を満たすことを評価する上位区分(加算(I):60単位)が設けられました。より早期の「急性期病院→老健施設」の流れを促す狙いがあります(関連記事はこちらこちら)。
【初期加算(I)】
▽以下のいずれかに適合する老人保健施設において、「急性期医療を担う医療機関の一般病棟への入院後30日以内に退院し、老人保健施設に入所した者」について、1日につき所定単位数(60単位)を加算する。ただし、初期加算(II)を算定している場合は、算定しできない
(要件)
▼当該老人保健施設の空床情報を、地域医療情報連携ネットワーク等を通じて、地域の医療機関に定期的に情報共有している
▼当該老人保健施設の空床情報を、当該老人保健施設のウェブサイトに定期的に公表するとともに、急性期医療を担う複数医療機関の入退院支援部門に対し定期的に情報共有を行っている

老人保健施設の初期加算充実



今般のQ&Aその5では、例えば▼4月1日:急性期病院の一般病棟に入院▼4月20日:同病院を退院▼4月20-23日:居宅に在所▼4月24日:老人保健施設に入所—した場合に、次のように初期加算を算定する旨が示されました。

▽初期加算(I)
→急性期病院の退院日である4月20日から起算した30日の間から「居宅に在所した4日間(4月20-23日)」を控除した「26日間」に限り算定可能である

▽初期加算(II)
→介護老人保健施設に入所した日から30日間に限って算定可能
→事例で、初期加算(I)を26日間算定する場合には、30日から26日を控除した4日間の算定が可能である

生産性向上推進体制加算、新設事業所などでの要件取り扱いを明確化

介護人材の確保が困難を極める中、2024年度介護報酬改定では、介護ロボットやICT活用を積極的に行う短期入所系サービス、居住系サービス、多機能系サービス、施設系サービスについて、【生産性向上推進体制加算】を新たに設けています(関連記事はこちら)。
【加算(II)】(1か月当たり10単位)
▼利用者の安全・ケアの質の確保、職員の負担軽減対策を検討する委員会」の設置・定期開催▼必要な安全対策を講じた上で「業務の効率化、質の向上、職員負担軽減に資する機器」(見守り機器、インカム等の職員間の連絡調整迅速化に資するICT機器、介護記録ソフトウェアやスマートフォン等の介護記録の作成効率化に資するICT機器、以下同)のいずれか1つ以上を導入(希望する利用者・入所者へ100%導入)し、生産性向上ガイドラインに基づいた業務改善を継続的に行う▼業務改善やケアの質向上等に関する効果のデータを提供する—

【加算(I)】(1か月当たり100単位)
加算(II)に加え、▼「業務の効率化、質の向上、職員負担軽減に資する機器」をすべて導入(希望する利用者・入所者へ100%導入)する▼業務の明確化や見直し、役割分担(介護助手活用など)を行うなど「生産性向上の取り組み」をパッケージで行う—

生産性向上推進体制加算



生産性向上推進体制加算(I)(1か月当たり100単位)については、算定開始にあたって「加算(II)の要件となる介護機器の導入前後の状況を比較し、生産性向上の取り組みの成果を確認する」ことが求められています。

この点について、今般のQ&Aその5では次のような考え方を示しました。

▽介護機器の導入前の状況を把握している利用者・職員がいない場合(例えば、数年前、または新規に介護施設を開設し、開設当初より加算の要件となる介護機器を全て導入しているような場合)には、「生産性向上の取り組みの成果の確認」について次のように対応する

【利用者の満足度等の評価】
▽介護サービス利用者5名程度に、介護機器を活用することに起因する利用者の安全やケアの質の確保についてヒアリング調査等を行い、その結果に基づいて「利用者の安全・介護サービスの質の確保・職員の負担軽減に資する方策を検討するための委員会」において当該介護機器の導入による利用者の満足度等への影響がないことを確認する
→ヒアリングでは、介護護機器を活用した介護サービスを受ける中での、利用者が感じる不安や困りごと、介護サービスを利用する中での支障の有無、介護機器活用による効果等について聴取する
→事前調査が実施できずヒアリング調査等を行う場合には、利用者向け調査票による事後調査の実施は不要

【総業務時間および当該時間に含まれる超過勤務時間の調査、年次有給休暇の取得状況の調査】
▽事前調査
→「加算(II)の要件となる介護機器を導入した月(利用者の受け入れを開始した月)」を事前調査の実施時期とし、介護職員の1か月当たりの総業務時間、超過勤務時間、年次有給休暇の取得状況を調査する

▽事後調査
→「介護機器の導入後、生産性向上の取り組みを3か月以上継続した以降の月」における介護職員の1か月当たりの総業務時間、超過勤務時間、年次有給休暇の取得状況を調査し、事前調査の勤務状況と比較する

▽介護施設を新たに開設し、利用者の受け入れ開始月から複数月をかけて利用者の数を拡大するような場合には、利用者数の変化が一定程度落ち着いたと考えられる時点を事前調査の対象月とする
→「利用者数の変化が一定程度落ち着いた考えられる時点」とは、事前調査・事後調査時点における利用者数と介護職員数の比に大きな差がないことをいう
(例)
▽2024年1月に介護施設(定員50名)を新規開設し、1月に15人受け入れ、2月に15人受け入れ(合計30名)、3月に15人受け入れ(合計45名)、4月に2名受け入れ(合計47名)という具合に、利用者数を段階的に増加していく場合
→利用者の増加が落ち着いたと考えられる「4月」を事前調査の実施時期とする



このほか、今般のQ&Aその5では次のような考え方も明らかにされています。

【訪問リハ、通所リハ】
▽リハビリテーションマネジメント加算を算定する際に「リハビリ計画について、リハビリ事業所の医師が利用者・家族に対して説明し、利用者の同意を得た場合」には、1か月につき270単位が加算される
→リハビリ基本報酬算定の際、「3か月に1回以上の医師の診療」+「3か月に1回以上のリハビリ計画の見直し」を求めており、3か月に1回以上、リハビリ計画について医師が説明を行っていれば、リハビリテーションマネジメント加算に、毎月270単位を加算する

リハビリマネジメント加算の充実1

リハビリマネジメント加算の充実2



【福祉用具貸与・特定福祉用具販売・居宅介護支援・介護予防支援】
▽福祉用具貸与計画における次回のモニタリング実施時期については、例えば「何年何月頃」や「何月上旬」等の記載を想定しており、確定的な日付の記載は不要
→ただし、利用者の身体状況やADLに著しい変化が見込まれる場合など、特定の日に実施する必要があると判断されるときは日付記載も考えられる

▽福祉用具貸与計画に記載する実施状況の把握(モニタリング)の実施時期は、利用者の希望や置かれている環境、疾病、身体状況、ADL変化等が個人により異なるため、利用者ごとに検討する

▽選択制の対象となる福祉用具を購入した後に、修理不能の故障などにより新たに必要となった場合、特定福祉用具販売・福祉用具貸与を選択すること、販売後に身体状況の変化等により、同じ種目の他の福祉用具を貸与することも、いずれも可能

▽リハビリ専門職から医学的な所見を取得するにあたっては「利用者の身体状況や生活環境等の変化の観点から、利用者の過去の病歴や身体状況等を把握している専門職から聴取する」ことを想定している
→利用者を担当している福祉用具貸与事業所にリハビリ専門職が所属しており、当該専門職が医師と連携のもと利用者の入院期間中にリハビリを担当している場合や、利用者に訪問リハビリも提供している場合等であれば、当該専門職から医学的所見を取得することが可能である(利用者を担当している福祉用具専門相談員が、リハビリ専門資格を保有している場合も同じ)

▽選択制の検討・提案に当たって医学的所見を取得する際、取得方法や様式の指定はない

▽一度貸与を選択した利用者に対し、一定期間経過後に、再度貸与の継続を行う場合には、再度の医学的所見聴取は必ずしも必要なく、「必要に応じての医学的所見聴取」で可

▽一度貸与を選択した利用者に対し、一定期間経過後に、販売への移行を提案する場合には、医師やリハビリ専門職から取得した医学的所見、あるいは退院・退所時カンファレンス、サービス担 当者会議といった多職種による協議の結果を踏まえる必要がある

▽選択制の導入以前から特定福祉用具販売の対象になっている福祉用具は、再利用に心理的抵抗感が伴うものや、使用により形態・品質が変化するものであり、中古品の販売は想定していない

▽選択制の導入に伴い、「固定用スロープ」「歩行器」「単点杖」「多点杖」が特定福祉用具販売の対象となったが、特定福祉 用具販売では、販売後の定期的なメンテナンスが義務付けられていない、これらも「原則として新品の販売」を想定している

▽福祉用具を貸与から販売に切り替える際、既に当該福祉用具の販売が終了しており、新品を入手することが困難な場合は、利用者等に説明を行い、同意を得れば「同等品の新品の販売」に代えることが可能

福祉用具の貸与・販売の選択制導入

福祉用具貸与のモニタリング実施時期明確化



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

認知症専門ケア加算の「認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱ以上の者」割合、利用実人員、利用延人数のいずれで計算してもよい―厚労省
2024年6月から介護職員処遇改善加算見直しで「利用料変更」の可能性ある点を利用者・家族に説明せよ―厚労省
新たな【介護職員等処遇改善加算】、各種要件(キャリアパスIからV、職場環境等)の詳細を明らかに―厚労省
基本報酬引き下げ影響」調査求める声多し—社保審・介護給付費分科会(2)
2024年度介護報酬改定踏まえ高齢者施設・医療機関の連携、リハ・栄養・口腔の一体的取り組み状況など調査―介護給付費分科会・研究委員会
【2024年度介護報酬改定8】介護保険制度の安定性確保のため、「同一建物居住者へのサービス」が著しく多い訪問介護で基本報酬減算を強化
【2024年度介護報酬改定7】リハビリ・口腔管理・栄養管理の一体提供をさらに推進、質の高いリハビリ行う事業所を高く評価
【2024年度介護報酬改定6】医療機関-介護事業所・施設間の連携強化、介護保険施設・居住系施設の医療対応力強化を目指す
【2024年度介護報酬改定5】認知症の行動・心理症状(BPSD)予防にチームで取り組む施設等評価する【認知症チームケア推進加算】新設
【2024年度介護報酬改定4】3種類の処遇改善加算を新たな【介護職員等処遇改善加算】に一本化、訪問介護では加算率を2.1%引き上げ
【2024年度介護報酬改定3】処遇改善加算率の引き上げ等を歓迎する一方で、「訪問介護や定期巡回の基本報酬引き下げ」を懸念する声多数
【2024年度介護報酬改定2】ケアマネの基本単位数や特定事業所加算の単位数引き上げ、利用者数区分の見直し(緩和)も実施
【2024年度介護報酬改定1】訪問看護について「専門性の高い看護師による計画的な管理」や「歯科医療機関との連携」を新加算で評価
2024年度介護報酬改定に向け一足先に「人員配置基準」改正了承、介護施設等と医療機関の「中身ある連携」義務—社保審・介護給付費分科会
II型の介護医療院、療養型・その他型の老健施設で「2025年8月」から月額8000円程度の室料負担—社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定、プラス1.59%改定+αで「介護職員処遇改善」を強力推進、訪問看護やケアマネにも配慮—武見厚労相(2)
2027年度介護報酬改定に向け高齢者施設等・医療機関連携の強化、人員配置基準の柔軟化など継続検討を—社保審・介護給付費分科会(2)
2024年度介護報酬改定、居宅療養管理指導・訪問看護・訪問リハ・通所リハは6月施行、他は4月施行に分断—社保審・介護給付費分科会(1)
老健施設・介護医療院で「入所者に室料負担」を課すべきか否か、政治の場で検討・決着へ—社保審・介護給付費分科会(5)
介護事業所の感染症・看取り対応力強化を介護報酬で推進、LIFEデータ利活用で「介護の質」向上につながる—社保審・介護給付費分科会(4)
認知症の行動・心理症状(BPSD)発生予防の取り組み評価、リハ・栄養・口腔の一体的取り組みさらに推進―社保審・介護給付費分科会(3)
先駆的特定施設の「人員配置基準の緩和」をどのような要件下で認めるか、ケアマネの担当者上限数引き上げ―社保審・介護給付費分科会(2)
介護保険施設等は「在宅医療提供、在宅療養支援を行う医療機関」などと中身のある連携関係構築を急ぎ進めよ―社保審・介護給付費分科会(1)
介護施設等に「医療機関との実のある協力関係」「安全・ケア質確保、負担軽減」検討委員会設定など義務化—社保審・介護給付費分科会(2)
「介護医療院」と「療養型・その他型の老健施設」、一定所得以上の入所者に多床室の「室料負担」求めては—社保審・介護給付費分科会(1)
見守り機器導入する老健施設等でも夜間人員基準緩和、介護施設等で「生産性向上」委員会設置を義務化へ—社保審・介護給付費分科会(2)
3種類の介護職員処遇改善の加算を【新加算】に一本化、加算額の一定割合を月額賃金に充当—社保審・介護給付費分科会(1)
ADL維持等加算などを「患者の状態改善」により資する内容に見直す、BCP未策定事業所等で介護報酬減算—社保審・介護給付費分科会(3)
介護保険施設等に「医療機関と連携した感染症対応力強化」の努力義務、実際の連携強化を介護報酬で評価—社保審・介護給付費分科会(2)
認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD)を未然にチームで防ぐ取り組みを行う介護施設などを新加算で評価へ—社保審・介護給付費分科会(1)
介護保険施設等と医療機関との「中身のある連携・協力関係を構築する」ために、協力医療機関要件を厳格化—社保審・介護給付費分科会(2)
老人保健施設の在宅復帰機能・リハ機能・看取り機能・医療ニーズ対応・ポリファーマシー対策等を強化せよ—社保審・介護給付費分科会(1)
診療所の良好な経営状況に鑑み、2024年度診療報酬改定では「診療所は5.5%のマイナス改定」が妥当!―財政審建議
訪問介護の「同一建物減算」を厳格化すべきか?訪問介護+通所介護の新複合型サービスを創設すべきか?—社保審・介護給付費分科会(5)
訪問リハビリでも、「医療保険リハビリとの連携」強化を図り、「認知症リハビリ」実施を新たに評価へ—社保審・介護給付費分科会(4)
より質の高いケアマネジメントを推進しながらケアマネ業務の負担軽減目指す、同一建物減算を導入すべきか—社保審・介護給付費分科会(3)
介護保険の訪問看護、重度者対応・看取り対応・24時間365日対応などの機能強化をさらに推進—社保審・介護給付費分科会(2)
介護職員の3つの処遇改善を一本化、職場環境等要件も改善し「より働きやすい環境」構築—社保審・介護給付費分科会(1)
医療ショートを「高齢の軽症救急」搬送先の1つに、ショートステイでの看取り対応評価・長期利用是正進める—社保審・介護給付費分科会(3)
通所リハ、「入院中のリハ計画書入手」など義務化、質の高いリハ行う大規模事業所は高い報酬に—社保審・介護給付費分科会(2)
通所介護の入浴介助加算、安全確保のために「研修受講」義務化、重度者を多く受ける療養通所介護を高く評価—社保審・介護給付費分科会(1)
看多機に「利用頻度が少ない利用者向けの低い報酬」を設定、小多機の「認知症対応力強化」をさらに推進—社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定では「介護人材確保」が最重要ポイント、介護経営安定と制度安定のバランスも鍵—社保審・介護給付費分科会(2)
介護報酬改定の施行時期、「4月を維持」すべきか、「診療報酬と合わせ6月施行」とすべきか—社保審・介護給付費分科会(1)
2024年度介護報酬改定、小規模事業所のBCP策定や老健の高額薬剤使用等もポイント、認知症研修は極めて有用―介護給付費分科会・研究委員会
介護職員の加算、算定率の高いものは基本報酬に組み入れ、著しく低いものは背景を踏まえ廃止も含めた検討進める—社保審・介護給付費分科会
介護職員の処遇改善、ICT・介護助手活用による生産性向上、サービスの質を確保した上での人員基準柔軟化など検討—社保審・介護給付費分科会
認知症対策、介護サービスの質向上目指すLIFE、医療介護連携、とりわけ医療・介護間の情報連携等を強力に推進—社保審・介護給付費分科会
特定施設入居者生活介護の医療対応力・看取り対応力強化のために、どのような方策が考えられるのか—社保審・介護給付費分科会(5)
一部の特養ホームで「緊急時はすべて救急搬送する」事態も、特養入所者への医療提供をどう確保していくべきか—社保審・介護給付費分科会(4)
老健施設の「在宅復帰・在宅療養支援機能の更なる強化」を2024年度介護報酬改定でも目指す—社保審・介護給付費分科会(3)
介護医療院は医療施設だが「肺炎による医療機関転院」も生じている、さらなる医療・介護力強化が重要課題を—社保審・介護給付費分科会(2)
要介護者に適切な医療提供が行え、医療サイドに生活情報が伝わるよう、中身のある医療・介護連携推進を—社保審・介護給付費分科会(1)
介護保険の要となる「ケアマネの確保、ケアマネ事業所の安定経営」、訪問介護人材の確保にどう対応すべきか—社保審・介護給付費分科会(2)
訪問看護と訪問リハビリの役割分担を明確化、リハビリ専門職による訪問看護をさらに適正化—社保審・介護給付費分科会(1)
介護保険リハビリのアウトカム評価をどう考えていくか、高齢者は「リハビリ効果出にくい」点考慮を—社保審・介護給付費分科会(2)
通所サービスの介護報酬大規模減算は「事業所等の大規模化」方針に逆行、一般通所介護でも認知症対応力向上—社保審・介護給付費分科会(1)
認知症グループホームでの「医療ニーズ対応」力強化をどう図るか、定期巡回と夜間訪問との統合は2027年度目指す—社保審・介護給付費分科会
2024年度介護報酬改定論議スタート、地域包括ケアシステム深化・介護人材確保などがサービス共通の重要論点—社保審・介護給付費分科会
介護ロボット・助手等導入で「質を下げずに介護従事者の負担軽減」が可能、人員配置基準緩和は慎重に—社保審・介護給付費分科会(2)

日常診療・介護の中で「人生の最終段階に受けたい・受けたくない医療・介護」の意思決定支援進めよ!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
訪問看護の24時間対応推進には「負担軽減」策が必須!「頻回な訪問看護」提供への工夫を!—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
急性期入院医療でも「身体拘束ゼロ」を目指すべきで、認知症対応力向上や情報連携推進が必須要素—中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
感染対策向上加算の要件である合同カンファレンス、介護施設等の参加も求めてはどうか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
要介護高齢者の急性期入院医療、介護・リハ体制が充実した地域包括ケア病棟等中心に提供すべきでは—中医協・介護給付費分科会の意見交換