Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

大規模停電等に備え、電力確保等に支援が必要な在宅人工呼吸器使用患者等のリスト化進める―在宅医療ワーキング

2019.3.22.(金)

 在宅で人工呼吸器を使用している患者などでは、大規模停電時などに、電力確保に向けた支援(避難入院や一時的な電源供給など)が必要になるケースが多い。しかし、どこに支援が必要な患者が居住しているのか一元的な情報がなく、今後、支援に支障が生じることも考えられるため、リスト化などを進める―。

 3月18日に開催された「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」(「医療計画の見直し等に関する検討会」の下部組織、以下ワーキング)で、こういった方針が了承されました。

3月18日に開催された、「第8回 在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」

3月18日に開催された、「第8回 在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」

 

在宅人工呼吸器使用患者等を重症度に応じてグループ化し、順次支援を実施

 昨年(2018年)9月に発生した北海道胆振東部地震では、全道で電力供給がストップする、いわゆるブラックアウトが生じました。例えば、在宅で人工呼吸器装着をしている患者についてバッテリーが切れてしまうなど、医療提供等に大きな影響が出ました。

 全道で一定の電力が確保できるまで45時間程度が必要となりましたが、在宅人工呼吸器バッテリーの駆動時間は30分から11時間程度にとどまり、多くの在宅患者・家族が電力確保に苦労しました。

北海道札幌市を中心に在宅医療を積極的に提供している医療法人稲生会の土畠智幸理事長は、3月18日のワーキングに参考人として出席し、当時の状況を詳しく報告しました。稲生会では、過去の自然災害(2014年の豪雨被害など)を教訓に、在宅患者を重症度別(常時人工呼吸が必要か、夜間のみの人工呼吸でよいかなど)に3グループに分けてリスト化。これを定期的に更新し、非常時には「重症度の高いグループから順次、安否確認を行い、避難入院の要請を医療機関に行ったり、電力確保などを支援する」などの対応策を構築していました。今般の北海道胆振東部地震でも、この対応策に則って避難入院要請・電力確保支援などを実施することができましたが、いくつかの課題も浮上したと言います。

土畠理事長が特に強調したのは、「互助・共助」の視点です。電力が回復するまでの時間は地域によって大きく異なり、「道路一本を挟んだ向かいの地域では電力回復したが、こちら側では時間がかかる」ことなどが生じます。その際、「電力回復が遅れている地域で在宅人工呼吸器を使用している患者」に対し、向かいの家から電力供給(コンセントを貸すなど)が行われれば、移動が困難な患者が遠くの医療機関等まで電力を求めに行かなければならないといった事態を回避できます。しかし、在宅人工呼吸器を使用している患者が近隣に住んでいることなどを知らないことも多く、さらに在宅人工呼吸器のバッテリー充電においては「一般のコンセントで可能なケースも多い」ことを一般人は知りません。土畠理事長は、まず、こうした情報を広く共有することで、互助・共助が可能になるのではないかと指摘しています。

このほか、▼医療機関で発電機を準備し、そこからバッテリーに充電し、在宅患者のもとに充電済のバッテリーを届ける(患者側、医療機関側の対応)▼在宅医療拠点へ優先的に電力回復を行う(行政や電力会社の対応)▼移動電源車などの準備する(行政や電力会社の対応)―などを検討することも土畠理事長は提案しています。

また、「患者側で発電機を用意する」という選択肢も考えられますが、発電機操作には一定の困難も伴う(今回の地震では、ガソリン式発電機を室内で使用してしまい、発生した一酸化炭素で中毒死したケースもあるという)ため、安全な使用法などを十分に周知する必要がありでしょう。この点、土畠理事長のご提案のように、医療機関側で発電機を用意し、そこで充電したバッテリーを患者宅に配送することなども安全性の高い電力供給手法であるとと考えられます。
在宅医療ワーキング1 190318
 

医療機関や機器メーカーの患者リストなどもとに、全国の要援護患者をリスト化

 このように、大規模停電時などに在宅人工呼吸器の電力確保が非常に大きな課題となる中で、厚労省は次のような対策をとることを提案し、ワーキング構成員もこれを了承しています。

▽在宅人工呼吸療法患者等について、難病や障害等の申請要件に関わらず、「平時」から必要に応じて、患者情報(氏名、住所、使用している機器に関する情報等)をリスト化し、発災時に活用できるような対策を講ずる

▽居宅で人工呼吸器等を使用している患者について、日頃から必要に応じて非常用電源の確保や、医療機関との連携(バックベッドの確保等)などの整備を行う

前者は、土畠理事長が指摘したように「どこに支援(移動や電力確保等)が必要な在宅人工呼吸器使用患者がいるのか」が明確になっていないため、適切な支援が円滑に行えないという課題を重視したものです。

稲生会のように各医療機関では患者のリスト化が行われており、また在宅人工呼吸器の製造・販売会社でも使用患者リストを保有しています。こうした情報の一元化がまず必要ですが、それだけでは緊急時に活用することが難しく、リスト作成と同時に、具体的な支援手順を明確にすることが、円滑・適切な支援のために必要となります。厚労省医政局地域医療計画課「在宅医療推進室」の松岡輝昌室長は、「急がなければならないが、現場が混乱なく動けるように、きちんとした仕組みを構築する必要があり一定の時間が必要になる」との考えを示しています。なお、支援を要する在宅人工呼吸器等使用患者数は全国で3000名程度になるのではないかと見込まれています。

在宅医療の充実に向けた都道府県の取り組み、年2回の調査を通じてフォローアップ

 ところでワーキングでは、昨年(2018年)末に「在宅医療の充実に向けた議論の整理」を行い、これを受け厚労省は今年(2019年)1月に通知「在宅医療の充実に向けた取組の進め方について」を発出しています(関連記事はこちらこちらこちら)。

 患者が入院医療と在宅医療のいずれで療養するかを選択できるよう、市町村が在宅医療基盤を充実していくことが求められますが、そこでは国や都道府県のバックアップが重要です。通知「在宅医療の充実に向けた取組の進め方について」では、都道府県等に対し▼都道府県全体の体制整備(医療政策部局と介護保険担当部局の連携の推進、年間スケジュールの策定、市町村支援)▼在宅医療の取組状況の見える化(データ分析)(KDBシステムのデータ等の活用、医療機関ごとの調査(病院、診療所、訪問看護ステーション))▼在宅医療への円滑な移行(入退院支援ルールの策定支援等)▼在宅医療に関する人材の確保・育成(医療従事者への普及・啓発事業やスキルアップ研修の支援、多職種連携に関する会議や研修の支援)▼住民への普及・啓発(①人生の最終段階における医療・ケアについての意思決定支援に関する普及・啓発、在宅医療や介護に関する普及・啓発)―を進めるよう求めており、厚労省では、この状況を定期的(年2回)に調査し、報告・公表することとしています。

 3月18日のワーキングでは、今年(2019年)2月時点の各都道府県の状況が報告されました。

 通知発出から間もないこともあり、自治体間で取り組み状況にはバラつきがあることが分かりました。例えば、次のような状況が見えてきています。

▼年間スケジュール策定済は11自治体(岩手・東京・神奈川・富山・三重・滋賀・大阪・奈良・山口・長崎・大分)
在宅医療ワーキング3 190318
 
▼KDBデータの活用は14自治体(北海道・茨城・千葉・岐阜・静岡・三重・滋賀・京都・大阪・奈良・島根・広島・熊本・鹿児島)
在宅医療ワーキング4 190318
 
▼入退院支援ルールの全圏域策定は16自治体(青森・福島・茨城・群馬・東京・富山・福井・長野・滋賀・大阪・和歌山・徳島・愛媛・高知・大分・沖縄)
在宅医療ワーキング5 190318
 
 この点、例えば入退院支援ルールについては、「着手にとどまっているのか、それとも各医療機関がそのルールに則ってケアマネジャー等と必要な情報連携を行っているのかなどを詳しく見ていく必要がある」(池端幸彦構成員:日本慢性期医療協会副会長)などといった指摘もあり、厚労省ではより詳しい状況調査も検討していきます。先行事例を参考に、より多くの地域で在宅医療体制の充実が図られることが期待されます。

在宅医療圏、地域の実情に応じて「市町村単位」や「医師会単位」に設定を

 なお、在宅医療提供体制を考える上では、「どういったエリアを1つの単位と考えていくか」が重要となります。この点、2018-23年度の第7次医療計画からは、「2次医療圏単位よりも狭いエリア(例えば市町村を1つのエリアとするなど)を設定する」ことが可能となっています。より身近な医療機関や訪問看護ステーションなどが密接に患者と関わっていくことが期待されます。

 今般の調査では、15都県で「2次医療圏と異なる在宅医療圏を設定している」ことが分かりました。例えば▼保健所単位(山梨・高知)▼市町村単位(茨城・東京・石川・長野・兵庫・奈良・広島・香川)▼群市区医師会単位(栃木・長崎)―など、各地域で工夫が凝らされています。
在宅医療ワーキング2 190318
 
 地域によって状況は異なり、「市区町村単位がよいのか」「医師会との連携を強化するために、群市区医師会単位(市町村をまたいだ医師会もある)とするのか」などを検討していくことが必要で、一律に「市区町村単位とすべき」などの決めつけは好ましくないことを松岡在宅医療推進室長も確認しています。

【更新履歴】発電機の準備に関して、土畠理事長のご真意と異なる記述を一部しておりました。お詫びして訂正いたします。記事は修正済です。

   
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

在宅医療推進に向けて、市町村支援など「都道府県がすべき取り組み」を整理―在宅医療ワーキング
在宅医療推進に向け、都道府県は「在宅医療の現状の見える化」「市町村支援」等に注力を―在宅医療ワーキング
在宅医療の整備、都道府県の足並みにバラつきも、まず現状把握を確実に進めよ―在宅医療ワーキング
2021年に医療計画の中間見直し、在宅医療推進が最重要テーマに―地域医療構想・在宅医療ワーキング(2)
病床過剰地域での有床診開設特例、調整会議で事前審査を―地域医療構想・在宅医療ワーキング(1)

介護施設・在宅医療、2018年度からの計画的な整備を—医療計画見直し検討会(1)
在宅医療などの必要量、一般病床における資源投入量の少ない患者をどう考えるか―医療計画見直し検討会(2)
2018年度からの在宅医療、「療養病床の医療区分1患者」の7割など見込んで整備—医療計画見直し検討会(1)

医師・看護師確保策や在宅医療・訪問看護の整備目標など、医療計画に具体的に記載を—厚労省
2018年度からの医療計画、5疾病・5事業などの政策循環を強化し、介護保険計画との整合性確保を—厚労省

医療連携の推進、介護施策との整合性確保などを柱とする第7次医療計画の方向性固まる―医療計画見直し検討会
第7次医療計画の作成指針の議論が大詰め、厚労省が叩き台示す―医療計画見直し検討会
5疾病・5事業、2018年度からの第7次医療計画で「指標」も含めて見直し―厚労省・医療計画検討会(2)
医療資源投入量の少ない患者、基準病床数の「平均在院日数短縮」で勘案―厚労省・医療計画検討会(1)
都道府県の脳卒中・急性心筋梗塞対策、予防や回復期・慢性期のリハビリなども重視―厚労省・医療計画検討会
救急搬送患者の受け入れ実績が芳しくない3次・2次救急には何らかの対応も―厚労省・医療計画検討会
2018年度からの医療計画、CT・MRIの配置状況や安全確保状況なども考慮―厚労省・医療計画検討会(2)
次期医療計画での基準病床数の算定式、平均在院日数の動向は地域別に考えるべきか―厚労省・医療計画検討会(1)
5疾病・5事業は第7次医療計画でも維持、肺炎は脳卒中対策などの中で勘案―厚労省・医療計画検討会(2)
2次医療圏、5疾病・5事業それぞれの特性も踏まえた設定を―厚労省・医療計画検討会(1)
疾病ごと・事業ごとの医療圏設定推進など、2018年度からの第7次医療計画に向けて検討―厚労省・医療計画検討会

医療計画における在宅医療の評価、「退院支援加算を算定する病院数」などを指標に―厚労省・在宅医療ワーキング
在宅医療の整備、地域の実情に合わせた目標設定し、実績に基づいた評価が必要―厚労省・在宅医療WG

基準病床数の設定にあたり、「医療資源投入量」を考慮すべきか―地域医療構想ワーキング
地域医療構想の調整会議、地域で中核となる病院の機能の明確化から始めてはどうか―地域医療構想ワーキング(2)
2025年の病床必要量が既存病床を大きく上回る地域、基準病床数の毎年確認などで対応―地域医療構想ワーキング(1)
基準病床数、人口のベースは直近?未来? 長期入院患者は考慮する?―厚労省・地域医療構想WG(2)
医療計画の「基準病床数」と地域医療構想の「病床必要量」、両者の整合性をどう考えるか―厚労省・地域医療構想WG(1)

医療計画、介護保険計画の連携強化に向けた改訂「総合確保方針」、年内に告示へ―医療介護総合確保促進会議
2018年度の医療計画・介護計画策定に向け、総合確保方針見直しへ―医療介護総合確保促進会議

必要病床数を超える増床や新設を「認めない権限」を知事に付与―医療計画検討会(1)
公立・公的病院の役割、調整会議で見直せるのか?―社保審・医療部会 第59回(3)
地域医療構想調整会議での議論「加速化」させよ―厚労省・武田医政局長
2025年に向けた全病院の対応方針、2018年度末までに協議開始―地域医療構想ワーキング
公的病院などの役割、地域医療構想調整会議で「明確化」せよ—地域医療構想ワーキング
急性期病棟、「断らない」重症急性期と「面倒見のよい」軽症急性期に細分―奈良県
「入院からの経過日数」を病棟機能判断の際の目安にできないか―地域医療構想ワーキング(1)
急性期の外科病棟だが、1か月に手術ゼロ件の病棟が全体の7%—地域医療構想ワーキング(2)
公的病院や地域医療支援病院、改革プラン作成し、今後の機能など明確に—地域医療構想ワーキング(1)
新規開設や増床など、許可前から機能などを把握し、開設時の条件などを検討—地域医療構想ワーキング
本年度(2017年度)の病床機能報告から、患者数の報告対象期間を1年間に延長—地域医療構想ワーキング(3)
大学病院の一部、「3000点」が高度急性期の目安と誤解、機能を勘案した報告を—地域医療構想ワーキング(2)
7対1病棟は高度急性期・急性期、10対1病棟は急性期・回復期との報告が基本に—地域医療構想ワーキング(1)
地域医療構想出揃う、急性期の必要病床数は40万632床、回復期は37万5246床—地域医療構想ワーキング(3)
病院の急性期度をベンチマーク分析できる「急性期指標」を報告—地域医療構想ワーキング(2)
循環器内科かつ高度急性期にも関わらず、PTCAを1度も実施していない病院がある—地域医療構想ワーキング(1)

病床機能報告の病床数と地域医療構想の必要病床数、「一致する性質のものでない」ことを確認―地域医療構想GL検討会
「救命救急やICUは高度急性期」など、特定入院料と病棟機能との関係を一部整理―地域医療構想GL検討会

高度急性期や急性期の患者数推計の計算式示される、リハの扱いに注意を―地域医療構想策定の関係省令
地域医療構想策定ガイドライン固まる、回復期は175点以上に設定
高度急性期は3000点、急性期は600点、回復期は225点以上と厚労省が提案-地域医療構想GL検討会(速報)

地域医療構想策定後はもちろん、策定前から地域医療の課題抽出をすべき―地域医療構想策定GL検討会
「病棟の機能」の再議論望む声相次ぐ―地域医療構想GL検討会
ICUやHCUが慢性期機能と報告した場合など、厚労省から「修正」依頼も―地域医療構想策定GL検討会
病院・病床の機能分化はペースも重要、短期間での達成は好ましくない―厚労省・佐々木室長

地域医療構想策定に向け、「地域で欠けている医療機能」や「医療提供体制の評価」が必要―厚労省・神田医政局長

 
在宅医療推進に向け、まず都道府県支部レベルで医師会や看護協会、病院団体等が連携を―全国在宅医療会議
「病院と在宅医療の協働」や「関係団体の連携」など旗印に在宅医療を推進―全国在宅医療会議
在宅医療の推進に向け「病院と在宅医療の協働体制構築」等をマイルストーンに置いてはどうか―全国在宅医療会議ワーキンググループ
在宅医療の推進阻む課題を収集、中長期目標を設定―全国在宅医療会議ワーキンググループ
在宅医療推進に資するエビデンス構築に向け、まず「テーマ」を検討—全国在宅医療会議ワーキング
在宅医療の推進、地域医師会を中心に関係団体が集約し、エネルギー分散を避けよ―全国在宅医療会議
在宅医療診療ガイドラインを完成し、在宅医療の「質の底上げ」を推進―全国在宅医療会議ワーキング
在宅医療の推進、医療機関・医師会・行政・学会・国民が協働することが重要―全国在宅医療会議ワーキング
在宅医療の推進、市区町村と地域医師会との連携が第一歩―全国在宅医療会議ワーキング
在宅医療の臨床指標を構築し、国民に「在宅医療のメリット」などを周知―厚労省・全国在宅医療会議