Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

2020年度予算、「医療介護総合確保基金の大幅増」「医師少数地域に赴任する医師への補助」など実施せよ―日医

2019.5.21.(火)

 来年度(2020年度)政府予算においては、例えば医師や看護師等の「働き方改革」に向けて、准看護師の養成を強化し「医師からタスク・シフティングを受ける看護師」の業務が過剰にならないよう配慮する必要がある。また、2025年度の地域医療構想実現を目指し、地域医療介護総合確保基金の「医療分」について、大幅な増額と柔軟な運用を実現すべきである。さらに、医師偏在の是正に向けて、例えば「医師少数の地域に赴任する医師」への経済インセンティブ付与なども検討する必要がある―。

 日本医師会は5月15日に、こうした要望内容(2020年度概算要求要望)を明らかにしました(日医のサイトはこちら(概要)こちら(詳細)こちら(新規項目の抜粋))。

がんゲノム医療の推進に向け、我が国でもリキッドバイオプシー確立など目指せ

 日医の2020年度予算編成に向けた要望内容は、(1)予防・健康(2)働き方改革(3)オリンピック・パラリンピック対策(4)地域医療(5)ICT・AI・IoT活用(6)災害対策(7)薬務対策への予算確保(8)介護保険(9)医療の国際貢献推進(10)医学・学術(11)医療安全(12)医療保険―の12項目と非常に多岐にわたります。このうち(12)の「医療保険」は、2020年度の診療報酬改定とも密接に絡み、今後、別枠で要望が行われることになります。(1)から(11)の項目の中から、気になるものを拾ってみましょう。

まず(1)の予防・健康に関しては、妊娠・出産から高齢者までの「切れ目のない健康長寿社会」の構築を求めるとともに、これを下支えする「生涯を通じた患者個人の健診データをかかりつけ医等が参照し、診断補助や保健指導に活用するための健診標準フォーマット」を運用するための財政支援を求めています。

また、我が国の死因第1位を独走する「がん」への効果的かつ効率的な治療法選択・開発に向けた「がんゲノム医療」推進に向けた取り組みの強化も求めています。具体的には、リキッドバイオプシー検査(唾液や血液などを検体として、低侵襲で実施するがんの診断)など「ゲノム情報を活用した、安全で精度の高い、かつ簡便な検査法」の確立や、「遺伝カウンセリングなどの相談体制」の構築、「治療に結びつかなかったゲノム治療難民のフォローアップ体制」構築などを要望しています。現時点では、がんゲノム医療によって最適な抗がん剤等が見つかる可能性は10-20%程度にとどまっており、残り8-9割の患者の落胆は大きくなることから、そのフォローが非常に重要となるでしょう(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

さらに、▼妊産婦健康診査の公費負担増▼出産育児一時金の42万円から55万円への引き上げ▼不妊治療に関する公費負担制度の在り方見直し(所得制限の撤廃)▼病児・病後児保育の充実と、小児デイケア・ショートステイ施設の整備▼妊産婦医療費助成制度の整備▼▼治療と仕事の両立支援の推進(中小・零細企業への助成など)▼特定健康診査・特定保健指導実施体制の充実(特定健診とがん検診との同時実施体制整備など)▼糖尿病性腎症の重症化予防への支援▼アレルギー疾患対策の充実▼がん対策の充実(がん診断時からの緩和ケア実施など)▼難病対策の充実(難病拠点病院と地域医療機関との連携補助等、関連記事はこちらこちら)―など幅広い、保健医療の充実を求めています。

医師から業務移管される看護師が負担過剰にならないよう、准看護師育成も強化せよ

 また(2)の働き方改革に関しては、医師から多職種へのタスク・シフティングの推進支援などを要望しています。

 厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」では、勤務医の時間外労働上限を2024年4月から原則960時間以下とし、地域医療の確保に欠かせない救急病院等について特例的・暫定的に1860時間以下にするなどの方針を明確化。これを実現するために、今後、5年間で▼医療機関における労務管理の実施(勤務環境マネジメントの強化)▼医師から多職種へのタスク・シフティング(業務移管)等による労働時間の短縮―などを強力に推し進めることとしています(関連記事はこちら)。

 ただし、医師から、例えば看護師へのタスク・シフティングを進めるにとどまらず、すでに多忙な看護師の業務が過剰とならないよう、「看護師から多職種(准看護師や看護補助者など)へのタスク・シフティングを進め、看護師は『看護師でなければ実施できない業務』に特化する」ことが必要で、他の職種についても全く同じことが言えます。

こうした点を踏まえて日医では、▼准看護師の養成を強化し、病院が多くの看護師を確保できるよう支援する(准看護師養成所の教育環境改善)▼看護補助者の処遇改善▼医療秘書当の養成推進▼タスク・シフティングなどに先進的に取り組む医療機関への必要経費補助▼タスク・シフティングに資する什器・備品やICT機器導入の支援―などを行うよう求めています。

さらに、▼医療機関における勤務環境マネジメントの強化支援▼医療勤務環境改善支援センター(勤改センター)における労務管理支援事業の充実▼女性医師の就業・復職支援―などの実施も求めています。

地域医療構想の実現目指し、医療介護総合確保基金の積み増しなど実現せよ

 一方、(4)の地域医療に関しては、地域医療構想の実現に向けて、▼地域医療介護総合確保基金の「医療分」の大幅増と柔軟な運用▼地域医療構想調整会議の活性化支援(外来、介護連携のための部会設置など)▼かかりつけ医機能・身近な入院機能を担う中小病院や有償診療所への支援▼在宅医療を担う診療所・中小病院の確保▼救急医療「後」の患者を受け入れる後方施設の整備▼病床機能の収斂(機能転換で必要な人材の確保養成や病棟整備の補助)―などを行うよう求めています。

地域医療構想は「2025年度の実現」を目指して進められていますが、地域で基幹となる公立病院や公的病院等の機能改革について、必ずしも十分な絵が描けていないことから、今後、「再検証」を行うこととなっています。残された6年間で、どのように各地域の議論を活性化させ、機能分化等を推進していくのか、各医療機関の動向はもちろん、厚労省や都道府県の舵取りにも注目が集まります(関連記事はこちらこちらこちら)。

 
また2020年度には、第7次医療計画(2018-23年度)の中間見直し作業を各都道府県で行うことになります(2019年度中に厚労省で見直し指針を策定し、2020年度に都道府県で見直し作業を行い、21年度から見直し後計画をスタートさせる)。この点について日医では、▼小児在宅ケアの支援▼在宅療養患者の最終段階における「家族等からかかりつけ医への連絡体制」構築▼在宅副主治医制の運用支援▼在宅医療を担う医師・看護職員等養成のための啓発事業(研修など)▼汎用性が高く、継続性の担保されたICT整備―などが必要と強調。

 
さらに2020年度からは、医師偏在を是正するために各都道府県で「医師確保計画」をスタートさせます(2019年度に計画を作成)。新たな指標に基づく「医師多数」地域から「医師少数」地域への医師派遣などを強力に進めるための「魅力的なキャリア形成プログラム」を作成したり、将来においても医師が不足する都道府県から大学医学部に「地域枠」「地元枠」の設定等を求めることなどを盛り込みます(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちら)。

この「医師確保計画」を実効性あるものとするために、日医は▼医師少数の区域等に赴任した医師への経済的インセンティブ付与▼医師少数の区域等に赴任した医師の「子弟」への教育・進学支援▼医療機関の勤務環境改善支援▼ドクターバンクの設置促進と全国ネットワーク化▼看護学生への支援(就学資金貸与)の充実▼訪問看護師の育成―などを行ってはどうかと提案しています。医師確保計画等に基づいた医師偏在対策が功を奏しない場合には、より強力な対策(例えば開業制限など)が検討される可能性もある点には留意が必要です。

なお、医師の偏在状況(配置状況)をより正確に把握するために、▼医師・歯科医師・薬剤師調査の見直し▼必要医師数調査の実施―なども日医は求めています。

介護医療院への転換支援、介護従事者の確保などに注力せよ

 また(8)の介護保険関係では、▼介護医療院への転換助成▼介護従事者の確保(労務管理や、出産・妊娠・育児への支援、新たなケア手法の検討など)▼地域包括支援センターの機能充実▼在宅医療と介護サービスを一体的に提供する体制の構築(多職種共同研修など)▼科学的介護実現に向けたデータ収集やデータベース構築とその活用▼介護保険総合データベース(通称、介護DB)の活用促進▼認知症にかかる地域支援事業(認知症初期集中支援チームなど)の充実▼かかりつけ医と認知症サポート医との連携推進▼認知症疾患医療センターの整備▼認知症研究の推進―などに注力することを求めています(関連記事はこちらこちら)。

 2022年度からは、いわゆる団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になりはじめ、2025年度にはすべて後期高齢者となることから、今後、医療・介護ニーズが急速に増加していくと予想されます。こうしたニーズに的確に対応するために、主に医療分野では「地域医療構想の実現」が、主に介護分野では「地域包括ケアシステムの構築」が進められており(それぞれ連関する)、日医もこれを積極的にサポートしていく考えを明確にしています。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

公立・公的病院等の機能改革、「医師働き方改革」「医師偏在対策」と整合する形で進めよ―地域医療構想ワーキング(1)
公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

 
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

 
医師働き方の改革内容まとまる、ただちに全医療機関で労務管理・労働時間短縮進めよ―医師働き方改革検討会
医師の時間外労働上限、医療現場が「遵守できる」と感じる基準でなければ実効性なし―医師働き方改革検討会
研修医等の労働上限特例(C水準)、根拠に基づき見直すが、A水準(960時間)目指すわけではない―医師働き方改革検討会(2)
「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)

研修医や専攻医、高度技能の取得希望医師、最長1860時間までの時間外労働を認めてはどうか―医師働き方改革検討会(2)
救急病院などの時間外労働上限、厚労省が「年間1860時間以内」の新提案―医師働き方改革検討会(1)
勤務員の健康確保に向け、勤務間インターバルや代償休息、産業医等による面接指導など実施―医師働き方改革検討会(2)
全医療機関で36協定・労働時間短縮を、例外的に救急病院等で別途の上限設定可能―医師働き方改革検討会(1)
勤務医の時間外労働上限「2000時間」案、基礎データを精査し「より短時間の再提案」可能性も―医師働き方改革検討会
地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は相互に「連環」している―厚労省・吉田医政局長
勤務医の年間時間外労働上限、一般病院では960時間、救急病院等では2000時間としてはどうか―医師働き方改革検討会
医師働き方改革論議が骨子案に向けて白熱、近く時間外労働上限の具体案も提示―医師働き方改革検討会
勤務医の働き方、連続28時間以内、インターバル9時間以上は現実的か―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外労働の上限、健康確保策を講じた上で「一般則の特例」を設けてはどうか―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外行為、「研鑽か、労働か」切り分け、外形的に判断できるようにしてはどうか―医師働き方改革検討会
医師の健康確保、「労働時間」よりも「6時間以上の睡眠時間」が重要―医師働き方改革検討会
「医師の自己研鑽が労働に該当するか」の基準案をどう作成し、運用するかが重要課題―医師働き方改革検討会(2)
医師は応召義務を厳しく捉え過ぎている、場面に応じた応召義務の在り方を整理―医師働き方改革検討会(1)
「時間外労働の上限」の超過は、応召義務を免れる「正当な理由」になるのか―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の宿日直・自己研鑽の在り方、タスクシフトなども併せて検討を―医師働き方改革検討会(1)
民間生保の診断書様式、統一化・簡素化に向けて厚労省と金融庁が協議―医師働き方改革検討会(2)
医師の労働時間上限、過労死ライン等参考に「一般労働者と異なる特別条項」等設けよ―医師働き方改革検討会(1)

 
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、中核病院なみの診療体制を敷きゲノム医療を自院で完結―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
2019年度から、がんゲノム医療や科学的根拠に基づく免疫療法の研究も重点的に進めよ―がん研究あり方有識者会議

遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)
がんゲノム医療、自分に最適な抗がん剤見つかる可能性は10-20%にとどまることなど説明を―がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議

 
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を先進医療で導入―中医協総会(1)
オプジーボの用量見直しや適応拡大などを踏まえ、最適使用推進ガイドラインを新設・改訂―中医協総会
2019年10月の消費税率引き上げ、薬価等の見直しは同時に行うべきか―中医協総会
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)

がんゲノム医療を牽引する「中核拠点病院」として11病院を選定―がんゲノム医療中核拠点病院等指定検討会
がんゲノム医療を提供できる中核病院を、本年度(2017年度)中に7-10施設指定—がんゲノム医療懇談会
がんゲノム医療、当面は新設する「がんゲノム医療中核拠点病院」で提供―がんゲノム医療懇談会
がんとの闘いに終止符打つため、広く関係者が集い世界水準の「ゲノム医療」推進―厚労省

 
難病医療支援ネットワーク、都道府県の拠点病院と専門研究者との「橋渡し」機能も担う―難病対策委員会
難病診療連携の拠点病院を支援する「難病医療支援ネットワーク」に求められる機能は―難病対策委員会

 
介護予防・重度化防止に向けた「地域支援事業」を各市町村でさらに推進せよ―介護保険部会
介護保険改革論議スタート、給付と負担の見直し・事業所等の大規模化・人材確保などが重要テーマ―介護保険部会