Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

「術前等にPCR検査をしなければ治療完遂できない」と医師が判断すれば、無症候患者へも保険診療としてPCR検査実施可―中医協総会

2020.4.24.(金)

例えば「手術等を実施する前に新型コロナウイルスのPCR検査を実施しなければ、術後合併症の発症予測や医療従事者の感染防止などが困難となり、当該患者への治療を完遂できない」と医師が判断する場合には、当該患者が無症候であっても術前等にPCR検査を保険診療として実施することが可能である―。

一方、例えば「自院の入院患者すべてに対し、一律にPCR検査を実施する」といったようなケースは保険診療として好ましくない―。

4月24日に開催された中央社会保険医療協議会・総会で、こういった点が確認されました。ただし保険適用されるか否かの判断が不明瞭な部分もあるため、今後、厚労省で具体的な線引きが示さる見込みです。

さらに、在宅医療や歯科医療、臨時設置される医療施設における診療報酬の柔軟措置・特例の方向が承認されています。厚生労働省では4月24日中にも、事務連絡を発出したい考えです。

なお、中医協総会は新型コロナウイルス感染防止のためにオンラインで開催されています。

「入院患者全員に、一律にPCR検査実施する」などのケースでは、保険診療と認め難い

新型コロナウイルスの猛威はとどまるところを知らず、我が国でも感染患者が急増しています。安倍晋三内閣総理大臣は、感染拡大を防止し、医療提供体制を確保するために4月7日に新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項に基づいて緊急事態宣言を行うとともに、「緊急経済対策」を閣議決定。さらに4月16日には緊急事態宣言の対象を、従前の7都県(▼埼玉県▼千葉県▼東京都▼神奈川県▼大阪府▼兵庫県▼福岡県―)から、全国に拡大しています。

医療提供体制に関しては、2月25日の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」において、▼患者数増等を見据え、医療機関における病床や人工呼吸器等の確保を進める▼患者数が大幅に増えた状況では、一般医療機関の外来で、診療時間や動線を区分するなどの感染対策を講じた上で、新型コロナウイルス感染疑い患者を受け入れる▼高齢者や基礎疾患を有する者では、重症化しやすいことを念頭におき、より早期・適切な受診につなげる▼風邪症状がない高齢者や基礎疾患を有する者等に対する継続的な医療・投薬等については、感染防止の観点から、「電話による診療等により処方箋を発行する」など、極力、医療機関を受診しなくてもよい体制を構築する―などの考えを明確化し、患者数拡大に合わせて順次、この基本方針の具体化が進められています。また新型コロナウイルス感染の診断を補助するPCR検査が3月6日から保険適用されています(関連記事はこちら)。

そうした中で、日本外科学会等からは「新型コロナウイルスに感染していても、無症候の患者がいる。そうした患者に手術等を実施した場合に、重症化のリスクも高く、また医療従事者への感染リスクもある。全身麻酔手術や局所麻酔手術を行う前のPCR検査を保険適用してほしい」との強い要望が出ています(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

この点について4月24日の中医協総会でも、診療側・支払側双方の委員から「無症候の感染患者を起点とする院内感染が急増している。新型コロナウイルス感染患者に対するPCR検査を、無症候の入院患者等にも保険適用することを早急に検討してほしい」との要望が相次ぎました。

この点については、厚労省保険局医療課医療技術評価推進室の岡田就将室長は、次のような整理を行い、現在でも医師が「当該患者の治療完遂に必要」と判断する場合であれば、無症候患者であってもPCR検査を保険診療で行える旨を明確にしました。

▽従前から、医師が「新型コロナウイルス感染を疑い、患者の治療等を完遂するために必要不可欠である」と考える場合には、PCR検査を保険診療として実施することが可能である

▽一律に、例えば入院患者全員について、新型コロナウイルス感染の疑いがない患者に対してもPCR検査を実施するような場合には、保険診療として認めることは難しい

前者では、「陽性患者であれば延期を検討できたが、それを覚知出来ずに手術等を実施してしまい、新型コロナウイルス感染症が重症化してしまった」という事態を避けるケースが、「事前に陽性患者であると覚知できれば、エアロゾル等が発生しやすい手技等を行う際に、医療従事者の防護を完璧にし、感染を防止できたが、それを覚知できずに医療従事者が感染してしまった」という事態を避けるケースなど、さまざまな場面が考えられます。岡田保険医療技術評価推進室長は、中医協総会終了後に記者団に対して「(上述のような)院内感染防止も、治療完遂ための要素の1つとして考えることができる。しかし、例えば一般的な院内感染防止を目的として、治療完遂の観点を度外視して、一律に全入院患者等にPCR検査を実施するとなれば、保険診療の範囲内とは考えにくくなる」旨をコメントしています。

このように「保険診療として認められるPCR検査」と「保険診療とは認めがたいPCR検査」との線引きには不明瞭が部分もあり、岡田保険医療技術評価推進室長は「近く整理を行う」考えを示しています。「必要な症例へのPCR検査は保険診療上も妨げられない(一般的な保険診療の考え方に沿ったもの)が、必要性を考慮せずに実施することは慎まなければならず、保険診療としても評価されない」点に留意が必要です。

在宅医療でも、感染防止の上で新型コロナウイルス感染患者等を診療すれば特別評価

厚労省では、中医協総会の意見も踏まえて、新型コロナウイルス感染症患者を積極的に受け入れる医療機関等を経済的に評価することなどを目指し、診療報酬上の柔軟対応や特例が順次行われてきています(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら)。

4月24日の中医協総会では、新たに次のような診療報酬上の柔軟対応・特例を行う方針が固められました。

(1)在宅時医学総合管理料、施設入居時等医学総合管理料(以下、本稿では「在総管等」とする)の特例
(2)訪問看護療養費の特例
(3)訪問服薬指導の特例
(4)歯科診療の特例
(5)「臨時の医療施設」に関する診療報酬上の措置

まず(1)-(3)は、これまでに定期的な訪問診療を受けている「在宅で療養する患者やその家族、施設入居する患者や施設スタッフなど」から「新型コロナウイルスへの感染の恐れがあるので、訪問診療を控えてほしい」との要請が医療機関になされていることを踏まえたものです。

訪問診療は「通院が不可能、あるいは極めて困難な患者に対し、必要な医学管理等を行う」ものであり、それが滞れば病状悪化等に繋がってしまいます。このため厚労省保険局医療課の森光敬子課長は、まず「患者等が新型コロナウイルス感染を懸念し、訪問を拒否する場合であっても、医療上の必要性等を説明し、患者等の理解を得て、訪問診療の継続に努める」ことが原則であるとし、「厚労省老健局と相談し、介護施設等に対し、必要な訪問診療を拒否しないよう要請する事務連絡等を近日中に示す」考えを明らかにしました。

こうした原則を踏まえてなお、患者等が訪問診療を拒否する場合には、次善の手段として「電話や情報通信機器を活用した診療」を選択することになります。しかし、この場合には在総管等の算定が制限され、訪問診療を行う医療機関の収益が大きく減少してしまいます。

▼従前、月2回の訪問診療を行い【月2回訪問の在総管等】を算定していた患者に対し、新型コロナ対策として、「月1回の訪問+電話等診療」とした場合には【月1回訪問の在総管等】(月2回訪問の在総管等よりも低い報酬)しか算定できず、「月2回の電話等診療」とした場合には在総管等を算定もできない

▼従前、月1回の訪問診療を行い【月1回訪問の在総管等】を算定した患者に対し、新型コロナ対策として、訪問診療を「電話等診療」に切り替えた場合には、在総管等を算定できない

在総管等は「訪問診療を行う患者に対する、急変時の24時間対応体制確保をはじめとする総合的な医学管理」を評価するものである点に鑑みれば、訪問診療が実際に行われる場合には、医療機関側の負担を考慮することが必要でしょう。とりわけ4月診療分については、安倍晋三内閣総理大臣が緊急事態宣言を行ったこともあり、患者等への「訪問診療の必要性」に関する説明と理解・納得が間に合わず、「電話等診療のみ」となってしまうケースも少なくないと想定されます。

このため森光医療課長は、新型コロナウイルス感染が拡大している間の臨時特例的な対応として、(1)の在総管等について次のような対応をとることを提案しています。

【月2回訪問のケース】
▽2020年4月診療分

→従前、月2回の訪問診療を行い【月2回訪問の在総管等】を算定していた患者に対し、新型コロナ対策として、「月1回の訪問+電話等診療」あるいは「月2回の電話等診療」とした場合には、【月2回訪問の在総管等】の算定を認める

▽2020年5月診療分以降
→新型コロナ対策として、「月1回の訪問+電話等診療」とした場合、その月に限り【月2回訪問の在総管等】の算定を認める
→ただし「月1回の訪問+電話等診療」が2か月以上連続する場合には、訪問診療計画を「月2回訪問」から「月1回訪問」に変更し、【月1回訪問の在総管等】の算定とする

例えば、従前は「月2回の訪問診療」を実施していた患者に、4月、5月、6月と連続して「月1回の訪問+電話診療」となった場合には、4月と5月は【月2回訪問の在総管等】を算定できますが、6月については訪問診療計画を「月1回の訪問診療」見直し、【月1回訪問の在総管等】を算定することになります。

【月1回訪問のケース】
▽2020年4月診療分

→従前、月1回の訪問診療を行い【月1回訪問の在総管等】を算定した患者に対し、新型コロナ対策として、訪問診療を「電話等診療」に切り替えた場合には、【月1回訪問の在総管等】の算定を認める

▽2020年5月診療分以降
→以降、月1回の訪問診療を「電話等診療」に変更した場合には、在総管等の算定は認めない

上述のとおり、5月以降は患者等に対して「訪問診療の必要性」などを丁寧に説き、理解と納得を得ることが大前提となります。

在総管等の特例1(中医協総会1 200424)

在総管等の特例2(中医協総会2 200424)



また森光医療課長は、「新型コロナウイルスの感染症患者、疑い患者に対して『往診』等を実施する場合には、外来診療と同様に、必要な感染予防策を講じた上で当該患者の診療を行う際に、B001-2-5【院内トリアージ実施料】(1回300点)の算定を認める」考えも示しています。新型コロナウイルス感染症患者、疑い患者に対しても、必要な往診等を提供されることが期待されます(関連記事はこちらこちら)。

電話等による看護職員の病状確認等を【訪問看護療養費】で評価

また(2)の訪問看護についても、新型コロナウイルスへの感染を恐れて、患者や家族等が「訪問を拒否する」ケースがあることから、必要最低限の管理指導を確保するために「電話や情報通信機器を用いた訪問看護」を臨時特例的に可能とすることとなりました。

具体的には、「1か月に少なくとも1日は訪問看護を実施する」ことを条件に、電話や情報通信機器を用いて訪問看護ステーションの看護職員が病状確認や療養指導を行った場合に、【訪問看護管理療養費】【訪問看護管理療養費に係る加算】【訪問看護情報提供療養費】の算定を認めるものです。つまり、「月に1度も訪問を行わずに、電話等で対応する」「訪問看護ステーションの理学療法士等が電話等で対応する」場合には、この臨時特例は適用されず、訪問看護療養費等を算定することは認められません。

例えば、月に一度、実際の訪問看護を提供し、二度目ついて電話等で看護職が指導等を行うケースが対象となります。この場合、二度目の電話等での指導では、月の2日目以降の【訪問看護療養費】(3000円)などを算定することになります。

訪問看護療養費の特例(中医協総会3 200424)



さらに森光医療課長は、外来診療や往診等と同じ考えに立って、「新型コロナウイルス感染症の利用者、疑いのある利用者に対して訪問看護を実施する場合には、必要な感染予防策を講じた上で当該利用者の看護を行う際に、【特別管理加算】(1か月当たり2500円)の算定を認める」考えも示しています(関連記事はこちらこちら)。



一方(3)では、訪問薬剤管理指導に代えて「電話や情報通信機器を用いて薬歴管理、服薬指導、服薬支援、薬剤服用状況、薬剤保 管状況および残薬の有無の確認等を実施」した場合には、【在宅患者訪問薬剤管理指導料】に代えて、【薬剤服用歴管理指導料】(要件を満たせば管理指導料に係る加算も)を算定することも示されました。

調剤報酬の特例(中医協総会4 200424)



こうした柔軟対応・特例に中医協委員から異論は出されず、原案通り承認されています。

医療提供体制が逼迫し、臨時の入院施設を設ける場合には「結核病棟入院基本料」を算定

新型コロナウイルス感染患者の急増等によって地域の医療提供体制が逼迫する事態も想定されます。その際、都道府県では「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の規定に基づき「臨時の医療施設」を開設・設置することになります。例えば「ホテル等に医療スタッフを配置し、臨時の医療施設とする」ケース、「体育館等にベッドを設置、医療スタッフを配置し、臨時の医療施設とする」ケース、「病院の駐車場等にプレハブの施設を急造し、そこにベッドを設置し、医療スタッフを配置する」ケースなど、さまざまな形態が考えられます。

こうした「臨時の医療施設」でも、必要な要件を満たせば保険医療機関としての指定も可能であり、その場合には、保険診療を実施し診療報酬(社会保険診療報酬)を算定することになります。そこで森光医療課長は、「臨時の医療施設」において算定する診療報酬の基本的な考え方を次のように整理しました。今後、さまざまな形態の「臨時の医療施設」が実際に登場した際に、個別具体的な対応が改めて検討されることでしょう。

▽入院基本料については、応急的に医療提供を行う臨時の医療施設であることを踏まえ、【結核病棟入院基本料】を準用する(看護配置が7対1から20対1まであり、臨時の医療施設でも算定しやすい)

▽入院基本料に係る「入院診療計画」等の基準については、臨時の医療施設の性質に鑑みて、実情に応じた柔軟な運用とする(例えば「入院診療計画」は簡素化や標準フォーマット使用を認め、時間のかかる届出書類については「事後の届け出」を認めるなど)

各種加算(看護配置加算や看護補助加算など)については、通常通りの施設基準・算定要件とする

▽新型コロナウイルス感染症の中等症・重症患者の受け入れに係る時限的・特例的な対応(救急医療管理加算、二類感染症患者入院診療加算など)等についても要件を満たせば算定可能とする

臨時の医療施設に係る診療報酬(中医協総会6 200424)



こうした対応に異論は出ていませんが、支払側の吉森俊和委員(全国健康保険協会理事)らは「臨時の医療施設を保険医療機関として指定する場合には、保険医療機関として最低限必要となる医療安全確保や医療の質確保などに関して、基準を明確にすべき」と提案、森光医療課長も「とりわけ入院医療に関しては医療安全確保が重要となる。必要最低限の基準を整理し、急ぎ示す」考えを明確にしています。



また、(4)の歯科については、医科と同様に「電話や情報通信機器等による初診」等を認めることとなり、その際の点数設定(電話等による初診では185点(歯科訪問診療料と同点数))が行われました(関連記事はこちら)。

ただし、歯科においては医科以上に「電話等での診療」が行われるケースは限定され、いわゆる「受診勧奨」との線引きが難しくなります。例えば、「処置または医薬品処方を伴わない歯科診療」は、健康相談等に近いと考えられます。この点については幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)らも「電話等の診療が認められるのは、医薬品を処方したケースに限定すべきであり、その旨を事務連絡等で明確にすべき」と要請しており、厚労省もこの要請に沿った規定を置く考えです。

歯科診療報酬の特例(中医協総会5 200424)



なお、既に関連記事は「重症患者を受け入れる集中治療室等においては、通常の2倍+αの点数を算定できる」旨の特例が設けられていますが、森光医療課長は「小児等の集中治療室(PICUやNICUなど)においても、同様の特例を行う。その点が明確になるように事務連絡等で示す」考えを明らかにしています。


MW_GHC_logo

 

【関連記事】

新型コロナ患者受け入れのための空床確保等で医療機関経営は逼迫、財政支援・補填を要請―日病・相澤会長
新型コロナ院内感染防止のため、無症候患者への手術や検査等前のPCR検査を認めよ―内科学会・感染症学会
新規開設で特別入院基本料を算定する間でも、新型コロナ患者受け入れ体制を整えれば、簡易報告で【特定集中治療室管理料】等の算定可―厚労省
新型コロナ検査の保険適用に関し、新たな検査機器を4月20日から保険適用―厚労省
新型コロナ対策、各医療機関で「セントラルモニタの必要性」「アラーム鳴動時の対応方針」など検討を―PMDA
新型コロナ対応、全都道府県で重点医療機関の早急な設置、術前等に必要なPCR検査等を行える体制の確保を―新型コロナ専門家会議
新型コロナが猛威振るう中、「保育所等が医療従事者の子ども預かりを拒否する」などの差別・偏見は許されない―厚労省
新型コロナ対応に係る、介護報酬・人員配置基準等の「柔軟な取り扱い」を整理―厚労省
新型コロナ対策、気管チューブ等が抜けかけた場合でも、慌てて押し込まず速やかに医師に連絡を―PMDA
新専門医資格の取得目指す専攻医、積極的に新型コロナウイルス感染症の治療に携わってほしい―日本専門医機構
新型コロナ対策、人工呼吸器のAC電源接続を常に確認、人工鼻と加温加湿器・ネブライザの併用は禁忌―PMDA
新型コロナ対応のために手術延期などして「病院の収益が減少」、国で補填を―医学部長病院長会議
新型コロナの重症患者増加見据え、臨時特例的に人工呼吸器の単回使用構成品の「再使用」可能に―厚労省
新型コロナ核酸検査、全身麻酔・局所麻酔管理下の外科手術症例に保険適用を拡大せよ―日本外科学会
新型コロナ感染疑いでも、「生命が危険な状態にある」などの救急患者は速やかな受け入れを―厚労省
新型コロナ重症者受け入れた場合、救命救急入院料や特定集中治療室管理料を2倍+αに―中医協・総会
新型コロナ重症者対応、臨時に「ICU点数増」「ICU以外での特定集中治療室管理料等算定」など認めよ―集中治療医学会・救急医学会・日病
新型コロナ対策、看護職への危険手当と代替職員確保を実施せよ―日看協
がん患者、透析患者、妊産婦や小児などが新型コロナに感染した場合の医療提供体制を早急に整備―厚労省
サージカルマスクやゴーグルなどの防護具、洗浄・消毒のうえ同一品を複数患者診察等に再利用可能―厚労省
新型コロナ対策、地域の医療提供体制や緊急性など総合的に判断し「予定手術の延期」考慮を―日本外科学会
新型コロナ感染・疑い患者への外来診療を評価する【院内トリアージ実施料】、再来患者でも算定可―厚労省
新型コロナで全国の病院外来制限10.4%、停止0.8%、通常稼働は病院外来88.8%、病院入院91.2%―厚労省・内閣官房
新型コロナ対応、N95マスクは滅菌により2回までの再利用等が可能―厚労省
新型コロナで入院するまでの「自宅待機者」にも医療的フォローアップを、宿泊・自宅療養では感染拡大防止策徹底を―厚労省
新型コロナ対策、臨時特例的に電話等での初診を認め、214点に設定―厚労省
新型コロナ検査の保険適用に関し、新たな全自動検査機器を4月7日から保険適用―厚労省
新型コロナ軽症等患者の宿泊療養、急性増悪の可能性あり「SpO2低下」に注意を―厚労省
新型コロナ対策、病床確保や人工呼吸器・ECMO整備費等を支援する「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」創設―2020年度補正予算案
新型コロナ対応に医療資源を重点化するため、白内障や低悪性度がん手術などは「延期」要請を―厚労省
新型コロナ緊急事態宣言の実効性高めるため、医療物資調達や感染患者受け入れる医療機関への財政支援を―全国知事会
新型コロナ対策で総額108兆円超の緊急経済対策、病床や人工呼吸器・ECMOの確保、オンライン診療の臨時拡大など推進
新型コロナ対策の基本的対処方針を緊急事態宣言踏まえ改訂、「3つの密」を避け、医療提供体制を強化
新型コロナ疑い患者の外来診療で【院内トリアージ実施料】、新型コロナ感染患者の入院医療で【救急医療管理加算】等の算定認める―中医協総会
新型コロナへのBCG有効性は未確認、ゼロ歳時へのBCG接種に問題が生じないよう優先供給を―小児科学会・ワクチン学会
新型コロナ軽症者等の宿泊療養でホテル代・食事代は不要、宿泊・自宅療養のいずれも医療従事者が健康管理―厚労省
新型コロナウイルス感染症、高齢者やLDH高値者で生存率低く、出血合併症に留意したECMO早期実施が重要
日本集中治療医学会と日本麻酔科学会が共同し、新型コロナ患者管理の情報共有や呼吸不全患者管理トレーニング、ICU飽和状態対策など推進
医療機関スタッフが新型コロナ感染等で出勤できず、一時的に施設基準を満たせずとも、変更届を行わず従前の診療報酬を算定して良い―厚労省
新型コロナ検査の保険適用に関し、検査キット等の考えを2020年度改定の中で明確化―厚労省
新型コロナ陽性でも、軽症者・無症状者は「宿泊療養・自宅療養」の対象に―厚労省
新型コロナ感染防止のため、臨時・特例的に「初診からのオンライン診療」認める―オンライン診療指針見直し検討会
新型コロナウイルスを迅速に検出する機器、国立国際医療研究センター病院など16施設に配置―経産省
医療従事者の新型コロナ感染、必要性を認めた場合には積極的に検査実施を―厚労省
新型コロナ検査の保険適用に関し、体外診断用医薬品や検査キット等の考えをさらに明確化―厚労省
新型コロナ感染防止のための電話等用いた診療、「情報通信機器を用いる医学管理料」算定の考え明確化―厚労省
新型コロナウイルス検査の保険適用踏まえ、検査キット等の考えをさらに明確化―厚労省
各都道府県で「新型コロナウイルス感染症患者を重点的に受け入れる医療機関」設定など早急に進めよ―厚労省

各都道府県に「新型コロナ感染患者の診療拠点となる公立・公的病院」を設置せよ―四病協
新型コロナ対策の臨時特例的なオンライン診療の拡大、診療報酬上も「柔軟な対応」を認める―厚労省
新型コロナ感染避けるため、慢性疾患患者の「予測される症状変化に対する医薬品」処方を電話等で可能に―厚労省

新型コロナウイルス検査の保険適用を踏まえ、検査キット等を明確化―厚労省
新型コロナ感染防ぐため、在宅自己注射する患者等への「電話等での指導や衛生材料等支給」認める―厚労省
新型コロナ感染予防のため全医療機関外来で標準予防策を講じ、新型コロナ患者診療では必要な装備着用を―厚労省
新型コロナ感染防止のため、「オンライン診療・医薬品処方が可能な範囲」を特例的・臨時的に拡大―オンライン診療指針見直し検討会

公立・公的病院等の再編・統合に向けた再検証、新型コロナ受け事実上の期限延長―厚労省
新型コロナウイルス検査の保険適用を踏まえ、診療報酬の疑義解釈を提示―厚労省
新型コロナ、疫学的関連性が把握できない程度の感染拡大から「概ね3か月後」に患者数ピーク―厚労省
新型コロナ感染疑い患者、院内で移動型エックス線装置を用いたエックス線撮影を認める―厚労省
新型コロナウイルス検出のためのPCR検査、3月6日から保険適用―厚労省
新型ウイルス対策、WAMの資金貸付の強化や診療報酬等の柔軟対応の周知徹底を―日病・相澤会長
新型コロナ対応、緊急開設医療機関で「届け出月からの基本診療料算定」、大病院で「電話での外来診療料算定」可能―厚労省
新型コロナ患者増加状況踏まえ、一般医療機関での外来診療、一般病院の一般病床での入院医療を段階的に進める―厚労省
新型コロナ感染対策のための電話等による診療や薬剤処方、【電話等再診料】や【処方箋料】を算定―厚労省
基礎疾患持つ患者の新型コロナ感染避けるため、電話等による診療・処方、処方箋のFAX送信ルール明確化―厚労省
公立病院における新型コロナ感染症への医療提供体制の充実を要請―高市総務相
「互いに手を伸ばせば届く距離で、多くの人が会話等で一定時間以上続く」環境が新型コロナ感染リスクを高める―厚労省専門家会議
新型ウイルス感染拡大防止に向け、イベント開催の必要性検討、「社員等が休みやすい環境」整備を―加藤厚労相
新型コロナウイルス感染に関する相談者・受診者増に対応するため、相談センターや特別外来の体制等充実を
新型コロナウイルス患者等の受け入れ等で診療報酬の施設基準等満たさずとも、当面は変更届け出等は不要―厚労省
37.5度以上の発熱があり入院が必要な肺炎が疑われる患者、新型コロナウイルス検査の実施を―厚労省
37.5度以上発熱が4日以上続く、倦怠感や呼吸困難がある場合は「帰国者・接触者相談センター」に相談を―厚労省
新型コロナウイル患者の入院医療費は「公費負担」とするなど、治療体制を急ぎ整える―首相官邸
新型コロナウイルス関連での外出自粛患者への診療、往診料や訪問診療料の算定可能―厚生労働省
新型コロナウイルス患者、緊急やむを得ない場合には「感染症病床以外の病床」への搬送・入院も可能―厚労省
新型コロナウイルスの感染疑い例診察する特別外来を設置、相談センターから紹介―厚労省
中国武漢市滞在歴のない「新型コロナウイルスの感染患者」、本邦で初確認―厚労省
本邦でも新型コロナウイルスの感染患者、中国武漢市の滞在歴―厚労省
SARS、MERSと異なる病原体不明肺炎が中国で発生―厚労省



新型コロナ対策、まずPCR検査の拡充を進めるべきではないか―日病・相澤会長



新型コロナで診療縮小等となる医療機関等への優遇貸付拡充、病院では当初5年「1億円まで無利子」で長期運転資金を融資―厚労省・WAM
新型コロナにより事業縮小や閉鎖を余儀なくされる病院や老健施設に資金融資―福祉医療機構



DPC対象病院、「医療の質向上」と「経営の質向上」とを両立―中医協総会