Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 外来機能報告支援サービス

地域医療構想の必要病床数と病床機能報告結果、単純比較できない点を再確認―地域医療構想・医師確保計画WG(1)

2022.6.17.(金)

2021年度の病床機能報告結果を見ると、病床数全体は121万床で、家急性期が45%、回復期が16%などとなっている—。

地域医療構想の必要病床数(急性期34%、回復期31%)と比べると乖離が大きいが、「両者は単純比較できない」ものである点に留意が必要である—。

また公立病院・公的病院等にとどまらず、すべての病院が「どのような機能を担うのか」を再検証し、地域医療関係者と地域医療構想調整会議で議論していくことが非常に重要である—。

6月16日に開催された「地域医療構想及び医師確保計画に関するワーキンググループ」(「第8次医療計画等に関する検討会」の下部組織、以下、地域医療構想・医師確保計画WG)で、こうした議論が行われました。

なお、同日の会合では「医師確保計画」についても議論されており、別稿で報じます。

6月16日に開催された「第5回 地域医療構想及び医師確保計画に関するワーキンググループ」

2021年度の病床機能報告、病床総数は121万床で急性期病床45%、回復期病床16%など

2025年度には、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者に達することから、今後、急速に医療ニーズが増加・複雑化していくと予想されます。この点、従来型の医療提供体制(例えば、病院完結型の医療)では、増加・複雑化する医療ニーズに的確かつ効率的に応えることが難しくなるため、各地域において「2025年度の医療ニーズ」を踏まえた「地域医療構想の実現」が求められています。

地域医療構想は、地域(主に2次医療圏をベースとする地域医療構想調整区域)における将来(2025年度)の医療需要をもとに、▼高度急性期▼急性期▼回復期▼慢性期等―の機能別必要病床数などを推計した、言わば「将来の医療提供体制の設計図」という位置づけです。

各地域において、実際の医療提供体制が、この設計図にできるだけマッチしていくよう(つまり「地域医療構想が実現する」よう)に、データ(各病院の診療実績や意向などの「病床機能報告」)を踏まえたうえで、機能改革・連携強化に向けた論議を膝をつき合わせて行うことが求められています。

地域医療構想とは(地域医療構想・医師確保計画WG3 210729)

地域医療構想の実現に向けた取り組みの大枠(地域医療構想・医師確保計画WG4 210729)



6月16日の地域医療構想・医師確保計画WGでは、▼2021年度の病床機能報告結果▼2022年度の病床機能報告における見直し—について議論し、了承されています。

まず2021年度の病床機能報告結果を見てみましょう。

病床機能報告は、一般病床・療養病床を持つすべての病院が、毎年度「自院の各病棟がどの機能(高度急性期・急性期・回復期・慢性期)を持つと考えているのか、自院の診療実績や人員配置・構造設備などはどのような状況なのか」を都道府県に報告するものです。全国ベースの積み上げでは、機能別の病床数は次のようになっています。

【2021年度における機能別の病床数】
▽合計:121.0万床[2015年度に比べて5.1万床減]
▼高度急性期:15.5万床(全体の13%)[同1.4万床・1ポイント減]
▼急性期:54.9万床(同45%)[同4.7万床・3ポイント減]
▼回復期:19.3万床(同16%)[同6.3万床・6ポイント増]
▼慢性期:31.2万床(同26%)[同4.3万床・2ポイント減]

【2025年度における機能別病床数の予定】
▽合計:120.1万床[2021年度に比べて0.9万床減]
▼高度急性期:16.0万床(全体の13%)[同0.4万床・0ポイント増]
▼急性期:53.6万床(同45%)[同1.3万床・0ポイント減]
▼回復期:20.6万床(同17%)[同1.3万床・1ポイント増]
▼慢性期:29.9万床(同25%)[同1.3万床・1ポイント減]

2021年度の病床機能報告結果(地域医療構想・医師確保WG(1)1 220616)



2015年度の初回報告時に比べて「急性期病床が減少し、回復期病床が増加」していることが分かります。

ところで、将来(2025年度)の医療提供体制の設計図である地域医療構想(各都道府県で作成)について、全国ベースで「機能別の必要病床数」を積み上げると、▼合計:119.1万床▼高度急性期:13.1万床(全体の11%)▼急性期:40.1万床(同34%)▼回復期:37.5万床(同31%)▼慢性期:28.4万床(同24%)—となっています。すると、「設計図に比べて実態は、急性期病床がまだまだ多く、回復期病床が全く足らない状況である。地域医療構想は実現は難しいのではないか」とも思えます。どう考えるべきなのでしょう。

この点、まず「地域医療構想」(設計図)と「病床機能報告」(現状・予測)とを単純比較することはできない点に留意が必要です。

「地域医療構想」の必要病床数は、上述のように「将来の患者数を推計し、その患者受け入れに必要なベッド数を導く」ことで計算されます。

一方、「病床機能報告」では、「ある病棟に、高度急性期・急性期・回復期・慢性期の、どの状態の患者が最も多く入院しているか」を勘案します。50床の病棟に、高度急性期の状態が10人、急性期の状態が30人、回復期の状態が10人入院していた場合、一般的に「50床の急性期病棟」として報告し、「高度急性期分の10床、回復期分の10床」は計上されません。このため上述した2021年度の病床機能報告では、例えば急性期病床数54.9万床の中には「他の機能(回復期や慢性期)分が含まれている」のです(他の機能でも同様)。

このため、地域医療構想の必要病床数と、病床機能報告の機能別ベッド数とを比較し「急性期機能が過剰である。回復期機能が全く足らない」と判断することは困難なのです。

この点、尾形裕也座長(九州大学名誉教授)は「例えば奈良県では、一定の基準を設けて急性期病床を『重症急性期』と『軽症急性期』に分割。軽症急性期を回復期に含めて考えると、機能別ベッド数(病床機能報告)が必要病床数(地域医療構想)に相当近づいた(関連記事はこちら)。そうした計算を全国ベースで行ってはどうか」と提案しています。

重要な提案ですが、「急性期病床に関する定量基準」の試みは他の自治体(例えば大阪府埼玉県、佐賀県など)でも導入されているものの「独自基準であり、全国統一の基準」とはなっていません。「独自基準に基づく数値の積み上げ」をすることはできず(定義が異なるものを一緒にはできない)、また「全国統一基準がない」中でも、何らかの基準採用も困難です。このため当面は、「必要病床数(地域医療構想)と機能別病床数(病床機能報告)との単純比較はできない」点をより明確に説明していくことになりそうです。

なお、幸野庄司構成員(健康保険組合連合会理事)は「単純比較が困難なことは十分に承知しているが、それを踏まえても『急性期と回復期の乖離』が大きすぎるのではないか。2025年度は目の前に迫っており、機能転換促進に向けた特別の対応を検討すべきではないか」との考えを示しています。

このほか、▼「地域で不足する『回復期』の病床を新設・増床する」として地域医療構想調整会議に申請をしながら、実際には【急性期一般病床入院料】を届け出る(一般に『急性期』機能である)といったケースが目立つ。何らかの対応を検討すべきではないか(伊藤伸一構成員:日本医療法人協会会長代行)▼「病院単位」での病床機能報告結果も公表すべきではないか(今村知明構成員:奈良県立医科大学教授)—といった意見も出ており、今後、状況把握などが行われる見込みです。



また、今年度(2022年度)の病床機能報告においては、▼2022年度診療報酬改定に合わせた対応を行う(点数の組み換えなどへの対応)▼【障害者施設等入院基本料】を届け出る病棟について、療養病棟・特殊疾患病棟などと同様に「一般的には慢性期機能として報告する」との目安を定める(実際に障害者施設病棟の88.7%は「慢性期機能」として報告している)—といった見直しが行われます。

2022年度の病床機能報告について(地域医療構想・医師確保WG(1)2 220616)



なお、本年度(2022年度)から外来機能報告がスタートしたことも踏まえ、病床機能報告の報告期間が「10月1日から11月30日まで」の2か月間に延長されています(従前は1か月)。「紹介受診重点医療機関に手上げするか否か」の判断時間をも考慮したものと考えられます。この点、Gem Medを運営するグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)では「紹介受診重点医療機関に手上げすべきか否かの方向検討を支援するサービス」を準備しています(詳細は別途)。

「公立・公的病院が回復期機能など担うべきか」との指摘もあるが・・・

ところで、猪口雄二委員(日本医師会副会長)は、先頃示された公立病院経営強化ガイドラインでは「基幹病院以外の病院において、急性期機能から回復期機能への病床機能転換」が推奨されている点について「地域医療構想の実現論議と齟齬があるのではないか」との考えを示しています。

地域医療構想・医師確保計画WGの前身といえる「地域医療構想ワーキンググループ」(「医療計画の見直し等に関する検討会」の下部組織、以下、ワーキング)では、地域医療構想の実現に向けて「公立・公的等病院の機能再検証」を求めています(2022・23年度に、民間病院を含めたすべての病院で機能再検証が要請されている)。

しかし、これは「多くの地域で基幹的な役割を担っているのは公立病院・公的病院等である」点を踏まえ、「まず基幹病院の機能を固めよう」という発想が根幹にあり、「公立・公的病院が回復期機能を担うことは許されない」というものではありません。地域によっては医療機関数が少なく「公立・公的病院が回復期・慢性期機能を担わなければならない」ケースも少なくなく、厚労省は「民間も含めたすべての病院において、地域医療ニーズや近隣医療機関の機能を踏まえて『自院の機能が適切か』という再検証を行ってもらい、地域医療構想調整会議で議論をしてもらう。その状況をまず見守りたい。そのうえで個別に不合理な事態が生じているとの相談があれば、事例ごとに対応などを検討していく」とコメントしています。

Gem Medを運営するグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)では、こうした経営強化プランを策定する公立病院を支援するサービスメニューも準備しています。

GHCが「先行して新公立病院改革プラン改訂を行った病院」(市立輪島病院:石川県輪島市)を支援したところ、「入院単価の向上」「戦略的な病床機能強化の推進」などが実現されています。「経営強化」「機能強化」を先取りして実現している格好です。

ガイドラインでは「外部アドバイザーの活用も有効である」と明示していますが、コンサルティング会社も玉石混交で「紋切り型の一律の改革プランしかつくれない」ところも少なくありません。この点、GHCでは「膨大なデータとノウハウ」「医療政策に関する正確かつ最新の知識」をベースに「真に地域で求められる公立病院となるための経営強化プラン」策定が可能です。

●GHCのサービス詳細はこちら

従前より「地域単位での医療提供体制見直し」に着目してコンサルティングを行っているGHCアソシエイトマネジャーの岩瀬英一郎は「従来通りの考えにとどまらず、より緻密な分析を行い、戦略をもった検討をベースとして『地域に必要とされる公立病院の姿』を個々の病院の実情に合わせて検討する必要がある」と強調しています。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

地域枠医師などサポートするキャリア形成プログラム、現場ニーズを意識した作成・運用進む—地域医療構想・医師確保計画WG(2)
2024年度から「医師確保計画」も新ステージに、医師偏在解消に向け2022年内に見直し案まとめ―地域医療構想・医師確保計画WG

地域医療構想実現に向け「病院の再編・統合で土地・建物を取得する」場合の税負担を軽減―厚労省

感染症・少子高齢化状況は地域・フェイズで千差万別、医療提供体制をどう再構築するか―地域医療構想・医師確保計画WG(2)
2022・23年度中に、民間含め全病院で「自院の機能・規模が妥当か」再検証を―地域医療構想・医師確保計画WG(1)
公立・公的病院はもとより民間含めた「機能再検証」を2023年度までに実施、公立病院改革は22年度中か―国と地方の協議の場
再検証対象医療機関の4割で機能転換・ダウンサイジング・再編など進む―地域医療構想・医師確保計画WG
地域医療構想の実現に向け「各地域の進捗状況」を把握、公立病院等の再検証も実態踏まえて検討―地域医療構想・医師確保計画WG

感染症対応では情報連携、看護師はじめ医療人材確保が最重要、課題検証し早急な改善を—第8次医療計画検討会
感染症対応医療体制を迅速確保できるよう、強制力持つ法令の整備を検討してはどうか—第8次医療計画検討会
集中治療認定医を専門医と別に養成し、有事の際に集中治療に駆け付ける「予備役」として活躍を—第8次医療計画検討会
2024年度からの医療計画に向けた議論スタート、地域医療構想と医師配置、外来医療など考えるワーキングも設置—第8次医療計画検討会

2022年度診療報酬改定、「強固な医療提供体制の構築」「医療従事者の働き方改革」が重点課題―社保審・医療部会
2022診療報酬改定の基本方針論議続く、医師働き方改革に向け現場医師に効果的な情報発信を―社保審・医療部会(2)
医療法人の事業報告書等、2022年度からG-MISで届け出、23年度から都道府県HP等で公表―社保審・医療部会(1)
医療法のオーバーベッド特例活用し、「最先端医療技術を提供するためのオーバーベッド」を全国で認可へ―社保審・医療部会(2)
平時に余裕のない医療提供体制では有事に対応しきれない、2022年度診療報酬改定での対応検討を―社保審・医療部会(1)
「平時の診療報酬」と「感染症蔓延時などの有事の診療報酬」を切り分けるべきではないか―社保審・医療部会
医療制度を止めたオーバーホールは不可能、制度の原点を常に意識し外来機能改革など進める―社保審・医療部会
病院の再編・統合推進に向け、「ダウンサイジング補助」「再編後の土地建物の登記費用軽減」を行う―厚労省

医療機能の分化・強化、当初「入院」からスタートし現在は「外来」を論議、将来は「在宅」へも広げる―社保審・医療部会
公立・公的病院等の再検証スケジュールは新型コロナの状況見て検討、乳がん集団検診で医師の立ち合い不要に―社保審・医療部会(2)
紹介状なし患者の特別負担徴収義務拡大で外来機能分化は進むか、紹介中心型か否かは診療科ごとに判断すべきでは―社保審・医療部会(1)



医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、地域医療構想は考え方を維持して実現に取り組む―医療計画見直し検討会
医療計画に感染症対策位置付け、感染症予防計画と組み合わせ『漏れ』なき対応を―医療計画見直し検討会(2)
医療計画に「新興感染症対策」を位置付け、「医療機関間連携」や「感染症以外の傷病対策」なども明確化―医療計画見直し検討会(2)
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療計画に「新興感染症対策」位置付け、感染症病床の整備目標や感染拡大時に患者を受け入れる医療機関の設定など記載を—厚科審・感染症部会



2021年度の病床機能報告より、「前年度1年分の診療実績」を月別・病棟別に報告―厚労省
2021年度の病床機能報告は「毎月データを1年度分」報告、医療提供体制は「人員」中心に再構築を―地域医療構想ワーキング(2)
人口100万人以上の大規模構想区域、まず各調整会議で「個々の病院の機能の在り方」議論を進めよ―地域医療構想ワーキング(1)

公立・公的病院の再検証スケジュール、今冬のコロナ状況見ながら改めて検討―地域医療構想ワーキング
中長期を見据えた地域医療構想の考え方を維持し、感染拡大時の機動的対応を医療計画で考慮してはどうか―地域医療構想ワーキング
感染症はいずれ収束し、ピーク時は臨時増床可能なこと踏まえ、地域医療構想の「必要病床数」を検討―地域医療構想ワーキング
医療機能の分化・連携の強化が、新興・再興感染症対策においても極めて重要—地域医療構想ワーキング



外来機能報告制度を了承、外来診療データもとに地域で「紹介型病院」を明確化―医療計画見直し検討会(1)
紹介状なし外来受診患者の特別負担、対象病院の拡大・金額引き上げ等を了承―社保審・医療保険部会

外来版地域医療構想の議論再開、地域で「医療資源を重点的に実施する基幹病院」を整備—医療計画見直し検討会
新興・再興感染症対策を医療計画・地域医療構想の中でどう勘案していくべきか―医療計画見直し検討会
新型コロナを契機に、地域医療構想の実現・医師偏在の解消・医師等の働き方改革を加速化せよ―社保審・医療部会

医療機能の集約化・役割分担・連携を進め、新型コロナ対策への寄与度に応じた財政支援を―有識者研究会



外来版「地域医療構想・機能報告制度」、「医療資源を重点的に活用する外来」の基幹医療機関を明確化―医療計画見直し検討会
どの医療機関が、外来化学療法等の「医療資源を重点活用する外来」を重点提供しているのか可視化してはどうか―医療計画見直し検討会
外来化学療法など「医療資源を重点活用」する外来医療、集約化の枠組み構築―医療計画見直し検討会

「公立等 vs 民間」対立煽らず、地域・病院の特性踏まえて「地域の医療提供体制」論議を―社保審・医療部会
大病院外来定額負担のバックボーンとなる「外来医療機能分化・かかりつけ医機能推進」をまず議論せよ―社保審・医療部会

75歳以上の医療費は2割負担、紹介状なし外来患者の特別負担を200床以上一般病院に拡大―全世代型社会保障検討会議



医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

【GHCからのお知らせ】「ポストコロナに生き残る公立病院」となるためには

公立病院の新たな改革プラン策定は延期、ただし現行プラン進捗状況を2020年度中に点検・評価せよ―総務省

公立・公的病院等の再編・統合に向けた再検証、新型コロナ受け事実上の期限延長―厚労省