Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

2020年度の社会保障費は5300億円増の要求可能、診療報酬で地域医療構想の実現目指せ

2019.8.1.(木)

 来年度(2020年度)予算案の編成に向けて、夏の概算要求時点では年金・医療等の社会保障関係費について2019年度当初予算から5300億円の増額要求を認める―。

 安倍晋三内閣は7月31日に、こうした内容を盛り込んだ2020年度予算の概算要求基準「令和2年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について」を了解しました。今後、この基準に沿って各省庁で2020年度の要求内容を固め、8月末までに財務省へ概算要求を行うことになります(財務省のサイトはこちら(概算要求基準)こちら(概算要求基準骨子)こちら(概算要求基準のイメージ図)、経済・財政諮問会議のサイトはこちら(2020年度予算の全体像))。
2020年度予算概算要求基準 190731の図表
 

単なる社会保障費の削減でなく、例えばゲノム医療の初期投資資金を確保せよとの声も

 日本国憲法では、「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない」(第83条)、「国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする」(第85条)、「内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない」(第86条)と定めています。

 内閣による予算編成・国会による審議については、例年、次のようなスケジュールで進められます。
▼前年夏に概算要求基準を財務省が提示し、これに沿って各省庁が概算要求を行う
▼秋口から、財務省と各省庁との間で要求内容等について折衝を行う
▼12月初旬に、次年度の税制改正大綱を政府与党がとりまとめる(これにより、次年度における我が国の収入(歳入)が見通せる)
▼12月中下旬に、内閣が次年度予算案を固める
▼当年の1月に、内閣が国会に次年度予算案を上程し、国会で審議。4月から執行が始まる(3月までに成立しない場合には、いわば「つなぎ」として暫定予算が組まれる)

 
今般の「概算要求基準」は次年度予算(今般であれば2020年度予算)の基礎となるものです。年金・医療等の社会保障関係費については、今年度(2018年度)当初予算から「高齢化等に伴ういわゆる自然増として5300億円を加算した額」の範囲内において要求する、こととされました。今年度(2019年度)には前年度比「6000億円」増、昨年度(2018年度)には同じく「6300億円」増での要求が認められていましたが、来年度(2020年度)には高齢化のスピードが鈍化することを踏まえた数字となっています(関連記事はこちら)。

また、この増加額については、「これまでと同様、経済再生やこれまでの改革等の効果を引き続き適切に見込むとともに、年金・医療等に係る経費について、『経済・財政再生計画 改革工程表』に沿って着実に改革を実行していくことを含め、合理化・効率化に最大限取り組み、『新経済・財政再生計画』で示された『社会保障関係費については、経済・財政再生計画において、2020年度に向けてその実質的な増加を高齢化による増加分に相当する伸びにおさめることを目指す方針とされていること、経済・物価動向等を踏まえ、2019年度以降、その方針を2021年度まで継続する』との考え方を踏まえつつ、その結果を2020年度予算に反映させる」との考えも示されました。端的に「5300億円を増加した要求を夏時点では認めるが、さらなる合理化・効率化を進めよ」という指示と言え、12月の予算案時点では「更なる圧縮」が求められるものと予想されます。

2020年度には診療報酬改定が控えており、改定率がどのように設定されるのか、どのような改定内容が盛り込まれるのか、今後の動きに要注目です。

 
また、概算要求基準について議論した経済・財政諮問会議では、「将来の安心感を与える社会保障改革等の推進」として、▼消費拡大に向けて、社会保障制度の持続可能性の確保を含め、若年層・中年層に対し将来の安心感を与える社会保障改革を着実に推進していく▼特に、社会保障サービスの徹底した効率化を進めるとともに、予防・健康づくりや生活習慣病等の重症化予防、認知症予防などに重点化していく▼2025年度の財政健全化目標の達成に向け、新経済・財政再生計画に基づき、経済・財政一体改革を着実に推進する―ことを強調。

具体的な社会保障改革として、▼病床のダウンサイジング支援▼診療報酬の大胆な見直しによる病床機能の転換▼医薬品産業の高い創薬力を持つ産業構造への転換▼薬価制度の抜本改革▼調剤報酬の適正な評価―などを掲げ、「診療報酬も活用した地域医療構想の実現」を明確に求めています。今後の中医協論議にどう影響を与えるのか注目する必要があるでしょう(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちら)。

 もっとも経済財政諮問会議では、「単なる社会保障費の削減」を求めるものではなく、「将来の効率化に向けた投資は積極的に行うべき」との考えが示されているようです。その代表例の1つとして「ゲノム医療」があげられます。

 ゲノム(遺伝情報)解析技術が急速に進み、「Aという遺伝子変異の生じているがん患者にはαという抗がん剤投与が効果的である、Bという遺伝子変異のある患者にはβとγという抗がん剤の併用投与が効果的である」などといった情報が明らかになってきています。こうしたゲノム情報に基づいた治療法(ゲノム医療)が普及すれば、個々のがん患者に対し「効果の低い治療法を避け、効果の高い、最適な治療法を優先的に実施する」ことが可能となります。これは患者の経済的負担の軽減はもちろん、「医療費の効率的使用」にもつながります(効果の低い医薬品選択等を避けることができる)(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

しかし、当然、ゲノム医療を推進するには、少なからぬ額の「初期投資」が必要になります。経済・財政諮問会議では「こうした投資のための財政資金をしっかりと確保することが必要で、それを確保するための改革をやっていかなければいけない」という指摘がなされています。

 
 なお、「東日本大震災からの復興」などを除く「その他の経費」については前年度予算からの10%削減を求め、その分を成長戦略などに盛り込まれた施策に対応する「新しい日本のための優先課題推進枠」に振り向け、「削減額の3倍」までの範囲で要求することを可能としています。まさに「メリハリをつけよ」との指示と言え、その要求に当たって各省庁には「歳出改革の効果に関する定量的試算・エビデンスを明らかにする」ことが求められます。

   
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2019年度予算の概算要求基準を閣議了解、社会保障費は6000億円増の要求が可能

 
骨太方針2019を閣議決定、給付と負担の見直し論議を先送りするなど「形骸化」著しい
追加的な補助金、診療報酬の加算・減算により病床機能の再編や病床削減を進めよ―経済財政諮問会議で有識者議員
入院日数の短縮、病床ダウンサイジングを支援し、医療費の地域差縮小を―経済財政諮問会議で有識者議員

 
回復期リハビリ病棟から退棟後の医療提供、どのように評価し推進すべきか―入院医療分科会(3)
地域包括ケア病棟の実績評価要件、在宅医療提供の内容に大きな偏り―入院医療分科会(2)
点数が「DPC<地域包括ケア」時点にDPC病棟からの転棟が集中、健全なのか―入院医療分科会(1)
療養病棟に入院する医療区分3の患者、退院患者の8割弱が「死亡」退院―入院医療分科会(2)
入退院支援加算1の「病棟への入退院支援スタッフ配置」要件、緩和すべきか―入院医療分科会(1)
介護医療院の整備など進め、患者・家族の「退院後の介護不安」解消を図るべき―入院医療分科会(2)
急性期一般1では小規模病院ほど認知症入院患者が多いが、看護必要度への影響は―入院医療分科会(1)
看護必要度IとIIとで重症患者割合に大きな乖離、要因を詳しく分析せよ―中医協・基本小委
自院の急性期患者の転棟先として、地域包括ケア病棟を選択することは「問題」なのか―入院医療分科会(2)
7対1から急性期2・3への移行は3%強にとどまる、看護必要度IIの採用は2割弱―入院医療分科会(1)
2020年度改定、入院医療では「救急」や「認知症対策」なども重要論点に—入院医療分科会(2)
DPC対象病院の要件を見直すべきか、入院日数やDPC病床割合などに着目して検討―入院医療分科会(1)
2018年度改定で新設された【急性期一般入院料1】を選択する理由はどこにあるのか―入院医療分科会
2020年度の次期診療報酬改定に向け、急性期一般入院料や看護必要度などを調査―入院医療分科会

 
2020年度診療報酬改定に向けた議論整理、地域医療構想の実現・働き方改革・オンライン診療などで意見対立―中医協総会
スタッフの8割以上が理学療法士の訪問看護ステーション、健全な姿なのか―中医協総会
2040年にかけて人口が70%減少する地域も、医療提供体制の再構築に向け診療報酬で何ができるのか―中医協総会
CT・MRIの共同利用、医療被曝防止に向けたガイドライン活用などを診療報酬でどう進めるか―中医協総会(2)
ポリファーマシー対策を診療報酬でどう進めるか、フォーミュラリの報酬評価には慎重意見―中医協総会(1)
新規の医療技術、安全性・有効性のエビデンス構築を診療報酬で促し、適切な評価につなげよ―中医協総会(2)
オンライン診療、「有効性・安全性のエビデンス」に基づき算定要件などを議論―中医協総会(1)
医師の働き方改革、入院基本料や加算の引き上げなどで対応すべきか―中医協総会(2)
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を6月から保険収載―中医協総会(1)
外来医療の機能分化に向け、「紹介状なし患者の定額負担」「かかりつけ医機能の評価」など議論―中医協総会(2)
画期的な白血病治療薬「キムリア」を保険収載、薬価は3349万円―中医協総会(1)
高齢者へのフレイル・認知症・ポリファーマシ―対策、診療報酬でどうサポートすべきか―中医協総会(3)
診療報酬で生活習慣病の重症化予防、治療と仕事の両立をどう進めていくか―中医協総会(2)
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)
「院内助産」「外来での妊産婦対応」を診療報酬でどう支援していくべきか―中医協総会(2)
2020年度改定論議スタート、小児疾患の特性踏まえた診療報酬体系になっているか―中医協総会(1)
2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会
東日本大震災を受けた診療報酬の被災地特例、福島では継続するが、宮城・岩手は最長2021年3月で終了―中医協総会(2)
要介護高齢者への維持期「疾患別リハ料」は2019年3月末で終了、介護保険への移行完了―中医協総会(1)

 
妊産婦の診療に積極的な医師、適切な要件下で診療報酬での評価に期待―妊産婦保健医療検討会
 
 
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定

 
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、初回の申請は8月14日まで―厚労省
新設される【がんゲノム医療拠点病院】要件固まる、3年で100人以上の治験等実績が「望ましい」―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、中核病院なみの診療体制を敷きゲノム医療を自院で完結―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
がんゲノム医療、自分に最適な抗がん剤見つかる可能性は10-20%にとどまることなど説明を―がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議

 
白血病等治療薬の「キムリア点滴静注」など、DPCの高額医薬品として出来高算定に―厚労省
キムリアによる白血病患者等へのCAR-T療法、細胞採取はK921【造血幹細胞採取】を、投与はK922【造血幹細胞移植】を準用―厚労省
画期的な白血病治療薬「キムリア」を保険収載、薬価は3349万円―中医協総会(1)
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を先進医療で導入―中医協総会(1)
オプジーボの用量見直しや適応拡大などを踏まえ、最適使用推進ガイドラインを新設・改訂―中医協総会
2019年10月の消費税率引き上げ、薬価等の見直しは同時に行うべきか―中医協総会
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)

 
がんゲノム医療を牽引する「中核拠点病院」として11病院を選定―がんゲノム医療中核拠点病院等指定検討会
がんゲノム医療を提供できる中核病院を、本年度(2017年度)中に7-10施設指定—がんゲノム医療懇談会
がんゲノム医療、当面は新設する「がんゲノム医療中核拠点病院」で提供―がんゲノム医療懇談会
がんとの闘いに終止符打つため、広く関係者が集い世界水準の「ゲノム医療」推進―厚労省

 
公立・公的等病院の「再編・統合」、地域医療提供体制の在り方全体をまず議論せよ―地域医療構想ワーキング
公立・公的病院等の再編・統合、国が「直接支援」する重点地域を2019年夏に策定―厚労省・医療政策研修会
公立・公的病院等の機能改革、「医師働き方改革」「医師偏在対策」と整合する形で進めよ―地域医療構想ワーキング(1)
公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会