Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

急性期一般1では小規模病院ほど認知症入院患者が多いが、看護必要度への影響は―入院医療分科会(1)

2019.6.19.(水)

 2018年度の前回診療報酬改定では、急性期病棟における重症患者割合(一般病棟用の重症度、医療・看護必要度を満たす割合)について、「認知症」患者を高く評価することとなった。急性期一般1では「小規模な病院ほど認知症の入院患者が多い」ことから、この見直しが「重症患者割合30%以上」クリアなどにどのように影響しているのか、詳しく見ていく必要があるのではないか。

 こういった議論が、6月19日に開催された診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」(以下、入院医療分科会)で行われました。なお入退院支援に関する議論、DPC機能評価係数IIの内訳に関する報告も行われており、それぞれ別稿でお伝えします。

6月19日に開催された、「2019年度 第3回 入院医療等の調査・評価分科会」

6月19日に開催された、「2019年度 第3回 入院医療等の調査・評価分科会」

 

「認知症ゆえに看護必要度の基準値満たす」患者割合、病床規模別の分析が必要

 2018年度の診療報酬改定では、急性期一般病棟(従前の7対1・10対1)における実績評価の指標となる「一般病棟用の重症患、医療・看護必要度」(以下、看護必要度)について、例えば次のような大きな見直しが行われました(関連記事はこちらこちらこちら)。

(1)定義を一部見直し、▼「A項目1点以上かつB項目3点以上」(従前は重症患者に非該当)のうち、「診療・療養上の指示が通じる」「危険行動」のいずれかに該当すれば、「重症患者に該当する」と扱う▼C項目の開腹手術について、重症患者とカウントする日数を従前の5日間から4日間に短縮する―こととする

(2)従前からの看護必要度評価票に基づく重症患者割合の計算方法を「看護必要度I」、新たにDPCのEF統合ファイルに基づく計算方法を「看護必要度II」とし、それぞれで重症患者割合の基準値を設定する(例えば、7対1相当の【急性期一般入院料1】では看護必要度Iで30%以上、看護必要度IIで25%以上)

(3)看護必要度I・看護必要度IIのいずれを用いた場合でも、重症患者割合は「3か月の平均」とし、従前の「1割以内・3か月以内変動の救済ルール」は廃止する者受け入れ割合

 このうち(1)の前者、つまり「A1点以上・B項目3点以上のうち、『診療・療養上の指示が通じる』『危険行動』のいずれかに該当すれば重症患者に該当する」との見直しは、急性期病棟においても認知症を患う入院患者が増加している現状などを踏まえた見直しです。

 こうした見直しにより、急性期病棟における重症患者は、▼A2点以上・B3点以上(以下、新基準1)▼「診療・療養上の指示が通じる」「危険行動」に該当しA1点以上・B3点以上(以下、新基準2)▼A3点以上(以下、新基準3)▼C1点以上(以下、新基準4)―の4種類に分類できることになります。もちろん、新基準のいくつかに重複するケースも相当数存在します。

厚労省の実施した2018年度改定の影響調査(入院医療)結果を詳しく分析したところ、各基準に該当した重症患者の構成は、次のようになっていることが分かりました(重複カウント)。

【看護必要度I(従前からの評価票に基づく測定)を採用する病院】
▽特定機能7対1:新基準1・58.2%、新基準2・25.9%、新基準3・56.6%、新基準4・19.9%
▽専門7対1:新基準1・72.7%、新基準2・0.0%、新基準3・59.1%、新基準4・40.9%
▽急性期一般1:新基準1・59.7%、新基準2・50.8%、新基準3・37.2%、新基準4・14.4%
▽急性期一般2:新基準1・64.0%、新基準2・62.2%、新基準3・32.7%、新基準4・10.9%
▽急性期一般3:―
▽急性期一般4:新基準1・58.9%、新基準2・70.5%、新基準3・19.1%、新基準4・8.9%
▽急性期一般5:新基準1・52.6%、新基準2・64.8%、新基準3・23.5%、新基準4・6.2%
▽急性期一般6:新基準1・56.6%、新基準2・53.2%、新基準3・31.4%、新基準4・12.6%
▽急性期一般7:新基準1・45.5%、新基準2・45.5%、新基準3・31.2%、新基準4・33.8%
▽地域一般:新基準1・48.8%、新基準2・64.1%、新基準3・16.7%、新基準4・9.1%
入院医療分科会(1)6 190619
 
【看護必要度II(DPCのEF統合ファイルによる測定)を採用する病院】
▽特定機能7対1:―
▽専門7対1:―
▽急性期一般1:新基準1・66.0%、新基準2・34.6%、新基準3・51.0%、新基準4・4.0%
▽急性期一般2:新基準1・61.8%、新基準2・46.6%、新基準3・38.9%、新基準4・2.3%
▽急性期一般3:新基準1・78.4%、新基準2・54.9%、新基準3・37.3%、新基準4・7.8%
▽急性期一般4:新基準1・66.3%、新基準2・57.9%、新基準3・27.8%、新基準4・1.6%
▽急性期一般5:新基準1・90.0%、新基準2・3.3%、新基準3・26.7%、新基準4・13.3%
▽急性期一般6:―
▽急性期一般7:新基準1・66.2%、新基準2・39.8%、新基準3・49.2%、新基準4・6.3%
▽地域一般:―
入院医療分科会(1)7 190619
 
 このデータからは、例えば次のようなさまざまな点が浮かび上がってきます。

▽特定機能病院や専門病院は、新基準2、つまり認知症の入院患者が少ない
▽急性期一般4・5などでは、新基準1よりも新基準2の該当が多く、これにより「重症患者割合」が相当程度押し上げられていると考えられる
▽急性期一般1でも、5割程度の患者が新基準2に該当している
▽看護必要度Iと看護必要度IIとで、重症患者の構成が相当程度異なっている

 まず気になるのは「特定機能病院・専門病院に比べて、急性期一般1で新基準2に該当する患者割合が高い」という点です。しかし、入院患者の年齢構成を見ると「急性期一般1では特定機能病院等に比べて高齢者が多い」ことから、新基準2該当者の割合が異なるのは当然とも考えられます。

一方で、急性期一般1について、病床規模別に入院患者の状況を少し詳しく見ると「99床以下を除けば、規模の小さな病院ほど、▼高齢の入院患者が多い▼要介護状態の入院患者が多い▼認知症高齢者の自立度が低い患者が多い―」ことが明らかとなりました。
入院医療分科会(1)1 190619

入院医療分科会(1)2 190619

入院医療分科会(1)3 190619
 
ここから、「急性期一般1の中でも小規模の病院ほど、新基準2の創設によって、重症患者割合の施設基準(看護必要度Iでは30%以上)をクリアしやすくなった」との仮説を立てることができそうです。この仮説が正しければ、逆の側面から見れば「大規模な急性期病院ほど、急性期一般1の基準をクリアしにくくなっている」可能性もあります(この場合、「急性期病棟の適切な評価」という本来の趣旨からズレてきている可能性もある)。

今後、新基準2該当者の状況を病床規模別に詳しく分析していくことが必要でしょう。牧野憲一委員(日本病院会常任理事)や武井純子委員(社会医療法人財団慈泉会相澤東病院看護部長)も、こうした分析の必要性を指摘しています。

 
新基準2は、前述のとおり「急性期病棟における認知症入院患者の増加」を受け、看護職の労働コストが高まっていることを踏まえたものと言えます。現在の看護必要度は「重症」「看護の必要性」「医療の必要性」を総合的に評価しているため、「看護の必要性の高い認知症高齢者」の受け入れ状況を評価軸に加えることは当然と言えるでしょう。

ただし、「医学・医療的な観点で見た重症、医療の必要性」と「看護の必要性」とを分けて考えるべきではないか、と指摘する識者も少なくありません。この指摘に沿えば、「看護配置」についても分けて考え、「医学・医療の必要性」と「看護の必要性(必要性が高ければ手厚い看護が求められるため、看護配置もここに含めることができる)」とを峻別した評価軸を将来的に考えていく必要があるかもしれません。例えば、入院基本料を「重症者、医療の必要性の高い患者」割合に基づいて設定し、「看護配置を含めた看護の必要性」を加算として評価することなども1つの案として考えることができそうです。言わば、機能(重症患者等の受け入れ状況)別の入院基本料を設定することになり、2018年度改定で示された方向とも合致していると考えられるでしょう。

2018年度診療報酬改定論議では「急性期入院医療における評価軸」を根本に遡って議論していく方向性が固められており、今回のデータは、この議論を加速させる重要な意味を持つと考えられます(関連記事はこちら)。

急性期一般1、2018年度改定後に重症患者割合は5.6ポイント上昇

 重症患者割合が2018年度診療報酬改定の前後でどう動いたのかを見ると、次のような状況となりました(看護必要度Iで評価を行う病院について)。

【急性期一般1】改定前(2017年8-10月、以下同):30.3%、改定後(2018年8-10月、以下同):35.9%→改定後に5.6ポイント上昇
【急性期一般2】改定前:27.2%、改定後:31.3%→改定後に4.1ポイント上昇
【急性期一般3】改定前:27.2%、改定後:31.1%→改定後に3.9ポイント上昇
【急性期一般4】改定前:28.6%、改定後:36.3%→改定後に7.7ポイント上昇
【急性期一般5】改定前:21.9%、改定後:27.3%→改定後に5.2ポイント上昇
【急性期一般6】改定前:17.2%、改定後:22.1%→改定後に4.9ポイント上昇
【急性期一般7】改定前:9.1%、改定後:11.8%→改定後に2.7ポイント上昇
【特定機能7対1】改定前:28.4%、改定後:31.6%→改定後に3.2ポイント上昇
【専門7対1】改定前:29.9%、改定後:31.5%→改定後に1.6ポイント上昇
入院医療分科会(1)4 190619
 
 例えば、2018年度診療報酬改定前の【7対1一般病棟】では、重症患者割合の基準値が「25%以上」でしたが、改定後の【急性期一般1】では「30%以上」と、5ポイントの引き上げが行われました。前述した「新基準」の導入等で重症患者の増加が見込まれたこと、「7対1の厳格化」が求められたことなどを踏まえたものですが、今回のデータを見ると重症患者割合については「厚労省のシミュレーション通りに医療現場が動いた」(厚労省の基準値設定が妥当であった)と見ることができそうです。

 もっとも、今後、中央社会保険医療協議会では、支払側委員による「より高い基準値に設定すべきであった。2020年度改定に向けてさらに引き上げるべきである」との主張の根拠データともなりそうです。

199床以下の小規模病院、一部に重症患者割合が40%以上のところも

ところで、199床以下の小規模病院について重症患者割合を見ると、40%を超える病院が少なからずあります(2018年度改定前にも存在する)。この点について厚労省保険局医療課の担当者は「小規模ながら専門的な医療を提供する病院(ハートセンターなど)が含まれている可能性があるのではないか。詳しく分析する必要がある」との考えを示しています。
入院医療分科会(1)8 190619
 
小規模病院の中には、「大学病院をも凌ぐスキルを持ち、極めて重症の患者を数多く受け入れている」病院や、「過疎地で総合的な診療を提供する」病院など、さまざまなタイプがあります。上述したように「規模の急性期一般1病院ほど、高齢者等の入院患者が多い」という傾向がありますが、ここには「99床以下の病院」は除かれます。入院医療分科会でも神野正博委員(全日本病院協会会長)から「タイプ別の分析」の必要性が指摘されました。

看護必要度IとII、精査の結果、乖離は厚労省の設定に近い数値に収まる

 ところで6月7日の前回会合では、「看護必要度Iによる重症患者割合」と「看護必要度IIによる重症患者割合」に大きな乖離(急性期一般1では8.5ポイントの開き)があることが問題視され、6月12日開催の中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会でも同様の指摘がなされました(関連記事はこちらこちら)。

 この点、厚労省がデータを精査(看護必要度IIでの評価をせずに、重症患者割合ゼロ%と報告した病院があり、これを除外)したところ、次のように「想定を超える大きな乖離はない」ことが明らかになりました。

【急性期一般1】看護必要度I:35.4%、看護必要度II:31.3%→IとIIの差は4.1ポイント
【急性期一般2】看護必要度I:32.5%、看護必要度II:28.2%→IとIIの差は4.3ポイント
【急性期一般3】看護必要度I:29.2%、看護必要度II:26.3%→IとIIの差は2.9ポイント
【急性期一般4】看護必要度I:34.0%、看護必要度II:29.6%→IとIIの差は4.4ポイント
【急性期一般5】看護必要度I:24.9%、看護必要度II:21.5%→IとIIの差は3.4ポイント
【急性期一般6】看護必要度I:18.2%、看護必要度II:17.4%→IとIIの差は0.8ポイント
【急性期一般7】看護必要度I:14.2%、看護必要度II:8.7%→IとIIの差は5.5ポイント
【特定機能7対1】看護必要度I:31.8%、看護必要度II:27.5%→IとIIの差は4.3ポイント
【専門7対1】看護必要度I:31.6%、看護必要度II:25.4%→IとIIの差は6.2ポイント
【地域一般1】看護必要度I:9.6%、看護必要度II:11.2%→IとIIの差はマイナス1.6ポイント
入院医療分科会(1)5 190619
 
 評価票を用いた看護必要度Iと、EF統合ファイルを用いた看護必要度IIとでは、評価対象が若干異なるため、もともと「看護必要度Iを用いた重症患者割合」>「看護必要度IIを用いた重症患者割合」となり、急性期一般1では「5ポイント」の差がつけられています(看護必要度1では30%以上、看護必要度IIでは25%以上)。今回の結果からは、「実際にこの基準値の差に近い差が出ている」ことが確認でき、入院医療分科会では「妥当な設定であった」との意見が多数出ています。ただし地域一般1については「I<II」と逆転が生じており、なんらかのミスが生じている可能性もあり、今後の検証が待たれます。
2018年度改定(急性期一般入院基本料)1 180305

2018年度改定(急性期一般入院基本料)2 180305
  
 関連して牧野憲一委員(日本病院会常任理事)は「看護必要度Iと看護必要度IIとで、C項目の構成も大きく異なっているようだ。詳しく分析する必要がある」と提案しています。

 例えば、急性期一般1を見ると、看護必要度Iの病院では「骨の手術」が1.7%と最多ですが、看護必要度IIの病院では「骨の手術」は0.1%にとどまり、「救命等に係る内科的処置」が1.6%で最多となっています。また看護必要度IIの病院では「開頭手術」「開腹手術」がゼロ%となっているなどの違いがあります。

患者数ベースに直せば大きな差とはならないものの、牧野委員は「看護必要度IIを導入した急性期一般1病院全体で開頭・開腹手術がゼロ件とは考えにくいのではないか」と述べ、詳細な分析の必要性を訴えています。

 
 なお、特定機能病院では「看護必要度IIの導入」が最も進んでおり(25.6%、急性期一般1では19.3%にとどまる)、山本修一分科会長代理(千葉大学医学部附属病院長)は「看護部から『本来の看護業務に関連の深い項目だけのチェックで済む。大きな負担軽減になっている』と高評価である」旨を紹介。医師のみならず、看護職についても「働き方改革(労働時間の短縮など)」が求められる中で、「看護必要度IIの導入」は有力な負担軽減ツールの1つとなりそうです。

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

看護必要度IとIIとで重症患者割合に大きな乖離、要因を詳しく分析せよ―中医協・基本小委
自院の急性期患者の転棟先として、地域包括ケア病棟を選択することは「問題」なのか―入院医療分科会(2)
7対1から急性期2・3への移行は3%強にとどまる、看護必要度IIの採用は2割弱―入院医療分科会(1)
2020年度改定、入院医療では「救急」や「認知症対策」なども重要論点に—入院医療分科会(2)
DPC対象病院の要件を見直すべきか、入院日数やDPC病床割合などに着目して検討―入院医療分科会(1)
2018年度改定で新設された【急性期一般入院料1】を選択する理由はどこにあるのか―入院医療分科会
2020年度の次期診療報酬改定に向け、急性期一般入院料や看護必要度などを調査―入院医療分科会

 
オンライン診療、「有効性・安全性のエビデンス」に基づき算定要件などを議論―中医協総会(1)
医師の働き方改革、入院基本料や加算の引き上げなどで対応すべきか―中医協総会(2)
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を6月から保険収載―中医協総会(1)
外来医療の機能分化に向け、「紹介状なし患者の定額負担」「かかりつけ医機能の評価」など議論―中医協総会(2)
画期的な白血病治療薬「キムリア」を保険収載、薬価は3349万円―中医協総会(1)
高齢者へのフレイル・認知症・ポリファーマシ―対策、診療報酬でどうサポートすべきか―中医協総会(3)
診療報酬で生活習慣病の重症化予防、治療と仕事の両立をどう進めていくか―中医協総会(2)
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)
「院内助産」「外来での妊産婦対応」を診療報酬でどう支援していくべきか―中医協総会(2)
2020年度改定論議スタート、小児疾患の特性踏まえた診療報酬体系になっているか―中医協総会(1)
2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会
東日本大震災を受けた診療報酬の被災地特例、福島では継続するが、宮城・岩手は最長2021年3月で終了―中医協総会(2)
要介護高齢者への維持期「疾患別リハ料」は2019年3月末で終了、介護保険への移行完了―中医協総会(1)

 
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定

ロボット支援手術を、胃がんや肺がん、食道がんなど12術式にも拡大―中医協総会 第384回(1)
2018年度改定、入院料の再編・統合、かかりつけ機能の評価拡充などが柱に―中医協総会 第382回(3)
かかりつけ機能持つ診療所など、初診料の評価アップへ―中医協総会 第382回(2)
7対1・10対1を再編し7つの急性期入院料を新設、重症患者割合が争点―中医協総会 第382回(1)
【2018年度診療報酬改定総点検3】複数医療機関による訪問診療をどこまで認めるべきか
【2018年度診療報酬改定総点検2】ICTの利活用を推進、オンライン診察等の要件はどうなる
【2018年度診療報酬改定総点検1】入院料を再編・統合、診療実績による段階的評価を導入
2018年度改定、年明けからの個別協議に向け各側がスタンスを表明―中医協総会
麻酔科医の術前術後管理の重要性を勘案し、麻酔管理料の評価充実へ―中医協総会 第379回
「専従」要件の弾力運用、非常勤リハビリスタッフの「常勤換算」を認める―中医協総会 第378回
かかりつけ薬剤師の推進目指すが、「かかりつけ」を名乗ることへの批判も―中医協総会 第377回(5)
介護施設を訪問して入所者を看取った場合の医療機関の評価を拡充―中医協総会 第377回(4)
腹膜透析や腎移植、デジタル画像での病理診断などを診療報酬で推進―中医協総会 第377回(3)
療養病棟入院料も再編、20対1看護、医療区分2・3割合50%がベースに―中医協総会 第377回(2)
「入院前」からの外来で行う退院支援、診療報酬で評価―中医協総会 第377回(1)
薬剤9.1%、材料7.0%の価格乖離、診療報酬本体プラス改定も―中医協総会 第376回(3)
退院支援加算2でも、地域連携診療計画加算の算定を可能に―中医協総会 第376回(2)
7対1から療養までの入院料を再編・統合、2018年度は歴史的大改定―中医協総会 第376回(1)
抗菌剤の適正使用推進、地域包括診療料などの算定促進を目指す—第375回 中医協総会(2)
退院支援加算1、「ICT活用した面会」などを弾力的に認める—第375回 中医協総会(1)
安定冠動脈疾患へのPCI、FFR測定などで「機能的虚血」確認を算定要件に—中医協総会374回(1)
地域包括ケア病棟の評価を2分、救命救急1・3でも看護必要度を測定—中医協総会(2)
7対1・10対1基本料を再編・統合し、新たな入院基本料を創設へ―中医協総会(1)
内科などの有床診療所、より柔軟に介護サービス提供可能に―中医協総会(2)
療養病棟入院基本料、2018年度改定で「療養1」に一本化—中医協総会(1)
訪問看護ステーション、さらなる機能強化に向けた報酬見直しを—中医協総会(2)
病院に併設する訪問看護ステーション、手厚く評価をすべきか—中医協総会(1)
診療報酬でも、「同一・隣接建物に住む患者」への訪問で減算などを検討—中医協総会(1)
紹介状なしに外来受診した場合の特別負担、500床未満の病院にも拡大へ—中医協総会(3)
非常勤医師を組み合わせて「常勤」とみなす仕組みを拡大へ—中医協総会(2)
2016年度改定後に一般病院の損益比率は▲4.2%、過去3番目に悪い—中医協総会(1)
保湿剤のヒルドイド、一部に「極めて大量に処方される」ケースも―中医協総会(3)
生活習慣病管理料、エビデンスに基づく診療支援の促進を目指した見直し―中医協総会(2)
ICT機器用いた遠隔診察、対象疾患や要件を絞って慎重に導入を―中医協総会(1)
臓器移植後の長期入院、患者からの「入院料の15%」実費徴収禁止の対象に―中医協総会
要介護者への維持期リハ、介護保険への完全移行「1年延期」へ―中医協総会(2)
回復期リハ病棟のアウトカム評価、次期改定で厳格化すべきか—中医協総会(1)
統合失調症治療薬クロザピン使用促進に向け、精神療養の包括範囲を見直し—中医協総会(2)
向精神薬の処方制限を2018年度改定で強化、薬剤種類数に加え日数も制限へ—中医協総会(1)
医療安全管理部門への「専従医師」配置を診療報酬で評価すべきか―中医協総会(2)
医療体制の体制強化で守れる命がある、妊婦への外来医療など評価充実へ―中医協総会(1)
抗菌薬適正使用に向けた取り組みや医療用麻薬の投与日数をどう考えるか—中医協総会(2)
小児入院医療管理料、がん拠点病院加算と緩和ケア診療加算を出来高評価に—中医協総会
レセプトへの郵便番号記載、症状詳記添付の廃止、Kコードの大幅見直しなど検討—中医協総会
認知症治療病棟でのBPSD対策や入退院支援の在り方などを検討—中医協総会
2018年度から段階的に診療報酬請求事務の効率化や、診療データ活用などを進める—中医協総会
地域包括ケア病棟、「病院の規模」や「7対1の有無」などと関連させた議論に—中医協総会(1)
医療療養2、介護医療院などへの移行に必要な「経過措置」を検討—中医協総会
オンラインでのサービス担当者会議などを可能にし、医療・介護連携の推進を—中医協・介護給付費分科会の意見交換
要介護・維持期リハビリ、介護保険への移行を促すため、診療報酬での評価やめるべきか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
複数医療機関による訪問診療を認めるべきか、患者の状態に応じた在宅医療の報酬をどう考えるか—中医協(1)
かかりつけ薬剤師指導料、対象患者は高齢者や多剤処方患者に絞るべきか—中医協総会(2)
生活習慣病の重症化予防、かかりつけ医と専門医療機関・保険者と医療機関の連携を評価―中医協総会(1)
訪問看護、2018年度同時改定でも事業規模拡大などが論点に―中医協・介護給付費分科会の意見交換(2)
医療機関での看取り前の、関係者間の情報共有などを報酬で評価できないか―中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)
7対1・10対1入院基本料、看護配置だけでなくパフォーマンスも評価する報酬体系に―中医協総会(1)
主治医機能に加え、日常生活から在宅までを診る「かかりつけ医機能」を評価へ―中医協総会(1)
2018年度診療報酬改定に向け、臨床現場でのICTやAIの活用をどう考えるか―中医協総会(1)
2018年度改定に向け入院医療の議論も始まる、機能分化に資する入院医療の評価を検討―中医協総会(1)
2018年度改定に向けた議論早くも始まる、第1弾は在宅医療の総論―中医協総会

 
入院の共通要素を看護必要度、変動要素をEFファイルで評価してはどうか—入院医療分科会(1)
救急医療管理加算、「意識障害」「心不全」などの定義を精緻化—入院医療分科会(3)
16年度追加の看護必要度C項目など、妥当だが一部見直しの可能性も―入院医療分科会(2)
重症患者割合、一定の条件を置いてEFファイルでの判定が可能では―入院医療分科会(1)
入院時食事療養費の細分化や委託費高騰などで、給食部門の収支は極めて厳しい—入院医療分科会(2)
短期滞在手術等基本料3、2018年度改定で4つのオペ・検査を追加へ—入院医療分科会(1)
ICU、施設数・ベッド数の減少とともに病床利用率も低下傾向—入院医療分科会(2)
救急医療管理加算、総合入院体制加算などの見直し論議スタート—入院医療分科会(1)
DPCデータ用いた重症患者割合の測定、看護業務効率化につながる可能性—中医協・基本小委
地域包括ケア病棟、自宅等からの入棟患者の評価を充実へ—入院医療分科会(2)
看護必要度、急性期の評価指標としての妥当性を検証せよ—入院医療分科会(1)
療養病棟、リハビリ提供頻度などに着目した評価を検討―入院医療分科会(3)
看護必要度該当患者割合、診療報酬の算定状況から導けないか検証―入院医療分科会(2)
DPCデータの提出義務、回復期リハ病棟や療養病棟へも拡大か―入院医療分科会(1)
入院前からの退院支援、診療報酬と介護報酬の両面からアプローチを—入院医療分科会(3)
地域包括ケア病棟、初期加算を活用し「自宅からの入院患者」の手厚い評価へ—入院医療分科会(2)
看護必要度該当患者割合、7対1と10対1で異なっている活用方法をどう考える—入院医療分科会(1)
療養病棟、医療区分2・3患者割合を8割・6割・4割ときめ細かな設定求める意見も—入院医療分科会
回復期リハ病棟、「退院後のリハビリ提供」の評価を検討—入院医療分科会(2)
地域包括ケア病棟、「自宅からの入棟患者」割合に応じた評価軸などが浮上—入院医療分科会(1)
看護必要度、2018年度改定だけでなく将来を見据えた大きな見直しを行うべきか—入院医療分科会
退院支援加算、「単身高齢者などへの退院支援」ルールを求める声—入院医療分科会(3)
地域包括ケア病棟、機能に応じた「点数の細分化」案が浮上か—入院医療分科会(2)
看護必要度割合は7対1病院の7割で25-30%、3割の病院で30%以上—入院医療分科会(1)
病棟群単位の届け出を行わない理由や、看取りガイドラインの活用状況など調査—中医協総会(2)
5月から夏にかけ一般病棟や退院支援を、秋から短期滞在手術やアウトカム評価などを議論—入院医療分科会

7対1・10対1入院基本料、看護配置だけでなくパフォーマンスも評価する報酬体系に―中医協総会(1)