Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

病院のベッド数「大幅減」続く、有床診の減少も止まらず2022年4月に6000施設を割る見込み―医療施設動態調査(2020年6月)

2020.9.4.(金)

有床診療所の減少はとどまるところを知らず、現在のペースでは、2022年4月末には施設数は6000を割り、来年(2021年)4月末にはベッド数は8万5000床を切る可能性が高い—。

また病院のベッド数「大幅減少」も昨年(2019年)後半から続いており、その大きな要因は「療養病床の減少」(介護医療院への転換など)にある—。

厚生労働省が8月31日に公表した医療施設動態調査(2020年6月末概数)から、こうした状況が明らかになりました(厚労省のサイトはこちら)。

2020年5月末から6月末にかけて、病院・有床診療所ともにベッド数が大幅に減少している(医療施設動態調査(2020年6月) 200831)

有床診の減少も止まらず、2022年4月には6000施設を割る見込み

厚労省は、毎月末における病院・診療所の施設数・ベッド数を調べ、「医療施設動態調査」として公表しています(前月末の状況はこちら、前々月末の状況はこちら、さらにその前の月末の状況はこちら)。今年(2020年)6月末に全国の医療施設は17万9303施設となり、前月末から41施設増加しました。

病院の施設数は、前月末と変化なく8255施設。種類別に見ると、▼一般病院:7201施設(前月末から増減なし)▼精神科病院:1054施設(同増減なし)—などです。一般病院のうち、「療養病床を有する病院」は3597施設で前月末から4施設減少、「地域医療支援病院」は624施設で前月末から増減ありません。

地域医療支援病院に関しては、昨年(2019年)8月に厚労省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」で承認要件の見直し内容を決定。これまでの▼紹介患者への医療提供(かかりつけ医への逆紹介も含む)▼医療機器の共同利用▼救急医療の提供▼地域の医療従事者への研修の実施―という4つの役割・機能に加え、新たに、都道府県が「医師の少ない地域への医師派遣実施」などのプラスアルファ要件を独自追加(厳格化)することが認められます(関連記事はこちらこちらこちら)。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響で医療法改正案の国会提出が遅れています。

関連して、先の2020年度診療報酬改定において、「紹介なし外来患者からの特別負担徴収」義務が、一般病床200床以上の地域医療支援病院にまで拡大されています(関連記事はこちら)。

一方、「療養病床を有する病院」の減少は、「介護医療院」(▼介護▼医療▼住まい—の3機能を併せ持つ介護保険施設)への転換が進んでいるためと考えることができます。ただし、転換促進策の1つである【移行定着支援加算】(介護医療院の介護報酬上の加算)の満額算定期限が過ぎている(2020年4月1日までの転換で満額1年間分を算定可能であった)ことから、「転換=減少」ペースが鈍化した可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症による医療機関経営への影響(収入減)により「病院・診療所の倒産」が増加することが懸念されましたが、これまでに特段の動きは出ていないようです。もっとも、3月→4月→5月と病院経営が悪化の度合いを増していることが分かっており、その影響が今後に現れる可能性もあります。
【新型コロナウイルス感染症の病院経営への影響調査等の関連記事】
●GHC分析6月 5月4月3月
●支払基金データ5月4月3月
●日病・全日病・医法協調査:第1四半期追加報告最終報告速報
●全自病調査5月分調査4月分調査



一方、医科診療所は10万2776施設で、前月末から60施設増加しました。うち有床診療所は前月末から20設減少し、6446施設となりました。

無床の医科診療所は前月から80施設増加しており、新型コロナウイルス感染症の影響(患者が新型コロナウイルス感染を避けるために受診を控える → 医療機関の経営が悪化する)は現時点では明確になっていません。



有床診療所の施設数は、2年前(2018年6月末)には7043施設(厚労省のサイトはこちら)、1年前(2019年6月末)には6697施設(厚労省のサイトはこちら)でした。2018年6月末から2019年6月末までの1年間で346施設の減少、さらに今年(2020年)6月末までの1年間で251施設の減少となっています。有床診療所の施設数は、2019年6月末以降、次のように推移しています。

▼2019年6月末:6697施設
↓(16施設減)
▼2019年7月末:6681施設
↓(19施設減)
▼2019年8月末:6662施設
↓(18施設減)
▼2019年9月末:6644施設
↓(25施設減)
▼2019年10月末:6619施設
↓(19施設減)
▼2019年11月末:6600施設
↓(19施設減)
▼2019年12月末:6581施設
↓(29施設減)
▼2020年1月末:6552施設
↓(21施設減)
▼2020年2月末:6531施設
↓(7施設減)
▼2020年3月末:6524施設
↓(41施設減)
▼2020年4月末:6483施設
↓(17施設減)
▼2020年5月末:6466施設
↓(20施設減)
▼2020年6月末:6446施設

直近1年間は、1か月当たり「21施設弱」のペースで減少が続いています。現在のペースが続くと仮定すれば、2022年4月末に6000施設を割ってしまう計算になります(前月末までと同じペース)。

有床診ベッド数、2021年4月末に8万5000床を割る可能性

病床数(ベッド数)に目を移すと、全体では、今年(2020年)6月末には160万1601床で、前月末から1083床の大幅減少となりました。▼2019年10月→11月:933床減▼同年11月→12月:969床減▼同年12月→2020年1月:1014床減▼同年1月→2月:1787床減▼同年2月→3月末:2890床減▼同年3月末→4月末:7859床減▼同年4月末→5月末:1000床減—と大幅減少が続いており、「療養病床の減少」がその大きな要因となっています(介護医療院への転換等)。

うち病院の病床数は151万3605床で、前月末から721床の減少。医療法上の病床種類別に見ると、▼一般病床:88万8041床(前月末から34床増加)▼療養病床:29万4354床(同517床減少)▼精神病床:32万5140床(同237床減少)—などとなっています。

また、有床診療所の病床数は前月末から362床減少し、8万7938床となりました。2年前(2018年6月末)には9万6134床(厚労省のサイトは(厚労省のサイトはこちら))、1年前(2019年6月末)には9万1498床(厚労省のサイトはこちら)でした。2018年6月末から2019年6月末までの1年間で4634床減少、そこから今年(2020年)6月末までの1年間で3560床減少しています。2019年6月末以降、有床診のベッド数は次のように推移しています。

▼2019年6月末:9万1498床
↓(212床減)
▼2019年7月末:9万1286床
↓(218床減)
▼2019年8月末:9万1068床
↓(243床減)
▼2019年9月末:9万825床
↓(353床減)
▼2019年10月末:9万472床
↓(224床減)
▼2019年11月末:9万248床
↓(291床減)
▼2019年12月末:8万9957床
↓(331床減)
▼2020年1月末:8万9626床
↓(237床減)
▼2020年2月末:8万9389床
↓(179床減)
▼2020年3月末:8万9210床
↓(601床減)
▼2020年4月末:8万8609床
↓(309床減)
▼2020年5月末:8万8300床
↓(362床減)
▼2020年6月末:8万7938床

この1年間では、1か月当たり「297床弱」のペースで減少が続いています。現在のペースが継続すると仮定すれば、来年(2021年)4月末には8万5000床を切る計算です(前月末よりも1か月早いペース)。





有床診は、地域包括ケアシステム(要介護状態になっても住み慣れた地域で在宅生活を継続可能とする仕組み)の重要な構成要素(急変時やレスパイトにおける入院病床)として期待されることはもちろん、現行の医療提供体制においても重要な構成要素(2次医療圏の中には、総ベッド数の4分の1が有床診である地域もある)となっています。有床診の減少は、こうした地域包括ケアシステム・地域医療提供体制を脆弱化させてしまうため、経営の下支えが重要となってきます。

厚労省は、2018年度の前回診療報酬(介護報酬との同時改定)で、有床診療所を(1)専門特化型(2)地域包括ケア型―の2類型に分け、後者の『地域包括ケア型』について「過疎地などにおける入院医療の重要な支え手(地域包括ケアシステムの重要な担い手)であるものの、経営が厳しく、存続が困難」といった課題に直面していることを重視。有床診経営を支援するために、要介護者の受け入れを【介護連携加算】で評価するなどの報酬見直しを行いました(関連記事はこちらこちら)。

さらに、2020年度の今回診療報酬改定では、次のような見直しが行われています(関連記事はこちら)。

▼【有床診療所一般病床初期加算】(急性期病棟からの転棟患者受け入れを評価する)について、点数を150点に引き上げ(50点増)、算定上限日数を「転棟等日から14日」に延長する(7日間延長)

▼【医師配置加算】について、加算1を120点(32点増)、加算2を90点(30点増)に引き上げる

▼【看護配置加算】について、加算1を60点(20点増)、加算2を35点(15点増)に引き上げる

▼【夜間看護配置加算】について、加算1を100点(15点増)、加算2を50点(15点増)に引き上げる

▼【看護補助配置加算】について、加算1を25点(15点増)、加算2を15点(10点増)に引き上げる

▼【有床診療所緩和ケア診療加算】について、250点に引き上げる(100点増)

これらの効果は現時点では現れていません(減少スピードになかなか歯止めがかからない)。

もっとも、「後継者がいない」ことによる閉院も少なからず生じていると指摘されており、この面への診療報酬による効果はなかなか期待できません。有床診減少の背景をさらに詳しく分析することも重要でしょう。

ぽんすけ2020 MW_GHC_logo

【関連記事】

有床診の減少止まらず、2021年5月に8万50000床・22年4月に6000施設を割る可能性―医療施設動態調査(2020年5月)
有床診ついに6500施設割る、2022年4月には6000施設を割る可能性も―医療施設動態調査(2020年4月)
有床診、すでに6500施設を割り込み、2021年6月に8万5000床を切る見込み―医療施設動態調査(2020年3月)
有床診、すでに6500施設を割り込んでいる可能性大―医療施設動態調査(2020年2月)
有床診、2020年4月に6500施設を割り込み、翌年4月に8万5000床を切ってしまう可能性―医療施設動態調査(2020年1月)
有床診ベッドついに9万床割る、施設数は2020年4月に6500割る見込み―医療施設動態調査(2019年12月)
有床診、ベッド数は既に9万床を、施設数は2020年4月に6500を割るペースで減少―医療施設動態調査(2019年11月)
有床診、ベッド数は2020年2月に9万床を、施設数は同5月に6500を割るペースで減少―医療施設動態調査(2019年10月)
有床診の減少続き、ベッド数は2019年末に9万床を切り、施設数は2020年3月に6500を割る勢い―医療施設動態調査(2019年9月)
有床診の減少スピード2019月6-8月は確実に鈍化、次期改定での対応に注目―医療施設動態調査(2019年8月)
有床診の減少スピード2019月6月・7月と再び鈍化、次期改定の行方は?―医療施設動態調査(2019年7月)
有床診の減少スピードが再び鈍化、2019年10月に9万床、20年1月に6500施設を割る見込み―医療施設動態調査(2019年6月)
有床診の減少スピードさらに加速、2019年9月に9万床、19年末に6500施設を割る見込み―医療施設動態調査(2019年5月)
有床診の減少スピード加速続く、2019年9月に9万床を、19年末に6500施設を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年4月)
有床診の減少スピードさらに加速、2019年9月にも9万床を割る可能性―医療施設動態調査(2019年3月)
有床診の減少スピードアップ、2019年10月にも9万床を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年2月)
有床診の減少スピードが再び上昇、2019年11月には9万床を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年1月)
有床診の減少スピード、再び上昇に転じる―医療施設動態調査(2018年12月)
有床診減少スピードは確実に鈍化、2018年度改定の効果か―医療施設動態調査(2018年11月)
有床診の減少スピードにやはりブレーキ、2018年度改定の効果か―医療施設動態調査(2018年10月)
有床診、2018年度改定の効果か、2018年9月末には減少スピードに若干のブレーキ―医療施設動態調査(2018年9月)
有床診、2018年8月末で6948施設に、19年10月には6500施設割れの可能性も―医療施設動態調査(2018年8月)
有床診、実は2018年6月末で7000施設を割っていた―医療施設動態調査(2018年7月)
有床診の減少スピードがアップ、7043床・9万6134床に―医療施設動態調査(2018年6月)
有床診の減少止まらず、すでに7000施設を割っている可能性も、療養病床も減少傾向―医療施設動態調査(2018年5月)
新年度に入り有床診の減少ペース早まる、2018年8月には7000施設を割る可能性―医療施設動態調査(2018年4月)
有床診の減少、ベッド減少ペースは若干緩むが、施設減少ペース変わらず―医療施設動態調査(2018年3月)
有床診、2018年1月末から2月末にかけ28施設・380床の減少―医療施設動態調査(2018年2月)
有床診、2018年1月末で7194施設・9万8111床に減少―医療施設動態調査(2018年1月)
有床診、2017年末で7218施設・9万838床に減少―医療施設動態調査(2017年12月)
有床診療所の減少続く、2018年度同時改定で歯止めがかかるのか―医療施設動態調査(2017年11月)
有床診療所の減少が加速、病床数は9万8843床に―医療施設動態調査(2017年10月)
有床診療所の減少に歯止めかからず、2018年度改定の効果に期待集まる―医療施設動態調査(2017年9月)
有床診療所、ついに集計結果でも10万床を割る―医療施設動態調査(2017年8月)
有床診療所は10万19床、現時点で10万床割れは確実―医療施設動態調査(2017年7月)
有床診療所、現時点で10万床を割っている可能性大―医療施設動態調査(2017年6月)
有床診、2017年5月末に10万466床、7月に10万床切るペースで減少―医療施設動態調査(2017年5月)
有床診、新年度から減少ペース早まり、今年(2017年)7月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年4月)
有床診、現在の減少ペース続けば、今年(2017年)8月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年3月)
2017年2月、有床診は7500施設を切り7485施設に、ベッド数は10万1697床に―医療施設動態調査(2017年2月)
2016年以降、有床診は月間26施設・320床のペースで減少―医療施設動態調査(2017年1月)
有床診療所、前月に比べて施設数は25、ベッド数は287減少―医療施設動態調査(2016年12月)
有床診療所、前月に比べて施設数は30、ベッド数は367減少―医療施設動態調査(2016年11月)
一般病床数、療養病床数ともに2か月連続で3桁の減少―医療施設動態調査(2016年10月)
一般病床数、療養病床数ともに3桁の減少―医療施設動態調査(2016年9月)
有床診療所の施設数・ベッド数の減少ペースがやや鈍化―医療施設動態調査(2016年8月)
一般病床数は前月比336床増加の一方で、療養病床数は252床減少―医療施設動態調査(2016年7月)
一般病床の平均在院日数は16.5日、病床利用率は75.0%に―2015年医療施設動態調査
一般病床数は前月比977床の大幅増、精神病床は237床減―医療施設動態調査(2016年5月)
一般病床数は前月比379床増、精神病床は551床減、2016年度改定との関連の分析が必要―医療施設動態調査(2016年4月)
一般病床数が前月比1135床減、2か月連続で千床台の大幅減―医療施設動態調査(2016年3月)
一般病床数が前月から1299床の大幅減、今後の動向に注目集まる―医療施設動態調査(2016年2月)
病院の一般病床数が前月から726床減少、無床のクリニックも減少―医療施設動態調査(2016年1月)
有床診の減少止まらず7864施設に、2016年度診療報酬改定の効果のほどは?―医療施設動態調査(15年12月)
有床診の減少止まらず、2015年11月には7905施設・10万6890床に―医療施設動態調査(15年11月)
有床診の減少、依然続く、2015年10月には7927施設・10万7210床に―医療施設動態調査(15年10月)
有床診の減少止まらず、2016年度改定での対応に注目集まる―医療施設動態調査(15年9月)
有床診療所、ついに8000施設を切る―医療施設動態調査(15年8月)
病院の病床数、15年5月には156万7636床に―医療施設動態調査



有床診、「機能・医療スタッフ配置」評価や「他医療機関等の管理栄養士との連携」評価を―中医協総会(2)
紹介状なし外来受診患者からの特別負担徴収義務、地域医療支援病院全般に拡大―中医協総会(1)



特定機能病院、「第三者評価の受審」「改善状況の公表」を承認要件に―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会
特定機能病院に「第三者評価受審と指摘事項の公表」求めてはどうか、特定機能病院側は「厳しい」と反論―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
地域医療支援病院、「医師の少ない地域」支援をプラスアルファ要件として設定可能に―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
特定機能病院、国と異なる「プロフェッショナルの第三者」視点での評価受審を義務化してはどうか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
医師派遣機能、地域医療支援病院の「すべて」には求めるべきではない―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
特定機能病院に第三者評価を義務付けるべきか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
すべての地域医療支援病院が医師派遣等の医師少数区域支援機能を持つべき―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
地域医療支援病院、「在宅医療支援」「医師派遣」等の機能をどう要件化すべきか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会
地域医療支援病院の承認要件見直しへ議論開始―厚労省・検討会



2020年度診療報酬改定、「ネットで2%台半ば以上のマイナス、本体もマイナス」改定とせよ―財政審



内科などの有床診療所、より柔軟に介護サービス提供可能に―中医協総会(2)
「有床診の介護参入」や「療養病床の転換」促す運営基準見直し案を了承―第154回介護給付費分科会(1)



2020年6月、外来・入院ともに「患者数復調の兆し」が見られるが、がん患者症例数はさらに減少―GHC新型コロナ分析第4弾
2020年5月、新型コロナでの患者減がさらに拡大、がんや脳梗塞・心不全患者も減少―GHC分析第3弾
4月には新型コロナで外来・入院ともに患者大激減、がん医療へも影響が拡大―GHC分析第2弾
3月時点から新型コロナで外来・入院ともに患者減、白内障・ポリペク割合の高い病院で患者減目立つ―GHC分析

2020年5月、医療機関の患者減・請求点数減に拍車かかる―支払基金
2020年4月、大幅患者減に単価増が追い付かず、基幹病院でも著しい減収に―支払基金
新型コロナの影響、2020年3月時点でレセプト請求件数・請求額がすでに減少著しい―支払基金

6月に入り患者数は若干戻っているが、病院の医業利益率はさらに悪化し3期連続の赤字―日病・全日病・医法協(2)
新型コロナの影響で全国の3分の2の病院が赤字転落、東京都のコロナ患者受け入れ病院では9割が赤字―日病・全日病・医法協
新型コロナの影響、東京都所在病院にとりわけ大きなダメージ、医業利益率はマイナス30%近い―日病・全日病・医法協
新型コロナで病院収入は大幅減少、医業利益率はマイナス10%超に―日病・全日病・医法協

新型コロナ対応で自治体病院経営は5月にさらに悪化、貢献度に応じた支援が重要―全自病・小熊会長
新型コロナ受け入れる自治体病院、平均で8000万円超、最大7億円弱の収支減―全自病・小熊会長