Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

地域医療構想の実現に向けて、国のサポートを強化すべきだが・・・―社保審・医療部会

2019.5.7.(火)

 地域医療構想を2025年に実現することとなっているが、地域によって進捗状況に大きなバラつきがある。国が地域医療構想調整会議の議論に介入するなど、サポート体制を強化すべきではないか―。

 4月24日に開催された社会保障審議会・医療部会では、こういった議論が行われました。

 ただし、例えば厚労省がダイレクトに地域医療構想調整会議の議論に関与することとなれば、「自主的な機能分化」という地域医療構想の大原則を変えることにもつながりかねません。国のサポートが重要なことは述べるまでもありませんが、まずは「データ提供」などを強化していくことになるでしょう。

4月24日に開催された、「第66回 社会保障審議会 医療部会」

4月24日に開催された、「第66回 社会保障審議会 医療部会」

 

地域医療構想調整会議の進捗状況には依然バラつき

(1)医師の働き方改革(2)医師偏在対策(3)地域医療構想の実現―、これらの一体的実施に向けた取り組みが進められています。例えば、地域において病院の機能分化が十分に進まず、またニーズを充足できる医師数が確保できなければ、個々の医師の負担は軽減されないといった具合に、これら3施策は相互に連関しているためです。
社保審・医療部会 190424の図表
 
まず(1)の医師の働き方改革に関しては、2024年度から「勤務医の時間外上限規制」(通常は年間960時間以下とし、救急医療機関などで特例的に年間1860時間以下とする)を適用することとなり、今後5年の間に、すべての医療機関で▼いわゆる36協定の締結をはじめとする労務管理の徹底▼医師から他職種への業務移管(タスク・シフティング)を進めるなど労働時間の短縮―を徹底することが求められます(関連記事はこちら)。

また(2)の医師偏在対策については、新たな指標に基づいて「医師多数」「医師少数」の地域をそれぞれ定め、医師多数の都道府県・2次医療圏から医師少数の都道府県・2次医療圏への医師派遣等を促します。また医師少数の地域を持つ都道府県では、大学の医学部に対し「地域枠」の設置を求めることなども可能です。各都道府県では新たに「医師確保計画」を定め、こうした医師派遣を促進するための施策(魅力的なキャリア形成プログラムなど)を定め、2020年度から稼働させます(関連記事はこちらこちら)。

さらに(3)の地域医療構想は、2025年度(いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる)に向けて地域の医療提供体制を再構築するための「計画」という位置づけです。まず公立病院・公的病院等の機能について地域医療構想調整会議で明確化等を進めることとなっており、2019年度以降、地域において「公立病院・公的病院等でなければ担えない機能」への特化が進んでいるのかを検証するとともに、回復期や慢性期の機能分化論議も進められる見込みです(関連記事はこちらこちら)。

 
4月24日の医療部会では、とりわけ(3)の地域医療構想について「2025年度の実現に間に合うのか」との指摘が複数出されました。例えば、山口育子委員(ささえあい医療人権センターCOML理事長)は、「2025年まで6年を切ったが、地域において調整会議論議の進捗には依然として大きなバラつきがあるようだ。国が行司役として調整会議の議論に介入すべきではないか」と指摘。河本滋史委員(健康保険組合連合会常務理事)も、国によるサポートの強化を求めています。

一方、島崎謙治委員(政策研究大学院大学教授)は、「国民健康保険の都道府県単位化(財政責任主体を都道府県とする)も、地域医療構想等の実現などと密接に関連し、極めて個別性の高い状況となることから、国による一律の関与は困難ではないか。介入すべきは国よりも都道府県である」と指摘しています。

こうした指摘を受けて厚労省医政局地域医療計画課の鈴木健彦課長は、地域医療構想調整会議の議論活性化に向けて▼第三者的立場から意見を述べるアドバイザーの育成▼より詳細なデータの提供―などを行っていることを紹介し、「国によるサポート」を強化していく考えを強調しています。

ただし、冒頭に述べたように、例えば「国が地域医療構想調整会議の議論にダイレクトに介入する」こととなれば、「自主的な機能分化」という地域医療構想の大原則を変えることにもつながりかねず、さらに極論を言えば「地域で議論をする必要もない」ことになります。わざわざ各地の会議に出席せずとも、国が地域の医療提供体制等に関するデータ(病床機能報告データなど)をもとに、「●●病院は急性期機能に、〇〇病院は回復期機能に特化してください」と指示すれば足りる、ということにもなりかねないのです。しかし、これに地域の医療機関が納得して従うとは考えられず、「国によるサポートの強化」としては、まずデータの提示などにとどめ、医療機関による自主的な機能転換を促していくことになるでしょう。

 
 
なお、(2)の医師偏在対策の一環として、「地域における外来医療機能の不足・偏在等への対応」も今後実施されます。新たに「外来における医師の多数地域」を設定し、そこでの新規開業に対しては▼在宅医療▼初期救急(夜間・休日の診療)▼公衆衛生(学校医、産業医、予防接種等)―など「地域に必要とされる医療機能」を担うよう求めることとなります(関連記事はこちら)。

この考え方について山崎學委員(日本精神科病院協会会長)は、「医師多数地域で開業する医師の中には、学校医も担わない、医師会にも加入しないという人もいる。そうした人に『地域に必要とされる医療機能』を担うよう求めて、実効性があるのだろうか」と厳しいコメントをしています。稼働状況を見て「効果に乏しい」ことが分かれば、さらなる施策(極論すれば一定の開業制限など)が検討される可能性もあります。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2019年4月から「医療機能情報提供制度」で、かかりつけ医機能保有状況など報告を―社保審・医療部会
「電子カルテの早期の標準化」要望に、厚労省は「まず情報収集などを行う」考え―社保審・医療部会
「電子カルテの標準仕様」、国を挙げて制定せよ―社保審・医療部会の永井部会長が強く要請
医療機関自ら検体検査を行う場合、医師・臨床検査技師を精度確保責任者として配置せよ―社保審・医療部会(2)
医療機関で放射線治療等での線量を記録し、患者に適切に情報提供を―社保審・医療部会(1)
ACP等の普及に向けて多くの提案、「医師少数地域での勤務経験」の活用法に期待集まる―社保審・医療部会(2)
無痛分娩の安全性確保に向け、麻酔科専門医等の配置や緊急時対応体制などを要請―社保審・医療部会(1)
患者の医療機関への感謝の気持ち、不適切なものはホームページ等に掲載禁止―社保審・医療部会(2)
医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
公立・公的病院の役割、調整会議で見直せるのか?―社保審・医療部会 第59回(3)
医師不足地域で勤務した医師を「社会貢献医」として認定、2020年度の施行目指す―社保審・医療部会 第59回(2)
救命救急センターの充実段階評価、評価基準を毎年度厳しくしていく―社保審・医療部会 第59回(1)

 
医師働き方の改革内容まとまる、ただちに全医療機関で労務管理・労働時間短縮進めよ―医師働き方改革検討会
医師の時間外労働上限、医療現場が「遵守できる」と感じる基準でなければ実効性なし―医師働き方改革検討会
研修医等の労働上限特例(C水準)、根拠に基づき見直すが、A水準(960時間)目指すわけではない―医師働き方改革検討会(2)
「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)

研修医や専攻医、高度技能の取得希望医師、最長1860時間までの時間外労働を認めてはどうか―医師働き方改革検討会(2)
救急病院などの時間外労働上限、厚労省が「年間1860時間以内」の新提案―医師働き方改革検討会(1)
勤務員の健康確保に向け、勤務間インターバルや代償休息、産業医等による面接指導など実施―医師働き方改革検討会(2)
全医療機関で36協定・労働時間短縮を、例外的に救急病院等で別途の上限設定可能―医師働き方改革検討会(1)
勤務医の時間外労働上限「2000時間」案、基礎データを精査し「より短時間の再提案」可能性も―医師働き方改革検討会
地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は相互に「連環」している―厚労省・吉田医政局長
勤務医の年間時間外労働上限、一般病院では960時間、救急病院等では2000時間としてはどうか―医師働き方改革検討会
医師働き方改革論議が骨子案に向けて白熱、近く時間外労働上限の具体案も提示―医師働き方改革検討会
勤務医の働き方、連続28時間以内、インターバル9時間以上は現実的か―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外労働の上限、健康確保策を講じた上で「一般則の特例」を設けてはどうか―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外行為、「研鑽か、労働か」切り分け、外形的に判断できるようにしてはどうか―医師働き方改革検討会
医師の健康確保、「労働時間」よりも「6時間以上の睡眠時間」が重要―医師働き方改革検討会
「医師の自己研鑽が労働に該当するか」の基準案をどう作成し、運用するかが重要課題―医師働き方改革検討会(2)
医師は応召義務を厳しく捉え過ぎている、場面に応じた応召義務の在り方を整理―医師働き方改革検討会(1)
「時間外労働の上限」の超過は、応召義務を免れる「正当な理由」になるのか―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の宿日直・自己研鑽の在り方、タスクシフトなども併せて検討を―医師働き方改革検討会(1)
民間生保の診断書様式、統一化・簡素化に向けて厚労省と金融庁が協議―医師働き方改革検討会(2)
医師の労働時間上限、過労死ライン等参考に「一般労働者と異なる特別条項」等設けよ―医師働き方改革検討会(1)

 
医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

2020・21年度の医学定員は全体で現状維持、22年度以降は「減員」―医療従事者の需給検討会
2022年度以降、医学部入学定員を「減員」していく方向で検討を―医師需給分科会
2020・21年度の医学部定員は現状を維持するが、将来は抑制する方針を再確認―医師需給分科会
2020年度以降の医学部定員、仮に暫定増が全廃となれば「800人弱」定員減―医師需給分科会

「医師不足地域での勤務経験ある医師」が働く病院に経済的インセンティブ―医師需給分科会
地域医療支援病院、医師派遣機能などに応じて経済的インセンティブ付与―医師需給分科会
医師少数地域での勤務、病院管理者要件や税制優遇などで評価してはどうか—医師需給分科会
医師不足地域での勤務経験、地域医療支援病院の院長要件に向けて検討—医師需給分科会
医師偏在是正の本格論議開始、自由開業制への制限を求める声も―医師需給分科会
医師の地域偏在解消に向けた抜本対策、法律改正も視野に年内に取りまとめ—医師需給分科会(2)
地域枠医師は地元出身者に限定し、県内での臨床研修を原則とする—医師需給分科会(1)
医師偏在対策を検討し、早期実行可能なものは夏までに固め医療計画に盛り込む—医療従事者の需給検討会

 
医療計画中間見直しに向け、2019年中に指標追加などの見直し方向を固める―医療計画見直し検討会
2020年度の「第7次医療計画中間見直し」に向け、5疾病5事業等の進捗状況を確認―医療計画見直し検討会

公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会

学識者を「地域医療構想アドバイザー」に据え、地域医療構想論議を活発化―地域医療構想ワーキング(2)
再編・統合も視野に入れた「公立・公的病院の機能分化」論議が進む―地域医療構想ワーキング(1)
2018年度の病床機能報告に向け、「定量基準」を導入すべきか―地域医療構想ワーキング
2025年に向けた全病院の対応方針、2018年度末までに協議開始―地域医療構想ワーキング
公的病院などの役割、地域医療構想調整会議で「明確化」せよ—地域医療構想ワーキング
急性期病棟、「断らない」重症急性期と「面倒見のよい」軽症急性期に細分―奈良県
「入院からの経過日数」を病棟機能判断の際の目安にできないか―地域医療構想ワーキング(1)
急性期の外科病棟だが、1か月に手術ゼロ件の病棟が全体の7%—地域医療構想ワーキング(2)
公的病院や地域医療支援病院、改革プラン作成し、今後の機能など明確に—地域医療構想ワーキング(1)
新規開設や増床など、許可前から機能などを把握し、開設時の条件などを検討—地域医療構想ワーキング
本年度(2017年度)の病床機能報告から、患者数の報告対象期間を1年間に延長—地域医療構想ワーキング(3)
大学病院の一部、「3000点」が高度急性期の目安と誤解、機能を勘案した報告を—地域医療構想ワーキング(2)
7対1病棟は高度急性期・急性期、10対1病棟は急性期・回復期との報告が基本に—地域医療構想ワーキング(1)
地域医療構想出揃う、急性期の必要病床数は40万632床、回復期は37万5246床—地域医療構想ワーキング(3)
病院の急性期度をベンチマーク分析できる「急性期指標」を報告—地域医療構想ワーキング(2)
循環器内科かつ高度急性期にも関わらず、PTCAを1度も実施していない病院がある—地域医療構想ワーキング(1)

在宅医療の整備、都道府県の足並みにバラつきも、まず現状把握を確実に進めよ―在宅医療ワーキング
2021年に医療計画の中間見直し、在宅医療推進が最重要テーマに―地域医療構想・在宅医療ワーキング(2)
病床過剰地域での有床診開設特例、調整会議で事前審査を―地域医療構想・在宅医療ワーキング(1)