Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 病院ダッシュボードχ ZERO

「医師不足が極めて顕著な地域」(主に東北)で1年以上研修する新専門医研修の新たな仕組み検討―医師専門研修部会

2022.6.23.(木)

新専門医資格の取得を目指す専攻医について、「医師不足が極めて顕著な地域」(主に東北地方)での勤務が進むように、新専門医制度のシーリング枠外に「特別連携プログラム」という新たな仕組みを設ける—。

特別連携プログラムでの専門研修を規模する医師(専攻医)は、3年間程度の研修期間のうち「1年間」以上を「医師不足が極めて顕著な地域」(主に東北地方)で勤務することが求められ、これが継続的に行われることにより「医師偏在の解消」が一定程度進むと期待できる—。

あわせて、子育て世代の専攻医への支援を行っている場合には、特別連携プログラムの設置を条件に「シーリングの加算」(専攻医をより多く採用可能とする)を設ける—。

6月22日に開催された医道審議会・医師分科会の「医師専門研修部会」(以下、専門研修部会)で、こうした新たな提案が行われました。

委員からは「専攻医の希望・意思に反した研修が行われてはならない」「シーリング逃れによる医師偏在の助長が生じないように留意してほしい」との意見が出ています。今後、都道府県の意見も踏まえて制度の詳細を詰めていきます。

6月22日に開催された「令和4年度 第1回 医道審議会 医師分科会 医師専門研修部会」

現在の専攻医採用数上限(シーリング)、効果は出ているが限定的

2018年度から「新専門医制度」が全面スタートしました。従前の専門医制度に対する「各学会が独自の基準で専門医を認定しており、国民に分かりにくく、質が担保されていない」などの批判を踏まえ、「日本専門医機構と各学会が共同して研修プログラムを作成し、認定を行う仕組み」としています。

ただし、「専門医の質を追求するあまりに養成施設の要件が厳しくなり、地域間・診療科間の医師偏在が助長されてしまうのではないか」との声が医療現場にあることから、▼日本専門医機構▼学会▼都道府県▼厚生労働省—が重層的に「医師偏在の助長を防ぐ」仕組みを構築・運用しています。

その1つが「地域・基本領域ごとの専攻医採用数に上限を設ける」仕組み(シーリング)で、2020年度採用分からは、厚生労働省の試算した「都道府県別・診療科別の必要医師数」に基づいて、▼「既に必要医師数を確保できている」と考えられる都道府県・診療科ではシーリング(採用数に上限)を設ける▼採用数の一部を「他の都道府県での研修」に充てるプログラム(連携プログラム)とする―ものです(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら)。

連携プログラムは「1年6か月以上、医師が不足する地域で研修する」ことを求めるもの(都市部で1年半未満の研修+医師不足地域で1年半以上の研修)で、さらに連携プログラムの一部(5%まで)は「医師不足状況が顕著な地域(医師の充足率が80%未満)で1年6か月以上勤務する」こと(都道府県限定分)が求められます(関連記事はこちら)。▼医師不足地域での勤務を義務付ける連携プログラム▼そのうちの医師不足が顕著な地域での勤務を義務付ける都道府県限定枠―という2段構えで医師偏在解消に努めていると言えそうです。

現行の連携プログラムの概要(医師専門研修部会4 220622)



こうした現在のシーリングによって「医師多数の大都市圏(東京都や大阪など)の医師数が減少し、その周辺県で増加している」「シーリング対象外の診療科(医師が足りない診療科)で医師が増加している」という効果が出ていますが、それは限定的で、▼すべての医師少数県において全国平均以上の専攻医数の増加には至っていない▼医師不足が顕著な外科・病理は全国平均以上の専攻医数の増加には至っていない—という課題も浮上しています。「より医師を増やさなければならない地域・診療科」で、十分な医師増加の効果が現れていないのです。

新たに「医師不足が極めて堅調な地域」で1年間研修を行う仕組みを設けてはどうか

そこで日本専門医機構では、来年度(2023年度)の専攻医採用に向けて、新たに次のような仕組みを設けてはどうかとの提案を専門研修部会に行いました。現在の「連携プログラム・都道府県限定分」よりも厳しく、「医師不足が極めて顕著な地域」での研修を求めるものです。

【特別連携プログラム】
▽研修期間(主に3年)のうち「1年間以上」(つまり3分の1以上)を、「医師の不足度合が極めて顕著な地域」(医師充足率が70%未満、東北地方が多い)で研修することを義務付けるプログラム
▽採用数は、上述の「都道府県限定分」(連携プログラムの5%程度)を原則とする
▽特別連携プログラムはシーリングの外に設ける
▽特別連携プログラムの専攻医には、例えば「地域医療講習の受講を免除する」などのインセンティブ付与を検討している(専門医資格取得後も「医師不足が極めて顕著な地域」での勤務を継続した場合のインセンティブ付与も検討中)

さらに、特別連携プログラムを設定した場合、「子育て世代の支援を重点的に行う」(育児と仕事を両立できる職場環境が整っている医療機関で研修を行う)ことを要件とする「子育て支援加算」(シーリング(採用数上限)数の加算、より多くの専攻医採用が可能になる)を設ける考えも日本専門医機構の寺本理事長から提案されています。

●機構提案に基づいた2023年度の専攻医採用上限(シーリング)はこちら

特別連携プログラム案の概要(医師専門研修部会1 220622)

充足率が0.7未満の地域・診療科での1年以上の研修が「特別連携プログラム」で求められる(医師専門研修部会3 220622)



シーリングの外に設定するため、特別連携プログラムは「医師が比較的多い地域(東京や大阪など)」にも設置できます。そこから「東京や大阪への医師集中に拍車をかけてしまうのではないか」とも思われますが、「3分の1の期間、つまり特別研修プログラムで研修を受ける専攻医の3分の1は、東北地方などで勤務する」ことになり、大きな医師偏在解消効果が期待できるのではないかと日本専門医機構の寺本民生理事長は見ています。

実際に機構で試算を行ったところ、例えば内科領域では、シーリング対象外地域(=医師が不足している地域)で勤務する専攻医が、特別連携プログラム前(2022年度)には99.5名ですが、特別連携プログラムを導入(2023年度)すると137.8名となり、「40名近い医師が医師不足地域に増加する」ことが分かりました。

特別連携プログラムの効果推計(医師専門研修部会2 220622)

新たな仕組みの効果に期待できるが、医師偏在を助長しないか留意せよ

「東京や大阪などの大都市で研修を受けたい」と考える医師がどうしても多いのが実態です。この実態を踏まえ「東京や大阪で研修することを認めるが、3分の1の期間は『医師不足が極めて顕著な地域』で勤務してほしい」と求めるもので、専門部会委員の多くも特別連携プログラムによる「医師偏在の解消」効果に期待を寄せています。ただし、次のような問題点や懸念があるのであないかとの指摘もあり、今後、制度の詳細を詰める際に検討することになります。

▽医師が不足する都道府県の中にも「医師が潤沢な地域(例えば県庁所在地や医学部附属病院がある市など)」と「医師が本当に不足する地域」とがある。前者の「医師が潤沢な地域」での研修が進めば意味がない。後者の「医師が本当に不足する地域」での研修が進むように厚生労働省が調整を行うべきである(立谷秀清委員:全国市長会会長、福島県相馬市長)

▽専門研修が始まってから「君は医師不足が極めて顕著な地域で研修してほしい」と指定されるのではなく、専門研修プログラムに応募する段階で、医師自らが「私は医師不足が極めて顕著な地域での研修を行う」と特別連携プログラムを希望できる仕組みとすべきである(野木渡委員:日本精神科病院協会副会長、山口育子委員:ささえあい医療人権センターCOML理事長、山内英子委員:聖路加国際病院副院長・ブレストセンター長・乳腺外科部長、

▽医師不足が極めて顕著な地域に「継続的に専攻医が派遣される」仕組みが必要である。1年だけ派遣され、後はなしのつぶてになってはいけない(角野文彦参考人:滋賀県健康医療福祉部理事(三日月大造委員:滋賀県知事の代理)

▽「医師不足が極めて顕著な地域」での研修を希望する医師が増えるよう、「魅力ある研修プログラム」を作成し、医師に提示することが非常に重要である。そこに知恵を絞っていくべきである(片岡仁美委員:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座教授、山内委員)

また、「研修期間の3分の1を医師不足が極めて顕著な地域で研修する」ことにはなるものの、シーリング外に特別連携プログラムを設けることで「東京や大阪など大都市への医師集中が進んでしまうのではないか」と懸念する声も出ています。「事後の検証→問題が判明した場合の迅速な改善」も非常に重要になります。この点、釜萢敏委員(日本医師会常任理事)は「まず現行の連携プログラムについての効果を詳細に分析する必要がある」と厚労省に要望しており、厚労省医政局医事課の山本英紀課長も「機構と連携し、効果分析・検証を行う」ことを約束しています。

さらに、特別連携プログラムへの参加は「専攻医の希望」に委ねられることから、「専門研修プログラムの応募する前の、臨床研修医(医師免許を取得し2年間の初期研修を行っている医師)への情報提供」が極めて重要です。特別連携プログラムを設けたが、応募者がいない」事態が生じないように、機構や研修プログラムを作成する学会、さらには都道府県などによる「丁寧で分かりやすい積極的な情報提供」に期待が集まります。この点、日本専門医機構の寺本理事長は「2024年度採用分から、通常の研修プログラム募集の間に、特別連携プログラムや連携プログラムの募集を行うことも検討している」とコメントしています。



専攻医シーリングは、地域の医師数に大きな影響を及ぼすため、「各都道府県の地域医療対策協議会(医療関係者や地域住民、関係市町村等で構成される地域医療の在り方を考える会議)の制度に対する考えを厚生労働大臣が取りまとめ、日本専門医機構・基本領域学会に必要な改善を求める」手続きが必要となります。

遠藤久雄部会長(学習院大学経済学部学部長・教授)は厚労省に対し「都道府県に情報提供を行い、新たな仕組みに対する意見を聴取する」よう指示。今後、都道府県の意見も踏まえて「制度の詳細」を詰めていきます。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

新専門医制度、サブスペ領域更新・シーリング・子育て世代専攻医支援などが今後の重要検討課題―日本専門医機構・寺本理事長
一般国民に「新専門医制度は何か」など理解してもらうことが最重要、国民向けの情報提供を拡充―日本専門医機構・寺本理事長
放射線カテーテル治療、集中治療科、脊椎脊髄外科の3領域を新専門医サブスペ認定へ―日本専門医機構・寺本理事長
新専門医目指す「専攻医」の2022年度採用は9519名、「内科医不足の解消」などが今後の重要課題―日本専門医機構
専門医を目指す研修プログラムに「どの施設で、どの程度の時間外労働が生じるのか」など明示を―医師専門研修部会
内科専門医、1-2年程度のカリキュラム研修で総合診療専門医のダブルボード取得可―日本専門医機構・寺本理事長
2022年度の臨床研究医コース採用は19名に減、アンケート調査等で課題・改善策探る—日本専門医機構・寺本理事長
新専門研修におけるハラスメント等の相談窓口を開設、「研修医」への情報発信も強化―日本専門医機構・寺本理事長
2022年度の新専門研修に向け、事実上の「シーリング逃れ」等の実態把握し、厳正対処を―医師専門研修部会
基本領域の学会認定専門医、できるだけ「機構認定専門医」へ移行を―日本専門医機構・寺本理事長
広告可能な専門医資格、「日本専門医機構が認定する新専門医」が原則に―医療情報提供内容検討会
どういった医療WEB広告が「不適切」なのか、どう改善すれば良いかを詳説―医療情報提供内容検討会(2)
「日本専門医機構認定の基本領域新専門医」を広告可能とすべきか、「学会認定専門医」広告をどう扱うか―医療情報提供内容検討会(1)

チーム医療等推進のため「特定行為研修を修了した看護師」に業務移管している旨を広告可能に—医療情報提供内容検討会
2021年度から、医療機関等に外国語対応・妊産婦対応の状況報告求める―医療情報提供内容検討会(2)
「特定行為研修を修了した看護師」へのタスク・シフト実施、医療機関で広告可能としてはどうか―医療情報提供内容検討会(1)
不適切な医療WEB広告の通報等増加、エビデンスない「がん免疫療法」等もあり早急是正を―医療情報提供内容検討会
全国統一の「医療の質」評価指標を設け、オールジャパンでの病院ベンチマーク可能に―医療情報提供内容検討会
医療webサイトがどこから不適切となるのか、関係者が協議し指導等の運用・解釈を統一―医療情報提供内容検討会(2)
医療の質向上目指し、「QI事業参加病院のサポート」や「臨床指標の標準化」を行う協議会を設置―医療情報提供内容検討会(1)
全国の医療機関、2019年度から「かかりつけ医機能」や「医療被曝の管理」状況なども都道府県に報告を―医療情報提供内容検討会(2)
医療機関から金銭授受を受ける医療情報サイトは広告、「体験談」等は掲載不可―医療情報提供内容検討会(1)



医療広告ガイドライン、新たなQ&Aを厚労省が提示―厚労省
医療機関ホームページ、手術後生存率等を合理的根拠等示さず記載は不可―医療情報提供内容検討会(1)
患者の体験談やビフォーアフター写真、ホームページへの掲載も原則不可―厚労省
患者の医療機関への感謝の気持ち、不適切なものはホームページ等に掲載禁止―社保審・医療部会(2)
医療機関ホームページ、「患者が元気になるイラスト」など掲載禁止―厚労省・検討会



サブスペ領域、「在り方」に遡って議論しなおし、24領域以外は2022年度以降にスタート―日本専門医機構
専門医資格の更新に際し、「多様な地域での診療従事経験」にインセンティブ付与―専門医機構・寺本理事長
サブスぺ領域の結論出ず、4月からの経験症例は「遡及認定」「学会認定専門医」としてカウント―日本専門医機構
新専門医目指す「専攻医」、2021年度採用は9227名、2022年度のシーリングは現行踏襲―日本専門医機構
臨床研究医コースの応募・採用は27名にとどまる、周知期間不足が原因か—日本専門医機構・寺本理事長
10月8・9日に臨床研究医コースの合否決定し、11月初旬から一般枠の専攻医募集開始へ―日本専門医機構
2021年度からの新専門研修の概要固まる、「シーリング逃れ」などを厳格に是正—医師専門研修部会
新専門医制度の「研究医コース」、9月23日頃から募集開始し10月半ばに採用決定、その後に一般枠の募集開始へ―日本専門医機構・寺本理事長
新専門医制度の「臨床研究医コース」、8月にプログラム等提示し、9月から専攻医募集開始へ—日本専門医機構・寺本理事長
新専門医制度に2021年度から「臨床研究医コース」を新設、7年間の身分保障を行い研究に専念できる環境を整備—医師専門研修部会
新専門医、2021年度採用の専攻医数シーリング案を日本専門医機構固める―医師専門研修部会
新専門医制度、循環器内科や呼吸器内科などのサブスぺ領域で「連動研修」認める―医師専門研修部会
新専門医制度、ハラスメント対策等のルールを6月にも策定―日本専門医機構

2021年度からの専攻医採用シーリング、2020年3月頃に決定へ―日本専門医機構
医療水準向上を目指した研究医養成等も2021年度新専門医養成数に反映させるべき―日本専門医機構
新専門医制度、基本領域の見直しは現時点では不可能、異なる視点でのサブスぺ論議に期待―日本専門医機構

新専門医制度の議論迷走、「機構認定済」の23サブスぺ領域に依然、許可下りず―医師専門研修部会
新専門医制度、2020年度の専攻医シーリング決定し10月15日から専攻医募集開始―日本専門医機構
新専門医制度、「地域医療確保に不可欠な地域枠医師等」はシーリングの別枠に―医師専門研修部会
新専門医シーリングの基礎となる「都道府県・診療科別の必要医師数」、年内に改善要望―日本専門医機構
「都道府県別・診療科別の必要医師数」、2020年早々までに日本専門医機構や基本領域学会等の協議会で検証
新専門医制度の新シーリング、2021年度実施までにコンセプト固めたい―日本専門医機構
専門医制度、「専門医の質確保」(高度な研修)と「地域医療の確保」は両立可能―医師専門研修部会(2)
新専門医制度の専攻医、2020年度から都道府県別・診療科別必要医師数踏まえたシーリング設定―医師専門研修部会(1)
診療科別の必要医師数踏まえ、2020年度以降の専攻医シーリングを設定―日本専門医機構
新専門医制度の採用枠、新たに診療科別・都道府県別の必要医師数をベースに考えてはどうか―医師専門研修部会(2)
内科・外科の連動研修の4月スタート見送り、ただし単位の遡及認定等で専攻医の不利益を回避―医師専門研修部会(1)
消化器内視鏡など23学会・領域のサブスペ認定に理解を求める、専攻医は安心して連動研修実施を―日本専門医機構
消化器内視鏡や老年病、新専門医制度のサブスペシャリティ領域認証に「待った」―医師専門研修部会
新専門医制度、プログラム制の研修にも関わらず2・3年目の勤務地「未定」が散見される―医師専門研修部会
新専門医制度、「シーリングの遵守」「迅速な情報提供」「カリキュラム制の整備」など徹底せよ―医師専門研修部会
新専門医制度、2019年度の専攻医登録を控えて「医師専門研修部会」議論開始

90学会・領域がサブスペシャリティ領域を希望、2019年9月には全体像固まる見込み―日本専門医機構
カリキュラム制での新専門医研修、必要な単位数と経験症例を基本領域学会で設定―日本専門医機構
新専門医制度、サブスペシャリティ領域は事前審査・本審査を経て2019年9月に認証―日本専門医機構
2019年度からの新専門医目指す専攻医の登録は順調、1次登録は11月21日まで―日本専門医機構
新専門医制度、2019年4月から研修始める「専攻医」募集を正式スタート―日本専門医機構
東京都における2019年度の専攻医定員、外科など除き5%削減を決定―日本専門医機構
2019年度新専門医研修、「東京のみ」「東京・神奈川のみ」で完結する研修プログラムの定員を削減―日本専門医機構
2019年度、東京都の専攻医定員数は2018年度から5%削減―日本専門医機構
日本専門医機構、新理事長に帝京大の寺本民生・臨床研究センター長が就任
がん薬物療法専門医、サブスペシャリティ領域として認める―日本専門医機構
2019年度の専攻医登録に向け、大阪や神奈川県の状況、診療科別の状況などを詳細分析―日本専門医機構
東京の専攻医、1年目に207名、2年目に394名、4年目に483名が地方勤務―日本専門医機構
新専門医制度、東京で専攻医多いが、近隣県を広くカバーする見込み―日本専門医機構

新専門医制度によって医師の都市部集中が「増悪」しているのか―医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、偏在対策の効果検証せよ―医師養成と地域医療検討会
医学生が指導医の下で行える医行為、医学の進歩など踏まえて2017年度に再整理―医師養成と地域医療検討会

新専門医制度、専門研修中の医師の勤務地を把握できる仕組みに―日本専門医機構
地域医療構想調整会議での議論「加速化」させよ―厚労省・武田医政局長
新専門医制度で医師偏在が助長されている可能性、3県では外科専攻医が1名のみ—全自病
新専門医制度の専攻医採用、大都市部の上限値などの情報公開を―四病協

新専門医制度、東京で専攻医多いが、近隣県を広くカバーする見込み―日本専門医機構
新専門医制度、現時点で医師偏在は助長されていない―日本専門医機構

新専門医制度のサブスペシャリティ領域、国民目線に立ち「抑制的」に認証すべき―四病協

新専門医制度、専攻医の1次登録は10月10から11月15日まで—日本専門医機構
新専門医制度、都道府県協議会・厚労省・検討会で地域医療への影響を監視—医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、地域医療への影響を厚労省が確認し、問題あれば対応—塩崎厚労相
2018年度からの新専門医制度に備え、10月から専攻医の仮登録—日本専門医機構
新専門医研修プログラム、都道府県協議会で地域医療を確保する内容となっているか確認―厚労省
専門医機構、地域医療への配慮について「必ず」都道府県協議会の求めに応じよ—厚労省検討会
新整備指針の見直し、総合診療専門医の研修プログラム整備基準を決定—日本専門医機構
専門医整備指針、女性医師に配慮した柔軟な対応などを6月2日の理事会で明記—厚労省検討会
地域医療へ配慮し、国民に分かりやすい専門医制度を目指す—日本専門医機構がQ&A
専門医取得が義務でないことやカリキュラム制の設置、新整備指針の中で対応—日本専門医機構
新専門医制度、整備指針を再度見直し「専門医取得は義務でない」ことなど明記へ―厚労省検討会

新専門医制度、見直しで何が変わったのか、地域医療にどう配慮するのかを分かりやすく示す―日本専門医機構
必要な標準治療を集中的に学ぶため、初の基本領域での研修は「プログラム制」が原則―日本専門医機構
新専門医制度、東京・神奈川・愛知・大阪・福岡では、専攻医上限を過去3年平均に制限―日本専門医機構
専門医制度新整備指針、基本理念に「地域医療への十分な配慮」盛り込む―日本専門医機構
地域医療に配慮した、専門医制度の「新整備指針」案を大筋で了承―日本専門医機構
消化器内科や呼吸器外科など、基本領域とサブスペ領域が連動した研修プログラムに―日本専門医機構
総合診療専門医、2017年度は「日本専門医機構のプログラム」での募集は行わず
新専門医制度、18基本領域について地域医療への配慮状況を9月上旬までにチェック―日本専門医機構
【速報】専門医、来年はできるだけ既存プログラムで運用、新プログラムは2018年目途に一斉スタート―日本専門医機構
新専門医制度、学会が責任もって養成プログラムを作成、機構が各学会をサポート―日本専門医機構
【速報】新専門医制度、7月20日に「検討の場」、25日の総会で一定の方向示す見込み―日本専門医機構
新専門医制度、各学会がそろって同じ土俵に立ってスタートすることが望ましい―日本専門医機構・吉村新理事長
【速報】新専門医制度、日本専門医機構の吉村新理事長「7月中に方向性示す」考え