Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン 外来機能報告支援サービス

後発品使用促進に向け加算・減算のどちらに軸足を置くべきか、湿布薬の処方上限「70枚」から引き下げるべきか―中医協総会(3)

2021.12.9.(木)

医療保険財政の健全化に向けて、後発医薬品の使用促進や薬剤使用の適正化が重要である―。

後発品使用促進に向けては、現在の「後発品使用割合の高さに着目した加算」から「後発品使用割合の低さに着目した減算」に軸足を移していくべきだろうか―。

薬剤使用の適正化では、例えば医療の標準化を進めるためにフォーミュラリを作成していくことが重要だが、診療報酬での評価対象とすべきだろうか―。

湿布薬の「1処方当たりの処方枚数上限」について、現在の「70枚」を見直していく必要はあるか―。

12月8日に開催された中央社会保険医療協議会・総会では、こういった議論も行われています。

なお、同日には2022年度の診療報酬改定「率」に関して、支払側から「プラス改定にする状況にない」、診療側から「プラス改定とせよ」との意見が出されています。両意見を踏まえて近く(おそらく12月10日)に公益代表が中医協意見を取りまとめ、後藤茂之厚生労大臣に提出する見込みです。

後発品使用促進策、「加算」から「減算」に軸足を移せと支払側

2022年度の次期診療報酬改定に向けた論議は佳境に入ってきました。12月8日の中医協総会では▼医療従事者の働き方改革▼後発医薬品の使用促進▼医薬品の適正使用推進—などを主な議題としました。本稿では、主に▼後発非医薬品の使用促進▼医薬品の適正使用推進—に焦点を合わせます(医療従事者の働き方改革に関する記事はこちら)。



まず前者の「後発医薬品使用促進」について見てみましょう。

医療技術の高度化(例えば脊髄性筋萎縮症の治療薬「ゾルゲンスマ点滴静注」(1億6707万円)白血病等治療薬「キムリア」(3350万円)などの超高額薬剤の保険適用が相次ぎ、さらにキムリアに類似した、やはり超高額な血液がん治療薬も次々に登場)、少子高齢化の進展(来年度(2022年度)から団塊世代が75歳以上の後期高齢者となりはじめ、2025年度には全員が後期高齢者となる。その後2040年度にかけて高齢者の増加ペース自体は鈍化するが、現役世代人口が急速に減少する)により、我が国の医療保険財政は厳しさを増していきます。このため「医療費の伸びを、我々国民が負担できる水準に抑える」(医療費適正化)方策が欠かせません。

この医療費適正化方策の1つとして「先発品と成分が同じで安価な後発品の使用を促進していく」ことが求められています。6月18日に閣議決定された骨太方針2021(経済財政運営と改革の基本方針2021)では、「後発医薬品の数量シェアを、2023年度末までに全ての都道府県で80%以上とする」との新たな目標が確認されており、2022年度改定に向けても後発品使用促進が重要項目の1つに位置づけられることは確認です。

診療報酬・調剤報酬では、例えば▼入院医療における後発品使用割合に着目した【後発医薬品使用体制加算】▼診療所外来における後発品使用割合に着目した【外来後発医薬品使用体制加算】▼医療機関外来での「一般名処方」(これにより薬局で後発品を選択しやすくなる)を促す【一般名処方加算】▼調剤薬局における後発品使用割合に着目した【後発医薬品調剤体制加算】—などの後発品使用インセンティブが設けられており、2022年度改定でどう見直していくが重要ポイントとなっています。

後発品の使用促進をサポートする診療報酬(その1)(中医協総会(2)3 210721)

後発品の使用促進をサポートする診療報酬(その2)(中医協総会(2)4 210721)



この点、支払側の安藤伸樹委員(全国健康保険協会理事長)や松本真人委員(健康保険組合連合会理事)、眞田享委員(日本経済団体連合会社会保障委員会医療・介護改革部会部会長代理)は「後発品使用割合が高い場合の加算」から「後発品使用割合が低い場合の減算」に舵を切るよう要望。加算額(毎年度1200億円程度)に対して、医療費(薬剤費)削減効果額が小さい(2023年度末までの適正化効果増加分は200億円程度)点を踏まえた要望です。また安藤委員は協会けんぽ分として「325億円の加算財源を投じて60億円の適正化効果にとどまる」との試算結果を紹介しています。

後発品の使用促進抜向けた財務省の予算執行調査結果(中医協総会(2)2 210721)



例えば▼各種加算の最低基準を80%とし、段階的に加算を廃止していく▼後発医薬品の調剤割合が著しく低い薬局(40%以下)に対する調剤基本料の減算規定(2点減算)の基準値を厳しくする▼医療機関にも「後発品使用割合が低い場合の診療報酬減算」規定を盛り込む▼カットオフ値(後発品+後発品のある先発品/全医薬品)についても厳格化を行う―などの具体的な提案を行いました。



これに対して、診療側の有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)は、後述するように後発品の安定供給に問題が生じている中で「報酬体系の大きな見直しをすべきではない」とコメント。また「減算規定」の導入拡大には「調剤薬局など医療関係者の努力を踏みにじるもの」と強く反対しています。また診療側の城守国斗委員(日本医師会常任理事)は、後発品使用割合を高めるためには【一般名処方加算】の充実が必要であるとし、「現在の加算算定割合は56.1%程度であるが、さらなる評価(点数引き上げ)を行い、算定率を高めていく必要がある」と提案しました。

「後発品使用の推進」という方向を目指している点は診療側・支払側ともに同じですが、手法について意見の乖離が大きいようです。今後の調整に注目が集まります。



ところで、後発医薬品をめぐっては「一部メーカーによる不祥事」(関連記事はこちらこちら)などに端を発し、供給停止・出荷調整が頻発し、医療機関・薬局の責に帰せない事情により「後発品割合を維持・向上することが困難」な状況が生じています。こうした状況を受け厚労省では、今年(2021年)9月に「一部の後発品を、後発品使用割合の計算対象とから除外してよい」とする臨時特例措置を設けるなどの対応をとっています。2022年度改定でこうした点をどう考えていくべきかも重要検討事項となり、診療側の城守委員は「後発品の安定確保に向けた医療機関・薬局の努力(代替品の検討や各種の情報収集など)に応えるためにも各種加算での評価を継続・充実すべき」との考えを示しています。

「フォーミュラリによる医療の標準化は重要だが、報酬での評価は時期尚早」と診療側

後者の「医薬品の適正使用」では、(1)フオーミュラリ(2)分割調剤(3)湿布薬等の保険給付範囲—の3点を議題としています。

このうち(1)のフォーミュラリとは医療機関等が作成した「医学的妥当性や経済性などを踏まえた医薬品使用方針」のことで、「●●疾患には第1選択としてA医薬品(特定の銘柄や成分)を使用する、◆◆疾患には第1選択としてX医薬品(特定の銘柄や成分)を使用する」といったリストのイメージです。採用医薬品を集約化することで「経営の質」が向上する(医薬品の購入コストを抑えることが可能)ことはもちろんですが、何よりも「医療の標準化が進み、医療の質が向上する」という大きな効果が期待されます。さらに地域医療機関で連携してフォーミュラリを作成・使用すれば「地域単位での医療内容の標準化・医療の質向上」にもつながると期待されます。

浜松医科大学病院におけるフォーミュラリの一部(中医協総会(2)4 191213)

日本海ヘルスケアネットにおけるフォーミュラリの効果(中医協総会(2)5 191213)



特定機能病院や地域医療支援病院などを対象に行われた調査では25%強の病院でフォーミュラリが作成され、定期的にあるいは新薬採用時にフォーミュラリの見直しが図られていることなどが分かりました。また、フォーミュラリ作成のハードルとして「時間や人手(労力)がない」ことや、薬効群によってフォーミュラリ作成度合にバラつきのあること(消化性潰瘍治療薬ではフォーミュラリ作成割合が7割近いが、気管支喘息治療薬では10%に満たない)、「地域フォーミュラリの作成はまだまだ進んでいない」などの調査結果もあります。

特定機能病院や地域医療支援病院などでも、フォーミュラリ作成は25%強にとどまっている(中医協総会(3)1 211208)



この点、診療側の島弘志委員(日本病院会副会長)は「院内で診療内容にかかる医学的妥当性を追求したガイドラインを検討していくことは極めて重要で、積極的に進めていくべきである」とフォーミュラリの重要性を確認。しかし、「フォーミュラリ単体で考えるのではなく、クリニカルパスやQI指標などとセットで考える必要がある。現時点では診療報酬上の評価は時期尚早と考える」とコメント。他方、城守委員は「医薬品の処方は、学会ガイドラインなどを参考に医療機関が自由度を持って検討すべき事項である」と述べています。診療側委員の中でも「医療の標準化」に向けた考え方には若干の温度差があるようです。

また支払側の松本委員は、例えば「効果が同等な医薬品が浮く数ある場合には、経済的な視点を持って医薬品を選択すべき旨を療養担当規則等に定める」、診療報酬とは別に「都道府県の作成する医療費適正化計画の中にフォーミュラリを位置づけられないか検討する」などの方策を丁寧に検討していくことを提案しました。医療費適正化計画へのフォーミュラリ位置づけは、上述した「地域フォーミュラリ」にもつながる優れた考え方と言えそうです。

診療側・支払側ともに「2022年度診療報酬改定でもフォーミュラリ導入等の評価」は時期尚早と捉えているようで、2024年度改定以降の宿題となりそうです。

分割調剤、残薬確認や継続服薬管理の点でメリットあるものの進まず

また(2)の分割調剤について、2016年度・18年度・20年度の診療報酬改定で考え方を明確化してきており、「残薬確認しやすい」「患者の服薬管理を継続して行いやすい」と医療機関サイドもメリット感じていますが、算定回数は低調です。

分割調剤には医療機関サイドもメリットを感じている(中医協総会(3)2 211208)

分割調剤は2018年度以降、減少しているように見える(中医協総会(1)5 210714)



医療機関が分割指示を行わない理由としては「必要性を感じない」という回答が最多で、また支払側委員や診療側の有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)からは「使い勝手が良くないのではないか」との指摘も出ています。例えば処方箋様式を「分割指示しやすい」形に見直していくことなどが考えられそうです。

一方、処方を行う診療側の城守委員や池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長、福井県医師会長)は「30日を超える長期処方は残薬や多剤投与の発生につながり、病状変化見逃しのリスクも高まる。長期処方を促すような仕掛けはそもそも好ましくないのではないか」と指摘し、むしろ▼分割調剤から除外すべきハイリスク医薬品の拡充▼長期処方が可能と判断した理由の処方箋記載▼地域における病院・診療所連携の強化・推進―などを考えていくべきと提案しています。

両者間の見解の相違は大きく、少なくとも「2022年度改定で分割調剤を一気に推進していく」ことは難しいようです。今後の調整に注目が集まりますが、支払側の松本委員の「処方の責任、最終決定権が医師にあることは当然であるが、分割指示を可能とする仕組みを整備し、そうした情報提供をしていくことが重要である」とのコメントが重要と考えられます。

湿布薬、「1処方当たり70枚まで」の上限をさらに引き下げるべきか

また(3)は「医療保険財政の健全化」に向けて、薬剤給付範囲の適正化を図ってはどうかという論点です。これまでに、例えば▼単なる栄養補給目的でのビタミン剤の投与(2012年度改定)▼治療目的でない場合のうがい薬のみ処方(2014年度改定)▼1処方で70枚を超える湿布薬(2016年度改定)▼疾病改善目的「外」での皮膚保湿剤(ヒルドイドソフトなど)等の処方(2018年度改定)—について「市販品(一般用医薬品)でも十分対応可能である」として保険給付から除外されています。

薬剤給付範囲の適正化が徐々に進んでいる(中医協総会(3)3 211208)



今般、湿布薬(外用の消炎・鎮痛薬)について、2020年度における1処方箋当たりの処方枚数を見たところ、「64-70枚」と「29-35枚」との2つの山があることが分かりました。

1処方当たりの湿布薬の処方枚数の現状(中医協総会(3)4 211208)



このデータを踏まえて支払側委員は「さらに上限を低く設定すべき」と要望し、松本委員は「35枚までを原則としてはどうか」と提案しています。▼「64-70枚」の山は「1処方での上限が70枚」に設定されていることから、「欲しいだけください」との患者の要望に医療機関が応じているだけではないか▼真に医療用の湿布薬が必要な患者では、もう一つの山である「35枚程度」で十分なのではないか―と考えられるためです。

これに対し診療側の池端委員は「湿布薬が必要な患者には急性期の患者と慢性期の患者がいる。急性期患者では1処方35枚上限で良いかもしれないが、慢性期患者でその上限を適用することはできない」と、同じく診療側の長島公之委員(日本医師会常任理事)は「上限を下げれば、別の消炎鎮痛薬(例えば内用薬など)の増量などを招く可能性もあり危険である」と反論しています。

この点については「医学的なエビデンス」に基づいて判断することが必要でしょう。今後の議論に注目が集まります。





【これまでの2022年度改定関連記事】
◆入院医療の全体に関する記事はこちら(入院医療分科会の最終とりまとめ)こちら(入院医療分科会の中間とりまとめを受けた中医協論議)こちら(入院医療分科会の中間とりまとめ)こちら(入院総論)
◆急性期入院医療に関する記事はこちら(新指標4)こちら(新指標3、重症患者対応)こちら(看護必要度5)こちら(看護必要度4)こちら(看護必要度3)こちら(新入院指標2)こちら(看護必要度2)こちら(看護必要度1)こちら(新入院指標1)
◆DPCに関する記事はこちらこちらこちら
◆ICU等に関する記事はこちらこちらこちらこちら
◆地域包括ケア病棟に関する記事はこちらこちらこちら
◆回復期リハビリテーション病棟に関する記事はこちらこちらこちらこちら
◆慢性期入院医療に関する記事はこちらこちらこちらこちら
◆入退院支援の促進などに関する記事はこちらこちら
◆救急医療管理加算に関する記事はこちらこちらこちら
◆短期滞在手術等基本料に関する記事はこちらこちら
◆外来医療に関する記事はこちらこちらこちら
◆在宅医療・訪問看護に関する記事はこちら(訪問看護)こちら(小児在宅等)こちら(訪問看護)こちらこちら
◆新型コロナウイルス感染症を含めた感染症対策に関する記事はこちらこちら
◆医療従事者の働き方改革サポートに関する記事はこちらこちら
◆がん対策サポートに関する記事はこちらこちら
◆難病・アレルギー疾患対策サポートに関する記事はこちら
◆認知症を含めた精神医療に関する記事はこちらこちら
◆リハビリに関する記事はこちら
◆小児医療・周産期医療に関する記事はこちら
◆医療安全対策に関する記事はこちら
◆透析医療に関する記事はこちら
◆データ提出等に関する記事はこちら
◆調剤に関する記事はこちらこちらこちら
◆後発医薬品使用促進・薬剤使用適正化、不妊治療技術に関する記事はこちらこちら
◆医療経済実態調査(第23回調査)結果に関する記事はこちら
◆消費税対応の是非に関する記事はこちら
◆薬価・材料価格調査に関する記事はこちら
◆基本方針策定論議に関する記事はこちら(医療保険部会4)こちら(医療部会4)こちら(医療部会3)こちら(医療保険部会3)こちら(医療部会2)こちら(医療保険部会2)こちら(医療部会1)こちら(医療保険部会1)



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

医師はもちろん看護師・薬剤師など医療従事者全体の働き方改革を2022年度診療報酬改定でサポート―中医協総会(1)
「画像診断報告書の確認漏れ防止」や「腎臓病患者への腎移植情報提供」など診療報酬でサポート―中医協総会(3)
コロナ臨時特例は検証しながら継続を、感染防止対策加算の要件組み換えや充実で「平時からの感染対策」充実を―中医協総会(2)
薬剤7.6%、材料3.8%の価格乖離、「薬価の実勢価格改定」トータルで1400億円程度の国費縮減可能では―中医協総会(1)
2019年10月の消費税対応改定で「マクロでは補填不足なし」、2022年度改定で点数調整は不要では―消費税分科会
「充実した急性期入院医療を提供する急性期一般1を高く評価すべき」との点では一致しているが・・・―中医協総会(1)
日数に応じた階段状の調剤料は合理的か?制度の抜け穴をついた「事実上の敷地内薬局」に厳正な対処を―中医協総会(3)
外来・在宅・リハビリでもDPC参考にデータ提出を求める、レセプトへの検査値データ記載も推進—中医協総会(2)
退院当日の訪問看護基本療養費算定を認め自宅看取り推進、重度者への複数名訪問看護の評価充実—中医協総会(1)
短期滞在手術等基本料2・3、診療実態を踏まえ廃止や振り替え、新規技術組み入れなど検討―中医協総会(3)
DPCの診断群分類、「他院からの転棟か、直接自院へ入院か」等の要素も踏まえた精緻化を検討―中医協総会(2)
2020年度、医業収支は大きく悪化したがコロナ補助で経営好転、21年も医業収支はコロナ前に戻らず—中医協総会(1)
小入管で【無菌治療室管理加算】を出来高算定とする場合、入院料点数をどの程度引き下げるべきか―中医協総会(3)
障害者施設でも栄養サポートチーム加算の取得を認め、緩和ケア病棟で疼痛の定量評価を新加算で評価へ―中医協総会(2)
経過措置型療養での適正なリハビリ実施、摂食嚥下支援加算の見直しで中心静脈栄養離脱目指す―中医協総会(1)
不妊治療の保険適用、対象技術や対象患者、施設基準等を学会GLなど参考に設定していく方向確認―中医協総会(2)
摂食嚥下支援加算の「専門研修受けた看護師」配置要件緩和、透析中の運動療法の新評価など検討―中医協総会(1)
大病院の紹介状なし患者、「患者負担は増えるが病院収益は増えない」点を国・保険者が周知せよ―中医協総会(4)
救急医療管理加算、定量基準導入求める支払側と、さらなる研究継続求める診療側とで意見割れる―中医協総会(3)
質の高いリハ提供に向け、回復期リハ5・6の期間制限、第三者評価導入、管理栄養士配置など議論―中医協総会(2)
自院のpost acute受け入れに偏る地域包括ケア病棟、診療報酬上の評価をどう考えるべきか―中医協総会(1)
小児特性踏まえた緊急往診加算・在宅がん医療総合管理料の評価、重症者救急搬送の特別評価など実施へ―中医協総会(4)
ICU看護必要度のB項目廃止案、支払側は理解示すが、診療側は反対し入院医療分科会の批判も―中医協総会(3)
救急患者受け入れ・手術実施などが充実した急性期一般1の新評価、診療側が一部難色を示す―中医協総会(2)
心電図モニター管理などを看護必要度項目から削除すべきか、支払側は削除に賛成、診療側は猛反対―中医協総会(1)
連携型の認知症疾患医療センターも認知症専門診断管理料2の対象に加えるなど精神科医療の充実を―中医協総会(2)
がん患者等の治療と仕事の両立を支援する指導料、対象疾患等を拡大し、公認心理師等の活躍にも期待―中医協総会(1)
2022診療報酬改定の基本方針論議続く、医師働き方改革に向け現場医師に効果的な情報発信を―社保審・医療部会(2)
リハビリ専門職による訪問看護の実態明確化、専門性の高い看護師による訪問看護評価の充実等進めよ―中医協総会
多種類薬剤を処方された患者への指導管理を調剤報酬で評価すべきか、減薬への取り組みをどう評価するか―中医協総会(3)
専門医→主治医への難病等情報提供、主治医→学校医等への児童アレルギー情報提供を診療報酬で評価へ―中医協総会(2)
外来がん化学療法・化学療法患者への栄養管理・遺伝子パネル検査・RI内用療法を診療報酬でどう推進すべきか―中医協総会(1)
かかりつけ医機能の推進、医療機関間の双方向の情報連携を診療報酬でどうサポートしていけば良いか―中医協総会
在宅医療の質向上のための在支診・在支病の施設基準、裾野拡大に向けた継続診療加算をどう見直していくか―中医協総会(1)
「回復期リハ要する状態」に心臓手術後など加え、希望する回リハ病棟での心リハ実施を正面から認めてはどうか―入院医療分科会(7)
急性期病棟から地ケア病棟への転棟患者、自宅等から患者に比べ状態が安定し、資源投入量も少ない―入院医療分科会(6)
顔面熱傷は救急医療管理加算の広範囲熱傷でないが手厚い全身管理が不可欠、加算算定要件の見直しを―入院医療分科会(5)
ICU用の看護必要度B項目廃止、救命救急入院料1・3の評価票見直し(HCU用へ)など検討へ―入院医療分科会(4)
DPC外れ値病院、当面は「退出ルール」設定でなく、「診断群分類を分ける」等の対応検討しては―入院医療分科会(3)
心電図モニター等を除外して試算し、中医協で「看護必要度から除外すべきか否か」決すべき―入院医療分科会(2)
2022年度改定で、どのように「ICU等設置、手術件数等に着目した急性期入院医療の新たな評価」をなすべきか―入院医療分科会(1)
2022年度の入院医療改革、例えば救急医療管理加算の基準定量化に踏み込むべきか、データ集積にとどめるべきか―中医協
看護必要度等の経過措置、今後のコロナ拡大状況を踏まえて、必要があれば拡大等の検討も―中医協総会(2)
看護必要度やリハビリ実績指数などの経過措置、コロナ対応病院で来年(2022年)3末まで延長―中医協・総会(1)
看護必要度見直し、急性期入院の新評価指標、救急医療管理加算の基準定量化など2022改定で検討せよ―入院医療分科会
回リハ病棟ごとにADL改善度合いに差、「リハの質に差」か?「不適切な操作」か?―入院医療分科会(5)
心電図モニター管理や点滴ライン3本以上管理など「急性期入院医療の評価指標」として相応しいか―入院医療分科会(4)
一部のDPC病棟は「回復期病棟へ入棟する前の待機場所」等として活用、除外を検討すべきか―入院医療分科会(3)
ICUの看護必要度においてB項目は妥当か、ICU算定日数を診療実態を踏まえて延長してはどうか―入院医療分科会(2)
救急医療管理加算、加算1・加算2それぞれの役割を踏まえながら「対象患者要件」の明確化・厳格化など検討していくべき―入院医療分科会(1)
高齢化・コロナ感染症で在宅医療ニーズは増大、量と質のバランスをとり在宅医療提供を推進―中医協総会(2)
コロナ禍の医療現場負担考え小幅改定とすべきか、2025年度の地域医療構想実現に向け大胆な改定とすべきか―中医協総会(1)
1泊2日手術等の「短手2」、4泊5日手術等の「短手3」、診療実態にマッチした報酬へ―入院医療分科会(3)
【経過措置】の療養病棟、あたかも「ミニ回リハ」のような使われ方だが、それは好ましいのか―入院医療分科会(2)
入退院支援加算等の最大のハードルは「専従の看護師等確保」、人材確保が進まない背景・理由も勘案を―入院医療分科会(1)

後発品の信頼性が低下する中でどう使用促進を図るべきか、不妊治療技術ごとに保険適用を検討―中医協総会(2)
医療従事者の働き方改革、地域医療体制確保加算の効果など検証しながら、診療報酬でのサポートを推進―中医協総会(1)
かかりつけ薬剤師機能、ポリファーマシー対策などを調剤報酬でどうサポートすべきか―中医協総会
回リハ病棟でのADL評価が不適切に行われていないか、心臓リハの実施推進策を検討してはどうか―入院医療分科会(2)
入院料減額されても、なお「自院の急性期後患者」受け入れ機能に偏る地域包括ケア病棟が少なくない―入院医療分科会(1)
かかりつけ医機能・外来機能分化を進めるための診療報酬、初診からのオンライン診療の評価などを検討―中医協総会(2)
感染症対応とる医療機関を広範に支援する【感染対策実施加算】を恒久化すべきか―中医協総会(1)
2020年度改定で設けた看護必要度IとIIの基準値の差は妥当、「心電図モニター管理」を含め患者像を明確に―入院医療分科会(2)
急性期入院の評価指標、看護必要度に加え「救急搬送や手術の件数」「ICU設置」等を組み合わせてはどうか―入院医療分科会(1)
2022年度診療報酬改定に向け「入院医療改革」で早くも舌戦、「看護必要度」などどう考えるか―中医協総会
大病院の地ケアでpost acute受入特化は是正されているか、回リハ病棟で効果的リハ提供進む―入院医療分科会(3)
適切なDPC制度に向け、著しく「医療資源投入量が少ない」「自院の他病棟への転棟が多い」病院からヒアリング―入院医療分科会(2)
看護必要度II病院で重症患者割合が増、コロナ対応病院よりも「未対応」病院で重症患者割合増が顕著―入院医療分科会(1)
不妊治療の方法・費用に大きなバラつき、学会ガイドライン踏まえ「保険適用すべき不妊治療技術」議論へ―中医協総会(3)
2022年度診療報酬改定論議、コロナ感染症の影響など見据え7・8月に論点整理―中医協総会(1)

2022年度診療報酬改定の基本方針策定は目前、オンライン資格確認稼働から1か月間の状況は―社保審・医療保険部会
2022年度診療報酬改定、「強固な医療提供体制の構築」「医療従事者の働き方改革」が重点課題―社保審・医療部会
かかりつけ医制度化を検討すべきか、感染症対策と医療提供体制改革はセットで検討を―社保審・医療保険部会(1)
平時に余裕のない医療提供体制では有事に対応しきれない、2022年度診療報酬改定での対応検討を―社保審・医療部会(1)
コロナ感染症等に対応可能な医療体制構築に向け、2022年度診療報酬改定でもアプローチ―社保審・医療保険部会(2)
「平時の診療報酬」と「感染症蔓延時などの有事の診療報酬」を切り分けるべきではないか―社保審・医療部会
診療報酬で医療提供体制改革にどうアプローチし、医師働き方改革をどうサポートするか―社保審・医療保険部会(1)

2022年度は診療報酬プラス改定する環境にない、メリハリをつけ急性期病床の集約化など進めよ—中医協・支払側委員
かかりつけ医機能評価する診療報酬を患者視点で整理、慢性疾患にはオンライン診療やリフィル処方箋活用を―健保連
かかりつけ医要件を法令等で明確化せよ、医療資源散在是正のため地域医療構想の実現を急げ―健保連

自院の急性期後患者割合に基づく地ケア病棟減算、拡大はコロナ対策阻害しかねない―地ケア病棟協・仲井会長
コロナ禍では「post acute患者割合」に着目した地域包括ケア病棟の点数減額拡大など避けよ―地ケア病棟協・仲井会長

回復期リハ病棟1、組織的な正しい評価体制確保のため「第三者評価」要件化など検討せよ―リハ医療関連団体協