Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 2024年度版ぽんすけリリース

急性期充実体制加算の施設基準、全身麻酔手術2000件以上、救急受け入れ2000件以上、時間外加算1取得など―厚労省

2022.3.4.(金)

厚生労働省が3月4日、2022年度診療報酬に関する関係告示の公布・通知の発出を行いました。あわせて改定内容を説明する動画も配信しています。

2月9日の答申時点では明らかにされていなかった詳細な基準や要件の内容が示されています。Gem Medでは、順次、告示・通知内容をお伝えしていきます。

●厚労省の2022年度改定に関するサイトはこちら

今回は、まず急性期入院医療に関して、注目される【急性期充実体制加算】(新)の施設基準・算定要件を見てみましょう。

急性期充実体制加算、高点数ゆえに、非常に厳しい施設基準を設定

【急性期充実体制加算】は、手術や救急医療等の高度専門的医療・急性期医療の提供体制を十分に確保する急性期病棟について、新たな評価を行うものです。急性期一般1等の中でも「ICU等のユニット保有、救急患者受け入れ、多数の外科手術実績などを持つ急性期一般1等」では、特定機能病院に近い、高度かつ専門的な医療を行っていると考えられる点に着目したものと言えます。

【急性期充実体制加算】(急性期一般1、特定一般の加算)
▼7日以内:460点(1日につき)
▼8-11日:250点(同)
▼12-14日:180点(同)

注目される施設基準を見てみましょう。高い点数が設定された新加算ゆえ、次のように求められる施設基準も厳しいものとなっています。

(1)急性期一般1病棟を持つ医療機関である(看護必要度IIによる評価が必要)
(2)手術等の実績基準を満たす(後述)
(3)24時間の救急医療提供体制を敷いている(後述)
(4)救命救急入院料、特定集中治療室管理料、ハイケアユニット入院医療管理料、脳卒中ケアユニット入院医療管理料、小児特定集中治療室管理料、新生児特定集中治療室管理料、総合周産期特定集中治療室管理料、新生児治療回復室入院医療管理料のいずれかを届け出ている
(5)感染対策向上加算1を届け出ている
(6)画像診断・検査を24時間実施できる体制を確保している(総合入院体制加算でも求められている)
(7)薬剤師が夜間当直を行うことにより、24時間の調剤実施体制を確保している(総合入院体制加算でも求められている)
(8)精神科リエゾンチーム加算・認知症ケア加算1または2を届け出ている(総合入院体制加算に類似規定あり)
(9)入院患者の病状の急変の兆候を捉えて対応する体制(いわゆるRRS)を行っている(後述)
(10)外来縮小体制を敷いている(後述、総合入院体制加算でも求められている))
(11)手術・処置等の時間外加算1・休日加算1・深夜加算1の取得が望ましい(届け出ていない場合にはその理由を明示する)
(12)療養病棟・地域包括ケア病棟を保有しない(総合入院体制加算でも求められている)
(13)病床数に占める急性期病床の割合が9割以上である(後述)
(14)同一敷地内に介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養)を設置していない(総合入院体制加算でも求められている)
(15)特定の保険薬局との間で不動産賃貸借取引がない(いわゆる「敷地内薬局」を設置していない)
(16)▼平均在院日数14日以内▼一般病棟から同一病院の他病棟への転棟割合が1割未満▼入退院支援加算1または2の取得―のいずれも満たす
(17)敷地内禁煙としている(総合入院体制加算でも求められている)
(18)第三者評価を受けている(総合入院体制加算でも求められている)
(19)総合入院体制加算を取得していない

急性期充実体制加算の主な施設基準

全身麻酔手術2000件以上、緊急手術350件以上など「外科領域の急性期医療」に着目

まず(2)の手術実績を見てみましょう。次のように複雑かつ厳格な基準が設けられています。「ア」または「イ」のいずれかを満たすことが必要です。

【ア】次の「イ」(必須」と「ロからヘのうち4つ以上」を満たす
(イ)全身麻酔による手術:年2000件以上(うち緊急手術が年350件以上)
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年6.5件以上(うち緊急手術が年1.15件以上) でも可(300床であれば1950件(うち緊急手術345件)以上)
(ロ)悪性腫瘍手術:年400件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年1.0件以上」でも可(300床であれば300件以上)
(ハ)腹腔鏡下手術または胸腔鏡下手術:年400件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年1.0件以上」でも可(300床であれば300件以上)
(ニ)心臓カテーテル法による手術:年200件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年0.6件以上」でも可(300床であれば180件以上)
(ホ)消化管内視鏡による手術:年600件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床数1床あたり年1.5件以上」でも可(300床であれば450件以上)
(ヘ)化学療法:年1000件以上(
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年3.0件以上」でも可(300床であれば900件以上)

【イ】「上記【ア】のイ(全身麻酔)」(必須)と「上記【ア】のロからヘのうち2つ以上」を満たすとともに、以下のいずれかを満たす
▽異常分娩の件数:年50件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年0.1件以上」でも可(300床であれば30件以上)
▽6歳未満の乳幼児の手術:年40件以上
→許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年0.1件以上」でも可(300床であれば30件以上)



なお【ア】の「へ」(化学療法)要件をクリアして急性期充実体制加算を取得する場合には▼外来腫瘍化学療法診療料1を届け出る(外来化学療法を実施する場合の総合的管理を評価する新点数、関連記事はこちら)▼外来腫瘍化学療法診療料1で院内のがん化学療法レジメンの妥当性を評価し、4割以上が外来実施可能とする―ことが求められます。がん患者への抗がん剤治療(化学療法)を「外来で実施する」ことを強く推し進める要件と言えるでしょう(逆に言えば、化学療法の外来化を進めなければ急性期充実体制加算の取得が難しくなる)。



総合入院体制加算1で求められる手術実績と比べると、例えば次のような違いがあります。
▼全身麻酔による手術
→「総合」:800件以上、「急性期充実」:2000件以上(「総合」の2.5倍)
▼緊急手術(全身麻酔手術の内数)
→「総合」:基準なし、「急性期充実」:350件以上
▼人工心肺を用いた手術等
→「総合」:40件以上、「急性期充実」:基準なし
▼悪性腫瘍手術
→「総合」と「急性期充実」で同水準(400件以上)
▼腹腔鏡下手術または胸腔鏡下手術
→「総合」:腹腔鏡下下手術が100件以上、「急性期充実」」:400件以上(胸腔鏡手術が入っているのでは鏡単純比較はできない)
▼心臓カテーテル法による手術
→「総合」:基準なし、「急性期充実」:200件以上
▼消化管内視鏡による手術
→「総合」:基準なし、「急性期充実」:600件以上
▼化学療法
→「総合」と「急性期充実」で同水準(1000件以上)
▼放射線治療(体外照射)
→「総合」:4000件以上、「急性期充実」:基準なし
▼分娩
→「総合」:100件以上、「急性期充実」:基準なし(ただし異常分娩取り扱いの基準あり)
▼異常分娩
→「総合」:基準なし、「急性期充実」:50件以上
▼小児手術
→「総合」:基準なし、「急性期充実」:40件以上



両者を比較すると、新設された【急性期充実体制加算】は「外科領域の高度急性期、急性期医療に非常に大きなエネルギーを注いでいる」病院を想定していると伺えます。また「300床未満病院における基準の緩和」が設定されている点から「大規模病院だけでなく、比較的規模は小さいが、外科領域の高度急性期、急性期医療に特化している」病院もターゲットに据えていると考えることができるでしょう。

例えば、【総合入院体制加算】は「多くの診療科を抱え、すべての領域を網羅する基幹病院」を評価し、【急性期充実体制加算】は「外科領域に力を入れる高度急性期病院」を評価すると区分けできそうです。



なお、(4)のユニット設置要件は、「ICUなどのユニットを設置する急性期一般1病院では、そうでない病院に比べて、手術件数や救急搬送受け入れ件数が多い」(=より高度な急性期医療を提供している)という点を踏まえて設置されたものと言えます。

また(8)の精神科関連要件については「総合入院体制加算1よりも緩やかな要件」(総合入院体制加算2・3並みの要件)となっています。ここからも【急性期充実体制加算】は、総合的な診療能力が求められる【総合入院体制加算】とは、趣旨・目的が異なることを確認できます。

年2000件以上の救急搬送患者受け入れ、地域の感染対策のリーダーとなること求める

また(3)の「24時間救急医療体制」とは、次のAB「両方」の要件をクリアすることを意味します。通常の救急対応はもちろん「精神疾患患者への対応」(例えば精神疾患をかかる患者が大けがをした場合の対応など)も求められます。【総合入院体制加算】でも救急対応が強く求められていますが、「救急搬送受け入れ2000件要件は加算2のみである(加算1には求められていない)」などの点を考慮すれば、【急性期充実体制加算】では「より救急対応要件が厳格である」と言え、やはり「高度急性期・急性期に特化した病院」をターゲットに据えていると考えることができるでしょう。

【A】次のいずれかを満たす
▽「救命救急センター」または「高度救命救急センター」を設置する
▽救急車・救急ヘリによる搬送件数が、年間2000件以上(許可病床数300床未満の病院では「許可病床1床あたり年6.0件以上」でも可、300床であれば180件以上)

【B】精神科体制として「自院または他院の精神科医が速やかに診療に対応できる体制」を常時整備するとともに、【精神疾患診療体制加算2】、救急搬送患者の入院3日以内に【入院院精神療法】、【精神疾患診断治療初回加算】の算定件数合計で年20件以上である



他方、(5)の「感染対策向上加算1」は、現在の「感染対策防止加算1」を改組・強化するものです。現下の新型コロナウイルス感染症対応をする中で「1院だけの感染対策では不十分であり、中小病院やクリニック、高齢者施設なども含めた『地域における感染対策』が必要不可欠である」ことが強く認識されました。感染対策向上加算1は「地域の感染対策のリーダー、牽引者」となることが期待されており、【急性期充実体制加算】取得病院の重要な役割となることが分かります(総合入院体制加算では「感染対策向上加算1」取得は求められていない)。

入院患者の急変に迅速に専門チーム対応できる体制(RRS)の整備が求められる

次に(9)のRRS要件を見てみましょう。RRS(RRS:Rapid Response System、院内迅速対応システム)は「入院患者の急変徴候を早期に捉え、多職種チームで速やかに対応する」システムで、我が国でも大規模な急性期病院を中心に導入が進められています。

これまで見てきたように【急性期充実体制加算】は「外科領域の高度急性期・急性期医療に力を注ぐ病院」をターゲットに据えており、こうした病院では「入院患者の急変→死亡」事例も数多く生じていると考えられます。そこでRRSを導入することを求め、「死亡」を食い止めるような活躍に期待を寄せているものです。具体的には次のような体制整備が求められます。

▽院内に「院内迅速対応チーム」(病状急変の可能性がある入院患者、病状が急変した入院患者(以下、本稿では「急変患者等」とする)を把握し、必要な対応を行うチーム)を設置する

▽「院内迅速対応チーム」は、急変患者等を把握した場合には、病棟の医師・看護師等に情報共有を行うとともに、必要に応じて当該患者の診療に介入する

▽「院内迅速対応チーム」には少なくとも以下の構成員が所属し、24 時間対応できる体制を確保しておく
▼救急または集中治療経験を有し、所定研修を修了した医師1名
▼救急または集中治療経験を有し、所定研修を修了した専任看護師1名

▽院内に、急変患者等への対応状況改善の必要性等などを提言するための責任者を配置する

▽「院内迅速対応チーム」の対応内容も含めた、急変患者等への対応方法をマニュアルとして整備し、職員に遵守させる

▽院内に、多職種からなる「急変患者等の対応改善に関する委員会・会議」(委員会等、医療安全管理委員会などの活用も可能)を設置し、「院内迅速対応チームによる対応状況」「入院患者の病状急変の発生状況」の把握を評価するとともに、必要に応じて「院内迅速対応チームの対応体制・報告体制のマニュアル」見直しを行う。マニュアル見直しの際は、必要に応じて委員会等を開催し、上述の「責任者」が年1回以上出席することが求められる。

▽「院内迅速対応チームの対応体制・対応状況」などを院内に周知し、年2回程度の院内講習を開催する

▽「院内迅速対応チームの対応状況」など、必要な実績を記録する

急性期に注力する一方で、勤務医等の「負担軽減」にも注力を

【急性期充実体制加算】は、急性期に力を注ぎ、数多くの救急搬送患者に対応することが求められるため、「医師、看護師をはじめとする医療従事者の負担」が非常に大きくなると予想されます。

この負担を放置することは許されない(医療従事者の健康・生命を守る必要があり、それは地域医療提供体制を守ることにもつながる)ため、(10)(11)の負担軽減策徹底が施設基準に盛り込まれています。

(11)の時間外加算1等については、2022年度の今回改定で▼医師個人を対象にした「予定手術前の当直等制限」(年間4日以内)を導入する(従前は「診療科」単位の制限であり、特定の医師に負担が集中することがあった)▼医師個人を対象にした「連続当直制限」(年間4日以内)を導入する(従前は連続当直制限規定はない)―という見直しが行われます。基準上は「医師の負担軽減をさらに強化しなければ時間外加算1等を取得できない」と考えられ、今後の取得状況・運用状況を注意深く見守る必要があります。

急性期に特化するとともに、地域医療連携にも力を入れることが必要

また(13)の「急性期病床割合90%以上」要件は、次のように計算します。総合入院体制加算にはない「急性期に特化を求める」基準で、他の基準(療養病棟などを保有しないなど)とあわせて、【急性期充実体制加算】が「地域における医療提供体制の機能分化」をより強く推し進めるものであることも伺えます。

急性期病床割合の計算式=「X」÷「Y」×100

X(分子):急性期一般1、救命救急入院料、特定集中治療室管理料、ハイケアユニット入院医療管理料、脳卒中ケアユニット入院医療管理料、小児特定集中治療室管理料、新生児特定集中治療室管理料、総合周産期特定集中治療室管理料、新生児治療回復室入院医療管理料、一類感染症患者入院医療管理料、小児入院医療管理料のベッド数合計

Y(分母):「許可病所数」-「精神病棟入院基本料、精神科救急急性期医療入院料、精神科急性期治療病棟入院料、精神科救急・合併症入院料、児童・思春期精神科入院医療管理料、地域移行機能強化病棟入院料のベッド数合計」



あわせて(16)では「自院の急性期病棟」→「自院の回復期リハビリ病棟など」という転棟患者割合が1割未満であることなどを求めています。

ここからは「自院で患者を抱え込まず、急性期を脱した(端的に「重症度、医療・看護必要度」を満たさなくなった)患者は、他院の回復期・慢性期病棟等に転院させてほしい」とのメッセージを感じとることができるでしょう。このためには「地域における医療機関連携」が極めて重要です。「高度急性期・急性期機能を充実させていく」とともに、「地域連携」を強化し、回復患者の転院を促し、「ベッドの回転率を高めていく」ことが必要となります(加算そのものも逓減制を導入しており、回転率向上は経営的にも好ましい)。



こうした加算の趣旨を踏まえて、各病院において「【急性期充実体制加算】の取得に向かうべきか」を検討する必要があり、そこでは「地域の医療提供体制がどうなっているのか」を十分に勘案する必要があるでしょう。点数の高さのみを見て、「加算の取得のためには高度急性期・急性期に特化しなければならない。そのためには●●を廃止する」などの方針を安易に決定すれば、「地域住民に必要な医療提供が行われなくなる」可能性もあります。施設基準や、これまでの中央社会保険医療協議会での議論を踏まえ、「どういった病院が【急性期充実体制加算】取得に動くべきか」「どういった病院は【急性期充実体制加算】取得を目指さず、【総合入院体制加算】で求められる機能の強化・充実を目指すべきか」を考えていく必要があります。

急性期充実体制加算に求められる機能・役割

【更新履歴】外来化学療法の推進に関する記述を追加しました。重要ポイントですのでご確認ください。追記済です。



なおGem Medではオンラインによる改定セミナーも開催しております。是非、あわせてご活用ください。



【これまでの2022年度改定関連記事】
◆議論の整理(改定項目一覧)に関する記事はこちら
◆入院医療の全体に関する記事はこちら(入院医療分科会の最終とりまとめ)こちら(入院医療分科会の中間とりまとめを受けた中医協論議)こちら(入院医療分科会の中間とりまとめ)こちら(入院総論)
◆急性期入院医療に関する記事はこちら(答申)こちら(新指標5ほか)こちら(看護必要度8)こちら(看護必要度7)こちら(看護必要度6)こちら(新指標4)こちら(新指標3、重症患者対応)こちら(看護必要度5)こちら(看護必要度4)こちら(看護必要度3)こちら(新入院指標2)こちら(看護必要度2)こちら(看護必要度1)こちら(新入院指標1)
◆DPCに関する記事はこちらこちらこちら
◆ICU等に関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちらこちらこちらこちら
◆地域包括ケア病棟に関する記事はこちらこちらこちらこちらこちら
◆回復期リハビリテーション病棟に関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちらこちらこちら
◆慢性期入院医療に関する記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちら
◆入退院支援の促進などに関する記事はこちらこちら
◆救急医療管理加算に関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちらこちら
◆短期滞在手術等基本料に関する記事はこちらこちら
◆外来医療に関する記事はこちら(かかりつけ医機能に関する答申)こちら(受診時定額負担等に関する答申)こちらこちらこちらこちらこちら
◆在宅医療・訪問看護に関する記事はこちら(答申、訪問看護)こちら(答申、在宅医療)こちらこちら(訪問看護)こちら(小児在宅等)こちら(訪問看護)こちらこちら
◆オンライン診療に関する記事はこちら(答申)こちらこちら
◆新型コロナウイルス感染症を含めた感染症対策に関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちら
◆医療従事者の働き方改革サポートに関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちら
◆がん対策サポートに関する記事はこちら(答申)こちらこちらこちら
◆難病・アレルギー疾患対策サポートに関する記事はこちら(答申)こちらこちら
◆認知症を含めた精神医療に関する記事はこちらこちら
◆リハビリに関する記事はこちら
◆小児医療・周産期医療に関する記事はこちら(答申)こちらこちら
◆医療安全対策に関する記事はこちら
◆透析医療に関する記事はこちらこちらこちら
◆個別疾患管理等に関する記事はこちらこちらこちら
◆新規医療技術に関する記事はこちら
◆データ提出等に関する記事はこちらこちら
◆調剤に関する記事はこちらこちらこちらこちら
◆後発医薬品使用促進・薬剤使用適正化、不妊治療技術に関する記事はこちら(不妊治療、答申)こちら(後発品使用促進、答申)こちらこちらこちらこちらこちら
◆医療経済実態調査(第23回調査)結果に関する記事はこちら
◆消費税対応の是非に関する記事はこちら
◆薬価・材料価格調査に関する記事はこちら
◆改定率に関する記事はこちら
◆答申附帯意見に関する記事はこちら
◆基本方針策定論議に関する記事はこちら(医療部会5)こちら(医療保険部会5)こちら(医療保険部会4)こちら(医療部会4)こちら(医療部会3)こちら(医療保険部会3)こちら(医療部会2)こちら(医療保険部会2)こちら(医療部会1)こちら(医療保険部会1)
●薬価制度改革に関する記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
●保険医療材料制度改革に関する記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
●費用対効果評価制度改革に関する記事はこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
●公聴会に関する記事はこちら



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

【2022年度診療報酬改定答申17】救急医療管理加算の点数引き上げと対象状態拡大、あわせて「不適切事例」への対処も
【2022年度診療報酬改定答申16】安全性・有効性を確認した不妊治療技術を保険適用、生殖補助医療では年齢・回数制限
【2022年度診療報酬改定答申15】小入管の加算新設など、小児、新生児等への医療提供充実を診療報酬でサポート
【2022年度診療報酬改定答申14】オンライン初診料は251点に、オンラインの医学管理・在総管の点数を整理
【2022年度診療報酬改定答申13】後発品使用促進、人工腎臓の適正化、リフィル処方箋など組み合わせ医療費の膨張抑止
【2022年度診療報酬改定答申12】外来化学療法の評価、がん患者の遺伝子パネル検査・結果説明などの評価を大幅充実
【2022年度診療報酬改定答申11】訪問看護でも『量の拡大』と「質の向上」目指す、専門性の高い看護師への期待高まる
【2022年度診療報酬改定答申10】在宅医療の「裾野」を拡大して量を充実、「頂」を高くして質の向上を目指す
【2022年度診療報酬改定答申9】療養病棟、障害者施設・緩和ケア病棟、有床診のそれぞれに「適切な機能発揮」促す
【2022年度診療報酬改定答申8】地域全体の感染防止対策強化を目指し、感染防止対策加算を改組し、外来で新加算創設
【2022年度診療報酬改定答申7】かかりつけ医機能の明確化に向け、機能強化加算の施設基準・算定要件を厳格化
【2022年度診療報酬改定答申6】紹介受診重点病院を加算で評価、外来→在宅の円滑移行を新たな診療報酬でサポート
【2022年度診療報酬改定答申5】地域医療体制確保加算、医師事務作業補助体制加算、夜間看護配置に関する加算を軒並みアップ
【2022年度診療報酬改定答申4】質の高いリハ提供できない回復期リハに退場宣告、特定機能病院での良質なリハに注目
【2022年度診療報酬改定答申3】大規模病院の地域包括ケア病棟にも在宅患者受入れ促すため、飴(加算)と鞭(減算)
【2022年度診療報酬改定答申2】手厚い医療体制敷くICUに新加算、3日以内750点、4-7日500点、8―14日300点ON
【2022年度診療報酬改定答申1】充実した急性期一般1を評価する新加算、7日以内460点、8-11日250点、12―14日180点に設定
感染防止対策に取り組む広範な医療機関を診療報酬で評価、中小病院やクリニックでも感染対策強化を―中医協総会(2)
2024年度改定に向け、「急性期入院医療の評価指標」の在り方など検討し急性期入院医療の集約化の後押を―中医協総会(1)
湿布薬の処方上限引き下げ、経口のHIF-PH阻害剤を人工腎臓点数に包括、巨大チェーン薬局にメス―中医協総会(3)
外来化学療法患者の栄養指導を充実、救急医療管理加算を「顔面熱傷・気道熱傷」患者にも算定広げる―中医協総会(2)
医療従事者全体の働き方改革を診療報酬でもサポート、手術等の時間外加算見直し、看護補助の新評価など―中医協総会(1)
オンライン初診料、初診料(288点)とコロナ特例(214点)の中間に、オンライン資格確認を加算で後押し―中医協総会(6)
専門看護師・特定研修修了者による訪問看護を特別評価、訪問看護ターミナルケア療養費の不合理解消―中医協総会(5)
紹介受診重点病院の創設に伴う加算新設、機能強化加算に実績要件を設け、「外来機能分化」を推進―中医協総会(4)
地域包括ケア病棟で「機能に応じた厳しい減算」増設、特定機能病院の「回復期リハ病棟」を特別評価―中医協総会(3)
充実した急性期入院医療を評価する【急性期充実体制加算】を新設、ICUでも2種類の加算を新設―中医協総会(2)
看護必要度の見直しを決定、心電図モニター管理を削除、重症患者割合の基準値も見直し―中医協総会(1)
2022年度診療報酬改定、看護必要度見直し・治療と仕事両立支援・看護補助者確保などで多様な意見―中医協総会(1)【公聴会】
ロボット支援下内視鏡手術の「術者としての経験症例」基準緩和へ、Ai画像診断支援を診療報酬で評価―中医協総会(1)
2022年度改定の項目固まる!急性期一般1の新加算、看護必要度、かかりつけ医機能評価などの行方は?―中医協総会(1)
2022年度改定に向けた「項目」出揃う、入院・外来・在宅・疾患対策などの見直し方向示す―中医協総会(2)
看護必要度見直し、200床未満の急性期一般1で極めて厳しいことに診療側が猛反発―中医協総会(1)
【2022年度診療報酬改定総点検5】在宅医療の裾野を広げ質を高めることで、増大・複雑化する在宅ニーズに応える
【2022年度診療報酬改定総点検4】訪問看護の質向上にとどまらず、地域包括ケアシステムの要としての機能にも期待
【2022年度診療報酬改定総点検3】新たに受診時負担課せられる200床以上紹介受診重点病院、診療報酬でどうサポートするか
【2022年度診療報酬改定総点検2】各種加算充実し、医療従事者全体の働き方改革を診療報酬でサポート
【2022年度診療報酬改定総点検1】充実した急性期一般1で検討される新加算、財源は急性期入院料引き下げに求めるのか
放置すれば「大腸がん」化が必至なFAP、効果的な内視鏡治療(予防摘除)を診療報酬でサポート―中医協総会
「初診からのオンライン診療」に診療報酬でどう対応すべきか、対面とオンラインとの点数差をどう考えるか―中医協総会(1)
看護職員や介護職員の処遇改善に向けた「報酬改定」、2022年度診療報酬はネット0.94%のマイナスに―後藤厚労相
看護必要度見直しのシミュレーション実施、心電図モニター・点滴ライン3本以上管理を削除した場合の影響など―中医協総会(2)
【機能強化加算】取得医療機関は「かかりつけ医機能」を果たしているが、情報提供が不十分では―中医協総会(1)
不妊治療技術のうち学会が推奨度A・Bとするものを保険適用、推奨度Cは保険外だが先進医療対応を検討―中医協総会
骨粗鬆症ある骨折患者への2次骨折防止治療、多職種チームでの術後疼痛管理など診療報酬で評価―中医協総会(2)
post acute機能に偏る地域包括ケア病棟等の評価をどう考えるか、DPCとNDB等との連結解析を推進―中医協総会(1)
後発品使用促進に向け加算・減算のどちらに軸足を置くべきか、湿布薬の処方上限「70枚」から引き下げるべきか―中医協総会(3)
医師はもちろん看護師・薬剤師など医療従事者全体の働き方改革を2022年度診療報酬改定でサポート―中医協総会(1)
「画像診断報告書の確認漏れ防止」や「腎臓病患者への腎移植情報提供」など診療報酬でサポート―中医協総会(3)
コロナ臨時特例は検証しながら継続を、感染防止対策加算の要件組み換えや充実で「平時からの感染対策」充実を―中医協総会(2)
薬剤7.6%、材料3.8%の価格乖離、「薬価の実勢価格改定」トータルで1400億円程度の国費縮減可能では―中医協総会(1)
2019年10月の消費税対応改定で「マクロでは補填不足なし」、2022年度改定で点数調整は不要では―消費税分科会
「充実した急性期入院医療を提供する急性期一般1を高く評価すべき」との点では一致しているが・・・―中医協総会(1)
日数に応じた階段状の調剤料は合理的か?制度の抜け穴をついた「事実上の敷地内薬局」に厳正な対処を―中医協総会(3)
外来・在宅・リハビリでもDPC参考にデータ提出を求める、レセプトへの検査値データ記載も推進—中医協総会(2)
退院当日の訪問看護基本療養費算定を認め自宅看取り推進、重度者への複数名訪問看護の評価充実—中医協総会(1)
短期滞在手術等基本料2・3、診療実態を踏まえ廃止や振り替え、新規技術組み入れなど検討―中医協総会(3)
DPCの診断群分類、「他院からの転棟か、直接自院へ入院か」等の要素も踏まえた精緻化を検討―中医協総会(2)
2020年度、医業収支は大きく悪化したがコロナ補助で経営好転、21年も医業収支はコロナ前に戻らず—中医協総会(1)
小入管で【無菌治療室管理加算】を出来高算定とする場合、入院料点数をどの程度引き下げるべきか―中医協総会(3)
障害者施設でも栄養サポートチーム加算の取得を認め、緩和ケア病棟で疼痛の定量評価を新加算で評価へ―中医協総会(2)
経過措置型療養での適正なリハビリ実施、摂食嚥下支援加算の見直しで中心静脈栄養離脱目指す―中医協総会(1)
不妊治療の保険適用、対象技術や対象患者、施設基準等を学会GLなど参考に設定していく方向確認―中医協総会(2)
摂食嚥下支援加算の「専門研修受けた看護師」配置要件緩和、透析中の運動療法の新評価など検討―中医協総会(1)
大病院の紹介状なし患者、「患者負担は増えるが病院収益は増えない」点を国・保険者が周知せよ―中医協総会(4)
救急医療管理加算、定量基準導入求める支払側と、さらなる研究継続求める診療側とで意見割れる―中医協総会(3)
質の高いリハ提供に向け、回復期リハ5・6の期間制限、第三者評価導入、管理栄養士配置など議論―中医協総会(2)
自院のpost acute受け入れに偏る地域包括ケア病棟、診療報酬上の評価をどう考えるべきか―中医協総会(1)
小児特性踏まえた緊急往診加算・在宅がん医療総合管理料の評価、重症者救急搬送の特別評価など実施へ―中医協総会(4)
ICU看護必要度のB項目廃止案、支払側は理解示すが、診療側は反対し入院医療分科会の批判も―中医協総会(3)
救急患者受け入れ・手術実施などが充実した急性期一般1の新評価、診療側が一部難色を示す―中医協総会(2)
心電図モニター管理などを看護必要度項目から削除すべきか、支払側は削除に賛成、診療側は猛反対―中医協総会(1)
連携型の認知症疾患医療センターも認知症専門診断管理料2の対象に加えるなど精神科医療の充実を―中医協総会(2)
がん患者等の治療と仕事の両立を支援する指導料、対象疾患等を拡大し、公認心理師等の活躍にも期待―中医協総会(1)
2022診療報酬改定の基本方針論議続く、医師働き方改革に向け現場医師に効果的な情報発信を―社保審・医療部会(2)
リハビリ専門職による訪問看護の実態明確化、専門性の高い看護師による訪問看護評価の充実等進めよ―中医協総会
多種類薬剤を処方された患者への指導管理を調剤報酬で評価すべきか、減薬への取り組みをどう評価するか―中医協総会(3)
専門医→主治医への難病等情報提供、主治医→学校医等への児童アレルギー情報提供を診療報酬で評価へ―中医協総会(2)
外来がん化学療法・化学療法患者への栄養管理・遺伝子パネル検査・RI内用療法を診療報酬でどう推進すべきか―中医協総会(1)
かかりつけ医機能の推進、医療機関間の双方向の情報連携を診療報酬でどうサポートしていけば良いか―中医協総会
在宅医療の質向上のための在支診・在支病の施設基準、裾野拡大に向けた継続診療加算をどう見直していくか―中医協総会(1)
「回復期リハ要する状態」に心臓手術後など加え、希望する回リハ病棟での心リハ実施を正面から認めてはどうか―入院医療分科会(7)
急性期病棟から地ケア病棟への転棟患者、自宅等から患者に比べ状態が安定し、資源投入量も少ない―入院医療分科会(6)
顔面熱傷は救急医療管理加算の広範囲熱傷でないが手厚い全身管理が不可欠、加算算定要件の見直しを―入院医療分科会(5)
ICU用の看護必要度B項目廃止、救命救急入院料1・3の評価票見直し(HCU用へ)など検討へ―入院医療分科会(4)
DPC外れ値病院、当面は「退出ルール」設定でなく、「診断群分類を分ける」等の対応検討しては―入院医療分科会(3)
心電図モニター等を除外して試算し、中医協で「看護必要度から除外すべきか否か」決すべき―入院医療分科会(2)
2022年度改定で、どのように「ICU等設置、手術件数等に着目した急性期入院医療の新たな評価」をなすべきか―入院医療分科会(1)
2022年度の入院医療改革、例えば救急医療管理加算の基準定量化に踏み込むべきか、データ集積にとどめるべきか―中医協
看護必要度等の経過措置、今後のコロナ拡大状況を踏まえて、必要があれば拡大等の検討も―中医協総会(2)
看護必要度やリハビリ実績指数などの経過措置、コロナ対応病院で来年(2022年)3末まで延長―中医協・総会(1)
看護必要度見直し、急性期入院の新評価指標、救急医療管理加算の基準定量化など2022改定で検討せよ―入院医療分科会
回リハ病棟ごとにADL改善度合いに差、「リハの質に差」か?「不適切な操作」か?―入院医療分科会(5)
心電図モニター管理や点滴ライン3本以上管理など「急性期入院医療の評価指標」として相応しいか―入院医療分科会(4)
一部のDPC病棟は「回復期病棟へ入棟する前の待機場所」等として活用、除外を検討すべきか―入院医療分科会(3)
ICUの看護必要度においてB項目は妥当か、ICU算定日数を診療実態を踏まえて延長してはどうか―入院医療分科会(2)
救急医療管理加算、加算1・加算2それぞれの役割を踏まえながら「対象患者要件」の明確化・厳格化など検討していくべき―入院医療分科会(1)
高齢化・コロナ感染症で在宅医療ニーズは増大、量と質のバランスをとり在宅医療提供を推進―中医協総会(2)
コロナ禍の医療現場負担考え小幅改定とすべきか、2025年度の地域医療構想実現に向け大胆な改定とすべきか―中医協総会(1)
1泊2日手術等の「短手2」、4泊5日手術等の「短手3」、診療実態にマッチした報酬へ―入院医療分科会(3)
【経過措置】の療養病棟、あたかも「ミニ回リハ」のような使われ方だが、それは好ましいのか―入院医療分科会(2)
入退院支援加算等の最大のハードルは「専従の看護師等確保」、人材確保が進まない背景・理由も勘案を―入院医療分科会(1)

後発品の信頼性が低下する中でどう使用促進を図るべきか、不妊治療技術ごとに保険適用を検討―中医協総会(2)
医療従事者の働き方改革、地域医療体制確保加算の効果など検証しながら、診療報酬でのサポートを推進―中医協総会(1)
かかりつけ薬剤師機能、ポリファーマシー対策などを調剤報酬でどうサポートすべきか―中医協総会
回リハ病棟でのADL評価が不適切に行われていないか、心臓リハの実施推進策を検討してはどうか―入院医療分科会(2)
入院料減額されても、なお「自院の急性期後患者」受け入れ機能に偏る地域包括ケア病棟が少なくない―入院医療分科会(1)
かかりつけ医機能・外来機能分化を進めるための診療報酬、初診からのオンライン診療の評価などを検討―中医協総会(2)
感染症対応とる医療機関を広範に支援する【感染対策実施加算】を恒久化すべきか―中医協総会(1)
2020年度改定で設けた看護必要度IとIIの基準値の差は妥当、「心電図モニター管理」を含め患者像を明確に―入院医療分科会(2)
急性期入院の評価指標、看護必要度に加え「救急搬送や手術の件数」「ICU設置」等を組み合わせてはどうか―入院医療分科会(1)
2022年度診療報酬改定に向け「入院医療改革」で早くも舌戦、「看護必要度」などどう考えるか―中医協総会
大病院の地ケアでpost acute受入特化は是正されているか、回リハ病棟で効果的リハ提供進む―入院医療分科会(3)
適切なDPC制度に向け、著しく「医療資源投入量が少ない」「自院の他病棟への転棟が多い」病院からヒアリング―入院医療分科会(2)
看護必要度II病院で重症患者割合が増、コロナ対応病院よりも「未対応」病院で重症患者割合増が顕著―入院医療分科会(1)
不妊治療の方法・費用に大きなバラつき、学会ガイドライン踏まえ「保険適用すべき不妊治療技術」議論へ―中医協総会(3)
2022年度診療報酬改定論議、コロナ感染症の影響など見据え7・8月に論点整理―中医協総会(1)

医療部会も2022年度改定基本方針案を了承、12月10日の中医協に報告されるが正式諮問は年明けに—社保審・医療部会(1)
2022年度改定基本方針を了承、医療提供体制改革・医師働き方改革が重点課題—社保審・医療保険部会
2022年度診療報酬改定の基本方針策定は目前、オンライン資格確認稼働から1か月間の状況は―社保審・医療保険部会
2022年度診療報酬改定、「強固な医療提供体制の構築」「医療従事者の働き方改革」が重点課題―社保審・医療部会
かかりつけ医制度化を検討すべきか、感染症対策と医療提供体制改革はセットで検討を―社保審・医療保険部会(1)
平時に余裕のない医療提供体制では有事に対応しきれない、2022年度診療報酬改定での対応検討を―社保審・医療部会(1)
コロナ感染症等に対応可能な医療体制構築に向け、2022年度診療報酬改定でもアプローチ―社保審・医療保険部会(2)
「平時の診療報酬」と「感染症蔓延時などの有事の診療報酬」を切り分けるべきではないか―社保審・医療部会
診療報酬で医療提供体制改革にどうアプローチし、医師働き方改革をどうサポートするか―社保審・医療保険部会(1)

中小規模医療機関の標準準拠電子カルテ導入、基金や診療報酬活用して支援へ―医療情報ネットワーク基盤WG